蕪、かぶ、カブ。 

 

IWST0081.jpeg
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

鎌倉在住の素敵な方からいつも土産を戴きます。
ワインが一番多いのですが、この日は蕪!「鎌倉連売」の蕪!
蕪、かぶ、カブ……蕪かぁ……さてどうやって調理しましょう?

僕は料理が好きですが、好きって言ったって作るものは決まって来ちゃいますね。
と、言うことは、使う材料もそう変わる訳ではない。
年がら年中、同じものを買って同じようなものを作っている訳です。
蕪かぁ……さて、どうしましょう。蕪、ほとんど買わないものね。
蕪の料理のレパートリー……ゼロでございます(苦笑)
でも、インターネットで大流行りの例のサイトは見る気がないので、
チョッと考えてみたのが今日の2品。



1枚目の写真が蕪のソテー。
ニンニクじゃありませんからね(笑)蕪です、蕪。
作り方はいたって簡単です。良く洗った蕪は皮を剥かずに、
6等分の串切りに。葉も少し取っておきましょうね。彩り綺麗ですから。
なぜ皮を剥かないかって言うと、僕、蕪のあの軟らかい食感が苦手なのです。
火が通るとグシャッとするでしょう?あれが苦手。
角はチョッとだけ面取りしました。フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、
火が通り切る寸前にバターを入れ風味付け。塩、こしょうで味を整え、
隠し味でほんの少しだけ醤油を数滴フライパンの肌に……。
黒い小さな塊は何かって?これは熟成発酵させた黒ニンニクです。
全くニンニク臭さがなくなり、何だかプルーンか杏のような風合いになります。
その甘酸っぱさは上手に利用すると、いつもの1皿が全く違ったものになります。
お皿に盛りつけてパルメジャーノレジャーノをガリガリガリガリ……。
これね、驚くことに、まるでアスパラガスみたいな味になります。



IWST0062.jpeg

2枚目の1皿は、蕪の葉を味噌で炒めたご飯のおかず。
綺麗に洗った葉をごま油で炒めて一味唐辛子と味噌、醤油少々で味付け。
炊きたてのご飯に合うこと合うこと。葉も捨てずに全部使い切りたいです。

いつもお世話になっている方には大してお礼も出来ないけど、
こうして有効利用して写真に撮り、お見せすることはしたいです。


2017年5月20日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2017 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト

category: バベットの晩餐会。

tb: 0   cm: 4

△top

コメント

 

蕪は私もゼロに近いです。
半分に切ったのを燻製のベーコンと一緒に胡椒を入れたコンソメスープで煮るぐらい。
かぶら蒸し大好きだけど、面倒くさくてねー。

このレシピは戴き~~(笑)
黒ニンニクとやらを買ってくればいいのね。
蕪のイタリアン!
白ワインにあいそうねー。

ムー #qiVfkayw | URL | 2017/05/20 21:11 | edit

ですよねぇ。

ムーさんへ。
こんばんは。早速ありがとうございます。
ですよねぇ、蕪のレシピ、ゼロに近いですよね(笑)
方々で食べて美味しかった記憶はあるけれど、
自分で買って来てまで料理しようとは思わない。
蕪自体に絶妙な美味しさを感じることがないから?
でも、貰っちゃったから頑張りました。
ダメにしたら勿体ないもの。作った人にも申し訳ないし。
黒ニンニクは流行りだそうです。お高いですけど(苦笑)
ムーさんもやってみてくださいねっ!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2017/05/20 22:25 | edit

いつもいつも

ブノワさん おはようございます。
いつもいつも丁寧でお手紙をもらったような気持ちになる
お返事をありがとうございます。

今朝も早速ドクダミ畑に乗り込んでやっつけよう!!
と鼻息は荒かったのですが、伸びてしまった雪柳の枝や
花柄が汚くなったコデマリの枝を整理しているうちに、
めんどくさくなっってきて、「え~~い 邪魔だ!」と伸びた枝を
みんな切ってしまいました。
そのうちに、ドクダミと向き合う意欲はさっぱり無くなって
「ドクダミ茶、作りたい人我が家へどうぞ!取り放題無料!」
と看板でもたてようかと思いながら、引き上げました。

満開になった薔薇の花をカットしながら、来年までさよなら。
一季先の薔薇です。

ブノワマジメルがようやく開花。
なかなか育ってくれないの。
レミチャンは、ほぉっておいてもよく咲くのにね。
これから咲く薔薇が、あと数種類。
2番花の準備に入った薔薇も。
今年はいつもの年と何かが違うのです。
そうなの。何かが変。
変人が育てる薔薇は、やはり変なのでしょうか?


あ・そうそう我が家のお嬢様も蕪食べてくれません。
どことなくついて回る苦みが苦手のようです。
葉は、問題なく食べてくれるのですが。
まるでアオムシですね。

hibari #O5sb3PEA | URL | 2017/05/21 10:10 | edit

変人?……ですよねぇ(笑)

hibariさんへ。
こんばんは。お元気ですか?
僕の方はチョッとばかりアゴを出しています(苦笑)
例年だと一番ゆっくりなハズの5月が超忙しい……。
3月から4月の疲れをそこで取るのですが、
このままだとどうなってしまうのやら……チョッと心配。
さて、こちらこそいつもいつもありがとうございます。
お返事は当たり前です。僕の方が楽しませて貰っていますから。
お返事はパソコンの前にゆっくり座った時と決めていますから、
なかなか素早く返事が書けないでゴメンなさい。
ドクダミねぇ……一面に生えていると綺麗じゃないですか。
今日も素敵な光景を見ましたし……僕は好きですよ。
ま、自分の家で難儀していないから言えますね(笑)
「Benoit Magimel」はもう少しお待ちください。
時間かかると思いますよ。「Remi Chang」はその点早いですね。
僕の薔薇を可愛がってくださってありがとうございます。
変人が作った薔薇を変人が育てるのです(笑)
何かが変になって当然ですよ!(爆)気になさらない方がいいです。
蕪ですけどね……今日は貰い物のピクルスを食べました。
まぁまぁでしたが、自分で買おうとは思わないかな?
下さった方に失礼ですね(笑)もう少しレパートリー増やしましょう。
段々、暑くなって来ました。hibariさんもお元気で!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2017/05/28 19:43 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://nioinoiihanataba.blog.fc2.com/tb.php/445-c9faf79a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top