ぼんぼんぼんの十六日に……。 

 

ATSU6040.jpeg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

きょうわ なつやすみのしゅくだいの さくぶんをよんでください!
いっしょうけんめいにかきました よろしくおねがいいたしまっす!



「なつのおもいで」  1ねん3くみ いわしたあつや

ことしのなつやすみわ ちょっとしたぼうけんをしました。
おともだちのタイゾーちゃんとマキちゃんと、
こども3にんだけではこねにりょこうにいきました。
きょねんのなつから3にんでちょきんしたおかねに、
おとうさまとおかあさまがすこしおこずかいをたしてくださいました。
こどもだけのりょこうははじめてでドキドキしました。

ぼくとタイゾーちゃんわ まちあわせてきたせんじゅから。
マキちゃんわ おもてさんどうから「めとりろまんすかー」にのりました。
ろまんすかーわ だいすきでっす。しんかんせんもかっこいいけど、
ろまんすかーわ なまえのとうりに「ろまん」があるからでっす。
3にんでおはなしをしていると あっとゆーまにはこねゆもとについてしまいました。
はらがへってわいくさわできぬ……いつもおとうさまがおっしゃっていることばをおもいだし、
えきのちかくで すぱげってぃをたべました。
ぼくとタイゾーちゃんわ おんせんたまごのかるぼなーら。
ちょっとこどもにわにんにくがつよかったでっす。
マキちゃんはすこしおとなっぽく おんせんじたてのにごりゆぱすた。
マキちゃんわ いつもぼくたちをみくだしたようなおとなっぽいことをしまっす。
ぼくとタイゾーちゃんは「すぱげってぃ」ってゆーのに、
マキちゃんわ「あたくしわぱすた!」ってゆいます。おとなわ「ぱすた」なの?
でも マキちゃんのすぱげってぃにわ ぼくがだいっきらいな、
みょうががはいっていて「げー」でした。
マキちゃんわ がっこうのおともだちのあいだでもびじんでゆうめいなんですが、
ぼくわ マキちゃんほどのかわりものわいないとおもっていまっす。
でも ぜったいにマキちゃんにわいいません。
あそんでもらえなくなったらこまるし おかあさまにもおこられるからでっす。
おかあさまわ マキちゃんちがものすごいおかねもちだから、
しんせつにするようにって いつもくちをすっぱくしておっしゃいまっす。
あのこわ「おんばひがさのはこいりのしんそうのれいじょう」だって、
なんでも「じぬしのひとりむすめだから……。」ともおっしゃってました。
こどものぼくにわ よくわからないことばかりでっす。

おひるのあとわ はこねとざんてつどうでごうらにむかいました。
とざんてつどうわ いつのってもドキドキしちゃいます。
「おりかえしじょ」ってゆーところで うんてんしさんとしゃしょうさんがいったりきたり、
すごくたいへんだなぁとおもいました。なつのあじさいがとてもきれいでした。
ごうらからわ バスにのって「ポーラびじゅつかん」にいきました。
「ポーラびじゅつかん」わ こんどのりょこうのしゅくだいだったんでっす。
こども3にんでいかせてもらうかわりに えみてかんそうぶんをかくことでっす。
モディリアーニってゆう なんだかへんてこな、
ピーナッツみたいな かおのながいえをかくひとのてんらんかいでした。
ぼくわ ピカソってゆーひとがかいた おっぱいのおおきなおんなのひとのえがすきでした。

タイゾーちゃんわきょうみなさそうでしたが、
ぼくとマキちゃんわ あるいてみたかったので、
このはるからおーぷんした ゆうほどうってゆーやつをあるくことにしました。
ひるまなのにうすぐらくてだれもいないんでっす。
あめはふってくるし さすがにつかれたのでおやどにむかいまっす。
おやどわ ぼくがおとうさまとおかあさまと まいとしくる「ふくずみろう」でっす。
ぼくわ ここのまるぶろがだいすきでっす。
はこねのぽすたーに ここのまるぶろのしゃしんがつかわれてからのファンでっす。
あかるいうちにはいりなさいと おかあさまがおっしゃっていましたので、
おちゃとおかしをたべたらすぐに おふろにはいりにいきまっす。
タイゾーちゃんは こどものくせに こうけつあつだとゆってすぐにあがってしまいまっす。
ぼくがひとりでゆっくりはいっていると めがねをかけたおとこのひとがはいってきました。
そのひとわ なんだかそわそわしていて へんなかんじでした。
ぼくが おゆからあがってゆかたにきがえていると そのひとがしつもんしてきました。

