君はデヴィッド・ボウイを見たか? 

 

BBTT8600.jpeg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

R子とはかれこれ30年以上の付き合いになります……。
竹馬の友……幼なじみではないけれど、そんな感じかな。
お互いの美点も欠点も(僕には欠点は殆どないのだけれど……。)
人生のいい時も悪い時も知り尽くした間柄……なかなかこう言うヤツはいません。
R子の今の恋人も僕が紹介してやったの……感謝しろよ!(笑)
知り合ったキッカケは、とっくに音信不通になってしまった昔の友人、Yに紹介されました。
真面目に音信不通……親友にチョッとFacebookとかで検索して貰ったけれど、
全くヒットしません……やってない訳ないのね、そう言うヤツだから。
もしものことがあった?そんな気がかりもあるのですが……。

さて、紹介して貰ったのはいいけれど、ホラ、例の僕の友達の法則によって(笑)
Yはさっさと消え、R子だけが残ったって言う訳。
連続して45日会ったこともあったんですよ(笑)何喋っていたんだか。
R子と仲良くなったキッカケは、共通の話題があったから。
R子はイギリスに留学していただけあって、猛烈なイギリス気触れ(笑)
最近は忙しくてなかなかイギリスに行かれないみたいですが、
その筋金入り振りは見ていて気持ちがいいくらいに天晴。
イギリス気触れだけあって、聴いている音楽はブリティッシュ・ロック、ポップなのね。
R子はカラオケに行くといきなり「クィーン」の「ボヘミアン・ラプソディ」を歌います(笑)
次が「キラー・クィーン」(爆)ま、聞いていられないくらいに音痴、
イギリス気触れで英語はペラペラのクセにカタカナ英語なんですけどね(笑)
自分には絶対音感があるって豪語するクセに歌うのは別なのか?

そんなこんな、ブリティッシュ・ロック、ポップが大好きなR子と、
日本の歌謡界は山口百恵、洋楽はオリヴィア・ニュートン=ジョンにはじまり、
その後はいきなり「ザ・ポリス」からスティングに、
鼻の穴までドップリとハマった僕が意気投合した訳です。
僕の生涯の一曲は「ザ・ポリス」の「Message in a bottle」。
これは映画のベストが時代や気分とともに微妙に入れ替わるのと対照的に、
他を圧倒しての第一位なんです。歌詞が凄いです、まさに目からウロコ……人生変わったもの。
因に「ザ・ポリス」は唯一、日本で何の宣伝もしないのに勝手に売れたバンドらしいです。
R子とは連日の電話が1時間から2時間(携帯電話がないまだ家電の時代。)
共にブリティッシュ・ロック、ポップに血道を上げ、
僕は悪食ぶりを発揮して、アメリカのロックやポップスも聴きまくりましたが、
ブリティッシュ・ロック、ポップ一辺倒のR子。
そのR子に誘われました……。

 「ねぇ、デヴィッド・ボウイ大回顧展に行かない?」

来たな、お誘い!待ってたホイっ!(笑)
2人の親友Tを誘って3人で行って参りました、
「DAVID BOWIE is | デヴィッド・ボウイ大回顧展」。
ヴィクトリア&アルバート美術館で開催されたニュースを聞いてから、
チョッと気になってはいたんですけどね……何しろ僕自身がデヴィッド・ボウイ世代じゃないし、
それほど興味のあるアーチストでもなかったんですけど、なかなか充実の内容の濃い展覧会でした。
時間指定の入場券……当たり前ですよね。
若冲でしたっけ?炎天下に一体、何時間並ばせるの?(苦笑)
映像が古くて鮮明でないのは致し方ないとして、
夥しいくらいの紙類…(笑)歌詞のメモ、楽譜から手紙、
「Diamond Dogs」や「Ashes to Ashes」のアートワーク、
三島由紀夫を描いたボウイ自身の油絵など。
ボウイが口紅を拭ったティッシュ・ペーパーや、
コカインを吸った耳かきみたいな小さなスプーンはご愛嬌。
圧巻は非常にいい状態で残されていた衣装の数々です。
ボウイは筋金入りのコレクターですね。
僕の中のボウイは洋楽を聴いていたころの「Let's Dance」や「Blue Jean」なんです。
優れたミュージシャンの悲しいジンクスか、映像ではそれほどいい作品はなかったけれど、
「戦場のメリークリスマス」はその中の最高峰。
ビートたけしと坂本龍一のインタビューもあります。

