涙目の男たち……。 

 

PICT0001.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

いやいや、終わっちゃいました……「ルーズヴェルト・ゲーム」。
毎週日曜日、殆どテレビを見ない僕にしては珍しく、
お酒を用意してマメマメしくテレビの前に座っていました。(笑)
切っ掛けは、勿論「半沢直樹」が大層、気に入ったから。
続編が出来る出来る、4月に続編?と噂ばかり先行し、
役者のスケジュール、主に堺 雅人のスケジュール調整他で延び延びになっていた……。
そんな矢先、「ルーズヴェルト・ゲーム」の制作のニュースを聞いた訳です。
同時期に杏が主役だった「花咲 舞が黙っていない」は全く興味なかったのにね(笑)
うぅ〜ン……「花咲 舞が黙っていない」は原作がそれほど面白くなかったし、
杏も上川隆也も全く魅力感じないのね。杏は作品によっては化けるけど、
上川隆也なんて大期待だった映画「二流小説家」は、圧倒的&想像を絶するほどに酷かったし、
去年の夏に観た、掘北真紀ちゃんの舞台「7日間の女王」でも株価激落(笑)
彼は色気が全くないのね……色気って役者に必要不可欠ですから。

ニュースを聞き、早速「ルーズヴェルト・ゲーム」の原作を買いました。
ドラマ化と同時に文庫本が出るあたりは商売が上手いです。
それって当たり前なんだけどね。資本主義の基本。でも、しないことが多いのはなぜ?
なかなか骨太で楽しい内容に、否が応でも期待が高まります。
配役はねぇ……唐沢寿明が全く社長には見えないなど、チョッと疑問に思う部分もあるし、
手塚とおる、石丸幹二など、「半沢直樹」で悪役を演じた役者が善人役に回り、
六角精児みたいに、いつも人のいい役をやっている俳優に、
悪役を演じさせるなど、いかにも奇をてらったようで、実は予定調和的な部分も多々ありました。
歌舞伎の世界に入った割りには映像の仕事が多い香川照之の、
浮世絵の大首絵のような顔芸も堪能したし(もうね、ここまで来るとペギラだな!)
立川談春の腹黒社長の思わぬ芸達者ぶり、
それから新しい若手の役者を発見できたことも嬉しかったです。

僕が心配だったのは、作品の要になる、
原作の野球の部分のパートをどうやって映像化するかだったんですが、
いやいや、実戦さながらの手に汗握る見事な映像で説得力が凄かったです。
勿論、CGの手助けもあったでしょうが、なかなか見応えあったなぁ……。
エース沖原なんて本当に150キロのボール投げているように見えたものね。
この野球のパートの主人公で、実質、唐沢寿明とダブル主役だった工藤阿須加。
新しいスターの登場ですね。彼は目がいい。
涙目が綺麗なの(笑)久しぶりに大器の登場かな。
それから萬田を演じた馬場 徹。彼は舞台の人なのね。
可成りの度胸の持ち主と見ました。これからは舞台も観てみようかな……。

 「これは 、倒産寸前にまで追い詰められた会社の中で、
  必死にもがき奮闘し、最後の最後まで 諦めずにボールを追い続けた男たちの、
  逆転につぐ逆転の物語である」

しかし、皆、よく泣いた(笑)
号泣、嗚咽、すすり泣き、もらい泣き、 嬉し泣き、男泣き、忍び泣き……。
常にどのシーンでも男たちが涙目(笑)
男って涙もろい生きものだったんですね……改めて再確認。

最後に一つだけ……。
テレビだから仕方がないのかな?視聴率確保の常套手段だと思っているんだろうけど、
男たちのドラマにすぐ女を絡めたがるのね。安っぽい考え。
しかも出てくる女たちの凡庸さ。秘書2人の描き方は陳腐で有り得ないし、
工藤阿須加 演じる野球部のエース沖原に絡むチアリーダーの女の子は全く不要。
いかにも添え物的な女の描き方。男のドラマには不要です。
スグに恋愛物にすり替える安っぽいテレビ的な勘違いが残念。
ジュディ・オングは綺麗過ぎ。あれはもっともっと汚いオバサンじゃないとダメ。
視聴率は「半沢直樹」に遥か及ばなかったみたいだけれど、
登場人物の人生、生活が全く描かれていないんですよねぇ……。
「半沢直樹」はそれがキッチリ描かれていた……。
チョッとしたところにね、だから面白かったんです。

都市対抗野球の敗者復活戦の決勝。
投手戦の延長15回の裏、2アウトを取った沖原のボールは、
星 飛雄馬の大リーグボールか!(笑)
ブツブツ言う割には凄く堪能させて戴きました。
堺 雅人が再来年の大河ドラマの主人公に決まったそうですね。
と、言うことは……来春くらいかな?
「半沢直樹」の続編は……。


