猫の気配……。 

 

BBTT9080.jpeg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

今日の写真は、母が死んで5日目にウチにやってきた きんの近影です。
先日、お星さまになった朝子の薬を病院に貰いに行った時に引き取りました。
病院と隣の和菓子屋の間に段ボール箱に僅かばかりのカリカリと一緒に入れられて、
捨てられていたのを病院の先生が保護した猫です。
医院長は(女医さん)人がいいので、誰か迎えに来ると思っていたらしいですが、
スタッフの女医さんが、

 「先生!ご飯と一緒に箱に入っていたんです!
  この子は捨てられたんですよ!」

って(笑)当時は未だ1才になるかならないかの子猫で、
丁度、初めての盛りが来ていたのか、非常に人懐っこく、
僕の足元にゴォ~ん、ゴォ~ん、頭突きをしてきました(笑)
即決で家に連れ帰り、以降、12年間、常に一緒に暮らしています。
きんと一緒の時間は、すなわち、母がいなくなってからの時間でもあります。

きんは非常にお喋りな子で、常に何か言いながら家の中をウロウロしています。
僕が話し掛けると必ず返事をするのもきん(笑)
(因みに自分の名前が分かるのは、きんとお園と秀千代だけ。)
きんの鳴き声には全部、濁点が付いています(笑)
きんは病気知らずの健康優良児で(避妊手術で1回だけ病院にかかっただけ。)、
目クソ、鼻クソ、耳クソの3クソも出ず(笑)
たった1つだけ、気に入らないことがあるとトイレ以外で粗相をします。
僕は、きんが捨てられた理由は、この粗相だと思っているのですが……。


さて、猫が家の中にいるって素敵です。
たった4キロくらいの小さな動物が、喜怒哀楽、自分の感情を持ち、
考えや意志を持って家の中をウロウロウロウロ……。
深遠な思想や、気高い志なんて言うものはないけれど、
感情の赴くまま家の中を闊歩する気配を感じるのはいいものです。
静かな夜に猫の泣き声や足音が聞こえるって、何か心がホッとするものがあります。

僕を見つめる目……時に様々な感情が見られるのですが、
その眼差しの基本にあるのは僕への愛情と信頼です。


今、漠然とですが、もう1匹、子猫を引き取ってみようかと思っています。
まだ自分一人で勝手に考えているだけで、具体的ではないんですけどね……。


2017年3月12日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2017 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
スポンサーサイト

category: 猫が行方不明。

tb: 0   cm: 6

△top

コメント

 

温かい存在

ブノワさん おはよう ございます。
猫まみれのご生活、羨ましゅうございます。
トープがいなくなって2年。
なんと寂しい暮らしでしょう。
毛が落ちていることもなくなりました。

ただ車の荷物置き場には、トープの毛とよだれの跡が
あっちこっち残っていて、時折そっと撫でてやります。
家の中、そこかしこにも彼の遺していった跡がありますが
もうそのまんま。
夫が気づいたら「綺麗に拭いておけ~!」
とわめくに違いないところの黒ずんだ汚れもそのまんま。

動物のいない部屋はいくらきれいでもどこか砂漠のようです。
いまは、ツインズが盛大に散らかしていますが
この時代も終わってしまえば・・・もう何といえばいいのでしょう?

きんさんは、どの写真を見ても魅力的なニャン美人です。

hibari #O5sb3PEA | URL | 2017/03/12 06:59 | edit

存在そのものが

hibariさんのコメントを読んでせつなくなりました。
二年過ぎても「あの子はもういないんだ」なんですねー。

というのもうちの15歳の猫、
慢性腎不全が進行して日に二回皮下点滴を私がしています。
口内炎もあってステロイドの注射を週に一回。
夜中に起こされますが起こされているうちは彼が居るということです。

猫の穏やかで静かな存在感は独特ですよね。
するかしないかの足音、そっと寄りかかってくる重さ、
足元で見上げて来る目、どこまでも柔らかい猫毛、
日向のような清潔な匂い。
犬のように目つきで不満を訴えてこないいじらしさ。
猫の良さを言えと言われたらいくらでも言えます私。

