食育って? 

 

FullSizeRender-101.jpeg
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

今日は食育に付いてチョッと……。

我が家の食生活ですが、基本は家で自分で作ったものを食べます。
冷凍のものや出来合いのものはまったく使いません。キチンと自分で作ります。
外食は稀、そうですねぇ……1ヶ月に4回〜5回くらい?
それも、レストランに行くためにわざわざ出掛けることは少ないです。
映画や芝居の帰りだったりすることが多いです。
新しい店を検索したり、探して、わざわざあちこち歩き回ることもしません。
気に入った店は繰り返し訪れ、その店の味の秘密を探りたいです。
そのお気に入りの店も10店舗あるかないか……。

このところ思うことがあります。
あまり気に入らなかった店に共通した点があります。
料理に塩分が足りないのです。そう、塩分、大事な塩分が……。
減塩が叫ばれて久しいです。僕の一番古い記憶は、
アメリカの80年代に流行った「ヤッピー」と言われる人種。
若くてお金を持っていて学歴があって健康志向で……。
当然、少しのことで病院に通いますよね。
ある1人の先生が、彼らのチョッとした共通点に気付き、
統計を取ったところ、何となくダルくてやる気の起きないヤッピーたちの殆どが、
塩分を控えめにしていると言う結果が出たそうです。
塩分、控えめ……何やら健康に良さげな響きですが、
塩分は適量、キチンと摂らなければいけません。
塩分は大事なのです。水分補給が叫ばれている現代だからこそです。
戦国時代、兵糧攻めにあっていた敵にも塩を送ったではありませんか。


先日ニュースを騒がせた学校給食の話題。
僕の中ではチョッとショックだったのは、ブロッコリーの人気のなさね(笑)
学生たちが食べ残した弁当箱の殆どにブロッコリーが残されていました。
何故、ブロッコリーは人気がない?まぁ、簡単に想像はつきます。
正しい固さに茹でられていないのですよ。柔らかいブロッコリー……気味が悪いです。
普通のレストランでも柔らかく茹で過ぎたブロッコリーを平気で出しますしね。
ブロッコリーの茹で方は簡単なようで難しいです。
先ずは沸騰したお湯に塩を入れ、小房に分けたブロッコリーを入れてほんの数十秒。
30秒もかからないかな?アッと言う間に茹で上がるので気も使いますが、
丸ごと茹でずに小房に分ける理由は、丸ごとだと茎の部分が固くならないように、
長くお湯の中に入れてしまうので花序の部分がグジャグジャになってしまいます。
さて、適正に茹でられたブロッコリーで、一番気を遣わなければいけないのは。
よく水を切ることです。花序の部分はペーパータオルで水気を切ります。
これをしないで水っぽいまま調理するから美味しく出来上がらないんです。
柔らかすぎる茹で方&水っぽすぎる食感……美味しい訳がありません。

それから、給食のメニューを考えたりする人がインタビューに出ていました。
若い男性だったかな。何でも「食育のために塩分を控えている……。」とか。
スッカリ冷えきった料理の塩分が控えめで薄味……だから美味しくないんです。
冷めても美味しい料理って味がチョッと濃いめでしっかりついていないと。
その辺のことも知らないまま「食育」なんて言葉を振りかざすから変なことになるんです。
例えば、ご飯の炊き方(固さ)だって、炊きたてを食べる時と、
おにぎりにして冷めた状態で食べる時では水加減が違います。
冷えた状態で食べることを想定している時は少し柔らかめに炊かないと……。
「食育」って色々な定義がありますが、最近、流行りの短縮言葉ではなく、
昔からある言葉なんだそうです。皆さん、食育ってどう捉えているのかなぁ……。


食べることは楽しいです。
子供たちからその楽しさを奪ってしまってはいけません。
給食の器に異物が混入しているのは以ての外って言うのは基本の基ですが、
食べることから広がるものを大切にしてあげたいです。
家庭においては、親が嫌いだから?食べられないから?
そんな理由で子供からある種の食材を食べるチャンスを奪ってはダメです。
すべてのものを子供に試させてあげて、自分で判断させればいい。
骨つきの魚はダメ、肉が嫌い、ピーマン?もってのほか、タマネギ?アレは食べ物じゃない!
辛いものは食べられない、ニンニク?私、ドラキュラです!(苦笑)
親友の女性で、旦那がバターがダメなんだけれど、
子供にはシッカリとバターを使った料理を出す人もいます。
別々に調理する訳ではなく、チョッとした工夫だそうです。

猫舌の人って、親が猫舌のことが多いそうですね。
親が熱いものを食べられないので熱々のものを出さない……。
従って、熱いものをどう食べていいか食べ方が分からないのだそうです。
自分が嫌いな食材は食卓に出さず、熱いものが食べられないから熱いものは出さない。
そんなことを数代繰り返していたら、何も食べられない、
恐ろしいくらいの食音痴の子供が出来てしまうと思いませんか?



