ぽんさんの庭。 

 

IWST9450_201708092033431e6.jpeg
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

いつも思うことがあります……。
皆さん、愛情を込めて庭を管理されています。
ガーデニングと一言で言っても色々な人がいますよね。
春だけに力を入れ、その他の季節はそれなりの人もいますし、
一年を通して美しく庭を管理されている人も……。
植物を慈しみ育てる人、季節、季節に抜いてその場を綺麗に見せることに執着する人。
薔薇、バラ、ばら!兎に角、薔薇一辺倒な人……。
それぞれに庭の見せ方や、一番のお気に入りのコーナーがあります。


庭を見せて貰う僕はと言えば……。
大事な庭を見せて戴き、限りある時間の中で、
この庭の最大のポイントは?最も美しいところは?
庭主さんが一番見て貰いたい場所は?
果たして自分はそこに気が付くのだろうか?
気が付いた上で、その美しさを最大限、
写真に収めることが出来るのだろうか。
天気のこと、訪れた時間帯の光線のこともあります……。
特に初めてお邪魔する時は非常に緊張します。

一つだけ、見せて戴く時に決めていることがあります。
庭主さんにお話を伺わない……説明を受けないことにしています。
雑誌のインタビューではありませんし、
先入観みたいなもの?色眼鏡で見たくないからです。
真っ新な心の目で庭を見せて戴き、
その上で、庭主さんが一番見て貰いところに気付いたなら?
もし、その思いを共に出来、それを写真で表現出来たとしたら、
さらに、庭主さんが気が付かなかった、
素敵な一瞬を写真でお見せすることが出来るだろうか……。

家に帰って来て写真のデータをパソコンに取り込みながら、
ドキドキハラハラ、焦りと期待を持って画面に見入ります。

IMG_4385.jpeg
IWST9394.jpeg
IWST9395.jpeg
IWST9397.jpeg
IWST9400_2017080920324317b.jpeg
IWST9401.jpeg
IWST9402.jpeg
IWST9405.jpeg
IWST9407.jpeg
IWST9432_201708092033045a4.jpeg
IWST9431.jpeg
IWST9429.jpeg
IWST9428_20170809203300fe8.jpeg
IWST9427.jpeg
IWST9426.jpeg
IWST9425.jpeg
IWST9421_20170809203253672.jpeg
IWST9416.jpeg
IWST9409.jpeg
IWST9434_20170809203306fa5.jpeg
IWST9435_20170809203335cd0.jpeg
IWST9436_20170809203337a6c.jpeg
IWST9437_201708092033380ac.jpeg
IWST9440_20170809203340c09.jpeg
IWST9442_20170809203341afd.jpeg
IWST9451.jpeg
IWST9452.jpeg
IWST9453.jpeg
IWST9471_20170809203402aa7.jpeg
IWST9466_20170809203400e00.jpeg
IWST9465.jpeg
IWST9464.jpeg
IWST9462.jpeg
IWST9461.jpeg
IWST9459_2017080920335326b.jpeg
IWST9456_20170809203352fc7.jpeg
IWST9455_2017080920335012e.jpeg
IWST9454.jpeg
IWST9472_20170809203404f56.jpeg
IWST9475.jpeg
IWST9477.jpeg
IWST9478_201708092034349ce.jpeg
IWST9480.jpeg
IWST9484_20170809203438f69.jpeg
IWST9485.jpeg
IWST9486_201708092034400ff.jpeg
IWST9490_201708092034428c2.jpeg
IWST9493_20170809203444531.jpeg
IWST9512.jpeg
IWST9510.jpeg
IWST9506.jpeg
IWST9503.jpeg
IWST9504_2017080920345432a.jpeg
IWST9500.jpeg
IWST9496.jpeg
IWST9502_20170809203451212.jpeg
IWST9494.jpeg
IWST9495.jpeg


初対面のぽんさんがご親切に庭を見せてくださいました。
竹林、川、向かいの山々……豊かな借景の中、
この暑苦しい夏の盛りに、そこだけ華やかな一角が出現です。

 「夏なのに信じられなぁ〜い!」

あけが奇声を上げます(笑)
その声もスッと消え入るように一瞬で庭に集中しました。
本当に素晴らしい庭。隅々までキチンと管理されていて、
状態よく保たれた草花は、生き生きと瑞々しく輝きます。
背の高い樹々から足元の宿根草まで……生け花の基本みたいに、
躍動感があり、そして整然と。
甘くなく、それでいて女性の庭と言うことがハッキリ分かる艶やかさ。
僕は嫌いな言葉「雑貨」や小物に逃げることなく、
あくまでも植物が主役の庭……。
あ……皆、気が付かないうちに冷たいものを飲んでいる!(苦笑)
それくらい夢中でシャッターを切りました。


ぽんさん、お気に召したかな?

 「そこじゃないだろぉぉぉー!
  違うだろー、違うだろー、このヒゲぇぇぇぇぇぇー!」

 「すっすっすぅ!違うんでっすぅ!」

言わないでくださいね(笑)またお目に掛かります。
まだまだ暑いです、お身体大切になさってください!


