我、一粒の砂なり……。 

 

IWST4979.jpeg
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

舞台用語で客席に向かって舞台が緩やかに傾斜している様を、
その見た感じから「八百屋」と言います。
今はなくなりつつありますが、昔の八百屋は、野菜を見やすいように、
道路に向かって少し傾斜をつけた台に野菜を並べていました。
ここ、塚原邸を訪れると必ずこの「八百屋」を思い出します。
緩やかに傾斜した広大な敷地に、立体感溢れる庭が広がります。
庭の一番奥に行って、クルリと振り向くと、圧巻の景色が覆い被さるように僕を襲います。
ご夫妻で一日中、隅々までくまなく歩き回り、黙々と手入れをしている賜物が、
こうして僕の目の前に広がっています……溜め息一つ。
斜面のことです、気が付かないうちにお疲れでしょうに、ミッチー(奥さま)と、
フミフミ(ご主人)の飽くことなき丹精の結果の圧倒的な庭。
人生の先輩にミッチーとフミフミなんて言っちゃ失礼なんですが(笑)
心を籠めて、敬愛の念を持って敢えてニックネームで呼ばせて戴いています。

大女優、杉村春子さんが「欲望という名の電車」の時に、
この「八百屋」の舞台で、重度の外反母趾で歩くだけでも痛いのに、
高いヒールを履いて舞台中を狭しと駆けずり回っていたのを思い出します。
そして転ぶ。優雅に、まるでスローモーションのように転ぶ様を観た僕が、
終演後に楽屋でそれを指摘すると、

 「あぁら、アナタ。だってどうせ転ぶなら綺麗な方がいいじゃありませんか。」

と、ニヤッと笑ってお答えになります。
ヒロインを美しく見せることに最大の関心と、努力を持って望む……。
庭を美しく見せることに最大限の関心と努力を払う……。
こちらを訪れるとそんなことも思い出されます。

お2人とも常に手が動き、ただ歩くと言うことがありません。
訪れたお客さまに質問されるとプチ・ガーデンツアーが始まり、
1人でも多くの方に楽しんで貰い、いい想い出を作って帰って貰いたい……。
そんな心遣いがひしひしと伝わって来るようです。
僕の薔薇も全種類、育ててくださっていて、
暑さには強いけれど、どちらかと言うと寒さが苦手な僕の薔薇を、
手を替え品を替え、慈しんでくださっています。

