それぞれに助け合う植物たち。 

 

IWST7459_201707190919392b0.jpeg
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 「もうチョッと先まで……そこの角を曲がって……。」

 「もう1回、さっきの場所へ戻ってみようかな……。」

僕の旅においての覚悟って言うのかな……大袈裟だけどね。
もしかしたら、もう2度とこの場所には戻って来られないかもしれない……。
その覚悟で、思い残すことのないよう、もう1度、見直し、
もうチョッと先まで……どんなに疲れていても、
面倒臭がらないで、その先まで歩を進め、
納得の行くまで目に焼き付け、写真に撮り……。

心のどこかに「もう2度と来られないかもしれない……。」常にあるんです。

現に、あれだけ足繁く通っていたフランスも、
(年に2回、合計2ヵ月ほど何年間に渡って通っていた……。)
この前、久しぶりに訪れるまで10年の長い歳月を待たなければなりませんでしたし……。

IWST7527.jpeg
IWST7526.jpeg
IWST7519.jpeg
IWST7516.jpeg
IWST7511.jpeg
IWST7507.jpeg
IWST7505_20170719091952de9.jpeg
IWST7504_2017071909195119b.jpeg
IWST7497.jpeg
IWST7496.jpeg
IWST7450_20170719091932d87.jpeg
IWST7452.jpeg
IWST7453_20170719091936749.jpeg
IWST7456.jpeg
IWST7461.jpeg
IWST7482.jpeg
IWST7484_2017071909194355f.jpeg
IWST7489.jpeg
IWST7492.jpeg
IWST7448.jpeg
IWST7447_2017071909193054f.jpeg
IWST7446_20170719091928752.jpeg
IWST7441.jpeg
IWST7438.jpeg
IWST7429.jpeg
IWST7428.jpeg
IWST7425.jpeg
IWST7424.jpeg
IWST7413.jpeg
IWST7389_20170719091838029.jpeg
IWST7391.jpeg
IWST7393.jpeg
IWST7394.jpeg
IWST7402.jpeg
IWST7404.jpeg
IWST7405.jpeg
IWST7408.jpeg
IWST7411_20170719091851e7c.jpeg
IWST7412_20170719091852f35.jpeg
IWST7388.jpeg
IWST7387.jpeg
IWST7381.jpeg
IWST7380.jpeg
IWST7378.jpeg
IWST7377.jpeg
IWST7373.jpeg
IWST7372.jpeg
IWST7371.jpeg
IWST7369.jpeg
IWST7356.jpeg
IWST7357.jpeg
IWST7358.jpeg
IWST7362.jpeg
IWST7363.jpeg
IWST7364.jpeg
IWST7365.jpeg
IWST7366.jpeg
IWST7367.jpeg
IWST7368.jpeg
IWST7355.jpeg
IWST7354.jpeg
IWST7353.jpeg
IWST7352.jpeg
IWST7350.jpeg
IWST7347.jpeg
IWST7345.jpeg
IWST7344.jpeg
IWST7343.jpeg
IWST7342.jpeg
IWST7323.jpeg
IWST7325_20170719091650121.jpeg
IWST7326.jpeg
IWST7330_2017071909165350d.jpeg
IWST7333.jpeg
IWST7336.jpeg
IWST7338.jpeg
IWST7339.jpeg
IWST7340.jpeg
IWST7341.jpeg
IWST7322.jpeg
IWST7321.jpeg
IWST7320.jpeg


もしかしたら、一生、来られなくてもいいように……。
そんな覚悟で2年前にしっかりと目に焼き付けた本庄邸、
幸運なことに去年に引き続き3年連続で訪れることができました。
またあの庭に立つことが出来る……なんと言う幸せ!
出発前は本当に楽しみにしていました。色々とご事情もあるでしょうに、
無理を聞いてくださったご夫妻に感謝、感謝です。

