久し振りの「アスペルジュ・ブランシュ」 

 

IWST9800.jpeg
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

大阪〜神戸かぁ……。

いくら土地勘のない僕でもハタと閃いちゃいました。
慌ててスケジュール帳を確認します。

 「よしっ!空いているっ!」

1日、予定を伸ばして、帰りに京都に寄ることにしました。
スグにホテルを確保ね。おそらく、大阪で夕方解散でしょう。
だったら、その足で京都に入り、親友のレストランで夕飯と洒落込もう!
なんだかウキウキして来ちゃいました(笑)

あけに帰りのことを打診してみます。
な、な、な、何と!あけはあけで京都に用事があったのですが、
それがどうやら雲行きが怪しくて、キャンセルになるかもとのこと……。
本来だったら、大阪で皆と別れて京都入りし、
用事を済ませて深夜バスで帰るつもりだったとか……。

じゃぁ、一緒にご飯食べよう!
話しは早いです。食い物で釣られる女ですからね(笑)



夕方、皆さんと別れてに大阪を出発、京都に着くのは大体7時頃?
大阪と京都って近いですよね。行きの新幹線でビックリしちゃいました。
検索しても新幹線は出て来ないのね。
京阪電鉄で店のスグ近くまで行かれるではないですか……。
早速、予約を入れます。親友夫妻がやっている「アスペルジュ・ブランシュ」です。
このところ親友夫妻が東京に出て来てご飯することはあっても、
僕の方から京都に行くのがどれくらい振りでしょう……。
そう、バルテュスを京都に観に行った時以来かな?
楽しみでした。どれだけ進化しているのかな?

IWST9783.jpeg
IWST9786.jpeg
IWST9788.jpeg
IWST9794.jpeg
IWST9803.jpeg
IWST9807.jpeg
IWST9810.jpeg
IWST9818.jpeg
IWST9816.jpeg
IWST9836.jpeg
IWST9839.jpeg


今回、オーダーしたのは……。

 タスマニア産 生牡蠣 レモン風味のエシャロット
 国産鶏 白レバームース 薄切りバゲットとポルト酒風味のレーズン
 イタリア産 生ハムとポーチドエッグのグリーンサラダ
 フランス産 サマートリュフとフォアグラのかき卵赤ワインソース
 鳥取県産 大山鶏のコンフィマデラ酒のソース
 スペイン産 栗豚のローストバルサミコソース
 桃のコンポート
 アイスクリームの盛り合わせ
 (杏のシャーベット、栗、キャラメル、紅茶レーズン)


先ず、驚いたのは、メニューが充実して来ていること。
前菜、メイン、デザート……それぞれ品数も増えているんだけど、
「アスペルジュ・ブランシュ」ならではの個性も感じられます。
なかなか抜け切らない日本のフレンチの亡霊みたいなもの……あるでしょう?
亡霊って言うと大袈裟だけど、フランス料理はこうあらねばならない……そんなイメージ?
小量ずつをコースで何品か出さないといけない……。
最後は美味しくないデザートと水っぽいコーヒーが漏れなく付きます(苦笑)
パンナコッタとティラミス……何故、フレンチで食べなきゃいけない?
いらないんですよねぇ……そんな余計なもの。

例えば、今のフランスだと、
前菜、メイン、デザートの3つに別れていて、
3つ全部頼むと45ユーロ、そのうち2つだと30ユーロ……。
僕はお腹が空いているから全部、私はメインとデザート……。
自分の食べたい物だけを自由に選ぶ店が多いです。
それから1皿のボリュームが可成り大きい。
「アスペルジュ・ブランシュ」は、そんな古めかしいイメージを払拭する、
新時代の自由な店なんだと思います。本当に素敵なメニューが増え、
一晩で、全部、食べることは不可能ですが、また訪れる楽しみが増えました。
それからワインね。飲兵衛の奥方、底なし沼のAちゃんが、
晴れて、めでたく、見事ソムリエになりましたからね(笑)
勉強、勉強、店のためと言いながら飲み倒してみて、
充実のワイン揃えでございます。夏は冷えた白ワインがいいですね……。

一つ、オジサマの楽しみは(笑)
生牡蠣に乗っているエシャロット……これを肴にAちゃんをイジります(笑)
 
 「おぉぉぉ〜!美味しそうな生牡蠣!
  上に乗っているのは紅生姜?」

Aちゃんはうろたえ真面目な顔で返して来るの(笑)
それがまた楽しいんですよねぇ……オッサンのお楽しみね。

他のお客さまがお帰りになったので、2人と一緒にテーブルを囲みます。
レストラン激戦区の京都です。そんな中、
先を見据えた経営の仕方などもシッカリとあるみたいで、
何とも頼もしい2人、これからお世話にならなくっちゃ!です。


可愛らしいのは、前回2月に東京で会った時に、
一晩だけどホテルで楽しんで貰おうとプレゼントしたブーケ……。
そのままドライになって飾ってあるんです。
次回の約束もして来ました。
次回は冬、京都で芝居見物と洒落込みましょうか!


