秋の北海道……小樽編。 

 

ATSU7903.jpeg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

先週末のこと……。
仕事を遣り繰りして無理矢理に時間を作り、
念願、待望、秋の北海道に行ってきました。
メンバーは僕、運転手のあけ、侍女の景子姐のズッコケトリオです(笑)

秋の北海道の企画はこの夏の北海道のスグ後に決まりました(笑)
もうね、帰京と同時に郷愁にかられ、失踪願望がマックスになるのね(笑)
実は来年の夏の北海道の予定も既に決まっています……。

さて、今回の北海道旅行。必ず行かなければならない、
「イコロの森」と「十勝千年の森」は有無を言わさず決定で、
(そうすると新千歳〜帯広の行程の遣り繰りとなります。)
他に夏以降、偶然に見つけたあるHPで衝撃に打たれた光景……。
この場所はまた別の機会に書くとして、
3泊する街と食事をするレストランを僕がざっくりと決め、
あとは運転手と侍女にコースを決めさせました(笑)
それで出発の近くになって判明したのが小樽行きです。
僕ね、小樽は初めてなんです。チョッとドキドキ&ウキウキ。
小樽行きを聞いてから、頭の中はあの名曲、ホラ、あの……。

 「逢いたい気持ちが、ままならぬぅ。
  北国の街はつめたく遠ぉ〜い……。」

もうね、頭の中は「小樽のひとよ」のメロディがグルングルン(笑)
鶴岡雅義の哀愁を帯びたギターの音色がポロンポロン(笑)
撮影しながらも三條正人の高音がコロンコロン……そんな写真を御覧くださいね。

ATSU7882.jpeg
ATSU7879.jpeg
ATSU7787.jpeg
ATSU7772.jpeg
ATSU7817.jpeg
ATSU7818.jpeg
ATSU7824.jpeg
ATSU7827.jpeg
ATSU7828.jpeg
ATSU7841.jpeg
ATSU7868.jpeg
ATSU7869.jpeg
ATSU7889-2.jpeg
ATSU7885.jpeg
ATSU7915.jpeg

初めての小樽、右も左も分からぬまま散策。大体、北海道のどの辺り?(笑)
倉庫と運河が有名?港町なんですってね……。

 「おんな港町どうしてこんなに夜明けが早いのさぁ……。」

いけないいけない、どうしても昭和歌謡になっちゃう(苦笑)
出掛けに調べておいたアンティークショップと雑貨屋を見て、
チョッとお買物の後はランチで美味しい寿司に舌鼓を打ち、
慌ただしく次の目的地にひた走るのでした……。

あぁでもない、こうでもない、
車中の歌合戦で「そんな古い歌は知らない!」と、
少しでも若いことを強調しようとするあけ。

 「アタシも知らないわぁぁぁっ!」

と、言ってはみたものの、僕がイントロを口ずさむと、
間髪おかぬ絶妙のタイミングで、ついつい歌いはじめる景子姐(爆)
とことん白を切れない昭和の女です。

ハイ!皆さんご一緒に!八代亜紀の「雨の慕情」の節で!♪

 「無理やりしている若作りぃぃぃ。
  身体が昭和を覚えてぇる。
  イントロ聞くと血が騒ぐぅぅぅ。
  熱い昭和の女です。
  ひばり、はるみ、亜紀に百恵。
  イントロ聞くとついつい反応。
  アタシはババババ、ババ景子ぉ。
  昭和のニホヒが抜けません。
  アタシはババババ、ババ景子ぉ。
  身体に染み付くレトロ臭ぅ。」

交互にイジられイジり倒し(笑)爆笑、爆笑、また爆笑!
移動の車の中は昭和歌謡のメロディで溢れるのでした(笑)
さぁて、次はもう行きたくて行きたくて夢にまで見た秋の「イコロの森」です。
秋の「イコロの森」は初めて!圧倒的な美しさ、
静謐な空気……怒濤のアップ、お楽しみに!


2014年10月30日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2014 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト

category: 旅の栞。

△top

コメント

 

小樽、また行きたいです。

こんばんは。楽しみに首を長くして
待っていました。新潟から、車を、
フェリーに乗せて小樽に行った日を
懐かしく思います。日本海を北上し
たんですよ。

慣れている車じゃないと運転しにく
くて。どこまで不器用な私。朝の4時
30分に着きました。車はほとんどなく
独り占めでした。

気づけば小樽運河と洋館しか見ずに、
札幌市まで運転しましたか。

小樽の美術館に、見に行きたい画家の
作品があるんですよ。いつか、訪れた
いなあと。

小樽の街、楽しんでいらっしゃるブノ
ワ。さん、あけさん、景子さんが目に
浮かんでいます。

静かな秋もいいですね。本当に行きた
かったなあ。小樽の風景、楽しみまし
た。

景子さん(笑)。いじられて~。亜紀は、
幼稚園の時に歌ってたなあ。私も昭和
なら大丈夫(笑)。年齢査証疑惑がばれる
から、静かにしてます(笑)。すでにばれ
ているかな?。

スナッフィー


スナッフィー #pdK/Zy5g | URL | 2014/10/30 22:58 | edit

ブノワ。さん、こんにちは。

私もわかんないなぁ~
と、すっ惚けようと思ったんですけど『小樽のひとよ』を動画で見たら知ってました。(バックバンドが居ないオリジナルメンバーだけのバージョン。かっこいいギター演奏ですね!)