素材を吟味し、自分でキチンと調理して子供に食べさせる……。
そうでなくても冷凍物や、それらを使った外食で食事を済ます人が多いです。
「食育」は母の味です。そう思うのは僕だけでしょうか?
頭でっかちな「食育」なんて唱えていないで、
先ずはそこからだと思うのは間違っているでしょうか?

 「忙しいから無理!」

バカを言わないで欲しいです。
今、色々な技術が進歩して、家電製品の性能も向上し、
職場の環境も整いつつあります。どれだけ便利な世の中になったと言うの?
時間なんて有り余っているハズですよ。
寝る間を惜しんでゲームやLINEなどのSNSに興じるいい大人たち。
もっと他にやることがあると思うのです。



今日の写真はブロッコリーのクリームパスタ。
初めて作りました。トッピングするブロッコリーは少し固めに。
(ソースと混ぜる段階でさらに火が通るから。)
残りのブロッコリーはミキサーでペースト状にします。
牛乳で伸ばし、隠し味に味噌をほんの少しと鷹の爪。
冷蔵庫に生クリームがなかったので、小麦粉で少しとろみを付けます。
ブロックのベーコンをこんがりロースト、パルメジャーノレジャーノを削り、
あれば彩りでパセリのみじん切りをふりかけ……なかなか美味しかったです。
あの学校給食のニュースから1皿が出来たって面白いですね。


2017年11月2日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2017 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト

category: バベットの晩餐会。

tb: 0   cm: 7

△top

コメント

 

ブロッコリー、美味しいのにね、残すなんてもったいない。
でもぐじゃぐじゃブロッコリーは嫌ですね。
付け合わせのブロッコリーが美味しい硬さに茹でられているところは
いいお店だと思っています。
でもブロッコリーを茹でるのは難しい。
私の料理方法は蒸し焼き?です。
鍋をカンカンに熱くして小房に分けたブロッコリーを投入。
水を少し(大さじ2杯ぐらい?)をジャッと入れて蓋を閉める。
1分で火を止めて蓋をしめたままさらに1分。
少し焼き色つくけれど甘くてちょっと固めに火が通ったブロッコリーができます。
ぐじゃぐじゃブロッコリーは嫌いなんですが、
煮崩れたブロッコリーがパスタソースになっているのは美味しい。
あれは意外な盲点でした。
 
食育、考えもせずに子育てしましたが
二人とも食べるのも作るのも好きな大人に育ちました。
親が食べるのが好きだから?
美味しく楽しく食べるのが一番かな。

りき #- | URL | 2017/11/03 00:16 | edit

そうそう、美味しくですね!

りきさんへ。
おはようございます。
連休は如何お過ごしですか?メッセージどうもありがとうございます。
ブロッコリー……美味しいですよね。茹でたての熱々も美味しいし。
りきさんちの蒸し焼き……チョッと試してみようかな?
茹でる水の無駄もないし経済的?いいことを聞きました。
茹でたブロッコリーの色が黄色っぽくなっていて柔らかい店……二度と行きません(笑)
何でもそうですけど、チョッと柔らかく調理し過ぎだと思いませんか?
柔らかさを異常なほど追求するのは日本人の気味の悪いところ。
残された残飯、弁当箱の集合写真を見た時の驚き!(苦笑)
嫌われ者ブロッコリーが哀れでねぇ(苦笑)
りきさんのお子さんが作るのが好きな大人に育ったのは、
りきさんが美味しいものを常に手作りして食べさせたからではありませんか?
ウチは貧乏で共働きでしたけど、母は必ず手料理を作ってくれました。
店屋物取らず、冷凍食品使わず、外食なんてしなかった。
茶色かったけど弁当も必ず作ってくれたし(笑)
食育……何だか皆さん頭で考え過ぎですね。
それがどんなに理論的に正しくても、美味しくないものは食べないもの。
何でも機械がやってくれる時代になって、時間はあるハズなのに、
皆さん、もうチョッと他にやることがあるんじゃないの?
僕なんかそう思っちゃうんですよねぇ……。
もう数世代先になると、母の味を知らない子供ばかりになるんじゃない?
ま、どうせ僕は生きていないからどうでもいいんですけど(苦笑)
そうだ!思い出した!りきママ!僕の手作り味噌はどうなってんの?(笑)

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2017/11/03 07:52 | edit

「食育」って言葉どうも違和感があります。
飼育肥料みたいじゃない?
育つために食べさせる。それはそうなんだけど、
豚や牛と同じ扱いってどうなんだ?
おいしいとか楽しいとかは大事だと思う。
だから健康健康って聞いただけで「それ食べたくないです」(笑)
塩分が無いバターなんてねーあんなもんお菓子とか料理に使うバターよね。

糖質抜きダイエットが流行ってて効率よく痩せた!
と、友人が言う。
一生美味しいお米もパスタもパンも無しで暮らすんだろうか。
どうせあっという間にリバウンドすると思うんだけどな。
縛りのあるダイエットするぐらいなら美味しいものを普通の量食べていれば1年で健康な体に戻るはずなんだ。
(テーマとちょっとそれちゃった)