2017年8月20日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2017 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト

category: バベットの晩餐会。

tb: 0   cm: 4

△top

コメント

 

ブノワ。さんへ
こんばんは。あらなんて美味しそうなお料理ですこと!(笑)

いやぁ・・・来て頂くの久しぶりでしたよね。今更ながら何だか緊張しました!
でも久しぶりに来ていただけて良かったです。ありがとうございました。東京以来、ゆっくりお話もできました。次は12月、2人で楽しみにしています。
そうそう、あけさんにも宜しくお伝え願います。いつもゆっくりお話もできないですから。

ん〜・・・だいぶメニューの幅は持たせられたかと思うんですけど、いつも葛藤なんですよね。
ほら、一人で作るでしょう?たまに酒飲みの手を借りますが(笑)
一人で作れないと商品にはなりませんし、作りおきは違うし。できるだけ食材の味が分かる料理で、心に残る料理、そんな料理を作りたいですね!まだまだなので頑張ります!!

やす #- | URL | 2017/08/20 02:12 | edit

写真がいいからね(笑)

やすさんへ。
こんばんは。メッセージどうもありがとうね。
更新してスグに見付かっちゃったね(苦笑)
朝になったらお知らせメールしようと思っていたのに。
本当、久し振りでした。考えたらバルテュス以来じゃないよね?
ランチの時にマダムたちと行ったのが最後でしょう?
あら、どっちが最後だっけ?何れにせよ2年振りくらい?
緊張なんかしなくていいよ。おエラい料理評論家じゃないもの。
ところで、あの方たちってお代は払うのかしらん?(笑)
なかなか充実の営業みたいね。感心しましたよ。
メニューも個性があっていいんじゃない?美味しいしね。
作り置きはねぇ……ホラ、営業に来た冷凍の鴨のコンフィとか?(爆)
失礼しちゃうよねぇ……誰だと思ってんだろう。
これからも頑張ってね、自慢の種なんだからさ。
それにしてもお宝……大事にしよし!(笑)

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2017/08/20 22:19 | edit

ブノワ。さん

こんにちは!先日はありがとうございました。店で食事をして頂くのは本当に久しぶりですし、到着される前は2人ともドキドキソワソワしていたのですが(笑)ブノワ。さんもあけさんも、良い顔で食事をして頂けたのでホッとしました。まだ主人も作りたい料理が沢山あるみたいですし、私も未熟なソムリエなので2人で頑張ります。あくまで店の為、勉強ですからね、これからも色々飲まないとっ!!そうそう、エシャロットを紅生姜?って聞かれたのはブノワ。さんが初めてです。たまにお客様から反応に困ること言われて、何て返そうか戸惑うんですよねぇ…(笑)
次は12月ですね!蒸し暑〜い夏とは打って変わって底冷えの厳しい京都で(笑)お会いしましょう〜!

あさこ #0ZQXbZEg | URL | 2017/08/22 12:39 | edit

ありがとうね!

あさこちゃんへ。
こんばんは。メッセージどうもありがとうね!
そして、この前は本当にご馳走さまでした!
久し振りに行ってホッと安心しちゃいました。
何だか家に帰ったみたいなんだもん。
料理も惜しかったなぁ……いいね、進化する旦那って(笑)
まぁ、哲学の道は知らないけど大目に見てやって(爆)
ワインは大変でしょう?勉強する国とかが増えたしね。
僕もチョッと齧ったことがあるけれど、
フランス、イタリア、ドイツ、アメリカ、日本……。
そんなものだったような気がする(笑)今から30年くらい前の話し。
新潟に「Cave d'Occi」って言うワイナリーがあるんだけど、
今度、皆でそこに行かない?泊まれるのヨン。
奥の方に個人でワインをされている方が数人いるんじゃないかな?
旦那に頑張って貰って遊びに行こう!(笑)
紅生姜は強烈だったでしょう?(笑)
あぁ言うおっさんギャグ好きだわ……困るあさちゃんの顔を見るのも好き(笑)
今度は12月ね、昼間のチケット取るからね!
夕飯は任せた!そうだ、宿取らなきゃね。
町家とかでいいところあるかい?要相談ね。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2017/08/25 19:41 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://nioinoiihanataba.blog.fc2.com/tb.php/496-3c746622
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top