柏の原生林……中札内美術村。 

 

ATSU4014.jpeg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

僕が初めて北海道を訪れたのは、新卒で就職した会社の社員旅行でした。
新人が幹事をやらされたのね。確か同期3人でやったかな?
2泊3日、北海道1周バスの旅(笑)今、考えると有り得ないですよね。
もうね、殆どバスの中(笑)移動している以外はお土産屋に無理矢理連れて行かれたりね。
大昔の旅行会社主催の悪しきツアーの見本のようなもの。
皆、移動に疲れちゃって、景色を見るどころかバスの中では殆ど爆睡(笑)
記憶にあるのは昇仙峡に泊まったこと、網走刑務所の前を通ったこと、
それから霧で1メートル先も見えなかった霧の摩周湖(笑)
そうそう、札幌の時計台……小っちゃかったなぁ……。

それで2年前の夏、何十年ぶりに北海道を訪れたわけです。
東京から親友と3人で、そして北海道在住の親友が合流して
北海道ガーデン街道を廻ったんです。和気靄々と親友4人で車の旅……。
物凄く気に入っちゃったんです、北海道。特に「十勝千年の森」と美瑛の丘、
それから帯広の北の屋台にある「プチ・プレジール」ね。
その秋に一人で再訪しました。北海道の親友(美女)が一緒に廻ってくれました。
10月終わりには軒並みガーデンは閉まってしまいます。
かろうじてギリギリ最終日の「十勝千年の森」を見学、そして「プチ・プレジール」を堪能。
そして親友が連れて行ってくれたのが、六花亭がやっている「中札内美術館村」でした……。
僕、ここも気に入っちゃったんです(笑)柏の原生林の中に美術館が点在しているの。
林の中の遊歩道が枕木を使ったヘリンボーンだったりします。
僕、お屋敷を建てる時はフローリングはヘリンボーンにしたいなぁ……。
美術館の建物も古い建物を移築してあったりね。
この柏の原生林の中だけ異空間みたいでゾワゾワしちゃいます。
旅先で美術館に行くってチョッと素敵ですよね。

はぁ……いいんですよ。
さわさわさわさわ……頬を風が通り過ぎ、
カサカサカサカサ……柏の葉が音を立てます。
美術館もそれぞれこじんまりとしていて素敵です。
「相原求一朗美術館」「小泉淳作美術館」「北の大地美術館」、
それから、彫刻家 板東優さんの石膏像が展示してある「夢想館」など……。

そんな訳で、この夏も訪れました。
去年初めて訪れて引っ繰り返った「イコロの森」を堪能したあと、
恵庭のスウィートグラスでランチ。車を飛ばして「中札内美術村」です。
翌日には美術には全く関係のない喰い気のオバちゃんが合流予定だったので、
景子姐と2人でゆっくり歩いてみました(笑)

夏の柏の原生林はまた一味違った感じでした。
木々の間には自生の野草がビッシリ生えています。
病気一つなくグリーンがピッカピカなの。
まあ、花、花、言っている人には退屈極まりないかもしれないけどね。
原生林の中をあるいた写真、それから、坂東 優さんの石膏像(今日の1枚目)、
少しですけどご覧くださいね。

ATSU4032.jpeg
ATSU4038.jpeg
ATSU4039.jpeg
ATSU4042.jpeg
ATSU4044.jpeg
ATSU4045.jpeg
ATSU4046.jpeg
ATSU4048.jpeg
ATSU4084.jpeg
ATSU4100 - バージョン 2
ATSU4107.jpeg
ATSU4112.jpeg
ATSU4056.jpeg
ATSU4062.jpeg

如何でしたか。
これらの写真は新しいカメラにしたからこそ撮れた写真だと思います。
最後の一枚、美術館内の大きなガラスに映る柏の原生林は、
古の大劇場、例えば、テアトル東京で観るシネラマのようではありませんか!
人もそれほど多くありません。「六花の森」に近いです。
足を延ばしてみては如何ですか。こちらの方が良かったりしますよ。


2014年7月20日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2014 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
スポンサーサイト

category: 展覧会の絵。

tb: 0   cm: 4

△top

コメント

 

素晴しい!

この落ち着いた庭は大好き! 
古い建物も枕木のデッキも!
まさに北海道の自然の美を象徴するような場所でしたねぇ。
ここも秋に行ってみたい、早春も間違いなく魅力的なはず。

UPされている写真の枚数が少ないと、
ちょっと物足りないと思っちゃうのは私だけかしら?
最後のシーンにも、もう1枚肝心な写真が抜けてません?(笑)

景子 #NiuQfYto | URL | 2014/07/22 13:56 | edit

ありがとう!

景子姐へ。
こんばんは。メッセージどうもありがとうございます。
素晴らしい美術村でしたねぇ……大好きです。
まぁ、なかなか好みは分かれるので今一っていう人もいるでしょうけどね。
秋は茶色一色なんですよ。風の音がカサコソカサコソ……。
一つ行くの忘れちゃったんです、美術館(苦笑)
1枚目の写真の石膏像の夢想館の奥の一つ……。
今度はそこも見逃さずに歩きましょう。
写真が少ないとメモしておきますね。
実は僕もそう思っていたんです(笑)チョッと物足りないですよね。
肝心な写真……車のジャンヌ・モロー風ですか?
景子姐、クセになりましたね?本当に出しちゃいますよぉ!(笑)

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2014/07/22 20:12 | edit

白樺もあるけど幹が黒いのが柏ですか?
柏餅のあれ?
葉っぱが大きいから雨が降ったら大きな音がするんでしょうね。
こういうところを無口な人と歩きたいなー。

>僕、お屋敷を建てる時はフローリングはヘリンボーンにしたいなぁ……。
あ、ずるーい。
私もそうしたいのにー。
職人さんが正しく一枚一枚張っていく床ね。
6畳とかじゃダメよね(笑)

ワイドスクリーンのはめ殺しのガラス窓と光る床。
まるで日本画を見てるみたい。
この床も出来れば裸足で歩きたい(笑)

ムー #qiVfkayw | URL | 2014/07/22 21:36 | edit

6畳って!(笑)

ムーさんへ。
おはようございます、いつもご丁寧にメッセージありがとうございます。
そう、黒いのが柏です。よく分からないけど柏って下の方に葉が付かないのね?
わざと落としてあるのかな?葉は物凄く大きいです。
秋に落葉して一番最初の雨なんか物凄い音がすると思います(笑)
そんな中、白樺がさらに白く輝いていました。
無口な人?それは僕ですねぇ……殆ど喋らない(笑)
ところでムーさん、6畳って!(笑)畳では表せない大きさがいいですね。
それもキッチリ最高の大工じゃないとダメ。
ヘタクソな大工が貼ったヘリンボーンは目も当てられません(苦笑)
怪我すると思いますよ。ムーさんと僕、どっちが先に貼るかな?(笑)
ここの美術館は物凄く綺麗に清掃が行き届いています。
勿論、裸足でも何ともないくらいにピッカピカ!
ムーさん、北海道に行くことがあったら是非行ってみてくださいね。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2014/07/23 05:37 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://nioinoiihanataba.blog.fc2.com/tb.php/47-aa8e5401
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top