ワインとチーズと庭と……ペンション あっぷる。 

 

IWST6060.jpeg
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

どうしても「ペンション あっぷる」に泊まりたかったのだそうです。
蔵王?……スキーをしない僕は、宮城蔵王と山形蔵王があるくらいしか知識はないのですが、
居心地の良さにスッカリ長っ尻になってしまった「Sweetbriar」をあとにして、
一路、「ペンション あっぷる」に向かいます。途中、チョッとしたハプニング。
あぁ……これは夕方の写真は撮れないかなぁ……諦めていたんですが、
夏は日が長くていいですね!どうにかこうにかギリギリ明るい内に到着。
荷物も放りっ放しでカメラを担いで庭へ……。
そこにはあけがどうしても泊まりたかった理由が広がっていました……。

IWST5781.jpeg
IWST5782.jpeg
IWST5785.jpeg
IWST5787.jpeg
IWST5791.jpeg
IWST5795.jpeg
IWST5799.jpeg
IWST5807.jpeg
IWST5810.jpeg
IWST5816.jpeg
IWST5818.jpeg
IWST5820.jpeg
IWST5821.jpeg
IWST5823.jpeg
IWST5825.jpeg
IWST5829.jpeg
IWST5833.jpeg
IWST5834.jpeg
IWST5836.jpeg
IWST5838.jpeg
IWST5840.jpeg
IWST5842.jpeg
IWST5851.jpeg
IWST5857.jpeg
IWST5859.jpeg
IWST5862.jpeg
IWST5863.jpeg

夕暮れの6時30分から30分間で撮った写真です。
グリーンの色調がおかしいですね。でも、素晴らしい庭の様子はお分かりになるかと思います。
到着と同時に出て来てくださったご主人の佐藤さん……満面の笑顔を見ると、
この素晴らしい庭の源が分かったような気がします。
穏やかな庭主に穏やかな庭……庭は心の様相……です。
ペンションの仕事をされながら、これだけの庭の管理をするのは大変でしょうねぇ。
この日は幸運なことに、宿泊は僕たちだけと言うことで、
夕飯の時間を遅くしてくださったり、朝食の時間を早めてくださったり……。



翌朝は、明るくなるのを待ってカメラを担いで庭へ出ます。
先ず、出迎えてくれたのがこちらのペンションの黒猫ちゃん。
何と言う凛々しいお姿(笑)
IWST5908.jpeg
IWST5914.jpeg
IWST5915.jpeg
IWST5926.jpeg
IWST5929.jpeg
IWST5950.jpeg
IWST5952.jpeg
IWST5953.jpeg
IWST5955.jpeg
IWST5958.jpeg
IWST5959.jpeg
IWST5961.jpeg
IWST5965.jpeg
IWST5967.jpeg
IWST5969.jpeg
IWST5970.jpeg
IWST5972.jpeg
IWST5976.jpeg
IWST5979.jpeg
IWST5983.jpeg
IWST5988.jpeg
IWST5990.jpeg
IWST5991.jpeg
IWST5992.jpeg
IWST5993.jpeg
IWST5997.jpeg
IWST6000.jpeg
IWST6001.jpeg
IWST6005.jpeg
IWST6011.jpeg
IWST6014.jpeg
IWST6015.jpeg
IWST6018.jpeg
IWST6020.jpeg
IWST6021.jpeg
IWST6025.jpeg
IWST6028.jpeg
IWST6042.jpeg
IWST6044.jpeg
IWST6058.jpeg
IWST6059.jpeg

朝の撮影は4時20分から朝食の6時前まで。
あぁ……こう言う時は太陽が恋しいですね。光に透ける草花が撮りたい!
今日の1枚目の写真は、矢張り「ペンション あっぷる」と言えばこの風景でしょう。
雄大な背景に隅々まで管理された素晴らしい庭……。



IWST6049.jpeg

佐藤さんご夫妻には本当にお世話になってしまいました。
夕飯の後、オバ……じゃなかった、マダムたちが三々五々、部屋に引き取った後、
ご主人と2人で深夜までワインを飲み明かしたのもいい想い出です。
それから奥さまの化学調味料を使わないフルコースの美味しいことと来たら!
(こちらはまた改めて書きたいと思います。)
もう一つ、このペンションの素敵なところは、2つある風呂の片方に露天風呂があること!
1日の疲れを大きな浴槽に浸かりながら清々しい山々の景色を見る……何とも贅沢な時間。
秋の庭も見てみたいです。それから山形牛のステーキも!

さて、新幹線の時間があります……。
盛大に後ろ髪を引かれながら出発です。
オバさんたちはこれから電車の旅が続くと言うのに、
前後の見境もなく苗を買っています……とどまることを知らない物欲!(苦笑)
そして、買い漁った苗をどう処理するか?算段を聞いた僕は、
図々しさに呆れるやら、感心するやら……このことはまた書きます。
果たしてこの先の旅は大丈夫なのか?


2017年7月11日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2017 nioinoiihanataba, All Rights Reserved
関連記事
スポンサーサイト

category: 旅の栞。

tb: 0   cm: 2

△top

コメント

 

グラベルガーデン、好きなんです。

私も泊ってみたいです。ブノワ。さん、こちらへも。蔵王はね・・・・・・。
お釜しか見たことがないことに気づきました(汗)。

それは、置いておいて素敵なペンションですね。宿泊してみたいです。
アルケミラ・モリスの咲いているグラベルや、緑を背景に咲く薔薇も
美しいですね。カラーリーフや樹木の美しいこと。温泉もよいです。
美味しい牛肉、少量でいいので食べたいです。

宮城、久しぶりに訪れてみたいです。駅からレンタカーを借りての
プランが私にも合っているような気がします。

仙台のアンティークのお店も、とっても素敵でしたね。高速バスも
新潟から走っているし、電車も大宮経由で新幹線で向かえばいい
ですものね。



愛 #pdK/Zy5g | URL | 2017/07/16 05:35 | edit

素敵だったよ。

愛ちゃんへ。
おはよう!こっちにもありがとうね。
お釜?……そっか、それもあったか!(笑)
庭が綺麗なペンションって聞いていたけれど、
こんなに凄いとは思ってもみませんでした。
時間が経つのを忘れて写真撮っちゃった。
オーナーご夫妻が素敵でねぇ……人柄そのままのペンション。
料理も美味しいしワインも揃っているし。
また何かの機会に泊まってみたいな……。
「アトリエモルソー」は危険地帯ね(笑)
選べない性格が災いするの。ハァ、また行きたい!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2017/07/19 08:02 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://nioinoiihanataba.blog.fc2.com/tb.php/474-81455f86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top