FC2ブログ

Category: 旅の栞。

買って帰るお土産、持って行くお土産……Lytes Carry Manor。 

2018/07/10 Tue.

A_I_9219.jpeg
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

旅を円滑に進めるために……あけと相談したんですけどね。
あけは自分で編集した「Garden Diary」を持って行くことになりました。
タダだよ、タダっ!シッカリしているよね(苦笑)
僕はチョッと思い立って、僕のオリジナルの薔薇7種類のポストカードを作ってみました。
各品種2カットずつ、計14枚のポストカードのセットをお土産用にです。
旅先でお世話になった方たちや、親切にしてくださった方へのチョッとしたプレゼント。
英語&フランス語での会話はなかなか難しいだろうけど、
薔薇の花が話しの切っ掛けになるかも……そう思ったんです。
個人的にガーデンを見せて戴いたり、ガイドしてくださった方へのほんの気持ちね。

ふふふふ……なかなか役立ちましたよ。
全部で40セット作りましたが、もう少し残っています。
欲しい方へプレゼントしちゃおうかな?


確か帯広の「リッチモンド・ホテル」の駐車場から、
ホテルに入る裏口にポスターが貼ってあったような記憶があるんです。
赤い文字だけのそのポスターには、

 「一番のお土産は、アナタが無事に帰ること。」

確かそんな文面だったでしょうか……。
ハタと膝を打った覚えがあります。
お土産はアナタが無事に帰ること……そうなんですよね、旅の本質。
さすがにこの年になり、数え切れないほどの旅行を体験すると、
誰かにお土産を買うって言うことは殆どなくなりました。
そのために貴重な旅の時間を使うのは愚の骨頂。
今回も、どこかでアンティークショップに行けるといいなぁ、
そう思っていましたし、偶然にいい物に出会えたりしたら話しは別ですが、
わざわざお土産を買い求めに見知らぬ街をウロつくのは有り得ません。
と、言いつつ、ごくごく限られた親友たちにお土産は買いましたが……。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

A_I_9210.jpeg
A_I_9209.jpeg
A_I_9222.jpeg
A_I_9223.jpeg
A_I_9225.jpeg
A_I_9218.jpeg
A_I_9226.jpeg
A_I_9243.jpeg
A_I_9241.jpeg
A_I_9250.jpeg
A_I_9257.jpeg
A_I_9240.jpeg
A_I_9239.jpeg
A_I_9238.jpeg
A_I_9236.jpeg
A_I_9235.jpeg
A_I_9227.jpeg
A_I_9249.jpeg
A_I_9251.jpeg
A_I_9252.jpeg
A_I_9253.jpeg
A_I_9254.jpeg
A_I_9255.jpeg
A_I_9258.jpeg
A_I_9208.jpeg
A_I_9259.jpeg
A_I_9260.jpeg
IMG_1325.jpeg
A_I_9273.jpeg
A_I_9272.jpeg
IMG_1334.jpeg
A_I_9271.jpeg
A_I_9270.jpeg
A_I_9269.jpeg
A_I_9264.jpeg
A_I_9263.jpeg
A_I_9262.jpeg
A_I_9267.jpeg
A_I_9275.jpeg
A_I_9211.jpeg
A_I_9276.jpeg
A_I_9277.jpeg
A_I_9278.jpeg
A_I_9280.jpeg
A_I_9281.jpeg
A_I_9282.jpeg
A_I_9283.jpeg
A_I_9230.jpeg
A_I_9216.jpeg
A_I_9214.jpeg
A_I_9213.jpeg
IMG_1337.jpeg
IMG_1323.jpeg
IMG_1319.jpeg
IMG_1322.jpeg
A_I_9291.jpeg
A_I_9289.jpeg
A_I_9232.jpeg
A_I_9233.jpeg
A_I_9234.jpeg
A_I_9244.jpeg
A_I_9245.jpeg
A_I_9246.jpeg
A_I_9248.jpeg
IMG_1324.jpeg
IMG_1327.jpeg
IMG_1328.jpeg
IMG_1348.jpeg
IMG_1347.jpeg
IMG_1344.jpeg
IMG_1342.jpeg
IMG_1340.jpeg
IMG_1335.jpeg
IMG_1341.jpeg
IMG_1333.jpeg
IMG_1330.jpeg
IMG_1329.jpeg
IMG_1349.jpeg
IMG_1350.jpeg
IMG_1351.jpeg
IMG_1352.jpeg
IMG_1354.jpeg
IMG_1355.jpeg
IMG_1356.jpeg
IMG_1357.jpeg
IMG_1358.jpeg
IMG_1360-2.jpeg

