秋の「イコロの森」……神が降りました。 

 

ATSU7931.jpeg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

初めての小樽。美味しい寿司でランチのあと、チョッと迷いました。
もう少し街を廻る?何だか楽しそうなことが満載……アンテナがピクピクしています。
いやいや、待てよ……1時過ぎでこの太陽の角度と言うことは……。
いくらボンヤリの3人でも焦りました(笑)北海道は広いしね。
「イコロの森」は4時クローズです(実は5時だったのを間違えていた……基本の詰めが甘い。)
小樽から「イコロの森」まで何時間掛かるの?
最低でも2時30分には着きたい……そして夕方の光の中で素晴らしい庭園を歩きたい……。
もうね、車飛ばしました。車の中で小走りでした(笑)車の中でスキップ踏みました(爆)
これで小樽で手間取って、「イコロの森」に着いたら暗かった……じゃぁ血を見ます(笑)
あけと景子姐はヘボ写真を暗いせいに出来るけど、
僕は夕方の「イコロの森」のために北海道に来たと言ってもいいくらいだから……。
「だから早くって言ったじゃん!」「確認したよね?大丈夫?って!」……。
お互いに責任のなすり合い、友情にヒビが入ろうと言うものです(笑)

さて、流行る気持ちを押さえつつ「イコロの森」に無事到着。
十分に間に合い、あけも景子姐も僕も、傑作写真を撮る気満々でございます(笑)
果たして夏の大雪山に続いて神は降りるのか?(笑)はたまた神が降りたのは一瞬の幻か……。
こちら「匂いのいい花束。」では夕方の美しい日差しの様子を。
「Under the Rose。」ではひんやりした朝方の様子を御覧ください……。

ATSU7941.jpeg
ATSU7945.jpeg
ATSU7949.jpeg
ATSU7950.jpeg
ATSU7951.jpeg
ATSU7954.jpeg
ATSU7960.jpeg
ATSU7964.jpeg
ATSU7967.jpeg
ATSU7968.jpeg
ATSU7977.jpeg
ATSU7992.jpeg
ATSU7995.jpeg
ATSU8095.jpeg
ATSU8005.jpeg
ATSU8010.jpeg
ATSU8018.jpeg
ATSU8020.jpeg
ATSU8023.jpeg
ATSU8026.jpeg
ATSU8038.jpeg
ATSU8053.jpeg
ATSU8076.jpeg
ATSU8088.jpeg
ATSU8073.jpeg
ATSU8098.jpeg
ATSU8106.jpeg
ATSU8108.jpeg
ATSU8110.jpeg
ATSU8111.jpeg
ATSU8114.jpeg
ATSU8117.jpeg
ATSU8120.jpeg
ATSU8128.jpeg
ATSU8132.jpeg
ATSU8140.jpeg
ATSU8142.jpeg
ATSU8147.jpeg
ATSU8158.jpeg
ATSU8186.jpeg
ATSU8189.jpeg
ATSU8190.jpeg
ATSU8195.jpeg
ATSU8203.jpeg
ATSU8208.jpeg
ATSU8215.jpeg

実はこの日は「イコロの森」のオーベルジュに宿泊でした。
つまり、翌朝もタップリ美しいガーデンを楽しめると言うこと……。
夕方と朝……二つの違った表情に驚きを隠せません。
もう、神、降りまくりでございます!(笑)世界中の八百万の神が一堂に会した感じ(笑)
レンガを敷き詰めた小径が逆光で天の川のように輝いています。
世界的名撮影監督の宮川一夫がアスファルトに水を撒いて大理石にしたよう……。
最後の方の美しいヒース!ヒースなんて「嵐が丘」の中のお話だと思っていました。
いきなり気分はヒースクリフになっちゃった(笑)勿論、オリビエのヒースクリフね。

 「はぁ……。」「いやぁ……。」「綺麗っ!」……。

皆、言葉にならないため息の嵐の連続。絶句の嵐(笑)

 「あたし可愛いウサギちゃんになってここに住みたい!」

無理ですから!ウサギ?有り得ません!(怒)バカなことを夢見るあけがいます。
ほほほほほほほほほ♪クマと間違えられて撃たれるぜぃ(笑)
真面目に後ろからドツいてやろうかと思ったわさ(笑)
景子姐は景子姐で神の降臨を求めて右往左往(爆)2人のブログもご覧くださいね!
「イコロの森」についてはUnder the Rose。」に真面目に書いています。
こちらと一緒に合わせて読んでみてくださいね!