小学3年で初めて渡った北海道は根室標津で、父は部隊長となり、周囲からの強制で自宅に持ち込まれたカラオケセット(勿論8トラ)を理由に、事あるごと深夜までカラオケ大会が催されていました。
襖ひとつ隔てて寝ていた私は睡眠学習してしまったのか、聞けばなぜか懐かしいのです。
北海道へ渡る前は、自宅のオーディオに凝り、クラシックを楽しむ父が『日常』でした。
寝室の襖ひとつ向こうから聞こえる昭和歌謡に淡谷のり子が聞こえた時
「母の声じゃない。隊員さんは男性しか来てないし、やたら似てるこの声は一体誰!?」と思った私はそうっと覗いたのです。

父でした・・・

家庭に興味は無く、趣味は登山とマラソンとクラシック、仕事人間の堅物と思っていた父は仮面を被ったひょうきん者だったのです。
私が持っていた父への距離感が縮んだことは言うまでもありません。

昭和歌謡。北海道旅行のBGMにして間違いなし!です。

azking #- | URL | 2014/10/31 11:04 | edit

まったく判りません♪

おはよぉ~!!

ホント車の中はずっと昭和歌謡ショウだもんね。
あけは若いから、まったく判りませぇ~ん♪
80年代アイドルくらいからにしてくれないと・・・・・・・・・・

ジンギスカンの姉さんは歌いだし完璧よねぇ~
昭和歌謡イントロドンとかやったら、
優勝だわ(笑)
そのイントロから完璧に歌えるブノ。ちゃんもブノ。ちゃんだけどね。

小樽面白かったねぇ~
もうちょっと時間があったら、街を散策したいところねぇ~
お寿司の写真がないよぉ~お寿司!!
あ~またお寿司食べに行きたい。

あけ #HnKya1mw | URL | 2014/11/01 09:16 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/11/02 09:20 | edit

そうかも

旅とは・・・早い話が心の中に巣食う失踪願望かもね
知らない何処かにいきたい
知らない街の人になりたい
願望を実に即実行される
豊かな人生お過ごしで
よだれたらしてますわたし。

やす #- | URL | 2014/11/02 19:55 | edit

小樽はね、以前行ったことあるんだけどね、
写真とイメージが全然違う(笑)
記憶にあるのはイクラ丼のイクラの量がすごかったことと、
これでご飯が寿司飯ならいいのにー。と母が言ったこと。
ガラスを売ってる店でバラ色のシンプルなグラスを買って、
帰ってきてからもっと買うんだったねー。と思ったこと。
旅先での買い物って難しいなー。
ケチになったり変な高いもの買って後悔したり。

けど小樽ってなんとなく確かに昭和歌謡の街よねー。
(知ってて悔しい)

ムー #qiVfkayw | URL | 2014/11/03 14:06 | edit

へんだわ〜

確かコメント入れたはずなのに、ぜんぜん反映されていないの。
届かないメールといい、誰かに呪われてるのかしら?

昭和の歌謡曲はときどき歌詞があやしいけど
忘れようとしても忘れられなくて
勝手に口から出て来るのよねぇ。
最近の流行りのは何度覚えてもすぐ忘れちゃうのにね。

リズムと音程はね、学生時代に厳しく学んだから
身体にしみついてると思うの〜(笑)

それにしても昭和の歌謡曲をイントロまで
完ぺきに覚えてるブノ。ちゃんはもっとすごいと思います。

小樽の写真はほんとにとても素敵です。
私も同じ場所を撮ってるのにまったく違う場面みたい
きっとそれはカメラの値段の違い
そう思う事にしてもいいかしら?(笑)

#NiuQfYto | URL | 2014/11/03 21:11 | edit

僕もまた行きたいです。

スナッフィーちゃんへ。
こんにちは。いつもありがとうね。
首を長くして待っていてくれたんだ……頑張らなくっちゃ!(笑)
新潟から北海道までフェリーでどれくらいかかるんでしょう?
実はね、僕は上野から寝台特急カシオペアで行きたかったんだけど、
該当する日に便がなかったの。何だか殺人がおきそうでドキドキしない?(笑)
朝の4時30分の小樽も素敵でしょうね……独り占め大好き!
美術館巡りはいいですよね。僕もよくやります。
フランスだとどんな小さな街にもちゃんとした美術館があるのね。
日本もチョッと見習わなければいけないかも。
3人だと毒舌バトルが凄いです。やられるのはいつも景子姐なんだけどね。
昭和歌謡はメロディーがありました……だから覚えやすいんじゃない?
今度カラオケ行きますか?仲間で昭和バトルするのだ!(笑)