生まれた時代や出会うアーチストによって人生も変わるかもしれないです。
僕はジャンルを問わず、何でも聴きましたが、何故か「ザ・ビートルズ」や、
「ザ・ローリングストーンズ」には全く興味がありませんでした。
勿論、素晴らしい才能だとは思いますが、何でしょうね……。
一度も自分でレコードを買ったことがないです。従ってジョン・レノンも興味なし。
ブリティッシュ・ロック、ポップを聴きつつ、次は「イーグルス」に飛びましたから。
「イーグルス」は好きだけど「ドゥービー・ブラザース」じゃない。
J・D・サウザーやルパート・ホームズ、ボビー・コールドウェルなの。
余談ですが、僕の歌姫はバーブラとスティーヴィー・ニックス。
スティーヴィー・ニックスの「Stand Back」は生涯のベスト3に入ります。
会場にはボウイに影響を受けたとおぼしき人が沢山来ていました。
皆さん、ファッショナブルで個性的……1人のアーチストが与える影響って大きいです。
圧倒的な数のコレクションで展開する、1人の類い稀なアーチストの軌跡……。
まだまだ会期はあります。皆さんも是非!


2017年2月24日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2017 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
スポンサーサイト

category: 展覧会の絵。

tb: 0   cm: 8

△top

コメント

 

荒れてたあの頃~~~(笑)

うーーーーん(笑)
デヴィット・ボウイねーー(笑)
化粧した綺麗な男ね。
「ザ・ポリス」「スティーヴィー・ニックス」ねーー(笑)
知らないのだーーー。
ロック系で唯一聴きまくったのはジャニス・ジョプリン。
知らないかなー?
アメリカ人だもんね。古いしさ。
Summertime とか、
https://www.youtube.com/watch?v=Qev-i9-VKlY
何故かこれを聞きながら泣いてた若い頃~~(笑)
メルセデスがどーのこーのってこれで何で?と思うけど,
ジャニスの歌はその頃荒れてた私の胸にグッと来たのね。

それにしてもその回顧展はすごい!
メモからテッシュまで?良く残ってたものね。
衣装はそれはすごいだろな。
ボウイって大きい人?
よく回顧展の洋服見るとえーーちっさい!ってことあるよね。

いやはや今日はこれだけひねり出すのが精一杯ですーー(笑)


ムー #Mnas4gso | URL | 2017/02/24 21:46 | edit

戦場のメリークリスマス

「戦場のメリークリスマス」で初めてD・ボウイに会いましたよ。
誇り高い軍人でした。捕虜の身でありながら、規範に順応しない
役柄を見て、ミュージシャンとしての
彼のパフォーマンスと重なる部分もみました。
美しい男でしたよ。

この映画でもうひとり、ビートたけしなる方も初めて知ったのでした。

わが次男も熱烈な彼の信奉者でしたね。
奴も相当な偏屈者ですが。

hibari #O5sb3PEA | URL | 2017/02/25 08:29 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2017/02/25 18:40 | edit

見ましたとも★

ブノワ。さんこんばんは。ただいま絶賛お仕事中だけど、しばし休憩します。
遂に、待ってましたのDB展ですよ。
なんとかチケットをゲットした英在住の友人から、
なにしろ凄いんだから!と、興奮したメールをもらったのが4年前。
絶対行かねば、と長年首を長くして待っていた展覧会です。

は~。その膨大な展示の物量はともかく、
圧倒されるのは、ボウイという人のコレクター気質。
売れるずーっと前からのメモや憧れのミュージシャンのブロマイド、
子供の頃持っていたキーホルダー、ベルリン時代に住んでいた家の鍵(笑)を
大事に取ってある、あのマニアックなところ。
そういうところに、ものすごく惹かれます。
将来、売れたあとに回顧展が開かれると想定していたんじゃない?と思える品揃え?に、思わず口元が緩みます。
昨秋、サザビーズのオークションで彼の収集品が売買されていたけど、
出品された中には、昔使っていたオリベッティ社の赤いタイプライターもありました。
そんなもの、普通取っておく?偉大なロックスターが(笑)
あれ、欲しかったなぁ。
ミニ琴も展示してありましたが、あれ、日本人のファンの人が、
来日したボウイにプレゼントしたオモチャの琴だと
つい最近のWOWWOWのドキュメンタリーで知りました。
それで、Moss Garden という美しいインストゥルメンタル曲が出来たなんて奇跡だわ。