2014年6月25日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2014 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト

category: スターの時代。

tb: 0   cm: 6

△top

コメント

 

「ルーズヴェルト・ゲーム」は結局一度も見なかった。
テーマが野球?ってところで×。
予告のCMで何度も唐沢寿明のどアップを見せられてゲンナリ。
半沢の手法のパクリだろうどうせ。と思っちまった。
「半沢直樹」はほんとに良くできてた。
脇役まで生き生きしてたから面白かった。
次作は難しいだろうなーと思う。
一歩間違うと臭いドラマになる寸前だもんあれ。
そういえばあれには女は奥さんぐらいしか絡まなかったね。
あれでいいのだ。

堀北真紀ってほんと色気もないし表情が一個しかない木偶の坊だと思う。
綺麗な顔立ちだけど死んでる。
人気があるのか不思議—。
CM見てるだけでイラッとする。

男の涙目・・・苦手かも。
男のドラマだから必要なのかもね(見てないから何も言えない)
あ、女がすぐ泣くのも却下だったっけ。
泣きゃ—どうにかなると思うな!と突っ込みたくなる。
そいえば最近のドラマって男もよく泣くね。
泣き方もワンパターンで。

こんなだからTVドラマ見なくなるんだけど。



ムー #qiVfkayw | URL | 2014/06/26 14:40 | edit

ありがとう。

ムーさんへ。
おはようございます。いつもメッセージありがとう。
しかし、映画、舞台、テレビ……全く反応ないのね(苦笑)
もう書くの止めようかしらん。手応えないのは詰まらないしね。
それともこっそり別のブログで専門に書こうかな?
さて、「ルーズヴェルト・ゲーム」一回も見なかったですか。
僕も「半沢直樹」見ていなかったら絶対に見ていないかも(笑)
手法は同じでも面白ければいいし、どこかに独創性があればいいですよね。
その辺はどうだったかな?会社と野球の部分が半分だったので、
それぞれにチョッと描き方が足りないようなところもありました。
でも、まぁまぁ及第点じゃないかな、僕はそう思います。
堀北真希ちゃんね(笑)いつだったかな……「大奥」?可愛くてね。
こんな妹がいたらいいだろうなぁ……って思ったもんです。
だけどヘビースモーカーなんだって!タバコ臭い女はいやだなぁ……。
でも、ムーさん、イラっとしないでね!(爆)
涙目なんですが、真面目にどのシーンでも男たちが涙目なの。
それが見事としか言いようがないくらい。
男はね、元々涙の生き物なんですよ。その涙は純粋ですよ。
もっとも涙は見せずに心で泣くのがいいんですけど……。
女の涙はねぇ……これ以上書くのは止めておきます(笑)
そうそう、野次られて泣いた都議……ボロボロ出てきますねぇ(笑)
ほじくり回されるのは本意じゃなかっただろうに、
ツイッターで「ぶっちゃけ気持ち悪い」はマズいですね。先ず言葉が汚い。
「ぶっちゃけ」なんて言う言葉、今まで使ったことないです。
今日はこれから小旅行なのです。雨、大丈夫なのか?(苦笑)
また芸能関係を書きます!メッセージ宜しくね!(笑)

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2014/06/29 06:48 | edit

本当に反応ないよねー、
映画も芝居もTVドラマも見ないのかしら皆。

たまに「休止します」なんてブノワ。さんが言うと、
えーえー!やめないで―!なんて騒ぎになるでしょう?
私なんか止めたら殴るぞの勢いなんだから、コメントだってさぼらない。
言った以上はそれがせめてもの礼儀とか務めとかいうものじゃない?

ブノワ。さんは忙しくてもちゃんとコメント返ししてくれる。
ほんとうに誠実に向き合ってくれてる。
そういうのが嬉しいから、待ってたホイッと辛口コメントしてしまう(笑)
写真も記事もこんなに豪華なブログどこにもないもん大事だもん。

「止めないで―」とこないだ言ってた読者の貴方に言いたい!
こっらー、読みにげするなよー(笑)

小旅行いってらっしゃーい。
天気がいまいちだけど良い旅を!


ムー #qiVfkayw | URL | 2014/06/29 21:36 | edit

ブノワ。さん、こんにちは。

は~い!ムーさんと同じく「野球ネタ?却下」した私です(笑)
『半沢』は大手に追い込まれて夭逝してしまった人が身近にいるので見れなかったし、最近ではテレビドラマより深夜のアニメ『銀の匙』で泣いてたクチです。
農業校出身としては、農業ネタの喜怒哀楽がリアルで、青春を思い出してました。

