豊潤な……アトリエ・モルソーにて。 

 

IWST5660.jpeg
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 「・・・・・・仙台?」

にわかに色々な思いが交錯しました……。
仙台だったら……そうだ!「アトリエ・モルソー」に行きたい!
久し振りに色めき立っちゃった!(笑)

今回の夏のバカンス、東北を2日間周り、
その後、北海道に3日間の旅でした。
しかも、行き帰りは新幹線の旅!あぁ、北海道新幹線!(笑)

何でも初日の仙台で、最初に予定していた個人邸が見られなくなり、
その日の宿入り迄の時間がポッカリ空いてしまったとか……。
今回は、相変わらず段取りの詰めが甘い、あけと、
おっとり姥日傘の箱入りの深窓の元令嬢のメイ首相
それから初対面で九州からやってきたマダムの4人旅です。
(この方の超ズッコケ振りは追い追いね。)
フゥ~ん……ポッカリ空いたんだ……。
ここで頭上の電球が200ワットで煌々と輝いちゃったのです(笑)

 「そうだ!アトリエ・モルソーに行こう!」

あけに住所と営業時間を言って段取りして貰いました。
「アトリエ・モルソー」のオーナーの佐々木さんとは東京の骨董市で知り合いました。
わざわざ遠方から参加する骨董市は、持参する商品が限られます。
そんな少ない商品からも、質の高さとセンスの良さが窺い知れる佐々木さんのセレクト……。
是非、一度、仙台の店にも遊びに行ってみたい……そう思い始めて数年。
ようやく念願叶って訪れた「アトリエ・モルソー」は凄かったです。
お許しを得て写真を撮らせて貰いましたので御覧ください。

IWST5621.jpeg
IWST5622.jpeg
IWST5623.jpeg
IWST5624.jpeg
IWST5630.jpeg
IWST5631_20170705184341a84.jpeg
IWST5650_20170705184419516.jpeg
IWST5649.jpeg
IWST5646.jpeg
IWST5644_2017070518441517b.jpeg
IWST5641.jpeg
IWST5640.jpeg
IWST5639.jpeg
IWST5642.jpeg
IWST5634_20170705184344240.jpeg
IWST5632.jpeg
IWST5666.jpeg
IWST5665.jpeg
IWST5663.jpeg
IWST5657_20170705184425ad6.jpeg
IWST5656.jpeg
IWST5652.jpeg
IWST5651.jpeg


琥珀色になった70年前の「Chateau d'Yquem」……。
ミレニアムの年末に、パリで親友たちと飲んだのを思い出します。
佐々木さんが自らの手で貼り、色彩を施した床……。
奥の事務所兼、打ち合わせ場所を仕切る壁面は、
佐々木さんのデザインで、自作だとか……信じられませんね。
中世のフランスか……ここだけ別世界のようです。

僕は古伊万里などの染付けと絵画をコレクションしています。
長の年月を無事に現在にその形を残している食器……。
飾って愛でるだけではなく、実際に使ってあげたいです。
食器から料理のインスピレーションを受けることもあります。
空の額縁に、後からサイズと雰囲気の合う絵画を探して入れるように……。
美しい器は限りない想像力を僕に与えてくれます。
素晴らしい品揃えに驚きましたが、特にビックリしたのは、
質のいい食器の品揃え!状態もいいし、数も揃っている……。
これだけのものを揃えるのはどれだけ大変なことでしょう。
本物を見極め、尚且つ、質のいいものを集める……。
そう、数を集めるって言うところが大事なんです。
アンティーク・ショップと言ってもピンからキリです。
アンティークと言う名のガラクタばかり扱う店もあります。
流れ行く時代をその姿に宿す本物のアンティークは美しいです。
それを実際に手にして使うことの喜び。

下の写真は今回の戦利品……。
長年探していたオクトゴナルの皿。非常に状態がいいです。
小さな手吹きのグラスは、以前、ブログで見て一目惚れ、
慌ててメールして送って貰ったものです。
四角い手吹きのガラスの器は、和食にも活躍しそうです。
そう……この手の四角いガラスの器を見るにつけ、思い出すのは、
足繁く通ったパリはサンジェルマン・デュプレのマダムのアンテーク・ショップ……。
ここで一目惚れしつつ、ついに買わなかったグリーンの器を思い出します。
12客、揃ったそれは、未だに買わなかったことの後悔の印。
旅先で気に入ったものがあったら迷わず買えと言う教訓でもあります。

旅は始まったばかりだと言うのにスッカリ荷物ですが、
勿論、帰宅後に届くように配送して貰いました。

IWST8113_201707051934415da.jpeg

「アトリエ・モルソー」を訪れるためだけに仙台に行くのもいいです。
それだけ価値のある真のアンティーク・ショップです。


2017年7月7日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2017 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト

category: 旅の栞。

tb: 0   cm: 6

△top

コメント

 

罪なブノワさんねぇ

おはようございます。
関東はそろそろ梅雨が明けるのでしょうか?
九州や島根のほうでは、とんでもない災害をもたらしたようですが。


それにしても罪なブノワさんね。
土曜の朝から、こんな素敵なアンティークを見せられて
胸がざわつかないわけがありません。
仙台ならひとっ跳びで行けるのに・・・。
「じゃ、行けばいいじゃない。」
という声が、そこかしこから聞こえてきそうですが、
ご存知かもしれませんが、
股関節の骨折からようやくリハビリに入った私にとっては
なんとも目の毒。

