旅の健康管理……Hestercombe Garden。 

 

IMG_1267.jpeg
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

出発当日は朝が早いこともあり、黒田さんには、
羽田近くのホテルに前泊して戴き、前日の夜に、
美味しい和食を囲んで壮行会と相成りました。
出席は黒田さん、僕、それから仕事の関係で行かれなくなった親友のT。
4人目は個人で薔薇を中心に園芸関係の仕事をしている、
僕のもっとも信頼の置ける親友のKさんです。
あけは出発前日に食い倒れていると旦那に叱られるからと欠席(笑)
いいんだよ、旅行も来なくて(爆)

矢張り、薔薇が好き、植物を愛する黒田さんとKさんは意気投合。
楽しい一時になりましたが、僕から黒田さんに旅の間のことについて一言二言お断り……。

先ず、12日間も一緒にいると驚くと思ったので(笑)

 「あけとは罵り合いの喧嘩になりますが気にしないでください。」

ま、漫才と思ってくれれば……と、思ったのです(笑)
お互いへの不満を弄られたり突っ込んだりの応酬で解消する訳。
キツいこともポンポン言います。黒田さんチョッと驚かれるかな?と、思ったの。

それからもう1つ……。

 「僕、あまり喋りませんから宜しくお願いいたします。」

あのですね、僕、喉が弱いのです……。
1日、話し続けているとスグに声が嗄れて出なくなります。
喉をやられると風邪に繋がることも多いです。
一緒の旅が12日ですし、軍隊的な行程も心配……体力的なことも気がかりです。
何しろ、楽しくて楽しくて、カメラを担いで無意識の内に歩いてしまうから。
「ゆったりとした大人の旅を!」……あけにキツく言い渡しましたが、
どうせ軍隊並みの強行軍になることは必定(笑)
こちらのあらかじめ対策を練っておかなければ……。

・・・・・・・・・・の、ハズが。
2日目には声が嗄れ(笑)3日目には疲れると絶対に出るヘルペスが口元に(苦笑)
5日目にはお腹をやられました……これは風邪から来るもので、
チョッと熱っぽくはなったものの、ガァ〜っと熱が出なかっただけ幸いとしましょうか。
原因はですね、あけが出発前に罹った風邪が治っていなかったのです。
マスクもせずにゲホゲホゴホゴホ……車内に菌が充満しますよねぇ。
言わなかったけどさぁ……一体、何考えてんだか(苦笑)
念のためにフランスで買溜めして来る、
強力な風邪薬を持参していましたからことなきをえましたが、
もし3人で風邪引いたらと思うと冷や汗が出ます。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

A_I_8975.jpeg
A_I_8982.jpeg
A_I_8983.jpeg
A_I_8985.jpeg
A_I_8986.jpeg
A_I_8987.jpeg
A_I_8988.jpeg
A_I_8990.jpeg
A_I_9011.jpeg
A_I_9009.jpeg
A_I_9004.jpeg
A_I_9003.jpeg
A_I_9002.jpeg
A_I_9000.jpeg
A_I_8997.jpeg
A_I_8994.jpeg
A_I_8993.jpeg
A_I_8992.jpeg
A_I_9013.jpeg
A_I_9016.jpeg
A_I_9017.jpeg
A_I_9020.jpeg
A_I_9022.jpeg
A_I_9024.jpeg
A_I_9026.jpeg
A_I_9028.jpeg
A_I_9029.jpeg
A_I_9031.jpeg
A_I_9044.jpeg
A_I_9041.jpeg
A_I_9040.jpeg
A_I_9038.jpeg
A_I_9037.jpeg
A_I_9036.jpeg
A_I_9035.jpeg
A_I_9034.jpeg
A_I_9033.jpeg
A_I_9032.jpeg
A_I_9046.jpeg
A_I_9047.jpeg
A_I_9048.jpeg
A_I_9050.jpeg
A_I_9051.jpeg
A_I_9055.jpeg
A_I_9057.jpeg
A_I_9059.jpeg
A_I_9061.jpeg
A_I_9063.jpeg
A_I_9084.jpeg
A_I_9083.jpeg
A_I_9082.jpeg
A_I_9079.jpeg
A_I_9077.jpeg
A_I_9076.jpeg
A_I_9071.jpeg
A_I_9067.jpeg
A_I_9066.jpeg
A_I_9064.jpeg
A_I_9086.jpeg
A_I_9089.jpeg
A_I_9090.jpeg
A_I_9091.jpeg
A_I_9100.jpeg
IMG_1255.jpeg
IMG_1258.jpeg
IMG_1259.jpeg
IMG_1261-2.jpeg
IMG_1263.jpeg
IMG_1279.jpeg
IMG_1278.jpeg
IMG_1277.jpeg
IMG_1276.jpeg
IMG_1275.jpeg
IMG_1273.jpeg
IMG_1270.jpeg
IMG_1266.jpeg
IMG_1264.jpeg

