本当に大事にしているの……。 

 

IWST3185_201706051425521a1.jpeg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 「ン?……綺麗な薔薇!」

仕事で自由ヶ丘を訪れた時、
あるブティックの店先に白い薔薇がテラコッタに植えられていました。
何の品種だろう……チョッと足が止まりましたが、
約束の時間も迫っていることだし、後ろ髪を引かれつつ打ち合せ場所へ……。

帰り際に思い出して、その薔薇のところに寄ってみると……。
な、な、な、なんと!僕の「Benoit Magimel」ではありませんか!
驚きの後に嬉しさがこみ上げて来ました。
しかも、木製の札に美しい手書きで品種名が書かれていました。

薔薇でデビューして以来、友情の証として、
または、お付き合いで仕方なく(笑)僕の薔薇を買った人もいるでしょう。
中には新苗4品種、全部、買ってくれて一言……。

 「管理はリビングの明るい窓辺でもいいの?」

そんな、薔薇に関してはまるで無知の悪友もいました(苦笑)
また、僕の薔薇ということはまったく与り知らずに、
ただ単に薔薇としての魅力を評価して買ってくださった人もいることでしょう。
自分が作り出した薔薇は僕の中の物語の完成品です。
それが世に広まり、育ててくださる方の人生にまた新しい物語を紡ぎだしていく……。
薔薇が他の植物と大きく違う点、
薔薇がここまで繁栄してきた理由なんだと思います。



IWST3159_201706051425157d7.jpeg
IWST3160_20170605142517fd9.jpeg
IWST3161_2017060514251832a.jpeg
IWST3162.jpeg
IWST3165.jpeg
IWST3166.jpeg
IWST3171_2017060514252400f.jpeg
IWST3179.jpeg
IWST3191_20170605142600015.jpeg
IWST3189.jpeg
IWST3188.jpeg
IWST3187.jpeg
IWST3186.jpeg
IWST3184.jpeg
IWST3183.jpeg
IWST3181.jpeg
IWST3204.jpeg
IWST3203.jpeg
IWST3202.jpeg
IWST3201.jpeg
IWST3200.jpeg
IWST3198.jpeg
IWST3197.jpeg
IWST3196.jpeg
IWST3195.jpeg
IWST3193.jpeg
IWST3180.jpeg
IWST3207.jpeg
IWST3208_2017060514264468e.jpeg
IWST3210.jpeg
IWST3211.jpeg
IWST3217.jpeg
IWST3228_20170605142717ab9.jpeg
IWST3239.jpeg
IWST3241.jpeg
IWST3242.jpeg
IWST3243.jpeg
IWST3264.jpeg
IWST3262.jpeg
IWST3259.jpeg
IWST3257.jpeg
IWST3254_201706051428211a1.jpeg
IWST3253.jpeg
IWST3252.jpeg
IWST3250.jpeg
IWST3249.jpeg
IWST3245.jpeg
IWST3266.jpeg
IWST3267.jpeg
IWST3268.jpeg
IWST3269.jpeg
IWST3270.jpeg
IWST3271.jpeg
IWST3274_201706051428565d1.jpeg
IWST3275.jpeg
IWST3279.jpeg
IWST3280_201706051429003fa.jpeg

さて、前置きが長くなりましたが、
先日、あけと「ルーシーグレイ」のお2人の4人であるお宅を訪ねました……。
その日は人間もへたる程の酷暑でしたが、広い敷地内にちょうど薔薇が咲き乱れ、
傾いた日差しと近くの川から吹く清々しい風の中、
素晴らしい庭を見せて戴くことが出来ました。
僕の薔薇が沢山、植えられています……。
どの薔薇も大きく立派に育てられ、手厚くされていることが分かります。

 「本当に大事にしているの……。」

ご自分より遥か大きくなった「Benoit Magimel」を、
抱き締めんばかりのジェスチャーで奥さまが仰言います。
作出者としてこれほど嬉しい言葉があるでしょうか。
既に僕の手を離れ、迎えられたお宅で新たな物語が始まっているのを目の当たりにし、
いい加減なことは出来ないと、改めて襟を正すのでした。
こちらもご家族で分担して庭仕事を楽しまれているそう……。
お母さまと娘さんの薔薇の趣味が微妙に違うのもいいのかもしれません(笑)
僕の薔薇、末長く可愛がってやってくださいね。

 「何だ、コイツが作ったのか……。」

ガッカリして抜かないでくださいね(笑)
また遊びに行かせてください、本当にありがとうございました!