 「しゃわーわどこですか?」

すこしにほんごがおかしかったでっす。
ぼくは きっと ちゅうごくのひとかかんこくのひとだろうとおもいました。
「ふくずみろう」は まるぶろがおおきいのとちいさいのと2つありまっす。
ほかに かしきりのかぞくぶろ いわぶろがありまっす。
おとことおんなでそれらがじかんによっていれかわるんでっす。
そのときおとこのおふろだったまるぶろにわしゃわーはありません。
ぼくわ しんせつに「しゃわーわないけど、おけでおゆをくんでからだにかければいい」
と おしえてさしあげました。そのひとは ゆかたのままふろばにはいっていくと、
しばらくしてでてきました。

 「ぬいだようふくわどうするのですか?」

ぼくわ ぬいだようふくわ かごにいれて、
だついじょにおくものだとおしえてさしあげました。

このひの「ふくずみろう」わ ほかにも からだのおおきなきんぱつのがいこくじんのかぞくや、 
きんぱつのきれいなおねえさんとはんさむなおとこのひとのかっぷる……。
なんだかきゅうに「ふくずみろう」わ いんたーなしょなるなかんじになっていました。
この いんたーなしょなるっていうことばわ ぼくのいまのおきにいりでっす。
ゆうはんはものすごくおいしかったでっす。マキちゃんとぼくわ、 
でてくるおりょうりを じゅんばんにぺろりとたいらげましたが、
タイゾーちゃんわ でてきたすきやきを「ぎゅうどん」にするんだってきかないんでっす。
そーゆーところがとてもこどもっぽいタイゾーちゃんでっす。

ごはんのあとは おとこのふろとおんなのふろがいれかわっているじかんだったので、
たおるをもって みんなでふろばにいきました。
そうしたら さっきのにほんごがおじょうずなちゅうごくじんのおにいさんがいらっしゃいました。
ごはんのときに なかいさんがおっしゃっていましたが、
そのひわ ベルギーのこいびとと カナダじんのかぞくづれ、
それからちゅうごくのひとたちが なんくみかきていたそうでっす。
だから そのおにいさんはちゅうごくのひとだったわけですが、
それなのに さっさとおふろからあがったタイゾーちゃんわ そのおにいさんに、

 「あにょんはせよぉ!」

と あいさつしているんでっす。ぼくわ なんだかちがうなとおもいましたが、 
こんどわ タイゾーちゃんが インチキちゅうごくごではなしだしました。
びっくりしました だって タイゾーちゃんのふらんすごもえいごもインチキだからでっす。
そのおにいさんわ ちゅうごくごではなしかけられてうれしかったみたいで、

 「ぼくがしっているにほんじんのなかで あなたのはつおんがいちばんきれいだ」

とおっしゃっていました。あぁ ダメダメ!
そうなるとタイゾーちゃんわ きにのぼっておりてこようとはしません。
ダメなんです タイゾーちゃんをおだてるとろくなことわありません。
けっきょく おにいさんをさそっておおひろまにいどうして、
おばあさまもくわわって5にんで2じかんくらいおはなしました、
すごくたのしかったでっす。こくさいこうりゅう?こくさいしんぜん?
これからのぼくたちにわ いちばんだいじなことだとおもうからでっす。
きっと おにいさんもたのしいにほんのおもいでをもってかえってくれたとおもいまっす。

 なにもしらずに あなたわいったわ
 たまにわ 一人のたびもいいよとぉ
 あぁ〜めのくうこう でぇっきにたたずみぃ
 てぇ〜をふるあなた さよならいうのぉ……。

ぼくわ おにいさんがもってらしたけいたいでんわからきこえてくる、
テレサ・テンの「くうこう」をおにいさんといっしょにうたいました。
なぜ「くうこう」をしっているかとゆーと、
おかあさまがいつもひるまからきっちんでビールをのみながらうたっているからでっす。
このことわ おとうさまにわないしょだと ものすごくこわいめでおかあさまにくちどめされていまっす。
おにいさんわ ほんとうににほんごがおじょうずで おうたもじょうずなんでっす。
ほかに「かわのながれのよーに」もうたっていらっしゃいました。
さいごのほうわ せいじのおはなしもしました。
おにいさんわ「あべしんぞうはダメ」っておっしゃっていました。
ぼくわ たぶんにほんのそうりだいじんのことだとおもったので、
ちゅうごくの いちばんえらいひとのなまえを「しったか」しようとおもいました。
すぐにおもいだせなかったんですが、ぼくが「しゅう……。」っていうと、
タイゾーちゃんが「しゅうおんらい!」マキちゃんが「しゅうとみとく!」……。
ぼくわ おばかなおともだちをもってはずかしかったでっす。
なぜなら ふたりともとっくにおなくなりになっているからでっす。