今日のガーデンは4日目の初めに訪れた「Hestercombe Gaeden」の様子。
晴れ渡り、そよ風が吹く庭園は薔薇の強烈な匂いがしました……。
一際小高いところに邸宅があり、見下ろすように整形型の庭園が。
上から見下ろすとどんな景色なんでしょうね……。
整形式の庭園のピンクの花は薔薇ではなくてシャクヤクです。
きっと全体のスケールからして薔薇の花では小さいのかな?
庭園の反対側から屋敷を見上げる感じもとても素敵でした。
薔薇はギリギリ満開を過ぎて強烈に匂い、
そよ吹く風が頬を撫で……いいですね、旅のもっとも素敵な瞬間。
時間が止まるんですよ。何故ここにいるのか?自分が誰なのか?
そんな小さなことはどうでも良くなってしまう瞬間が……。
園内全体でいい仕事をしているエリゲロン・デイジー。
元々が真面目に花の名前なんか覚える気もないので(笑)
ゲロゲロン、ゲロゲロン、ゲロゲロンデイジー!
なぁ〜ンて言っていたら本当の名前忘れちゃって検索(爆)
しかし、人間ってどうしてこう言う群生に弱いんでしょう?
始めは種でも蒔くんですかね?それとも自然に?
オレンジ色の小さな小鳥が写っている写真、お分かりになりましたか?
人懐っこい小鳥やマルタゴンリリーを見ると、
日本にいる友人たちを思い出したりします……。

敷地の端っこに「スペイン庭園」なるものがあります。
体格のいいお姉さんが植え込みの作業を1人で黙々としていましたが、
笑ったのは、植える苗を黒い小さなビニールのポットから抜くと、
ポぉ〜ん!植え込みする場所に投げるの(笑)
抜いては投げ、抜いては投げ……そのコントロールの良さ、
日本との苗に対する扱いの違い……等々、何だかおかしくなっちゃって……。

でも、広々としたいい庭園だったなぁ……。
お気に入りの1つになりました。


2018年7月7日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2018 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト

category: 旅の栞。

tb: 0   cm: 6

△top

コメント

 

ゆっくり散歩希望。

エリゲロンっていう名前だったのか・・・・・・。家では源平小菊って
呼んでいます。苗の名前が源平小菊だったんですよ。この源平
小菊は、繁殖力強いです。種でも増えていきます。

夏の蒸れに弱いみたいだけれど、家では真夏の暑さもなんのその。
とはいうものの、梅雨が終わると草丈を刈り込んでいます。秋には
また、沢山咲いて初冬まで頑張ります。

写真で源平小菊の群生が庭のあちこちに・・・・・・。丸い模様に
リーフと源平小菊の写真が好き。ベンチの後ろの背の高い植物、
隣の家との目隠しにちょうどいい高さになりそうと思ったり。

ピンクの花は芍薬でしたか。芍薬、美しいですね。青空のガーデン、
気持ちいいですね。短くても3時間は、ゆっくりしたいけれど、いろ
んなガーデンに行くには、強行にならざるえないですね。

マルタゴンリリー、自生地のピレネー山脈は無理なので(笑)、
いつかイギリスに行ったら出会いたいです。伸び伸びと咲いている
姿がいいもの。家のマルタゴンリリーは5月最終週に咲いて6月の
初めに開花が終わります。イギリスでは、1,2週間ずれるのかしら。

オレンジの小鳥も、かわいいですね。

愛 #pdK/Zy5g | URL | 2018/07/07 08:04 | edit

それはムリ

「あけとは罵り合いの喧嘩になりますが気にしないでください。」
ま、漫才と思ってくれれば……と

思えない思えない。気にする気にする。
・・・でも、取っ組み合いじゃなければいっか(笑)

たくさんの美しい画像、自分が行った気になって楽しんでおります。
つづきも楽しみにしております。

kusaki

kusaki #- | URL | 2018/07/07 22:10 | edit

エリゲロン 可愛いですねーー。
愛さんに和名も教えてもらって「源平小菊」覚えましたよちゃんと。
石の間からも芽を出す強くて長く咲く花なんだ~~
春から秋まで色変わりしながら咲くなんて、しめた!これ買おう。
ショボクはダメねドッと咲かせないとね。
よしよし、覚えた。