今日のガーデンは思いの外、気に入ってしまった「Lytes Carry Manor」。
思いの外って言うのは少し違うかな。
帰りの待ち合わせ時間に3人揃って、
再度、一回りしたのはこの庭園だけです。
ライツ・キャリ・マナー……そう発音するのかな?
色々なサイトを見ても、ここだけカタカナ表記がない(苦笑)
チョッと聞いたら「ライツ」「リテス」「リース」……。
皆さん違うみたい。チケット売り場の優しそうなお兄さんに聞けば良かった。
そう言うのって帰って来てから気が付くんですよね……。

一見、花がありません……花がないと言うよりも、
目を見張る色彩の洪水ではないと言うこと。
でも、よく見るとそこには極上の色彩計画が見て取れます。
終わってしまっている花もあるけれど、生の最後まで植物を愛でる姿勢。
丁寧に混植された植物たちが、お互いを引き立て合っています。
これは自然ではないですね……1本1本、丁寧に人の手が入っている。
何気なさを装って、キッチリと人の手が入っています。
普通、色相環から来る色のベストマッチングは、
赤→緑、青→橙、紫→黄……アバウトでそんな風に言われていますが、
ここでは紫に橙を合わせています。
それは背景の建物の石の色を考慮してなんだと思うのです。
僕の考えでは、この世の中に合わない色の組み合わせはなく、
問題はそれぞれの分量、それがキッチリ合うと絶妙の組み合わせになる。
植物の場合、理論通りにやると、結構、ウルサくなります。
そこで同系色で合わせたり、単色で纏めたりする訳ですが、
ここは建物と渾然一体となった色彩設計が見事でした。

それから、何が気に入ったかって、建物や植栽もなんですが、
矢張り、この刈り込みね(笑)僕、この刈り込みって好きかも……。
最後から2枚目は、邸宅に併設されている教会の、
小さな小さな窓。これでタバコの箱2つ分くらいしかありません。


2018年7月10日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2018 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.




…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………




2018年7月10日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2018 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト

edit

CM: 2
TB: 0

page top

コメント

貴方が無事に

「無事に帰ることがお土産」っていい言葉ですね。
ごく若い頃は無事に帰るなんてあたりまえ~~な気がしたけど、
今はテロとかいろいろ不安材料に事欠かないし、
もう若くないからエコノミーで12時間なんて大丈夫かなーとか、
心配すればきりがないです。
それに大概の物はこっちで買えるんだし物はいりません。
「お土産話をお土産にちょうだい」と言います。

この庭のくっきり計算された潔い良い感じ好きです。
建物の前の植栽のふわっと霞んだフェンネルみたいな草と、
ギガンジュウムみたいな丸い花と(名前がわからないんだけど)
むむむ、おぬしやるな。な植え方。
徹底的な刈り込みは裾をひいて根元が見えない!
溶けてるみたい(笑)
どうやるんだろう・・・?
どこもハゲてないし。
掃除機かけたような芝生もすごーーーい。
落ち着くといったらここが一番の庭だと思った。



ムー #qiVfkayw | URL | 2018/07/11 18:57 - edit

名言でしょう?

ムーさんへ。
こんばんは。今日は特別暑かったですね……。
如何お過ごしでしたか?僕はグッタリ、シオシオのパー(苦笑)
この惹句、いい言葉でしょう?考えた人エラい!
本当にそうなのね、無事に帰るのがお土産、無事に帰るまでが旅!
そう、ものはいらないですね……殆どこっちで買えるし、
下手をするとこっちの方が安かったりする(苦笑)
前にパリに1ヶ月滞在した時に、
死ぬほどヴーヴ・クリコ飲んでやろうと思ったんですが、
酒屋に行ってビックリ仰天……パリの方が高かったの(驚)
並行輸入のマジックだそうです。
説明を聞いたけれどよく分からなかった(苦笑)
エコノミーで12時間……確かにね、でもビジネスは無理だもの、
何とか楽しく過ごす方法を考えないと……。
僕ね、結構、ビジネスであちこち行っているんですよ。
昔の話しですけどね、チョッと秘密の方法で。
今度お目に掛かった時にお教えします。
今回の旅の驚愕のズッコケ話と共に(笑)
この刈り込みの裾は見事ですよねぇ……。
下にも枝を誘引するんでしょうね。専門家っているのかしらン?
そう、ハゲてない(笑)それって結構ポイント高いですよね。
真面目にどうやって手入れしているんだろう……。
芝生に掃除機……いかにもムーさんらしい発想(笑)

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2018/07/18 19:04 - edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://nioinoiihanataba.blog.fc2.com/tb.php/599-314d5992
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2018-09