おにいさんのおとしわ17さいだそうでっす。
ぼくもタイゾーちゃんもマキちゃんも きいてびっくりでした。
もっとおとしがうえだとおもったからでっす。
2ねんごに こうこうをでたらにほんにきて きぎょうするんだそうでっす。
「きぎょう」ってゆーのがぼくにわ わからなかったんですが、
なんだかこころざしがあるみたいでかっこよかったでっす。
おにいさんわ こんどちゅうごくにくることがあったらでんわをするようにおっしゃいました。
4にんででんわばんごうと めーるあどれすのこうかんをしました。
にほんごがおじょうずで おばあさまとおかあさまとにほんにりょこうだなんて、
きっとおかねもちにちがいないと マキちゃんはたまのこしにのるきまんまんでした。
よくあさ りょかんをでるとき おにいさんにばったりあいました。
おにいさんわ なかにわのいけのこいにえさをあげるのにむちゅうでした。
あぁ やっぱり17さいわこどもなんだなっておもいました。

かえりわ おだわらじょうにいきましたが、
あまりのあつさに3にんともへとへとで かきごおりをたべて、
さっさとしんかんせんにのってかえってきちゃいました!

きょうわ おとうさまにかりたカメラでとったおしゃしんでっす。
おとうさまわ あたらしいカメラをなかなかかしてくださらなかったんですが、
ひとつ おとうさまのきにいるしゃしんをとってくることをじょうけんに、
しぶしぶかしてくださいました。きょうの1まいめのしゃしんがそれでっす。
ちょうこくのかおがきれいじゃなかったので おっぱいだけとってみました。
おとうさまわ「おぉ!」とおっしゃったきり ニマニマしていましたが、
おかあさまからわ おおめだまをくらってしまいました。
おかあさまわ すぐにしゃしんをけしてしまわれましたが、
きっとそうなるだろうと おしゃしんわこぴーしてあったんでっす。
「そなえあればうれいなし」……おとうさまがおしえてくださったんでっす。

みじかいなつやすみわおわってしまいました。
タイゾーちゃんとマキちゃんとわ こんどわちがうおんせんにいこうって、
かたいかたいおやくそくをしたのでした。

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

7月に北海道に行ってから、
全く働く気がしなくなってしまったブノワ。さん(笑)
暑いし疲れるし……ハァ、どこかに行きたい!
グズグズしていたら安曇野には行きそびれ、欲求不満はつのるばかり。
ってなもんで、タイゾーちゃんとマキちゃんと箱根に行って来ました。
2人とも気を遣わなくていいので、最近、いつも一緒にツルんでいます(笑)
温泉に入って「ポーラ美術館」観て……今日はそんな写真を見てくださいね。

ATSU6049.jpeg
ATSU6053.jpeg
ATSU6059.jpeg
ATSU6055.jpeg
ATSU6060.jpeg
ATSU6067.jpeg
ATSU6071.jpeg
ATSU6073.jpeg
ATSU6072.jpeg
ATSU6075.jpeg
ATSU6095.jpeg

作文にも書きましたが、中国の17歳の青年の話は本当です。
僕が風呂から上がって浴衣に着替えていると入って来て、

 「シャワーはどこですか?」

と、流暢な日本語で聞いて来ました。きっとガイドブックで読んだのでしょう。
日本では風呂に入る前にシャワーを浴びなさいって。
生憎、丸風呂にはシャワーはありませんので、桶でお湯をかぶればいいと教え、
風呂場に入って脱いだ浴衣の置き場所に困っていたので、籠に入れておくようにも教えました。
食事の後の楽しい会話も本当です。テレサ・テンも本当の話し。
周恩来と周富徳にはさすがに苦笑しましたが(笑)
和気藹々と、きっといい思い出を持って中国に帰ってくれたことともいます。
おばあさまも結構な時間を僕らと過ごして、自らがハサミで切り抜いた紙細工を僕たちにくださいました。
今時の若者と違って、年配の方々には日本に対する戦争を介した記憶もあるでしょう。
それって簡単には消えないものだと思うけど、
孫と僕らズッコケ3人組が話している姿を見て少しは雪融けしたかな?
しかしいい加減な中国語(笑)僕は「谢谢」と「你好」、
それからバーグマンがロッセリーニに宛てたラブレターじゃないけど「我爱你」しかしらないの(笑)
タイゾーちゃんは先ず「フゥ〜ティエンタイサン」……自分の名前の中国読みから入ります(笑)
タイゾーちゃんの凄いところは、タイだろうと韓国だろうと中国だろうと、
勿論、フランスもアメリカも、臆せずどんどん話してみるところ。
17歳の青年の「安倍晋三はダメ!」には笑ってしまいましたが、
1つ1つのこう言う関係が、いつしか大きな流れになるといいな……。
今は国と国になるとどうにもダメですが、人と人はそうじゃないものね。


2014年8月24日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2014 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト

category: 旅の栞。

△top

コメント

 

ながっ!