こちらに来て陳腐な言葉は要りません。
ただただ、目を見開き、空気を吸い、風の音に耳を傾ける。

 「ホーホケキョ!」

鶯がハッキリとカタカナで囀ります(笑)
小鳥の囀りに唱和する……それでいいのだと思います。

IWST4625.jpeg
IWST4628.jpeg
IWST4629.jpeg
IWST4632.jpeg
IWST4634.jpeg
IWST4667_2017062118231740d.jpeg
IWST4666.jpeg
IWST4651.jpeg
IWST4649.jpeg
IWST4645_20170621182250a41.jpeg
IWST4654.jpeg
IWST4642_20170621182248793.jpeg
IWST4640_201706211822461f3.jpeg
IWST4637_20170621182245e67.jpeg
IWST4636.jpeg
IWST4668_20170621182318aa6.jpeg
IWST4673.jpeg
IWST4681_2017062118232226e.jpeg
IWST4683.jpeg
IWST4685_201706211823257da.jpeg
IWST4690.jpeg
IWST4691.jpeg
IWST4692_20170621182349150.jpeg
IWST4694.jpeg
IWST4695_20170621182352831.jpeg
IWST4712.jpeg
IWST4711.jpeg
IWST4710.jpeg
IWST4709.jpeg
IWST4708_201706211824187a9.jpeg
IWST4706.jpeg
IWST4704_20170621182358be9.jpeg
IWST4699_20170621182356c9c.jpeg
IWST4697.jpeg
IWST4696_2017062118235378d.jpeg
IWST4714.jpeg
IWST4717.jpeg
IWST4720.jpeg
IWST4721.jpeg
IWST4722.jpeg
IWST4725.jpeg
IWST4729.jpeg
IWST4730.jpeg
IWST4731.jpeg
IWST4732.jpeg
IWST4758.jpeg
IWST4756.jpeg
IWST4755.jpeg
IWST4753.jpeg
IWST4747.jpeg
IWST4744.jpeg
IWST4743.jpeg
IWST4739.jpeg
IWST4733.jpeg
IWST4760.jpeg
IWST4770.jpeg
IWST4772.jpeg
IWST4776.jpeg
IWST4777.jpeg
IWST4778.jpeg
IWST4779.jpeg
IWST4780.jpeg
IWST4782.jpeg
IWST4788.jpeg
IWST4837.jpeg
IWST4826.jpeg
IWST4824.jpeg
IWST4819.jpeg
IWST4809.jpeg
IWST4808.jpeg
IWST4807.jpeg
IWST4801.jpeg
IWST4794.jpeg
IWST4792.jpeg
IWST4829.jpeg
IWST4842.jpeg
IWST4843.jpeg
IWST4844.jpeg
IWST4845.jpeg
IWST4847.jpeg
IWST4849.jpeg
IWST4851.jpeg
IWST4857.jpeg
IWST4859.jpeg
IWST4883.jpeg
IWST4882.jpeg
IWST4879.jpeg
IWST4877.jpeg
IWST4876.jpeg
IWST4875.jpeg
IWST4868.jpeg
IWST4867.jpeg
IWST4864.jpeg
IWST4863.jpeg
IWST4888.jpeg
IWST4891.jpeg
IWST4892_201706211828422fd.jpeg
IWST4893.jpeg
IWST4895_2017062118290884f.jpeg
IWST4903.jpeg
IWST4906.jpeg
IWST4908.jpeg
IWST4933_20170621183005672.jpeg
IWST4927_20170621183004ca9.jpeg
IWST4926.jpeg
IWST4922.jpeg
IWST4920.jpeg
IWST4917.jpeg
IWST4916.jpeg
IWST4913.jpeg
IWST4910.jpeg
IWST4952.jpeg
IWST4954.jpeg
IWST4956.jpeg
IWST4958.jpeg
IWST4959.jpeg
IWST4960.jpeg
IWST4961.jpeg
IWST4962.jpeg
IWST4967_20170621183040c61.jpeg
IWST4976.jpeg
IWST5012.jpeg
IWST5004.jpeg
IWST4999.jpeg
IWST4995.jpeg
IWST4994.jpeg
IWST4989.jpeg
IWST4983.jpeg
IWST4981.jpeg
IWST4980.jpeg
IWST5014.jpeg
IWST5017.jpeg
IWST5021.jpeg
IWST5024_2017062118313886f.jpeg
IWST5026_2017062118314070a.jpeg
IWST5028_20170621183203b2b.jpeg
IWST5031.jpeg
IWST5036.jpeg
IWST5042.jpeg
IWST5071.jpeg
IWST5066.jpeg
IWST5063.jpeg
IWST5062.jpeg
IWST5058.jpeg
IWST5057.jpeg
IWST5054.jpeg
IWST5050.jpeg
IWST5049.jpeg
IWST5048.jpeg


夢中で撮りました。
こちらの庭に佇むと、何だか僕なんかちっぽけな存在でしかない。
我、一粒の砂なり……。

  一粒の砂を見て世界を見る
  一輪の野花を見て世界を見る
  君の手のひらで無限を握り
  一瞬のうちに永遠をつかめ……。

ウィリアム・ブレイクの詩集を思い出します。

壮大な景色に負けない写真……なかなか撮れませんが、
素晴らしい庭の胸を借りて頑張ってみました。

取り敢えず、ざっと選んだ写真が200枚……。
「写真、多い!」と苦情が聞こえて来そうです(苦笑)
ここで途方に暮れるんですが、意を決して泣く泣く160枚に減らし、
再度、全体の写真をチェックするとまたまた200枚に増え……(苦笑)
お2人がこの日、僕に一番見て貰いたかった光景をあれこれ想像し、
それを外して1枚目を決めてみました←天の邪鬼なもので、スミマセン(笑)

IWST4939.jpeg

最後にこの方……。
テラスからジィ〜っと庭を眺める姿が印象的でした。
その遠くを見詰める目は何を思うのでしょうか……。


2017年6月23日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2017 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト

category: グリーンフィンガーズ。

tb: 0   cm: 8

△top

コメント

 