ブノワ。さん子猫をお迎えする?
いいのかもしれないねー。
病院で話をした人が言ってました。
「一度に子猫を3匹引き取ったから寿命が尽きるのも殆ど一緒で悲しい」って。
代わりになる子なんていないけど、
すこーしまぎれるものね寂しさ。











ムー #qiVfkayw | URL | 2017/03/12 18:56 | edit

チョットぼやき言わせてね。

きんちゃんと目が合った瞬間に「家においで」とお誘いしただろうブノワ。さん、こんばんわ。
小首をかしげたきんちゃんの愛らしいこと♪

家の中に毛糸玉みたいな温もりや気配を感じているのは幸せです。
でも、それを感じなくなった時はただただ淋しいものです。
hibariさんのトープちゃんの小さな跡をそのままにしている気持ち切なくなります。
ムーさんの猫ちゃんは15歳ですか。
点滴などお世話も大変ですが、大切にされてるのがわかるコメントが嬉しい。


我が家も現在は2匹しかいない猫も今夜は1匹だけです。
前にいた子が交通事故でいなくなって1年目に
庭で行き倒れ状態で保護した一見アメショー。実は雑種(迷子だと思ったけど違ってた)
こりゃ数か月の付き合いでサヨナラになりそうだな。と思っていたけど
予想は外れて11年も一緒に暮らしてる。
3年前に首に出来たイボを手術で取ったら、悪性腫瘍だった。
内臓とかに転移も考えられるので定期的に検査をしていたのだけど、最近は心臓も悪くなってきた。
耳の下に小さなカサブタがあるを発見して、嫌な予感・・・・・
先週の検査の時に、先生は「う~~ん。」って感じだったけど
ほぼ強引に「取ってください!」と手術してもらって病理の検査に出したら、嫌な予感が的中。
そうなったらもっと深く広く切り取らないとならないし、顔が引きつれる可能性もあったけど再手術
(それでも安全とはいえないけどね。)
夕方顔を見に行ったら、割とケロっとした顏してた。
一晩の入院で帰ってくるんだけど、それでもいないのが淋しい~~。
(とりあえずもう1匹はいるんだけど、それでも淋しい)
自分よりも長生きされちゃ困るし、心の準備もしてるつもりではいるけど
本当にいなくなったら立ち直れないだろうなぁ。

ブノワ。さん家、子猫が来るの?どんな子が来るのかな~♪
その子猫ちゃんに、どんな誘惑の言葉をささやいて連れてくるのかな~(笑)
他の子と仲良くできるようにの準備もちゃんと整えないとダメだよ。

かな。 #AaIT8m4I | URL | 2017/03/13 21:26 | edit

痕跡……。

hibariさんへ。
おはようございます。いつもメッセージありがとう。
スッカリ返事が遅くなっています……。
年度末もいよいよ佳境です(苦笑)終わるかしら?心配。
さて、我が家も死んだ朝子が最後に入っていたゲージ、
そのままになっています。トイレとかそのまま(笑)
小さいウンチが入っている……捨てられないの。
何れはと思うんですが、何もなくなっちゃうみたいでね……。
ですから、hibariさんのお気持ち、よく分かります。
本当に不思議です。小さな身体なのにキチンと感情がある。
家族の一員と言うよりも、何よりも誰よりも最優先な子たち……。
2年なんてまだまだなんですね……。
でもいいじゃないですか、忘れることなんてないんだから。
いつまでも思い出してあげることが一番ですよね。
大事な命が亡くなった時に対する反応はそれぞれですけど、
そんなに次から次へとは行けません。
hibariさんも元気出さなきゃね!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2017/03/24 05:59 | edit