ひぇ~疲れたっ!!

やす #- | URL | 2014/08/23 10:45 | edit

短っ!

たったこれだけ?!(笑)

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2014/08/23 13:46 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# |  | 2014/08/23 14:17 | edit

ブノワ。さま、こんにちは。
ぼんぼん盆の16日に地獄の釜の蓋は開く~♪って楽しそうな箱根旅ですね。
♪箱根の山は~神奈川県!日中間もままならず~♪ならぬ、日中親善に一役かったブノワ。さま御一行、素晴らしいですわ!テレサ・テンが共通言語とは、よき哉。たとえ国と国はぎくしゃくしても、「人民」と「人民」はテレサ・テンを一緒に歌えるよう仲良くありたいですね。
AB首相は、やはりだめですか(苦笑)

Coucou #NMJSpOmY | URL | 2014/08/23 15:18 | edit

あっちゃん、はこねりょこう、たのしかったね。まきちゃんもいたから、いつもわらってばかりでしたね。
ぼくは、ちゅうごくのひとに、はつおんをほめれたのが、すごくうれしかったです。すてきななつのおもいでにたなりました。ありがとう!
たいぞー

タイゾー #41Gd1xPo | URL | 2014/08/23 17:25 | edit

一緒に行く?(笑)

Coucouさんへ。
おはようございます、いつもメッセージありがとう。
箱根はいつ行っても楽しいし気軽なので好きなんですよ。
同じところばかり行ってる(笑)変わるのって好きじゃないので……。
でもね、今回はチョッと変なことになっちゃいました(笑)
普通は食後に風呂に入ると早めに休むんですけどねぇ……。
よく色々なサイトのコラムで読むじゃないですか。
中国人が日本に実際に来てみて驚いたこと、感心したことって。
百聞は一見に如かず、もっともっとこう言う機会が増えればいいですね。
人と人はいいのです。ただ、国単位となると色々と思惑もあるからダメなんでしょうね。
ふふふふふふ……テレサ・テンは偉大です(笑)
安倍さんはダメだそうですよ。フルネーム名指しでしたから(爆)
Coucouさんもこんど一緒に行きませんか?
僕らはいつでもOKですよ!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2014/08/25 07:09 | edit

また今度ね!

タイゾーちゃん。
おはよう!メッセージどうもありがとう。
本当、楽しかったですねぇ……マキちゃんもズッコケでねぇ(笑)
中国語は世界で一番発音が難しいってお兄さん言っていたからねぇ……。
まぁ、どれくらい通じていたかは甚だ疑問ですけどね(爆)
しかし、周恩来と周富徳には参ったわ……。
またどこか行きましょうね。「福住楼」のチョッと先に風呂が良さげな宿あったよ。
こちらこそありがとうね!またね!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2014/08/25 07:12 | edit

長い夏休み

あ~長かった!疲れた!
やっと、夏休みの宿題が終わった感じ。

昼からキッチンでビール飲む人って誰?
私も真似したぁい。

hibari #O5sb3PEA | URL | 2014/08/28 07:03 | edit

長かったですか?

hibariさんへ。
おはようございます。
メッセージいつもありがとう!
夏休み、長かったですか?もっと長くてもいいんじゃありません?(笑)
僕は9連休でしたがチョッと打ち合わせがあったり、
楽しみにしていたことが土壇場でキャンセルになったり、
その代わりに映画でもと思ったら見たい作品がゼロ……。
何となく消化不良の夏休みでした。
どうぞ昼からキッチンでビール飲んでください(笑)

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2014/08/29 06:49 | edit

うらやましいわ~箱根

ブノワ。さん
こんにちわ。

箱根に行きたい行きたい。
温泉にゆっくり浸かって手の平ブヨブヨになりたい。
ええ、温泉に浸からなくてもブヨブヨな肉体ですけどね。

素晴らしく長い立派な作文が書けましたね。

kusaki #- | URL | 2014/09/05 15:10 | edit

いいでしょぅ?

kusaki先生!
おはようございます。何だかスッカリ秋の気配。
元気にしていらっしゃいますね?(断定)
メッセージどうもありがとうございます。
箱根はね、近くていいのです。チョッと散歩気分。
だけどイヤだなぁ……自分で突っ込んで(笑)
でも、思ったことを書かなくて済んで良かった!(爆)
僕ね、文章を添削するとさらに長くなるのです。
説明したい性分なんでしょうか?
kusaki先生みたいに短くプリプリッとエスプリ効かせたい!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2014/09/06 06:17 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://nioinoiihanataba.blog.fc2.com/tb.php/58-33bf666e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top