「才能とセンスと知性と美声と美貌のすべてを持っている、
世界でただ1人の完璧なロック・スター」とロッキンオン編集長が言ってました。
彼の音楽や人となりは好き嫌いがあると思うけど、
(これは多くの人が言っていることだけど) 私にとっては
「みんな同じじゃなくていい。人と違っていてもいいんだ」
ということを教えてくれた人です。
これを正面から言ってくれる、示してくれる大人は、当時いなかったなぁ。
息子で映画監督のダンカンさんがいいこと言ってるから貼らせてもらいます。↓
 http://www.sonymusic.co.jp/artist/DavidBowie/info/478899

彼が読んだ本や観た映画、好きな絵画は漏れなくフォローしていた10代の頃。
映画「愛の嵐」のシャーロットランプリング、三島由紀夫、クリムト、エゴン・シーレ、
ウォーホルなどなど。彼のお陰で知りました。ボウイ大先生です。
あと2回は見に行こうかな。

ところでスティーヴィーニックスといえば、ダミ声女王ですね(笑)
ちなみに、「スティーヴィーニックス ダミ声」と検索したら、
いろいろでてきました。
顔と声のアンバランスさ、最高ですね。
それとポリスねー。わたし行きましたよ、確か中野サンプラザ。
(アルバム「ゼニヤッタ・モンダッタ」も持ってるよ。)
ロクサーヌもいいけど、やっぱりMessage in a bottleね。
ポリスは3ピースバンドで、あんなにシンプルなバンド構成であの楽曲の良さ。
スティングは詩人ですね。元高校教師という職歴も◎(笑)

話は尽きないけど仕事戻るわー。それではまたね。








recoyon #- | URL | 2017/02/25 20:03 | edit

荒れていたんですか(笑)

ムーさんへ。
おはようございます。気持ちのいい日曜日の朝ですね。
メッセージどうもありがとうございます。
返事が遅くなってゴメンなさい。ご想像通りに年度末のバタバタです。
さて、ムーさん、荒れていたんだ(笑)どんな風に?不良少女?(笑)
僕は荒れたことがないのでどんな感じになるのか想像出来ないや。
ジャニス・ジョップリンは勿論、知っていますよ。知識としてね。
レコードを買ったことはありません。その辺はビートルズと一緒。
その辺りの気持ちの有り様は僕自身も分からないの。
いいと思うんだけど、どこかもう一つ心の琴線に触れなかったのかな?
ジャニス・ジョップリンがモデルと言われた、
ベット・ミドラーの「ローズ」……ムーさん、ご覧になりました?
これは良かったですよ。オリジナルの歌もいいしね。
ジャニス・ジョップリンを知る人は口を揃えて「違う!」って言うんですが……。
ボウイの回顧展は物凄かったです。彼は収集の人ね(笑)
どこかのファンが大事に持っていたティッシュとかなら分かるんですが、
自身が後生大事にしていたところが面白いです。
展示品はごくごくコレクションの一部でしょう?凄いや。
物を収集する気持ち……どこか僕に通じる物があって共感しちゃった。
僕も大回顧展したら凄いですよ(笑)
但し、ボウイみたいに偉大じゃないことが残念(爆)
衣装ですけど、大きいって言うイメージじゃなくて、
華奢って言う感じかな?細いですもんね。
もう一回観に行くかチョッと思案中です……。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2017/03/12 07:27 | edit

うん、いい男でした。

hibariさんへ。
おはようございます、こちらにもメッセージありがとう。
「戦場のメリークリスマス」はエポックメイキングな作品でしたね。
テーマがテーマなのにポップで娯楽作品で……。
歌手としてのデヴィッド・ボウイは好きではなかったけれど、
素の部分が出ている軍人役は好感が持てました。
ビートたけしって僕にはどうしても好きになれない存在なんですが、
(漫才の時は好きでしたけど……。)
彼の作った映画は1本も観ていません。
異種の才能が一つに纏まったいい作品でした。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2017/03/12 07:32 | edit

竹輪さんへ(笑)

