てんてんちゃんの庭。

4 0
IWST3841.jpeg
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

旅先でのアクシデントはつきものです。
僕の場合、交通機関のトラブルは皆無。天候にも恵まれる方なんですが、
今回の新潟旅行はチョッと荒れ模様……雨も降り、そして風が強かったです。
燕三条の駅からホテルまで歩く間、飛ばされるかと思ったものね。この体重で!(笑)
北海道も新潟も、いつも真っ黒に日焼けして帰宅するくらいなので、
大きく油断(笑)傘とウィンドブレーカーしか持って行きませんでした……。

初日は燕三条の駅近くにある「燕三条地場産センター」にて、
留守を預かってくれている美容師の親友に髪切り鋏と、
自分用に剪定鋏を買いました。さすがにホームセンターで買った剪定鋏は、
錆び付いて真っ茶っ茶の茶!しかも3本とも(爆)
こんな鋏で切っていたら薔薇の先生たちに叱られる!(笑)
1人で夕飯を食べた後は日頃の疲れもあってかバタンキュゥ……。

さて、翌日は、朝一で畑で素敵な薔薇園をされているてんてんちゃんのところへ……。
……の、ハズだったんですが、前日の暴風雨によって可成りのダメージとか。
折角、慈しんで育てて来たのにね。一番の季節になって心が折れますよね……。
矢張り、丹精こめた庭を一番いい状態で見て貰いたい……痛いほど気持ちは分かります。
僕みたいに変なところに美しさを見いだす人間は少ないですから。

そんなこんなで、朝一番の予定をキャンセルして、取り敢えず「Cave d'Occi」へ。
その後の様子を見てフレキシブルに対応することにしていました。
てんてんちゃん、一生懸命に復旧作業をしてくださったんだと思います。
途中で雨が降ったり、風も強かったけれど、とても素敵な滞在になりました。
撮って来た写真、ご覧下さいね。

IWST3834.jpeg
IWST3837.jpeg
IWST3838.jpeg
IWST3839.jpeg
IWST3842.jpeg
IWST3843.jpeg
IWST3849.jpeg
IWST3844.jpeg
IWST3850.jpeg
IWST3853.jpeg
IWST3870.jpeg
IWST3869.jpeg
IWST3868.jpeg
IWST3867.jpeg
IWST3863.jpeg
IWST3862.jpeg
IWST3860.jpeg
IWST3858.jpeg
IWST3871.jpeg
IWST3880.jpeg
IWST3883.jpeg
IWST3884.jpeg
IWST3889.jpeg
IWST3891.jpeg
IWST3896.jpeg
IWST3898.jpeg
IWST3899.jpeg
IWST3939.jpeg
IWST3932.jpeg
IWST3930.jpeg
IWST3929.jpeg
IWST3928.jpeg
IWST3925.jpeg
IWST3916.jpeg
IWST3912.jpeg
IWST3911.jpeg
IWST3904.jpeg
IWST3877.jpeg


今年の春は(東京は)非常に穏やかで、
大風も低気温も長雨もなく、植物にとって比較的いい年だったように思います。
4月の低温はブラインドが多くなりますしね。おぉぉぉぉ……今年は調子いいかも!
でも、肝心な時にやってくれる大自然(苦笑)

その昔、何かの番組で、写真家の浅井慎平さんが仰言いました。

 「お金を払っても雨は降らせることは出来ない。
      だったら、その雨を楽しまなければダメ。」

雨って植物にとって必要不可欠なのは分かっていますが、
何も一番楽しみにしていたこの時に……てんてんちゃんの気持ちがとてもよく分かります。
美しく咲き誇った薔薇の花弁が傷んだり、雨粒の重みで枝が折れたり……。
普通に考えれば残寝なことばかりに思えるのですが、
でも、その反面、素敵なものが見えて来たりもします。
雨粒を纏った花弁の美しさ、一際、濃くなる色彩、また、項垂れて、
いつもは見ることが出来ない角度から薔薇を見ることも出来ます。
薔薇のうなじって愛らしいですね!何枚も何枚も必死でシャッターを押しました。
きっと、管理しているてんてんちゃんと同じ感動を有することが一番なんでしょうけど、
もしかしたら、てんてんちゃんも見たことがない素晴らしい光景……。
そんなものがこの雨で見えて来たかもしれません。

最後の1枚は、今回の訪問で1番のお気に入り……。
雨、風がなければこの光景には出会えませんでした。なんて可愛らしい!
てんてんちゃん、また遊びに行かせてくださいね。
本当に素敵な滞在をありがとうございました!


2017年6月13日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2017 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
関連記事
ページトップ