ゆったりした広――い庭。いいですねー。
6億当たった(笑)ブノワ。さんにお願いがあります。
ドローンを買って操縦を学んで次回はこの庭を俯瞰で見せてください。
今回の庭、上から見たらどんなだろうって思うのばかり。
時間が止ってしまうって感じわかる気がします。
写真をみてるだけでも気持ちよくねむーくなってきます。
このちっこい鳥、置物だと思ったら、本物?!へーーっ。
スペイン庭園の溝は本当は水が流れるんでしょう?
そこへポットの苗を放り投げて着地させる(笑)すごいね。

喉が弱いなんて想像外です。
弱い所がブノワ。さんにもあるんだねー(笑)
弁慶は向う脛、ブノワ。さんは喉。
旅の途中の病気ほど怖いものはないですね。
大事にならなくて良かった。
きっとあけさんが女神なんだと思いますよ~~





ムー #qiVfkayw | URL | 2018/07/07 22:13 | edit

ゲロゲロりんです(笑)

愛ちゃんへ。
おはよう!もう仕事にお出掛けかな?
メッセージどうもありがとうね。
返事……物凄く溜まってる!大変かも(笑)
先ずは記事の作成最優先なのでご了承を!
さて、エリゲロンだそうです。
もうね、頭の中は「ゲロゲロン、ゲロゲロン!」って(笑)
源平……和名っていかにもって言う感じね。
昔は薔薇にも和名が付いていたいでしょう?(苦笑)
ま、いいんですけど混乱はするよね……。
こんなに可憐なのにね、繁殖力強いんだ……。
これって花も可愛いし、いい仕事しているよね。
こちらのガーデンはゲロゲロン一色(笑)
本当に気持ちのいい時間だったよ。
マルタンゴリリー……自生地のピレネーは無理って!(苦笑)
愛ちゃんはその前にツアーの時に人さまに迷惑をかけないことを学ばないと(笑)
個人旅行は絶対に、絶対に無理だからね(爆)
今回の旅ではそこここにマルタゴンリリーを見ました。
もっとか弱い感じのイメージだったんだけれど、
意外に逞しいね。そんなに日陰じゃなくってもいいんだって。
オレンジの小鳥、可愛いでしょう?
気が付くと、ジィ〜っとこっちを見ているの。
きっと日本からの美青年だわって思っていたに違いない(笑)

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2018/07/17 07:56 | edit

えぇぇぇぇ……ムリですか?

kusaki先生!
おはようございます。
暑いのにメッセージどうもありがとうございます。
返事が遅くなってゴメンなさいね。
大きな漬物石、投げないでね!(笑)
さて、ムリでしょうか?(笑)初めはチョッと遠慮していたんですけどね。
段々いつもの調子になっちゃって……黒田さん、驚いたかしらン?
でもね、今回はあけの凡ミスが凄かったのです。
記事を書く時、気が付くとその話題になっている……。
自分がイヤなヤツに思えて辟易しています。
もう少しレポートは続きます、お楽しみに!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2018/07/17 07:59 | edit

ね、可愛いですね!

ムーさんへ。
おはようございます。今朝も暑いです!
いつも沢山のメッセージをありがとうございます。
お返事、スッカリ滞っちゃって……焦ってます(苦笑)
でも、先ずは記事の作成最優先なのでお許しを!
ゲロゲロン……可愛かったです。もうね、この庭園のそこら中に繁殖。
ハミ出した脇毛のように……じゃないじゃない!(笑)
いたるところから生えているの。本当に繁殖力が強い。
本当にいい仕事していると思いました。
ねぇ、ムーさん、僕、学生の時に思い立って、
仁徳天皇の陵を見に行ったの、1人で。
あの鍵穴みたいな形を見たいなぁ……って。
ところが、近くに行ってみると、お堀の向うに、
こんもりとした小山が見えるだけ(笑)
やっぱり、上から見ないとダメなものってありますよね。
若かったブノワ。さんはその時に学んだのです。
こう言うガーデンもやっぱり上から見たい!
僕の6億をそんなものに使うのはイヤなので、
是非、NHKの特番をやるまで待ってください(笑)
ここはシャクヤクが植えられている整形式の庭園を挟んで、
お屋敷を見るのがとても気持ち良かったです。
小鳥は本物ですよ(笑)確かに置物みたいですよね。
苗を投げるオネエさんの腕は確かでした(笑)
一々しゃがんでなんてやっていられないんでしょうね……。
喉は本当に弱いのです。スグに嗄れます。
だから今回みたいな長丁場の時は注意が必要です。
ホラ、僕ってエンターテイナーだから、
スグにサービス精神出しちゃって喋り過ぎるから(笑)
あけが女神?……コメント差し控えます。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2018/07/17 08:10 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://nioinoiihanataba.blog.fc2.com/tb.php/596-d1be05b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top