竹輪さんへ。
こんばんは。メッセージどうもありがとうございます。
僕ですか?そうですよ、マメマメしいです(笑)
シッカリと観ていました。だって凄く面白いし共感出来るんだもの。
僕、おそらくボウイと同じなんですよ、物を収集する観点が(爆)
二束三文のおもちゃとかあったじゃないですか。
でも、ボウイが持っていることで価値が上がるのね。
あれ、コカインのスプーンってヤバい時の証拠にならないのかしらン?
これでワタシは捕まりました……変なことを考えながら見ていました(笑)
しかし竹輪さんは熱いですねぇ……今までに何回観に行きました?
僕も時間が許せばもう一回くらいは観に行ってもいいかな……って。
竹輪さん、影響大だったんですね。変に近しい人よりも影響受けることあるものね。
僕たちってさ、いい意味で本当にいい時代に生きていますよね。
アナログからデジタルへの移行期だもの。結構、面白いこと知ってる。
最近のお得意さんの子たちなんて平成生まれがゴロゴロで、
自分の子供みたいな年頃の子たちと仕事しているんだけど、
レコードなんて当たり前で、フィルム・カメラ知らないんだよ(苦笑)
凄いよね、映画だってフィルムじゃなくってデジタル上映。
実体のない物に依存して生きている訳。だから、紙だのなんやかんや、
手に出来る形ある物と共に生きて来た僕たちは物が集まるの(笑)
夥しい数のワタクシめの物的証拠?(爆)僕の分と合わせて大回顧展やろうか?(笑)
絵画だけでもそんじょそこらの美術館よりもいい物持っているからね。
誰も作ってくれないから自分で記念館でも作るかな?
だけど、白くなっちゃったファックス用紙って結構コワいかも(爆)
文化的なことにお金……これからもそうありたいよね。
虎は死して皮を残し、ブノ。ちゃんは死して……何だろう?
これから頑張ってノーベル賞でも獲るかね?(笑)
カラオケ行きましょ!中森明菜歌ってみたいかも(大爆笑)

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2017/03/12 20:45 | edit

見たんだ!(笑)

recoyonへ。
こんばんは。メッセージどうもありがとうね。
ご存知の通り年度末……超バタバタで死亡寸前でございます(涙)
僕の場合は仕事の波がハッキリと読めるからいいようなものの、
recoyonの場合は働き過ぎ!超ブラック企業じゃない。
早く辞めなさい、趣味に生きましょう(笑)
さて、recoyonも観て来たんだ……好きだっけ?ボウイ。
へぇ……クィーン一筋だと思っていた。
ボウイのコレクター気質だけどさ、男って基本はコレクターなのよ。
女は使えないもの、必要のないものはコレクションしない。
男はハマると片っ端から集めまくる(笑)だから変なことになる。
普通は自分にないもの、外の世界で気に入ったものを集めるのだけれど、
ボウイは凄いね、自分を集めまくった(爆)
そりゃぁ、集まるよね。どんどん品物が出て来るんだもの。
衣装、凄かったね。当時のまんま残っているのね。
そうそう、僕が一時期凝っていた旅のスクラップブック作り……。
もう行くところ行くところで目が血走る訳。
美術館のチケット、レストランのナプキン、メトロのチケット、
砂糖を包んであった包み紙、ヨーグルトの蓋……。
あぁ、これも使える、あれも貼れる、これはこうやって折り畳んで……。
ボウイって値段が張る張らないじゃなくって、本物が見えたんだね。
あの小さな琴だって、そこにファンの気持ちが入っている訳でしょう?
そうするとお金に換えられない宝物になる訳。
ロッキングオンの編集長って誰?渋谷陽一?
「才能とセンスと知性と美声と美貌のすべてを持っている、
世界でただ1人の完璧なロック・スター」
その辺の意見は別れると思うな……皆、それぞれじゃない?
「もう少し歌が上手だったら……。」
ジョン・レノンのことをスティングが言っていたじゃない?
僕はボウイが美貌とは思わないのね。美声でもないし。
美声ではないけどいい声であることは認めるけど……あの低音ね。
声で一発で分かっちゃうって凄いよね。そこがスターの証でもあるんだけど。
スティーヴィー・ニックス好きだったなぁ……遠い目。
チョッと驚いたんだけどさ、ハートのナンシー・ウィルソン。
先日「Youtube」見ていたらいまだに往年の歌声なのね。
皆さんどんどんキーが下がるじゃない?ジャンジャン下手になるじゃない?(笑)
「These Dreams」で検索して最近のを聴いてみてよ。
凄いから。チョッと前にリチャード・マークスを聴きに行ったんだけど、
こちらも見事だった。エライよね、何か精進しているのかな?
recoyonってジュリー好きだったよね?沢田研二も凄いよ。
いまだにあの歌声を保っているもんね。
今度、ジュリーでも聴きに行く?僕は構わないよ。
最後に、スティングは高校教師じゃなくって小学校の先生だったみたいよ。
紛らわしいタイトルのせいですかね?

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2017/03/12 21:11 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://nioinoiihanataba.blog.fc2.com/tb.php/410-dc3bea1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top