待っていたように・・・・

天邪鬼のブノワさん お久しぶり。

まるで私が帰るのを待っていたような記事の更新。
でも、写真多すぎて 目がクラクラします。

こんなお庭に降り立ったら、呆然としちゃうだろうなぁ。
「不思議の国のアリス」みたいになっちゃうかも。
それとも「おやゆび姫」になって、お花のベッドで寝ようかな。
「赤毛のアン」みたいに叫ぶかしら?
「なんて素敵なの!夢のようだわ!でも・・でも本当なのね。
こんな素晴らしい花園なら、何にも食べなくたっていいわ。
花の匂いだけでず~~っと生きて行けそうよ!」
マシューがそばでニコニコしてアンを見守っているの。
そしてこう言うのよ。
「そんなに気にいったのかね。ここは、アンの庭じゃ。ずう~っと
秘密にしてお前さんのために、わしが作った庭じゃ。マリラが、バカじゃないかって怒っていたが、頑張った甲斐があったものじゃ。」ってね。

hibari #O5sb3PEA | URL | 2017/06/24 15:04 | edit

楽しみにしていました。沢山のUPをありがとうございます。

ブノワ。さん、こんにちわ。写真、少ないですっ。腱鞘炎になる覚悟が
できていますから、素敵な写真を是非。二度、訪れることができたこ
と本当に幸せなことと思います。思い出すと、夏合宿したり、カメラの
勉強したり、その時、御一緒した塚原さん御夫妻、皆様を想いだしま
す。

昨年は、美智子さんのお気に入りの薔薇の小道を案内して頂きま
した。ガーデンが美しい季節に、訪問しましたが、美しい庭には、
日々の塚原さん御夫妻の植物への優しい気持ちで溢れているという
ことを思いながら、お庭を散策しました。

山中湖の冬の厳しさ、物凄いことと思います。雪が降る前の庭作業、
雪が溶けてからの庭作業の苦しさを思うと・・・・・・。猫の額ほどの
小さな庭でも、休みの日に頑張っても終わりが見えてこなくて、時折
しんどくなります。そういう時に、ふと思い出すのが塚原さん御夫妻や
花の友達。こんなぐらいで、へたばっていられないと再び頑張る力を
頂いています。

どの写真も、静寂な美しさが伝わってきました。樹木に自然にからまり
咲いているクレマチス、美しいですね。美しい薔薇、伸び伸び咲く
ゲラニューム、クリンソウ、カルミアの花木、ポピーも美しいです。緑が
多いからこそ、赤いポピーも自然に見えますね。

実は、お庭に行こうと企んだのです。自信がないので諦めた次第です。母に
戻ってこられるのとまで言われてしまいました(汗)。もう少しルートを
確実にしないと大変なことになりそうでしょう?。また訪れることができたら・・・・・・と思います。

ブノワ。さんの写真を拝見して、優しい気持ちになりました。ありが
とうございます。

愛 #pdK/Zy5g | URL | 2017/06/24 15:25 | edit

うん、写真多い。

おはよぉ~!!
やっと落ち着いて写真見れたよぉ~。
写真多いってばぁ~!!

楽しかったねぇ~。
こうして、塚原邸に通えることを幸せに思って、
感謝しないとねぇ~。

また、違う季節に遊びに行こうねぇ~。

あけもブログにUPしたけど、
写真がどうにもならないから、
ここにリンク貼るよぉ~。

あけ

あけ #HnKya1mw | URL | 2017/06/25 10:15 | edit

お久しぶりです。

hibariさんへ。
おはようございます。
スッカリご無沙汰しています。お元気ですか?
メッセージどうもありがとうございます。
写真、多過ぎますか?(笑)1記事1枚にしようかな?
その方が楽チンだし。でも、全部、見せてって言う人もいるし(笑)
アリス?おやゆび姫?……ま、いいです(笑)
こちらの佇むと、色々なことを想像出来ますよね。
それこそ、その人が生きて来た人生を映し出す物語。
僕は何かなぁ……可憐な妖精になったみたいかな(笑)
なかなか簡単には遊びに行かれませんが、
この時期、毎年の楽しみになっています。
庭に行くこと、そして、お2人にお目に掛かること……。
矢張り、行きつくところは「人」なんだと思います。
暑くなって来ました、お身体、大事になさってください。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2017/06/26 06:23 | edit

楽しみにしていてくれました?