毎年~同じ時期にお邪魔するのですが、
その年の気候によって開花の状況が変わり、
同じ庭なのに見える光景が違うのが面白いです。


穏やかで清々しくて……。
こちらに伺うのに早く着きたくて、一昨年のスピード違反の記憶も鮮明で、
ついつい飛ばしそうになる車のスピードを押さえ、
逸る気持ちを押さえつつ、いざ、こちらの庭に立つと、
時間の流れが止まっちゃうんですよね……。
何枚も写真を撮らせて戴きましたが、やっぱり目が行く裏手の庭……。

 「またあんなところを撮っているよ。」

……お二人とも苦笑されると思いますが……。


そうだ……この庭には誘引されたものが一つもない!
今更ながら気が付きました。全ての植物がお互いを支え合っています。
支え合って自立して自然な風景を作り出しています。
ひとしきり庭を廻って表の方に行ってみると、
そこではご主人があけに何やらこんこんと話しかけています。
そう、ご夫妻は文章に関わる仕事をされていましたから、
あけのいい加減な文章に対して親切に意見をしていたのです。
文章一般、出版に対して……有り難いですよね。
頭を垂れて静かに聴くあけ……チョッと近寄りにくい雰囲気だったので、
そそくさと廻って再び庭へ。だってチョッと先生に叱られている、
出来ない子供みたいだっただもの(笑)

旅って、初めて見る光景に胸躍らせる旅もあるけれど、
こうして、もう一回どうしても訪れたい!そう願う旅もあります。
また寄らせてください。宜しくお願いいたします。


2017年7月27日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2017 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.

関連記事
スポンサーサイト

category: グリーンフィンガーズ。

tb: 0   cm: 4

△top

コメント

 

何も言えない

美しい花。奥の深い庭。幽玄な花の世界も。
知らない花のなんと多いこと。
庭づくりに人生をかける人、
日本にも驚くほどいらっしゃるのですね。
ブノワさんの記事と写真を見ながら気づかされています。
ひょっとすると、イギリスよりレベル高いのかもしれません。

あけさんがこんこんと文章について話をされている・・なんて光景、
お相手が凄すぎたのね。

あけさん、またよい記事を書いてくださいませね。
あ・・・ここはブノワさんちでしたね。

hibari #O5sb3PEA | URL | 2017/07/28 13:50 | edit

頑張ります♪

ブノ。ちゃん
こんばんはぁ~!!
写真見てると、また行きたくなっちゃうよねぇ~。
違う季節にも行きたいね。

はい、こちらのお庭主様ご夫妻には頭が上がらないのよねぇ~。
お勉強させていただいております。
頑張りますとも、
つたない文章なりにねぇ~。

hibariさん、がんばりますよ。
まだ、駆け出しですからねぇ~。
いつかは、まっとうな文章が書けるように努力します。

あけ

あけ #HnKya1mw | URL | 2017/07/29 23:23 | edit

どうなんでしょうね?

hibariさんへ。
こんばんは。こちらにもありがとうございます。
そう、お相手が凄過ぎたんです(笑)
もっとも、突っ込みどころ満載のあけですから、
ご主人も「仕方ないなぁ……。」いい感じで諭していたんじゃないですか?
でも、それを面と向かって言ってくれる人って貴重ですよね。
一番いい時期に仕事されていた方たちですから、
今のその世界に対する危惧もあったのかもしれません。
それにしても素晴らしい庭!溜め息しか出ません。
最初に見せて戴いた時、あぁ、もうここには2度と来れないんだ……。
そう思った覚えがあります。それが3年連続で……。
何事も願えば叶うんですね。だったら4年連続で!(笑)

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2017/08/02 18:45 | edit

頑張るのだよ。

あけへ。
おこんばんは。
どう、お教えを生かして原稿書きに勤しんでる?(笑)
まぁ、無理だろうねぇ……ニワトリのあけだからさ。
でもさ、頭が上がらない人が多過ぎじゃない?(爆)
桜の季節……行ってみたいかも!それから初冬ね!
お宅の前にバス停あったよねぇ……。
始発の駅にはホテルが沢山あるのよ(笑)
結構、調べているでしょう?(爆)
また計画しようね!野村さんコースって言うのはどう?(爆)

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2017/08/02 18:48 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://nioinoiihanataba.blog.fc2.com/tb.php/483-77a2fa49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top