今年こそヨーロッパでアンティーク三昧・・・と思っていたら
当然のようにドクターストップ。
当てが外れた残りの3人組は、モンゴルで乗馬遊びだと!
もう2重・3重に腹が立つ。

今年はドクダミ退治もあきらめて、ひたすらリハビリに専念して
一刻も早く復活を、と決意したら、それを承知のような美しい
アンティークの数々。「ガラス恐い」の私ですが、やはり見惚れてしまうのでした。

hibari #O5sb3PEA | URL | 2017/07/08 09:03 | edit

電車なら仙台は近い!!

ブノ。ちゃん、こんち!!
アトリエモルソーは素敵でした。
ショップの内装も
商品のセレクトも
オーナーのお話しも
うっとりでした。

また、行こうねぇ~。

あ、牛タンもセットでねぇ~。

あけ

あけ #HnKya1mw | URL | 2017/07/08 12:11 | edit

仙台に行ったら行かなくちゃ。

ブノワ。さん毎日暑いね、お元気かしら?
アトリエ・モルソー、素敵です。何が素敵かって、入り口のドアのAtelier Morceauのフォントとその配置具合がいい。お店の中を見なくても、商品の豊かさが想像できますね。毎日暑いから、四角いガラス小鉢?にアイスをたくさん盛りたいなぁ。少しは涼しくなるかもね。(でもどれもこれもお高そうです・・・)
お店って、その店主のセンスがモノを言うね。いいものが揃うのは東京だけじゃないってことだね。
仙台はすごく好きな街なので、また行く機会があったら行きたいです。宮城県美術館から車で16分だって。ここの美術館の常設展もなかなかよ。


recoyon #- | URL | 2017/07/09 16:31 | edit

そろそろですかね?

hibariさんへ。
こんばんは。まったくもって狂気の暑さですね。
日中は外に出ちゃいけないレベル(笑)
虫眼鏡で焼かれるアリンコの気持ちが良く分かります。
そろそろ梅雨明けでしょうか?また暑い夏の始まりです。
さて、素敵でしょう?凄い店でした。
この年になるとそうそうは驚かないのですが、
久し振りにビックリ仰天(笑)いい驚きは素敵ですね。
ガラスは僕もコワいですよ。「オーメン」観てからね(爆)
仙台は京都と同じで、近いと思うから行けない街。
いつでも行けると思うのがいけないんでしょうね……。
でも、楽しみがまた一つ増えました。親友も行きたいって。
連れて行かねばなるまいに……(笑)
hibariさんはお留守番ですね。それも素敵なバカンスになるのでは?
モンゴルは興味津々ですが、一生行かないかも……。
暑さ本番ですから呉々もお身体を大事になさってください。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2017/07/12 17:36 | edit

本当、近い!

あけへ。
おっす!メッセージご苦労。暑いのに大儀であった(笑)
本当、「アトリエモルソー」は素敵だったねぇ……。
今、思い返してもウットリしちゃう(爆)
戦利品があったのも嬉しいな。そこはポイント高いのよ。
今ね、どんな料理を盛ろうかって考え中。
牛タンね……ま、付き合いますよ。
Tが早速行きたいって言っている(笑)
あそこの東照宮?あれで釣ってみようかな?(笑)
また行こうね、楽しみが増えたね!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2017/07/12 17:40 | edit

仙台って……。

recoyonへ。
こんにちは。メッセージどうもありがとう。
しかし暑いよねぇ……殺人的だよ。
僕としてはこう言う暑さは嫌いじゃないんだけど、
仕事はしたくないよね。バカンスならいいけれどね。
蒸し暑いのは勘弁だけど、こう言うのは気持ちいいもの。
さて、仙台って言えば例のフィルム……だっけ?recoyonも好きだよねぇ(苦笑)
「アトリエ・モルソー」は本当に仰天ものだったよ。
なかなか本物のアンティークショップって少ないからね。
品揃えが凄いの。普通の食器屋みたいに数が揃っている。
もう目移りで困っちゃった(苦笑)ま、また来ればいいかって諦めたけど。
ガラスの小鉢……アイスクリーム盛るんだ……(苦笑)
想像力が貧困だよねぇ(笑)僕は酢の物って思ったけど、
そっちももっと貧困かもね(爆)チョッと考えてみる。
値段はねぇ……それが安いのよ。ビックリしちゃった。
あるでしょう?仰天するくらいにお高い店って。
その辺も凄く嬉しいな。今度、一緒に行こうかね?
いいものが揃うのは東京だけって言うのは神話だね。
まぁ、店の数は多いだろうけど、品揃えがね……。
Tが行きたがっているの。美術館と絡めて行くかい?
美術館って猫の絵葉書くれたあの美術館でしょう?
たまには旅しよう!働くだけじゃ詰まらんもん。
暑くなったから身体には気を付けて!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2017/07/12 17:48 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://nioinoiihanataba.blog.fc2.com/tb.php/472-d5662c1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top