2人のアーチスト。 

 

BBTT9430.jpeg
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

僕は頭のいい人が好きです。
それは、勉強が出来ると言う意味ではなくて(勿論、出来た方がいいけれど……。)
詰まりは、常識があって、全てにおいてバランスのいい人……。
ある一点において才能が秀でている人って、
バランスが悪いことが多いですよね……常識がないっていうか。


Kさんは僕が大好きな人です。
頭いいです。でも知識をひけらかしたりしないし、
その知識も多岐にわたっていて、穏やかで上品で……。
Kさんとは、個人で庭の仕事をしているSさんのパーティで知り合いました。
SさんがKさんの瀟洒なお宅の庭仕事をしている縁で、
Sさんの仕事場で開かれたバーベキューで同席したんです。
その晩、帰りに酔った勢いで約束もなしに数名でお宅訪問(笑)
家のデザインにも驚いたけれど、収蔵された夥しい数の本、本、本……。
夜遅くに突如やって来た珍客たちに、イヤな顔一つしないで歓待してくれた、
穏やかな奥さまと、礼儀正しい娘さん2人……理想の家族。
惚れちゃいました(笑)Kさんも僕のこと好きだと思うな……。

急ではありません、徐々に、徐々に仲良くなりました。
僕が旅先で必ず絵葉書を出す人が5人います。
Kさんはその中の1人、必ず絵葉書で、忙しい時はメールで返事をくれます。
僕のもっとも信頼できる友人の中の一人です。


そんなKさんが僕のために宴席を設けてくれました。
3月は誕生日もあるし、僕の薔薇「Remi Chang」が越後丘陵公園で銀賞を受賞したし……。
そんなこんな、理由を付けて親しい友人、男5人のハズが、
庭師のSさんが今、超ラブラブで一時たりとも彼女と離れられないと言うことで、
紅一点Yちゃんを交えて6人、Kさんが予約してくれた、
赤坂の名店「Comme a la Maison」に集まりました……。

生憎の雨模様……。
店に着くと、KさんとMさんが既に来ていました。
驚いたのは、店のスタッフの笑顔と感じの良さ……。
気持ちのいい暖かな声で迎えられる心地よさ。
これはもう外れないですね。フランス南西部の料理とワインにこだわった名店、
僕が大好きな「カオール」のワインの品揃えと来た日には!
料理に舌鼓を打ち、会話に花が咲き、素晴らしい時間を過ごしたのですが……。

BBTT9395.jpeg
BBTT9396.jpeg
BBTT9398.jpeg
BBTT9402.jpeg
BBTT9405.jpeg
BBTT9407.jpeg
BBTT9411.jpeg
BBTT9413.jpeg

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

BBTT9427.jpeg
BBTT9428.jpeg
BBTT9434_2017041113584285a.jpeg

途中から僕の興味を引いたのは、店の看板やガラスに書かれた手書きの文字……。
何だか途中から気もそぞろになるくらいに素敵なんです。
店のスタッフに質問してみると、何でもオープン当初に訪れた来たお客さまが書いてくれたそう。
お名前を聞いて検索しましたが、結局、どなたか分からず仕舞いでしたが、
スタッフの「アーチストの方が……。」の言葉が印象的でした。
オーナー・シェフに寄ると、カフェみたいな感じだった店がガラリと変わったそう。
店のロゴマークも素敵ですが、ガラスに書かれたワインの銘柄や、
扉の把手の上に書かれた「Tirer」(引く)の文字。
この扉を開ければそこはフランスの南西部……。
さらには、店の電話番号をフランスの様式に則って、
2桁ずつ離して書く洒落っ気とセンス……個性的でセンスのいい、
ハンド・ライティングの文字……どんな方なんでしょう。
これは何とも思わない人にはどうって言うことないのでしょうけど、
僕にとっては、こんな洒落っ気タップリのことをする人にさらに興味津々。
シェフの素晴らしい料理とスタッフの肌理細やかなサービス、
2人のアーチストによる素敵な空間がそこにありました。

BBTT9418.jpeg
BBTT9399.jpeg

いやぁ……しかし飲んだ、飲んだ(笑)
僕のおバカな旧友が「クィーンコングの乳首」と表したカヌレは焼きたてだよ!
グラスに映ったお皿の数だけ僕らの笑顔と満足と幸せが……。
名物のスープを頼むのを忘れた!まだ美味しそうなメニューが沢山あります。
また友人を誘って遊びに行くとしましょう!


2017年4月12日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2017 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト

category: バベットの晩餐会。

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://nioinoiihanataba.blog.fc2.com/tb.php/430-7f9a60ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top