ポール・スミザー……観察の人。 

 

ATSU0393.jpeg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

人には縁(えにし)と言うものがあります。
友人同士が仲がいいのにまったく面識がなかったり、
近くにいるのに長い人生の中で知らず知らずのウチに擦れ違っていたりね……。

先日のこと、立教大学にポール・スミザーの講演会に行ってきました。
冒頭に縁と書いたのは、親友が彼の結婚式のヘアメイクをし、
僕の大親友で、皆さんご存知の通り、僕が薔薇でデビューする時に、
ポートレートを撮ってくれた工藤睦子ちゃん
が式の写真を撮り、
彼の奥さまが、当時、僕が習っていた香道の、
年一回、池上の梅園で開かれた香席の帰りに、
友人たちと一緒に引っ越す前の僕のマンションにお茶を飲みに来たり……。
そんな周りの近しい関係なのに彼とは面識がありませんでした。
丁度、講演会の数日前にNHKの「プロフェッショナル」で彼の特集をしたばかりでしたね。
素晴らしい内容だったので、再放送も見ちゃいました(笑)

さて、彼の講演会。非常に有意義でした。
改めて植物との付き合い方を考えさせられる内容でした。
満席の会場は笑いに溢れ、聴衆は彼の一挙手一投足に敏感に反応します。
彼は観察の人なのね……お話を聴いてそう思いました。
彼が小さな頃からズゥ〜っと観察して来たこと、
特に植物と人間との関係が興味深かったです。
その観察目の鋭さ、彼の「なぜ?」「どうして!」……。
そんな疑問の数々が、僕ら日本人とのギャップになり面白いです。
僕ら、多くの人間は植物を自分の思い通りに仕立てようとします。
力でねじ伏せて花を咲かせようとし、形を変えようとする。
彼の植物との付き合い方はその反対なんですね……植物の立場に立った植栽なんです。
彼の考え方を知る人、当日、話を直接聴いた人はお分りだと思うので、
ここには詳しく書きませんが、肥料の話とかね……。

イギリスと日本のギャップ。
彼がやりたかった仕事と日本のガーデニングの距離感……。
そんなこんな、彼の観察目から生まれた話は、
勿論、彼がイギリス人たと言うこともあるのでしょうが、
時に鋭くシニカルに聞こえることも、ウィットと機知がそれを笑いに変えてしまう……。
わざとらしく人を笑わせよう、笑いのためにあざとくなることがないのね。
会場のアットホームな雰囲気はその表れです。

僕にしては珍しくメモを取りました。A4のチラシの裏側に一面に……。
来年は鳥取の「とっとり晴れやか庭園」に2回ほど行く予定にしています。
植物たちが生き生きしている夏と秋もすすんだ晩秋に……。
また楽しみが一つ増えました。

ATSU0398-2.jpeg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

今日の写真は会場になった立教大学の正門のクリスマスツリー……。
これは凄かったです。で、で、で、デカい!しかも左右対称!
もしかしたら樅の樹じゃないのかな?曇り空が効果的でした。
巨大な樹にシンプルなライティング……非常にフォトジェニック。
このクリスマス大嫌いな僕が夢中でシャッター切ったんだものね(笑)
いえいえ、クリスマスが嫌いってね、クリスマス自体と言うよりは、
クリスマスを山車に騒ごうとしている愚か者たちを軽蔑しているだけ。
クリスマス本来の意義って彼らとは全く違うところにあるのだよ。
朝、教会に行き祈りを捧げ、家族と一緒に過ごすのがクリスマスなの。
プレゼントやケーキを楽しみにしている、
まだ小さな子供は可愛らしいけど、いい年をした大人が、
キリスト教徒でもないのにクリスマスもあるまいって!
恋人もいないのにクリスマスにレストランとホテルを予約して何すんの?(苦笑)
予約できてから付き合ってくれる人を探すの?アホみたい。
クリスマスとバレンタインデー……おバカが騒ぐ唾棄すべき日です。


2014年12月21日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2014 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト

category: 向き向きの花束。

tb: 0   cm: 6

△top

コメント

 

雪道マラソンでした。

ブノワ。さんこんにちわ。また一気にどか雪。今日は歩いて行き
ましたが、足がもぐるの。除雪されていなくて。住宅街からショー
トカットして行こうと思ったら、行き止まり。迷子に(涙)。それか
らもう雪上マラソンして疲れました。

ポール・スミザーさんの番組、何度も観ました。昨日も見ましたよ。
ポールさんのお庭、その環境にあったものを植栽されていましたね。

ここ数年、地植えの植物は、真夏もお辞儀するまでは、水をあげま
せんでした。根腐れしなくなり、強くなり枯れなくなって。野の花、
誰もかまっていなくても強いでしょ。そんな感じで最近は庭とつき
あっています。