15才かぁ……。

ムーさんへ。
おはようございます。いつもメッセージ恐縮です。
ゆっくりパソコンの前に座ることなく何日も経ってしまいました。
余裕、全くありません(苦笑)無事に年度末が終わりますように。
さて、ムーさんのところは15才なんですね……。
色々と大変みたいですね……待ったなしですもんね。
病院も結構、頻繁に行かなきゃならないでしょう?
大変ですよねぇ……我が家はパンパンの鞠のように健康ですから……。
きんのように避妊の時以来病因知らずの子もいます。
もっとも、貰って来る前に手術して貰ったから一回も病院に行っていない(笑)
でも、我が家の子たちも結構なお年頃になって来ました。
何れはと思うのですよ。この子がいなくなったら……とか考えます。
ムーさん、猫のいい点、幾らでも言えるのね(笑)僕は負けるかも(爆)
猫って人間の大きさに対して丁度いいと思うんです。
何かの時にギリギリ手術とかで対応出来る大きさだし。
犬も興味あるんですけどね、ま、無理ですね。
猫いるし、それこそ犬中心の生活になっちゃう。
ムーさん「アーチスト」ご覧になりました?
僕、飼うならあの犬がいいの。種類何だっけ?
仔猫ですけどね、また生まれたらしいです(苦笑)
生まれたんだけど、何匹か分からないんだって(爆)
そんな小さな子は無理なんだけど、どうしようかなぁ……。
迎えるなら可哀想だから2匹一緒にと言われています(笑)
そこで歯止めがかかるか?今はチョッと考える余裕ないです。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2017/03/24 06:08 | edit

幾らでも聞きますよ!

かな。さまへ。
おはようございます。お元気ですか?
メッセージを戴いたままになっていました。
本当にゴメンなさいね。バタバタで記憶喪失、疲労困憊で死亡寸前でございます(涙)
そう、気配ね……何かいる感じね(笑)僕って帰宅時間が決まっていないんですよ。
昼にそぉ〜っと帰って来てみると、家の中のどこにも猫がいないの。
狭い家の中に5匹ですからね、全員、お気に入りの場所で寝ている。
下で音を立てると眠い目をしてきんが階段を下りて来る(笑)
その辺は律儀だと思います(爆)でも、それも年のせいかサボるようになって来た。
かな。さまのお宅、どうですか?退院されましたね?
術後の様子はどんな感じなのでしょう……本当に心配が絶えない。
ホラ、猫好きって猫をグリグリ触るじゃないですか(笑)
嫌がる猫もいるけれど、それって大事だと思うんですよ。
痛い、痒い、言わない猫ですから、触って僕らが確認しないとね。
痛いところを触れば嫌がるし、イボとかも分かる。
自分よりも長生きって言うところなんですけどね、
ホラ、僕たちって人生半分位は来ちゃっているから考えますよね。
僕もお迎えするならラストチャンスだって思うの。
オウムで物凄く長生きの種類がいるでしょう?
猫も20年は当たり前のように生きるようになったからなぁ……。
可愛い子猫ならまだしも、老猫で病気がちな子を、
友人たちに託してあの世に行くのも憚られる……。
ねぇ、かな。さま「風と共に去りぬ」ご覧になっているでしょう?
メラニーを演じたオリヴィア・デ・ハビランドいるでしょう?
今年で101才なの!妹のジョーン・フォンテーンが、
チョッと前に96才で亡くなっています。
このお2人、幼少時代から物凄く仲が悪かったみたいで、
同時にノミネートされたアカデミー賞で妹のフォンテーンが受賞して以来、
さらに大変なことになったらしいです。口の悪い連中は、
「あんなヤツより先に死んでなるものか!」と2人は競って長寿だったと……。
コワいですねぇ、コワいですねぇ……姉妹の確執(笑)
かな。さま、猫と不仲はいけないけれど、猫に負けないよう、
もう一回仔猫を迎えられるように僕たちも健康管理しないとダメですね。
犬が飼い主に健康をもたらす言われていますけど、
猫もそうですよね。あちこち痛いなんて言ったられないです。
老け込んでなんかいられません!(笑)
猫ちゃん、大事にしてくださいね。
仔猫を迎える話しはチョッと考え中です。
また何匹か生まれたらしくて(苦笑)2匹一緒にと言われています。
2匹迎えると合計7匹、外に1匹……大丈夫か?とも思います(笑)
何れにせよ、3月の年度末が終わってからゆっくり考えます。
季節の変わり目です、かな。さまも身体は大事にね!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2017/03/24 06:30 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://nioinoiihanataba.blog.fc2.com/tb.php/416-b62e918c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top