2014年11月4日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2014 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト

category: raindropsonroses。

△top

コメント

 

夕方がいいから

こんばんわぁ~!!
相変わらず、枚数多いねぇ~(笑)

イコロはホント綺麗だったね。
そうそう、小樽でシュウメイギクの写真撮りたいって行ってたけど、
あれ行ってたら、
あっと言う間に沈む秋の夕暮れに間に合わなかったかもねぇ~
そりゃ、血みどろの争いが勃発してたハズ(笑)

あけは朝のイコロは明日書きまぁ~す。
今度は早春のイコロに行こうねぇ~!!

あけ #HnKya1mw | URL | 2014/11/04 21:39 | edit

いやはや

ありがとうございますです
北海道行った気がして来ましたです
ひんやりした空気も流れてきたような・・です
イコロの森いいですね
お日様さんさんな時には行かないほうがいいですね

やす #- | URL | 2014/11/05 09:15 | edit

とってもとっても嬉しいです。

ブノワ。さんこんばんわ。イコロの森、もっと見たいです。
やっぱり大好きな風景。秋の光を浴びた植物。どの植物も
本当に愛おしい。

空気、冷たさの中に秋の光が優しく。大好きな曲があるんだけ
れど、「熱さが消えて透明な秋 愛だけ残った」って氷室さん
の曲の歌詞なんだけれどこのバラード好きなんです。夏から秋
へと移りいく季節の中での恋人たちのことを歌っているんだけ
れど、まさにイコロの風景の写真を拝見していたらせつなくて。

夏のイコロの写真を拝見して今回の秋。イコロLOVEな
ブノワ。さんの想いが写真から伝わってきました。秋色もこの
季節のみの色彩ですね。冬になる前の一瞬一瞬が愛おしいです。

そして本当に枯れた色が黒いです。先日話してくださいましたね。
寒暖の差があるからこんなにも。夏のシーズンが観光シーズン
でしょうが、秋深まる植物の色合いがのガーデンは本当に美し
いです。

未来へと命を宿しこの種子は、また春になり命の誕生になるの
でしょうか。イコロ、来年は必ず。夏と秋迷っています。欲張らず
来年はどちらかをと思って・・・。

素敵なお写真をいつもありがとうございます。御一緒したよう
に感じました。こちらも、ぎぼうしが最後の美、間近です。
枯れ行く前の美がありますね。

今は石蕗が、楚々として美しいです。優しそうだけれどあの子
達めちゃめちゃ強い(笑)。

寒さ厳しくなりました。お体ご自愛くださいね。あー、秋の
北海道に行きたいです。

そうそう、フェリーは午前10時30分発翌日の早朝4時30分に
到着します。あの頃は時間があったので利用しましたが、今度は
飛行機で北の大地へ。

夜行の電車も体験してみたいです。いいみたいですよ。ロマンが
あって。

スナッフィー

スナッフィー #pdK/Zy5g | URL | 2014/11/05 21:29 | edit

どうもイコロのまえにイチコロと読んじゃうのよねー(笑)
ほんとにここって秋もいいのねー~。
ふわふわの枯れた草がこんなにいいのは写真のせいかしら?
枯れ草って植木鉢に一個だと早く何とかしなきゃ。だけど、
一面に枯れてるとほんっとすってきー。
いわゆる紅葉じゃないところがいい。
[Under the Rose]のほうの沢山の写真も堪能しました。
(あっちコメント書き入れにくくて、こっちだけ)
私が苦手なのは真夏のモリモリした緑だと思う。あー暑苦しい。
で、木なんか見たくもないし見ないし。
でもどうやら北海道は違うらしい、行ってみたい。
冬の木立も好きなんだけど、ここは冬は閉鎖されちゃうのね。
「イコロの森」のオーベルジュに住みたいねー。

ブノワ。さんヒースクリフ?
じゃ私はキャサリン(笑)

ムー #qiVfkayw | URL | 2014/11/06 14:05 | edit

そう?(笑)

あけへ。
メッセージご苦労であった!(笑)
そう?写真多い?そんなことないと思うんだけどなぁ……。
真面目にさ、あの時の私めの決断(秋明菊を諦める)が、
この麗しい友情を長らえたんだよねぇ(笑)感謝しろよ!(爆)
夏は決まりなんだけどね、5月の連休前に行きたいよねぇ……。
「イコロの森」だけでもいいや。空港からタクシー飛ばすか?(笑)
本当は雪景色に興味津々なんだけどね。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2014/11/06 20:40 | edit

