ふたたびの「陽殖園」。 

 

IWST6568.jpeg
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

物凄く暑い日でした……。
カラッと晴れて暑いのならバカンス気分も盛り上がりますが、
ドンヨリして今にも雨が降り出しそう……湿気が凄かったんです。
次の日は大雨の予報が出ていました。雨が降らないのがせめてもの救いか……。
あまりの暑さに「ここは本当に北海道?」一瞬、そんな思いも胸を過ります。
後ろ髪を盛大に引かれながら旭川のアンジーのところをお暇……。
一路、目指したのは、紋別は滝上町にある「陽殖園」です。

去年も行きましたね……なかなか想い出深いところです。
園主の高橋武市さんがニコニコしながら入り口にいらっしゃいました。
あけは「今回はバカンスよぉ!」と、言いながら、
チャッカリと仕事の準備万端で、高橋さんにインタビューしてんの(苦笑)
ま、いいです、クマが出ると聞き怯え切っているMay首相を尻目に、
入り口でクマ避けのスズを借りて出発です。
(あけはこのベルトがウエストに回らなかった!僕は勿論、回ったもん、あはは!)
入り口を入ったところで、もうMay首相の足が止まりました(苦笑)
もう地蔵?ま、いっか。女性陣は置いて行くとしましょう。
僕にはどうしても再び見たいところもあったしね。

IWST6520.jpeg
IWST6521.jpeg
IWST6522.jpeg
IWST6527.jpeg
IWST6531.jpeg
IWST6532.jpeg
IWST6533.jpeg
IWST6534.jpeg
IWST6558.jpeg
IWST6553.jpeg
IWST6552.jpeg
IWST6549.jpeg
IWST6546.jpeg
IWST6545.jpeg
IWST6543.jpeg
IWST6542.jpeg
IWST6537.jpeg
IWST6536.jpeg
IWST6565.jpeg
IWST6569.jpeg
IWST6571.jpeg
IWST6579.jpeg
IWST6583.jpeg
IWST6591.jpeg
IWST6592.jpeg
IWST6594.jpeg
IWST6596.jpeg
IWST6621.jpeg
IWST6617.jpeg
IWST6615.jpeg
IWST6614.jpeg
IWST6610.jpeg
IWST6609.jpeg
IWST6608.jpeg
IWST6605.jpeg
IWST6602.jpeg
IWST6599.jpeg
IWST6623.jpeg
IWST6624.jpeg
IWST6626.jpeg
IWST6628.jpeg
IWST6636.jpeg
IWST6643.jpeg
IWST6645.jpeg
IWST6646.jpeg
IWST6647.jpeg
IWST6648.jpeg
IWST6694.jpeg
IWST6693.jpeg
IWST6690.jpeg
IWST6688.jpeg
IWST6686.jpeg
IWST6669.jpeg
IWST6668.jpeg
IWST6660.jpeg
IWST6659.jpeg
IWST6650.jpeg
IWST6695.jpeg
IWST6696.jpeg
IWST6697.jpeg
IWST6698.jpeg
IWST6703.jpeg
IWST6704.jpeg
IWST6705.jpeg
IWST6706.jpeg
IWST6723.jpeg

高橋さんがたった1人で60年以上かけて作り上げた「陽殖園」……。
入り口の看板に「日本一変わっている花園 陽殖園」とあるように、
この地域に自生する草花と、環境にあった草花が……と、思いきや、
どう見てもバリッバリの園芸種のクレマチスが咲いていたりします(笑)
僕はどうしてももう一回、山の上の池や花畑を見てみたかったんです。
やっぱり不思議なのね、高橋さんが山の上にご自分で作られた池……。
当たり前なんですけど水って上から下に流れるでしょう?
自然の摂理なんですけど、水って地面に染み込みますよね?
こうして山の上に人口の池があることが物凄く不思議なの。
それがとても素敵な風景になっている……。

今回は水辺の写真を中心に選んでみました。
入り口で高橋さんは、

 「あなたは……去年来ましたね?」

覚えていらっしゃるところも凄いです。

IWST6714.jpeg

相変わらず駄洒落のジャブをマダムたちに浴びせ、
絶好調な高橋さんの素敵な写真で〆たいと思います。
僕、高橋さんの顔……好きです。少年がそのまま大人になったみたいなイタズラ顔。
またいつか訪れることが出来るかな?
今度はゆっくりと高橋さんのガイドを聞きながら歩いてみたいな……。


2017年7月19日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2017 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト

category: 旅の栞。

tb: 0   cm: 4

△top

コメント

 

一度は行きたい場所

紋別の高橋武一さんのお庭というか、お山は一度は訪れたいと
願っている場所。
花だけでは飽きてしまう夫も、ここならば・・・と思っているのですが。

美しいオフェリアが水に漂ってているような気がする場所。
そしてトラノヲの群生。河骨の池に睡蓮の池。
早く実現しますように。

今年の夏は、モンゴルです。3人組が乗馬遊びだそうです。
夜はゲルに泊まるんだって。
トイレにシャワーは屋外の施設。すでにtwinsはビビってます。
東南アジアへ旅した時も、相当ひどいトイレの洗礼は受けていますが、
さて今回は?