りきさんのブロッコリーの茹で方、私もやってみる。
難しいよねのブロッコリーを美味しく茹でるのって。


ムー #qiVfkayw | URL | 2017/11/03 19:02 | edit

無塩?アレはないですね。

ムーさんへ。
おはようございます。秋らしい朝になりました。
メッセージどうもありがとうございます。
そう、僕も違和感がありました。短縮言葉が嫌いなので、
そっち系の言葉かなぁと思っていましたから。
ただ、「育」を「教育」の「育」と思っていたので、
ムーさんの捉え方にフムフム、なるほどって言う感じがしました。
「食育」って色々な意見や定義があるけれど、
やっぱり、基本は美味しくないとねぇ……。
無塩バター?あんなのなくてヨロシイ。美味しくないものね。
もしかして、どうしても必要な人がいたらゴメンなさいだけどね。
大体が、糖質0とか、プリン体0とか、何やら健康に配慮しました的なもの、
あぁ言うのってほぼ全てが美味しくないです。
だって、そのカットした辺りに旨味があるんだもの(笑)
ダイエットって、肥満だったら困るんだけど、
何が何でも若い頃の身体の線を維持したいって言う気持ちが分からない。
その年齢にふさわしい体形?それでいいんだと思うけどなぁ……。
僕も話が逸れました(笑)やっぱり食によって教育するのであれば、
子供には色々なものを試させてあげて、自分で選ばせてあげたいと思うの。
いいじゃない、塩っぱいものや酸っぱいもの食べて失敗したって。
その苦い経験が次に繋がると思いませんか?
アレはダメ、これもダメ、何でもかんでも保護、保護って、
本当に子供のためになっているんだろうか……そう思います。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2017/11/04 09:36 | edit

ご無沙汰しました。
ずうっと体調不良が続いて、雨ばかり降って鬱々と暮らしていました。
足のリハビリと体調不良が重なってすっかり自信喪失してました。
おまけに味覚さえ分からなくなって。
「グランマァ・・どうしたの?今日の煮物しょっぱくて食べられない。」
「お魚の塩、全然効いてないけど・・。」「マヨネーズ多すぎ!」
クレームだらけの日々でした。食育以前の問題でした。
こうなると料理するのがつらくなりますね。
やはり、グランマは元気でないといけません。

ようやく体調も戻りつつあって、昨日はおチビ達お待ちかねだった
クリームシチューを作りました。もちろんバターは有塩バターですよ。
「グランマ、キノコは入れないでね。いれるならシメジだけにしてね。」
お手伝いもろくにしないのに、注文ばかりうるさい連中です。
その前には牛すね肉のスープ。家族みんなの好物です。
秋が来ると温かい料理が恋しいのです。

それから器は、なるべく良いものを使ってもらっています。
お味噌汁には漆のお椀。伊万里のお皿も。
そしてお料理が映える真っ白なお皿もきちんと選ぶようにしています。

しばらく前、末の息子が帰ってきた時、
「かぁちゃん。(今でも奴はそう呼びます。)俺わからなかったけど、
いい器でご飯食べさせてもらってたんだね。俺たち(兄弟の事)。」
「へぇ・・なんでまたそんなことに気付いたわけ?」
「他所の家でさぁ、飯食わせてもらったときに気がついたんだよ。
大事な器、俺よく割ったもんなぁ。」
そうでした。そうでした。

ツインズはいつ気が付いてくれるでしょうか?
良い器に盛りつけると、平凡なお惣菜も美味しく見えるんだってね。

hibari #O5sb3PEA | URL | 2017/11/04 10:35 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2017/11/04 19:37 | edit

大丈夫ですか?

hibariさんへ。
おはようございます。朝夕、冷え込むようになりました。
元気にしていらっしゃいますか?どうです、元に戻りました?
メッセージどうもありがとうございます。
味覚が分からなくなっちゃいました?
hibariさんは調味料をキチンと計って調理するのでしょうか?
僕はすべてアバウト、目分量ですからあまり変わらないかも……。
さて、調子が悪くても、どうやら「食育」はキチンと出来ていたみたいじゃないですか。
それだけクレームが出るって言うことはね(笑)やっぱり日々の積み重ねなんでしょうね。
里見弴さんだったかな?まだ若かった杉村春子さんに、
「いいものだけを見なさい。そうすれば悪いものが見えるから。」って仰有ったのは。
いい器で食べることって大事ですよね。所作が綺麗になるじゃないですか。
高価であることがいい器の条件ではないけれど、
いいものを使い続けていると、審美眼が養われますもんね。
明らかに飾り皿って言うのは使いませんが、
僕も日常的にいいものを使うようにしています。
だって、使ってあげないと……器の本来の役目ですから。
お嬢さんたちがお年頃になり、ボーイフレンドのお宅に挨拶に行っても、
決して恥ずかしくないマナーと品が養われることと思いますよ。
そこでチョッとでも器を褒めようもんなら、
お義母さまとも上手く行くと言うもんです(笑)
そこのお宅が雑器だったらチョッとですけど……。
気温が下がって来ました。身体は大事になさってくださいね!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2017/11/05 07:48 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://nioinoiihanataba.blog.fc2.com/tb.php/514-03f0022c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top