どういたしまして。

やすさんへ。
こんばんは。メッセージありがとう。
北海道に行った気がしましたか?それは良かった。
記事をアップした甲斐があろうと言うものです。
夏もいいですよ。湿度がないからこんがり日焼けしてね。
まぁ、女性は日焼け大敵でしょうけど……。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2014/11/06 20:42 | edit

もっと見たい?(笑)

スナッフィーちゃんへ。
こんばんは。いつもメッセージありがとうね。
写真、多かったけど大丈夫だった?そうだよねぇ、もっと見たいよねぇ(笑)
第2弾でまたまた200枚アップしようかしらン?
一緒に歩いたように感じてくれて僕も嬉しいです。
時間を割いて頑張ってブログをアップするんです、そう来なくちゃ!
今回の「イコロの森」……僕の頭の中はバッハの無伴奏でした。
それからね、山口百恵の「マホガニーモーニング」って言うアルバムの中の曲があるの。
その曲かなぁ……それよりも何よりも、鳥の囀りや自衛隊の戦闘機の爆音ね。
そんなものが「イコロの森」には似合うかな?
澄み渡った空気に時折爆音が響くの……何とも素敵です。
一番最初に訪れるとしたらやっぱり7月じゃないですか?
ご両親のお許しも出たんでしょう?フェリーでとは言いません(笑)
全行程とも言いません(爆)是非「イコロの森」を一緒に歩きましょう。
秋枯れのガーデンのそこここに春の予感が見えましたよ。
命は続くんですね。それがハッキリ分かって「イコロの森」は大好きなんです。
いつかきっと!必ずね!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2014/11/06 20:50 | edit

キャサリンへ(笑)

イチコロなキャサリンへ(笑)
いつもメッセージありがとうございます。
そう言うのってありますよね。
僕は「おこと教室」が「おとこ教室」になってる(笑)
一回読んじゃったら二度とまともに読めない(笑)
「イコロ」ってアイヌ語で「宝物」の意味だそうですよ。
こんなにいいのは写真のせいではありません。
写真は実際の1/10も良さが出ていないんじゃないかな?
是非、時間を作って訪れてみてください。
そして身体をガーデンの中に……何か変わるハズです。
実は真面目な話、真冬にも行ってみたいのです。
絶対にいいハズなんだもの。クマに変身しようかしらン?(笑)
ところで「Under the Rose。」にはメッセージくれないの?
えぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ!ムーさんのために140枚選んだのにぃ!(笑)
「嵐が丘」と言えば1939年版は良さがよく分からんのです。
マール・オベロンって苦手……名前は物凄く素敵ですけどね。
オリビエもオベロンが嫌いだった。ヴィヴィアンに手紙を書いた。
ヴィヴィアンがハリウッドに渡ってスカーレットを射止めた……。
色々とエピソードありますねぇ……75年も前のことですよ。
ヒースクリフもキャサリンも将来を嘱望された俳優がやっていますね。
今だったら誰が出来るだろう……そう思とゾッとします。
誰も思い当たらないもの……。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2014/11/08 07:17 | edit

素敵すぎて・・・。

ブノワ。さま こんばんは。

肌寒い夜になりましたね。今夜は夜更かしを楽しんでいます。
明日の朝のアラームを気にしないで夜を過ごせるってとても貴重です。
やっとブノワ。さまの「イコロの森」のお写真をおうちのPCの画面でゆっくり
見ることができました。ブノワ。さまのお写真はやはり大きな画面でみてこそ
ですものねぇ。両方のお写真、楽しませていただきました。
夜更けに真理さんのバッハを聴きながら、ブノワ。さまの「イコロの森」の
お写真を見せていただくの・・・・。いい夜の過ごし方でしょう?(笑)
今夜は真理さんのチェロとブノワ。さまのお写真が完全に一緒になっています(笑)

夏も本当に素敵な「イコロの森」のお写真でしたが、今回の光景は北海道
ガーデンのイメージが変わりそうなくらい新鮮でした。そして夏のお庭と同じ
お庭とは思えないほどのドラマティックな変貌ですね。
秋のイコロ・・・こんなにも素敵なんですね。このガーデンの名前の由来が
アイヌ語の「宝物」というのも納得です。秋の繊細な光の中、冬の眠りにつく前の
植物たちは、最後の命の輝きを放っているように感じました。神々しい・・・
簡単に口にしてはいけないのかもしれませんが、ほんとうにそれがいちばん
しっくりとくる言葉なのではないでしょうか? ブノワ。さまは植物たちの
最後の輝きをちゃんと見つけてあげて、お写真に収めていらっしゃるでしょう?
いつもね、そんなお写真をみせていただくとすごいなぁと思うのです。
今回は全編に「イコロの森」への愛情をものすごーく感じましたよ。