昼間は30度位の乾いた暑さの気候。
膠原病の予備軍の妹にとっては、日焼け止め必須ですが、
何処の地へ行っても、暑かろうが寒かろうが、ケアすることは同じなので
夫に託すことにしました。
ただね、日焼け止めを常時長期間使用すると、骨がもろくなるという事実もあって、私としては痛しかゆしなのです。
昨年暮れから骨折を繰り返していますから、落馬はほんとに要注意です。

お友達の美貌のマダムにも教えてあげてね。
週3回以上日焼け止めを連用すると、将来骨粗鬆症の危険が待っているってね。
私は長い間化粧もしないで、日焼け止めも使わないで生きてきましたから、骨密度は、自慢じゃないけど高いですよ。そのおかげで、人工関節にならずに済んだわけですから。
さて、留守番のバカンス、何しようか。
ベランダのペンキ塗りでもしようかと、毎日ベランダを睨んでいます。

hibari #O5sb3PEA | URL | 2017/07/20 09:20 | edit

ブノワ。さん、こちらにも。陽殖園に二度目の訪問だったのですね。
めちゃめちゃ、羨ましいです。ずっとずっと訪れてみたいと思って
いる場所。どのくらい前になるんでしょうか・・・・・・。かなり前に
遡るんです。どなたかのブログの記事でした。

どの写真も、訪れていないのに、空気が伝わってきました。池が
大好きですし、緑の美しい中に、植物が咲いていて。自然な美しさ
に最近、惹かれます。

30の頃なんて、圧倒的に植物が咲き乱れる満開の庭が大好き
だったのに・・・・・・。少しずつ、緑の中で点々と植物が静かに咲いて
いる姿のほうが、心が穏やかになるんですよね。
こうして、ブノワ。さんのブログで拝見できて嬉しく思います。高橋
さんの笑顔も素敵な1枚ですね。

旭川から、だいぶ運転しないといけないのかな?。羽田から紋別に
飛んだ方がいいのか悩むところです。土日入れても、あと1日の休み
のみなんです。平日の2日連続休みは、厳しくて・・・・・・。欲張りツアー
は組めないけれど、訪れてみたい場所です。

クレマチスの青の美、感動した1枚です。

愛 #hi38QtoA | URL | 2017/07/22 08:51 | edit

是非!

hibariさんへ。
おはようございます。
梅雨明した途端になんだかドンヨリですね。
元気にしていらっしゃいますか?
1人バカンスを満喫されていることと思います。
「陽殖園」は是非!最近は近くのホテルに泊まりがけで、
2日にわたって見学に来る方も増えたとか。
高橋さん、昔は地元の人たちに笑われたみたいですよ。
でも今や観光の名所、集客力凄いですから、皆さん感謝しているんじゃないかな。
是非、いらしてみてください。きっと楽しいと思います。
トイレですけどね、僕もトイレがダメなところには行けないな。
東南アジアはねぇ……バスターミナルとか困ったもの(笑)
フランスだっていまだにトルコ式とかあるでしょう?
あれは一番最初、死ぬかと思ったものね(苦笑)
日焼け止め……そうでしたか。ま、言っても聞かないと思いますよ。
絶対に止めないと思う。だって、今や日焼け止めは必須でしょう?
いいじゃないですか、人生、どこに重きを置くかです。
日焼けして皮膚ガンになるか、美白を死守して骨が弱くなるか(笑)
美白って言ったって、白ければ綺麗って言う訳でもないし(笑)
どっちにしろ死ぬ時は死ぬんです。
化粧品のその辺って、皆さん既に妄信だから。
何れにせよ、化粧品会社の宣伝に乗せられちゃダメでってことです。
素敵な休暇になりますように!
僕もチョッとお休みです!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2017/07/25 07:39 | edit

変わるよね。

愛ちゃんへ。
おはようございます。メッセージどうもね。
東京はこの朝早くから蝉が鳴いている(苦笑)
人の好みって変わるよね。あれは一体なんだったの?
そのくらい変わるもの、不思議なもんです。
「陽殖園」……愛ちゃん、行きたいでしょう?
絶対に好みだと思うもの。願えば叶うんじゃないかな?
旭川からだと大変なんじゃない?紋別から?
でもさ、検索すると羽田経由が出て来るのがおかしいよね。
車の移動は何しろテニスのラリーだからよく分からないや(苦笑)
北海道は何て言っても広いからねぇ……。
欲張らずにピンポイントでって言ってもねぇ……。
ここは泊まりがけで探索する人もいるみたいですよ。
クレマチスなんだけどね、誰も見向きもしないんだよねぇ……。
今度はいつ行けるのかなぁ……再来年?なかなか難しいかも。
ところで愛ちゃんの夏のバカンスは?

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2017/07/26 05:16 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://nioinoiihanataba.blog.fc2.com/tb.php/478-e76d3f43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top