愛ちゃんへ。
おはようございます。
充実した週末になりましたか?元気にしている?
僕の方は相変わらずバタバタしています。貧乏ヒマなしね。
写真、少ないでしょう?(笑)でも、多いって怒る人多いから……。
これでも絞ったんですけどねぇ……あれこれやっているとまた増えちゃう。
塚原邸の合宿!面白かったよねぇ……つぐみちゃんとかね。
愛ちゃんが深夜に荷物をゴソゴソゴソゴソゴソ……アレは何?儀式?(苦笑)
どこでもやるみたいね。第一、荷物が多すぎるんじゃないの?(爆)
一つに纏めてみたらどう?数が多すぎるんだと思う。
ミッチーとフミフミ……結構、色々なところで偶然に出会うの。
凄いですよね、いい庭を見て回って研究している。
飽くことなき探究心?多分、もう来年のことを考えていると思うの。
僕なんか見せて戴くだけで何も出来ないんだけど、
こうして写真で恩返ししか出来ないかな……そう思うとねぇ……。
ついつい写真が多くなる。そして苦情が来る(苦笑)
真夏にもう一度遊びに行きたいなぁって思っています。
愛ちゃんの旅計画は順調?計画するのって楽しいんだよねぇ。
でも、普通にしていれば迷うことがないところも、
愛ちゃんの場合、必ず何かやらかすでしょう?(笑)
まぁ、それもまた旅の醍醐味、楽しみの一つと思えばね(爆)
晩秋にレイクガーデンに行きたいの。薔薇が殆ど終わった頃に……。
今年もまたどこかで会えるかな?楽しみにしています。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2017/06/26 06:39 | edit

多いかね?(笑)

あけへ。
うむ、おはよう。
メッセージご苦労であった。大義である(笑)
写真、多いかねぇ……これでも減らしたんだけど……。
その1、その2って言うのも何だし(笑)
しかし、本当に幸せだよね。一年の澱がスッカリ取れて、
清々しい気持ちになって後半戦に臨める気がする。
また違う季節に……そうだよねぇ、また遊びに行きたい!
ミッチーとフミフミにお願いしようね!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2017/06/26 06:43 | edit

今タワーのバラが綺麗です

ブノアさん
楽しい旅行に行かれたのですね。
私達もこの所やっと落ち着いて来て旅行計画を考え初めました。
今庭のバラがとても綺麗で二人で何度綺麗だねと言ったことでしょう。
今まで見たことのない初めての風景です。ローズマリービオーもフランシスイーレスターも盛大に繁って見せてくれたのです。ブノアさんが前に、気づいたらバラの写真が一枚も有りませんでした。と書かれた事が有りました。
そのとき以来、いつかバラの写真が撮って頂ける様にと思って来ました。
一輪を愛でている時期も有りましたが昨年は、今までで一番良く咲いたねと言って頂きました。
今年はバラの咲く時季よりちょっと早くお出で下さいましたがいよいよ来年はバラをメインに撮って頂く時かなと覚悟を決めようと思います。
沢山咲くようになってきた今は色の取り合わせや仕立て方が難しいです。
ブノアさんに見て頂く事を考えながら頑張ります❗
ブノアさんの写真を見ると私の思いは皆どこも漏れなく見て頂いたと判ります。
長い時間をかけて迷いながら精一杯作った者としてはしっかり見て頂けるのが何より嬉しいです。
そしてこの空間で一緒に過ごせる事が本当に幸せでした。このために又頑張って行くのが私達の生活になりました。
又見に来てくださいね。お会いできる日を樂しみにしています❗

塚原美智子 #JJJ94jOc | URL | 2017/07/10 12:54 | edit

また寄せてください。

塚原美智子さま。
こんばんは。その後、元気にしていらっしゃいますか?
メッセージどうもありがとうございます。
旅から帰り、またまたどこかへ行きたい病が再発です(苦笑)
お2人の旅行は決まりましたか?北海道とか?
さて、今年は諸々ありまして、チョッと早い訪問になりました。
本当、いつ見ても素晴らしい庭!ありがとうございました。
でも、白鳥の水面下の足のように、美しければ美しいほど、
日頃のお手入れは大変なんでしょうね……。
庭の薔薇はここ数年、アベレージも高くなり、物凄く好成績のようですね。
来年は是非、薔薇が一番美しい時期に遊びに行かせてください。
「気づいたらバラの写真が一枚も有りませんでした。」……。
そんなことも言いましたかねぇ……。
皆さん、薔薇が全てって言う感じの考え方が多い中、
薔薇がまだ咲かない季節にも圧倒的な美しさを誇るって言う意味です。
どの植物も等しく、手間をかけて慈しんでいらっしゃる……。
いつも頭が下がる思いです。
盛夏の頃……またお目に掛かれますように!
暑くなりました、呉々もお身体を大事になさってください。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2017/07/12 20:19 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://nioinoiihanataba.blog.fc2.com/tb.php/466-61adb4fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top