それにしても秋のひかりがなんて美しいのでしょう。見飽きることなく何度も
何度もスクロールしながら見せていただきました。そしてその光を受けて
生きている植物たちの表情の豊かなこと・・・。それとは別にトップのお写真も
とっても違う意味で印象的でした。こちらも心に残る1枚ですね。本当に素敵です。
ブノワ。さま、過ぎゆく秋の今この瞬間の美しい世界に立っていらっしゃったの
ですね。そんな素敵な体験を私たちもお裾分けさせていただいた気分です。
たくさんのお写真で大満足ですよ~♪

来年は最低5回? それじゃ私たちはブノワ。さまがいらっしゃった分だけ
「イコロの森」を見せていただけるのですね~♪今からとっても楽しみです(笑)

rose

rose #Lb0elJ46 | URL | 2014/11/12 02:36 | edit

ありがとう。

roseさんへ。
おはようございます。いつも丁寧なメッセージありがとう。
そう、段々と気温が下がってきましたねぇ……チョッと喉が痛いの。
油断していると大変なことになりますからね、
これから年度末に向けて忙しい時期だし大事にしないと……。
さて、真理さんのバッハとイコロの森……いい組み合わせですねぇ。
あ、僕の写真も入れてくれるのね?ありがとう。
僕は旅行者ですからね。いつもベストの時にそこにいられるとは限りません。
光が最高の時だったら申し分ないけれど、
雨だったり風だったり曇天だったり……でも、その中で最高の写真を撮りたいです。
創意と工夫ね、最近はそれが自然に出来るような気がします。
結果が満足いくようなものかどうかは別にしてね。
だって、素晴らしい被写体なんだものね。「イコロの森」は本当に宝物。
ガーデンの実力ってハイシーズンじゃない時が大事だと思いませんか?
花が少なくなっても美しさが変わらないガーデン……。
そこで実力発揮ですよね。roseさんなんか行ったら住んじゃいそう(笑)
僕なんか2泊くらいしたい気分です。それくらい好き。
光って本当に大事ですよね。最近つくづくそう思うようになりました。
トップの写真、素敵でしょう?僕ね、記事のトップの写真はイレギュラーで行きたいのね。
だからいつも普通に撮る意外にトップの写真のためにチョッと工夫します。
誰もがそこの光景を想像する意外の何か、チョッとひねったものね。
来年は4回は行きたいです。定点観測したいのね。
早春の「イコロの森」……一体どんなでしょうねぇ……。
何だか目が遠くなってしまいます(笑)

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2014/11/14 09:41 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/11/14 21:57 | edit

華々さんへ。

華々さんへ。
おはようございます。
初めまして、ようこそいらっしゃいました。
写真、沢山で大変だったでしょう?(笑)
でもね、自分では選べませんので堪忍ね。
実はね、僕もチョッと疲れちゃっているんです……。
だからこそのこの風景かもしれません。
枯れてはいるけれど、次の春に確実に命が繋がっている……。
そんな生命の「輪」に魅力を感じるのかもしれません。
華々さんはガーデン難民?どういう意味かチョッと計りかねますが、
もしかして僕と一緒かもしれませんね。
また遊びにいらしてください。お待ちしています!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2014/11/16 10:47 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/12/02 20:46 | edit

これからもヨロシク!

夢一杯の方へ。
おはようございます、メッセージどうもありがとう。
ハンドルネームも書かない方がいいかもしれませんね……。
昨日、NHKでポール・スミザーの特集を見ました。
再放送だったんですけど、もう一回見ちゃいました(笑)
そこには僕が考える理想型が……チョッと最近考えが変わっちゃって……。
人間からの一方的なガーデニングじゃなくって、
人と植物の対話?植物の立場に立ったガーデニング?
そんなこんな、目からウロコのことが最近は多いです。
出身地……そうでしたか。
勿論、住むと色々なこともあるでしょうけど、
憬れの地です……出来たら住みたいくらい。
こんなブログですけど、これからも宜しくお願いいたします!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2014/12/05 08:56 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://nioinoiihanataba.blog.fc2.com/tb.php/73-6cb5114a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top