それと、ちょっと前になりますが、遅ればせながら『テルマエ』を観まして
ミネラル麦茶の人が出てきた時には「それやっちゃダメなやつ~!!」と爆笑!
結構な座席数のシアターに客はたった20人ばかりでしたから声も響いたと思います(汗)しかもそこでウケてるのは私らだけ(大汗)
これはまったく大人の為の娯楽映画!
阿倍ちゃんのあの肉体とリアクション顔芸(笑)スケールは最大、本気で作るバカバカしさ。
そして『アナと雪の女王』現象を向こうに回したCM(劇画同様バカバカしさ全開)はお腹が痛くなるほど笑い
「このスタッフで又娯楽映画を作るなら見てみたい」なんてちょっと思ってみたりして。

手ごたえの無い記事は書かない。などと仰らないで下さいね。
劇、映画、音楽etc.
文化芸術、好くしなさいと仰った鈴木省三先生に倣うなら、バラ育種家ブノワ。さんの創造の種を知るブログでもあると思うので、ここで綴っていただけたらと願います。

azking #7XaZTY2Y | URL | 2014/06/30 09:35 | edit

あはは……。

ムーさんへ。
こんにちは。メッセージありがとうございます。
あはは……本当にね。見ていないことはないと思うんですけどね……。
反応ないだろうなぁと思いつつ書いて公開しています。
今度はどうかなぁ……って、皆さんを試している部分もある。
僕、意地悪いですから(笑)でもそのくらいはいいですよね。
このブログは参加型のブログですしね。
舞台はまぁ、僕の自己満足的な部分もあるんですが……。
それにしても反応がなさ過ぎる。想像はしているけど呆れるくらい。
皆、誰とでも繋がっていると簡単に錯覚できるSNSに流れているんですよ。
ブログもアナログなレコードと同じで衰退するのか?
いやいや、衰退しちゃっているのね、実際には。
SNSやっている人を見ていると本当に楽しそうで便利そう。簡単そうだし。
どこに誰といるか発信してスグさまコメント入る……それがどうした?
それが何かのバロメーターなの?数の多さが繋がっている証拠?(苦笑)
でも、僕的にはアレはありません。真面目に迷惑なこともしばしば。
やっている人でお楽しみはどうぞご勝手にですが、
僕のプライベートまで世界中に晒されちゃって迷惑しごくです。
僕がまだ誰にも言っていないのに世界中の人が僕の動向を知っている……あり得ません。
僕ね、戴いたメッセージはね、文字数くらいはそれ以上お返ししたいのね(笑)
大したことお返事出来ないけどそれくらいはしないとと思っている。
誠実さがなくなっちゃったら生きて行く価値ないじゃないですか……。
豪華かどうか分かりませんが(笑)敷居が高いことは確か。
でもね、こんなにメッセージ入れやすいブログはないハズなんです。
どこをどう切り取っても皆さんの心に響くように書いていますから。
なるべく多くの人がメッセージ入れられるように心砕いているもの。
一つのテーマに様々な切り口でメッセージ入れやすいように書いている。
コメント欄を閉じちゃってもいいんですけどね、
反応が分からないブログは運営する価値ないし……。
書くだけ書いて公開して、日記的な自己満足ブログでもないし。
素敵な個人商店って、気が付くとなくなっているのですよ(笑)
まぁ、そうならないように僕も日々の好奇心だけはなくさないようにしていますが……。
小旅行は楽しかったですよ。記事で3回分くらいになりますか……。
楽しみにしていてくださいね。アッ!来週は夏期休暇なんです!(笑)
間が空かないように予約投稿して行きますので宜しくね!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2014/07/01 15:54 | edit

勿体ない!(笑)

azkingさんへ。
こんにちは。メッセージどうもありがとう。
ムーさんと同じ?野球ネタで却下?勿体ない!(笑)
なかなかだったんですよ、半分半分で中途半端感はありましたが……、
機会があったら是非ご覧ください。
ミネラル麦茶?はははははははっ!アレは凄いですよねぇ……。
もう開き直っているのか、過去のことと割り切っているのか?
熊じゃない、熊じゃないと心の中で叫びつつ、
劇場で声を出して笑ったのはいつ以来でしょう?
考える方も凄いけど、出ちゃう方もおおらかで器が大きい(笑)
阿部ちゃんは肉体改造をしましたね。
前回より引き締まって美しかったじゃないですか。
薔薇は芸術ですし、僕からその部分を取ったらただのオジサンですから(笑)
適当に書き連ねるつもりですが、それにしても反応が鈍い(苦笑)
大して高尚なこと書いている訳でもないのにね……。
SNSで私生活晒されてみれば、こちらで自分で書いているのも悪いのかなぁ……と。
自分で書いて、私生活のある部分を公開すれば公人も同然。
晒されるのがイヤなら書かなきゃいいとも思いますし……。
何れ何事も終わりが来るのだけれど、それまでは、
パワー全開フルスロットルで頑張りますよぉぉぉぉぉぉっ!(笑)

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2014/07/01 16:09 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://nioinoiihanataba.blog.fc2.com/tb.php/40-921b2b7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top