2017年6月5日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2017 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト

category: グリーンフィンガーズ。

tb: 0   cm: 6

△top

コメント

 

自由が丘でひょんなことで遭遇した自分のバラ・・・
名前を確認したら、間違いない!
これってどんな気持ちがするものですか?
手放した子猫とバッタリ会った(いや大きくなったらわかんないね)
別れた女房が育ててる子供と出くわした(胸に名前付けてないか)
貴方の子供が出来た。と言われたが事情があって別れちまったが、
自分クリソツな男の子がいた!
これか?
うちの庭にもその子がいますよ(笑)
今年はとてもいい花が咲いた。真っ白で姿がいい。
匂いがすごくいいのよ~~
品があってね。
抱きしめると棘が危険(笑)



ムー #qiVfkayw | URL | 2017/06/06 22:04 | edit

ブノワ。さん
我が家の庭の写真、ありがとうございます。
「うちの庭じゃないみたい・・・、素敵」
と母がとても喜んでおります。
また近くにお越しの際は遊びに来てください。

追伸
大丈夫です。
抜いたりしませんよ。
大事にしてますから♪


*komame* #- | URL | 2017/06/07 23:45 | edit

美しいわぁ~。

こんばんにゃぁ~。
美しいねぇ~。
ここは、取材で伺ったお宅なので、
あけのブログでは多くは紹介することが出来なかったから、
ここで見れて嬉しい。

ホント、ブノ。ちゃんのバラは大事にされていたねぇ~。

また、遊びに行きたいね。

あけ

あけ #HnKya1mw | URL | 2017/06/08 22:39 | edit

それがですねぇ……。

ムーさんへ。
こんにちは。こちらにもありがとう!
それがですねぇ……変なクセがあってですねぇ(笑)
綺麗な薔薇を見ると「あら、僕の薔薇?」って思うクセがあるの。
似ている薔薇に関してですけどね。
でも、さすがに自分の薔薇は見れば分かるので、
間違うことはないですけど、こんなところでまさかって思うでしょう?
そのお店には「Benoit Magimel」の絵葉書持って行こうと思っています。
ムーさんが書いて来た3つの例は、どれも経験ないから分からない(笑)
「Benoit Magimel」……いい匂いでしょう?
清潔な匂いですよね、リネンっていうか石鹸っていうか……。
それ+フルーツの匂い。結構、気に入っているんです。
こちらのお宅では物凄く立派に育っていました。
何だか嬉しいやら恥ずかしいやら……感激ね!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2017/06/12 13:20 | edit

こちらこそありがとう!

*komame*さんへ。
こんにちは。わざわざメッセージをありがとうございます。
お母さま、喜んでくださいましたか?良かった!
写真は実際の庭の半分も良さが出ていませんからね、
今度はリベンジで遊びに行かせてください。
とても素敵な訪問になりました。
僕の薔薇を可愛がってくださって本当にありがとうございます!
末永く宜しくお願いいたしますね!
お母さまに宜しくお伝えください。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2017/06/12 13:25 | edit

気持ちワルっ!

あけへ。
おこんにちは。メッセージご苦労であった。
写真、気に入ってくれたかな?素敵な庭だったよねぇ……。
本当、僕の薔薇を大事にしてくださっていて感激!
なかなか他所さまの庭で自分の薔薇を見ることは少ないしね。
やっぱり僕に似て美しい薔薇だから愛されている?おほほ!
また遊びに行きたいねぇ……段取りせよ!(笑)

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2017/06/12 13:37 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://nioinoiihanataba.blog.fc2.com/tb.php/457-5dc84dd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top