皆さんは満足しているかい? 

 

IWST7038.jpeg
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

今回の東北〜北海道の旅で面白かったのは、
何と、オプショナル・ツアーがあったこと(笑)
一緒に旅をしていてなかなかないですよね、別行動って。
僕にとって、美瑛の丘って、数年前の秋に1人で訪れた時に、
地元のハイヤーをチャーターして廻って貰った5時間が一番なんです。
運転手には、所謂、美瑛の名所、◯◯の木みたいなところは廻らないで……。
お願いしてありました。秋ですから一面の花畑もないし、
(ところが、からし菜の一面の黄色の丘があった……)
オマケに雨模様でしたから、オリンパスのコンデジなんか持って行ったものだから、
やたら画面を作り込んだ「あざとい」写真のオンパレードでしたけど……。


美瑛をどうしても経由したい理由の一つに、
「アスペルジュ」か「bi.ble」で食事がしたいと言うのもあります。
(僕個人の希望としては「bi.ble」に泊まりたい……。)
今回は「アスペルジュ」で夕飯を食べ、比較的、新しい民宿に宿を取りました。
民宿ですから風呂(シャワー)がね……順番待ちでしょう?
さっさとシャワーを浴びて、部屋に入ってあけにメールします。

 「検索して明日の出発時間とか決まったらメールしてねぇ……。」

うつらうつらと夢の中に暫くして帰って来たメールには、

 「宿の出発は7時。朝の美瑛を撮影したい人は5時に下のロビーに集合……。」

美瑛の丘撮影オプショナル・ツアーです(笑)
どうかと思いました。僕とあけだけかな?ところが4人全員揃いました(爆)

IWST7021_20170718201649888.jpeg
IWST7034_20170718201652cdb.jpeg
IWST7035.jpeg
IWST7023.jpeg
IWST7111.jpeg
IWST7079.jpeg
IWST7047.jpeg
IWST7046.jpeg
IWST7042.jpeg
IWST7039.jpeg
IWST7089.jpeg
IWST7103.jpeg


途中、一台の車がこちらに近付いて来ました。
運転席からは地元のオジさんとおぼしき人が降り立ってこちらにやって来ます。
何か文句を言われるのかと思いましたが、あら、ニコニコ顔。
どうやら、そのオジさんは1人の中年女性のガイドをしている模様……。

 「この辺に花が一面に咲いているところはありましたか?」

って!僕たちに聞かないでね(苦笑)
あけは近くの観光施設を紹介していましたが、
何だかそれも違うと思うのね。その中年女性が求めている風景って、
美瑛の写真集や絵葉書、その他、プロの写真家たちが長年撮って来た、
一連の風光明媚な写真に写っている光景なんだと思う訳。
真っ青な空にかかる虹、一面のラベンダー、つづら折りの花畑、
真っ赤に染まる夕焼け、色づく小麦畑、朝もやに煙る丘の連続……。
それらって、荒天、雪の日、日の出や日の入りの一瞬の時間であって、
プラリと美瑛を訪れたくらいでは撮れないショットだと思うんです。
美瑛に長年住み、季節、季節の美瑛を知り尽くした人が、
絶妙のシャッターチャンスを狙って待機して撮った写真……。
僕らみたいな観光客が昼の日中に訪れて、
幸運に恵まれて撮れる写真ではない……僕はそう思う訳。

それに、絶好の撮影ポイントって、私有地になっていることが多く、
「立ち入り禁止」の看板をよく見掛けました。
そこはかとなく感じる拒絶反応、居心地の悪さを感じるのは僕だけでしょうか。

今日の1枚目の写真。道路に描かれた「×」はどんな意味があるんでしょうね?
僕には僕らに向けられた「×」に思えてしまうんです(苦笑)

美瑛の街は観光で成り立っていると言っても過言ではありません。
勿論、農業も盛んでしょうけど、矢張り、美しい丘を目当にやって来る観光客を、
最大の収入源にしている街じゃないでしょうか。
観光で生計を立てている方達と、地元の農家の皆さんとの温度差ってないのかな?
「私有地につき立ち入り禁止」の看板を掲げなければいけない思いは複雑でしょう。
畑に入り込んでまで写真を撮る観光客は言語道断だけれど、
訪れる度に感じる居心地の悪さ、まるでカレンダーのような写真と実際の風景との乖離。
満足して帰る人よりも、何らかの不満を持って帰る人の方が多いのでは……。
そんな要らぬ心配までしてしまいます。


最後の1枚は、ようやくおろせた「日本野鳥の会」の長靴(笑)
「Lucy Gray」のお2人がプレゼントしてくれたんですよ。
右側はMay首相ね。やっぱり大きさが全然違います(笑)
美瑛は冬の季節にプロのカメラマンを雇って、
1日案内して貰いたい……僕の夢です。


2017年7月24日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2017 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト

category: 旅の栞。

tb: 0   cm: 2

△top

コメント

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2017/07/24 23:28 | edit

保養になった?(笑)

recoyonへ。
おこんばんは。元気にしている?
早いよね、最後に会ったのはいつだっけ?
どうでもいいけどさ、相変わらず超ブラック企業だよね(苦笑)
ま、やりがいがあるみたいだから何も言わないけどね。
旅行、いいですねぇ……って言う人に限ってあまり行く気がないんだよ。
旅って本当に行きたかったら、さっさと計画立てるもん。
いつか機が熟すんじゃない?そのうち行けますって、英国に。
考えたら一緒の旅行ってないよね。
例の温泉ツアーだけ?(笑)今度、外国にでも行ってみるかい?
この写真の美瑛はオンシーズンだよ。
鄙びた感じのところだけ撮っているの(笑)
データの件はもう一回何とかしてみる……。
本当に世話が焼けるよね。何事もタダじゃないからね(爆)

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2017/08/02 18:32 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://nioinoiihanataba.blog.fc2.com/tb.php/481-3d3528aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top