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2014/11/05 16:33 | edit

嘘つきなさい!(笑)

azkingさんへ。
こんにちは。メッセージどうもありがとう!
動画で見たら知っていた?嘘つきなさい!(笑)
窓を開ければぁ……淡谷のり子は偉大です。
お父さまだったのですね(笑)なかなかいいエピソードじゃないですか。
ウチはいい気になって歌う父親に母も僕も辟易……。
もっとも僕は一緒に行ったことがなく、母の話で敬遠していただけですが(笑)
どうやらベーヤンが好きだったみたい。堀内孝雄ね。
カラオケも家にあると大変じゃないですか?
カラオケボックスなるものが出来て久しいですね。
何年行っていないんだろうか……10年じゃきかないかな?
ご当地歌謡ってあったじゃないですか。
あの辺はやっぱりキッチリツボを押さえていい感じですよね。
旅のお供に持って来いです(笑)ハァ、昭和は遠くになりにけり……。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2014/11/05 16:40 | edit

ウソこけ!(爆)

あけへ。
メッセージご苦労であった(笑)
あけは若い?嘘つきなさい!十分に知っているクセに(笑)
ただ変な偏りがあるよね?時代じゃないのね、お父さんの好みね。
80年のその前20年がいいのだよ(笑)
僕だって知識として知っているだけですからねぇ!
景子姐は凄かったよね。イントロ当てクイズに優勝するかも(爆)
身に染み付いた昭和のニホヒ……ジンギスカンの煙より強烈かも。
小樽はね、まだまだ全貌が分かっていないのだよ。
来年の夏は無理だけど、またいつか行きたいね。
鮨も食べたい!牡蠣が上手かったぁぁぁぁっ!(笑)

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2014/11/05 16:52 | edit

溺愛中さんへ。

溺愛中さんへ。
こんにちは。メッセージどうもありがとうございます。
こちらもスッカリご無沙汰です。元気にしていらっしゃいましたか?
チョッと場所は変わりましたが、僕は元気に相変わらず毒吐いています。
チョッと毒が強くなって来たかも(笑)
車に熱中してスッカリ熱は冷めたのですね?
どのような動機で?いきなり冷めちゃったのですか?
そして猫!猫はいいでしょう?本当に素晴らしい生き物だと思います。
溺愛ね……分かりますよ!(笑)
また遊びにいらしてください。お待ちしております。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2014/11/05 16:56 | edit

そうです。

やすさんへ。
こんにちは。メッセージ恐縮です。
そう、そうなんです、失踪願望なんですよ!(笑)
現実逃避とも言いますね。この前、北海道から帰って来て、
既にどこかに行きたくて仕方ない僕がいます。
日曜日もどこかに行く予定です。
帰って来ることが前提ですから自分でもどこか安心なのかな?
これが本当に失踪しようとしている人の胸中って如何に?
本が一冊書けそうですね(笑)
まだまだ北海道が続きます。楽しみにしていてくださいね!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2014/11/05 16:59 | edit

記憶って……。

ムーさんへ。
こんにちは。いつもメッセージありがとうね!
小樽……行ったことあるんですね……お母さまと?凄い。
記憶と全然違うでしょう?(笑)イメージ違いましたか?
僕は初めてだったので、全く全容が掴めていません。
小樽らしさが何なのか、全く分からないで撮りました。
北海道のどこにあるかも帰宅後に知ったくらい(笑)
ねぇねぇ、旅の記憶ってどうでもいいことしか覚えていないと思いませんか?
肝心要のことはスッポリ抜け落ちて、結構どうでもいいことを覚えてる(笑)
旅先の買い物って難しいですよ。決断あるのみですからね。
もう二度と出会えないと思ってキッパリ決断すること。
次の店?有り得ません!そこで出会ったら即買いです。
僕の買い物は早いです、迷ったらキリないし決まらないし……A型だから(笑)
ふふふふふ……勿論、ムーさん知っていましたね。
まだまだ昭和歌謡の北海道は続きます、乞うご期待!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2014/11/05 17:05 | edit

へんだわ〜じゃないでしょ!(笑)

景子姐へ。
メッセージどうもありがとう。
でも、全然、変じゃないですよ。入れてないでしょう?(笑)
メールは確かにおかしいですよね。景子姐が幾つもアドレス持っているからだよ。
呪っているとしたらアイツだな……食い意地の張ったアイツ(笑)
そうなのね、昭和歌謡は歌詞が怪しい部分もあるけれど、
リズムと音程はキッチリ身に染み付いているよね……。
昔は綺麗なメロディーがあったから。
イントロまで完璧に覚えているって……それがなきゃ歌えないじゃない?(笑)
写真の違いはカメラの値段の違いじゃありませんよ。
思うのは勝手ですけどね(笑)今回の旅で気が付いたの。
僕の写真と2人の写真のどこがどう違うか。
それはまた日を改めて他の記事にします(笑)

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2014/11/05 17:11 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://nioinoiihanataba.blog.fc2.com/tb.php/72-0ad4f21a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top