2017年8月14日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2017 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト

category: グリーンフィンガーズ。

tb: 0   cm: 4

△top

コメント

 

庭と山と川と空と

アマガエルや小さなカマキリに気付いてシャッターを切るブノワ。さん。
素敵だわ~
対比が凄い(笑)

美しく整えられた芝生に腹ばいになって川の中を覗いたり、
仰向けになって空を見たり。
元気な植物を見るだけでなく、色々な楽しみができるお庭ですね。

kusaki

kusaki #- | URL | 2017/08/15 08:05 | edit

とっても とっても素敵に撮ってくださってありがとう
ブノワ。さんの眼からは 私の庭はどんな風に映るのだろう
楽しみにする反面 ドキドキだったのです
わぁ!同じ目線だな、とか えっ!こんなの意外にいいやん!
とか思いながら 楽しませて頂きました

旬だったダリアやフロックスには 注目してくださると思っていたけど
あまりに同じ目線の写真も 有ってちょっとビックリ
ピンクのフロックスに 紫のルリトラノオ絡む一枚がそれ
これは先日 私のインスタにポストしたのと同じ目線でしたよ

私の気づかなかった ショットもありました
1枚目と2枚目は意外にも 撮ったことはなかったのです
植物好きなので 引きの画は少なめなんですよね
それとスコップの写真! 違うだろーそこじゃないだろぉぉぉー!
と 一瞬つっこみそうになっちゃった
いやいや この土の付いたスコップこそ毎日使ってる証拠
これは雑貨じゃないよ リアルなのよね~
と、良い方に解釈しましたよ(^_-)

さてさて 私の見てもらいたい場所は…
その質問には 正直どう答えればいいのかわかりません
手塩にかけて育てた花たち そこに住まう庭の生き物たち
それらを みてもらいたいと言うことかしら
逃げるような逸らかすような 優等生の答えで申し訳ないです
そういう意味においては ブノワ。さんの写真は正解でしたね

また遊びに来てくださいね
庭を観て頂く私 観るブノワ。さん
ちょっとした駆け引き? キャッチボールかな
今度いらっしゃる時まで 秘密のポイントを用意しておかなきゃ~ね

ぽん #ixGiNrI. | URL | 2017/08/15 23:43 | edit

素敵でしょう?(笑)

kusaki先生!
おはようございます。雨が続きますねぇ……。
黴びてませんか?(笑)もう夏もお仕舞いかしらン。
僕ね、物凄いド近眼なクセに、小さな虫とかは見えるのです。
虫もいない庭ってコワいじゃないですか。
対比?いえいえ、僕そのものでしょう?(笑)
本当に美しい庭でした。何かに偏ることなく、
バランスもいいし手入れも行き届いているし……。
白鳥の法則で、その陰にはなみなみならぬ努力があるのでしょうけど、
それを微塵も感じさせないナチュラルなところも素敵。
全てのシーズン、見てみたいなぁ……。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2017/08/17 04:33 | edit

楽しかったです!

ぽんさんへ。
おはようございます。
わざわざメッセージをありがとうございます。
どうやら及第点は戴けたようで安心しました。
やっぱり物凄く気になるのです。折角、見せて戴いたのに、
「なぁ〜ンだ……。」意気消沈されるのは悲しいし……。
ですから、旅の記録とかの風景は気軽なんですが、
見せて戴いた庭とかレストランの料理とか……気になるのです。
同じ目線のところ、ありましたね(笑)インスタグラム、拝見していますよ。
1枚目と2枚目は撮ったことなかったですか?
きっと、庭の中に入り込んでいるからなんでしょうね。
どうしても目線が下に下に、植物に近くなりがちですもんね。
スコップの写真……お気に入りなのですよ。
道具って物凄く気になります。その方の一部ですから。
ゴミ箱覗いたり、チョッと変なところも見ちゃいます(笑)
花殻が切って捨ててあるでしょう?
そうすると、その人がどの状態で花を切るか分かるし面白いんです。
ぽんさんが僕らに見て貰いたい部分って、
一言では言えないんでしょう?1カ所や2カ所じゃないと思うし、
そう言う部分の繋がり、積み重ねで庭が出来ているし。
僕が嫌いな言葉「雑貨」を大量に配している庭って、
そこが見せ場な訳です。見て、見てって。
素敵なんですけどね、植物とはあまり関係ない。
そう言う庭って冬になると雑貨屋さんになっちゃう(苦笑)
舞台もそうなんですけど、小道具って物凄く大事で、
ぽんさんが言うところの「リアル」を演出するには欠かせないのだけれど、
それが過ぎると演技が負けちゃうんです。小道具に頼るから。
いつも書く杉村春子さんの例えで申し訳ないんですが、
杉村さんはハンカチ1枚で様々な感情を表しました、
落語の扇子と一緒です。上手い人に掛かると小道具は最小限でいいの。
三国連太郎は舞台から客席に向かって、実際には置いていない鏡に向かって、
メイクを始める訳です。こう、虚空を手で拭くようにしてね……。
そうすると、ググぅ〜っと観客が舞台に入り込む訳。
小道具=雑貨を最小限にした庭って潔くて好きです。
主役は植物ですもんね。脇が主役を喰っちゃイケナイです。
そう言う意味では、使ったスコップが置いてあるって、
被写体としては物凄く魅力的なんです。
そこには実際に「使う」と言う日常があるから。
飾った庭じゃなくって、庭が一気にその人の一部になるでしょう?
例の偉大なガーデンライターが秋に行きたいと申しておりました(笑)
僕、秋は忙しいので何とも言えませんが、
これからも季節折々に素敵な庭を見せて戴けたら……。
そんな風に思っています。宜しくお願いいたしますね。
ぽんさんも東京に出て来てくださいよ。
お見せする庭はないけれど、旨い店なら仰山知ってまっせ!(笑)
なんだか変な天気が続きますけど、お身体大事になさってください。
またお目に掛かりたいです、お元気で!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2017/08/17 04:55 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://nioinoiihanataba.blog.fc2.com/tb.php/493-118d28e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top