クリスマスツリーこの写真、素敵な1枚。外国かなあって思っていた
ら、違いましたね(笑)。鳥取、いいですね。マイガーデンで鳥取の景色
きれいでしたよ。ブノワ。さんのブログ楽しみにしていますね。

スナッフィー

スナッフィー #pdK/Zy5g | URL | 2014/12/22 13:17 | edit

独りで過ごすXmas

ブノワ。さんこんにちは。

明日はクリスマスイヴ、お一人で静かにお過ごしですか?
ま、へそまがりはそれでもいいでしょ。

犬の看病でニュージーランドツアーから置いてけぼりを
食った私もひとりですよん。
いえべつに、誘ってと言ってるわけではありません。
誘われても弱っている老犬を置いてはいけませんもの。

バラ デビューの写真は確かに素敵でした。
私でさえ胸高鳴りましたもの。ホホホ。

ツインズは、夏のXmasがどうしてもイメージできないらしく
最後まで、ケーキ・ケーキ、サンタはどうなるの?と騒いでおりました。
まだまだサンタクロースを信じている無邪気な二人です。

hibari #O5sb3PEA | URL | 2014/12/23 12:15 | edit

この切り取ったような斜面のツリー、不思議~。
灯りの色が暖かくていいねー。
この頃何処へ行っても寒々しい白やブルーでブルブルっとしちゃうもん。

ポール・スミザーさんは八ヶ岳で自然と共生する庭を作ってるんですね。
もしかして日本の庭園はわりと人工的なの?
京都のお寺の庭は人の手が入ってるけど
ヨーロッパのシンメトリーの庭園よりはずっと自然な味わいがあると思うけど。

ブノワ。さんの最近の写真の傾向を考えると、
ポール・スミザーさんに魅かれるのがよくわかります。

気候がまるで違うイギリスと日本。
オースチンのバラを育てて実感します。
そこを、どう乗り切ったのか興味があります。




ムー #qiVfkayw | URL | 2014/12/23 21:33 | edit

大変!

スナッフィーちゃんへ。
おはようございます。
大変、こっちに返事するの忘れてた(笑)
その前に新年あけましておめでとうですね!
今年もヨロシクお願いしますね。
ポールの庭は色々なことを教えてくれますよね。
今年は一つ一つ制覇して行きたいです。
先ずは鳥取ね。家庭画報で凄く綺麗だったの。
下見してきますからね、スナッフィーちゃんも一緒に行きましょう。
雪は大変そうですねぇ……春まで溶けないんでしょう?
今年はね、早々に雪かきのシャベル買ったの。あれ?スコップ?(笑)
毎年、降ってから後悔するからね……。
ツリーは本当に立派でした。一見の価値ありです。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2015/01/03 06:52 | edit

おめでとうございます。

hibariさんへ。
おはようございます。
その前に新年あけましておめでとうございます。
この記事のお返事、スッカリ失念していました……。
新年早々焦っちゃった(苦笑)
さて、皆さんお帰りのようですね。
シワ取りクリーム貰って新年早々ピッカピカ?(笑)
でも目の周りは気を付けてくださいね、一番皮膚弱いから。
クリニークのなんてペロって皮剥けますよ。
薔薇のデビューの写真ねぇ……隔世の感ですな。
本人は全く変わっていない積もりなんですけどねぇ……。
今年も宜しくお願いいたしますね!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2015/01/03 06:56 | edit

割とじゃないですよ。

ムーさんへ。
新年あけましておめでとうございます。
この記事へのお返事……スッカリ失念、ゴメンなさい。
何だかね、余裕全くないですね……。
このツリー素敵でしょう?チョッとビックリしちゃったの。
ホラ、クリスマスに全く関心ない僕ですもんね。
ムーさん、日本の庭園はモロ人工的です。
箱庭の発想ですよね。狭い敷地を理想型に作り上げている。
自然な味わいに感じるように巧妙に作られていますよね。
庭も流行り廃りがあるから大変ですね。
ここチョッとの間に全く興味の対象が変わっちゃいました。
親友は、北海道に行ったからって言いますが、
その辺は自分でもチョッと驚くくらい……。
今年は鳥取にポールが造った庭園を観に行く予定です。
ムーさんは今のまま、シンメトリーに僕の薔薇を!ですからね。
今年も一つ宜しくお願いいたしますね!
その前に宝くじ当たってとっくにトンズラしていたりして……(笑)

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2015/01/03 07:02 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://nioinoiihanataba.blog.fc2.com/tb.php/87-db4ec597
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top