信じるものは……。 

 

BBTT8130.jpeg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

皆さんは何か信じているものがありますか?
例えば、宗教とか、何か霊的なもの、スピリチュアルなものとか。
困った時に助けを求めてしまうもの、心のよりどころにするものとか……。

僕には全くそれがありません。
確か、我が家は浄土真宗だったと思うのですが、
両親が死んでしまった今、それを確かめる術はありません。
もっとも、両親も信心深い人たちではなかったし……。
第一、母のお墓がどこにあるか僕には分からないんです。
亡くなった後、遺骨をどこに納めるかで父と意見が分かれ、
結局、僕がパリに行っている間に父が父方の先祖の墓に母の遺骨を納めてしまいました。
(それは母が一番嫌がっていたことなのです。)
そのお墓がどこにあるか……中学生の時に一回お参りをしただけなので、
街までは分かるのですが、その先の記憶がどうにもいけません……。
それが原因で父とは絶縁、その父もおそらくは、
とっくに亡くなっているでしょうけど詳細は不明。
前に携帯電話をなくしてしまいましたから、
唯一、連絡を取り合っていた父方の従姉とも音信不通……。
でも、その気になれば探し当てることは出来ると思うのですが、
僕にはその気持ちがない……母は僕の胸の中に生きていますから。
友人たちはその話しを聞くと、大層、驚き、信じられない顔をします。
きっと、普通ではないんでしょうね。先祖の墓は大事にしろと言いますが、
何しろその辺の根本からして全く僕の中にないのですから……。
日々、母のことを思い出し、記憶がなくならないようしていますけど。
だって、人間の記憶なんて、曖昧で心もとないでしょう?
そのうち、思い出したくても思い出せなくなってしまう……。
それに、何をするにもお金がかかると言うのも腑に落ちません。
戒名に幾ら、お坊さんに幾ら……自分の宗教も分からないのに、
初めて会う坊さんに何で金払わなければいけないの?
その昔、美輪明宏さんがおっしゃいました。

 「アナタ、お金が掛かる宗教は全部偽物よ!」

まったくもってその通りだと思うのは僕だけでしょうか。

友人たちの中にはスピリチュアルなものを信じる人が沢山います。
殆どは、商売をしている人です。僕は真面目に聞いていないのでよく分かりませんが、
方角が悪いなんて言うのは当たり前で、やれ、今年は○○をしない方がいいとか、
塩や酒で清めるとか、年末の29日に家のことをしてはいけないとか……。
その他、諸々、あらゆることに決めごとがあって、真面目にそれを実行しています。
僕はそれはそれでいいと思うんです。きっと、何か理解を超えるものにぶつかった時、
自分の中でそれを咀嚼するために理由付けが欲しいんだと思います。

それから、僕にはまったくもって霊的なものがないので、
この部屋には○○の霊がいるとか、誰それには○○が憑いているとか、
この土地には、昔、惨殺された武士たちの霊がいるので行けないとか、
結構、そう言う話しで盛り上がっている人たちを見かけますが、
僕にはそれが全く分からない……目に見えるものしか信じないから。
ただし、いいことだけは信じちゃったりします(笑)
1回、そのスピリチュアルな方とテーブルを囲んだのですが、
後で聞くところによると、何でも僕は105才くらいまで余裕で生きるのだそうです。
まぁ、105才は兎も角、健康でいられると言うことで勝手に理解していますけど(笑)



さて、正月休みも終わろうと言う10日。
親友に付き合って熊谷に行って来ました。熊谷にある妻沼聖天山です。
上野から特急「草津」に乗り、バスを乗り継いで小旅行と洒落込みました。
親友は店を経営していますから、毎年、年明けに縁起をかついで行くみたいなんです。
今年は気が向いたのでお付き合い。ただし、何をしに行ったかかは聞かないので分かりません(笑)
御朱印帳とかお札とか言う単語を聞きましたが、それをどうするか全く不明。
40分くらいでしたか、親友がお寺で何かをして貰うので、僕は別行動で近くを散策、
商店街は生憎、休みの店が多かったのですが、ポツリと開いているカフェでコーヒー飲んだり……。
その間、親友は、何かめでたい祝詞?……違うか(笑)お祓いみたいなもの?……これも違う?
あげて貰っていたようです。御朱印帳に何か書いて貰っていました。
でも、それもお金でしょう?だったら僕が書いてあげるのに(笑)
その親友も何やら不明な行動を時があります。
京都や奈良を一緒に旅をすると、色々と神社仏閣を見学しますよね?
親友はマメマメしくお参りをしてお賽銭を投げる……。
僕は全くその辺のことをしませんので、

 「ホラ!」

と、10円玉を渡されて、仕方なく賽銭箱に投げ入れる訳。
投げる時は勿論、願い事をします(爆)物凄くいい加減。
僕の中ではたとえ10円といえども無駄なお金に思えるのね。
だったら、折々に駅で見かける猫の里親探しのお母さんたちの募金箱に、
2000円入れる方が現実的だし、何かの役に立っていると思うの。
猫と神さま仏様を一緒にしてはいけないと怒られそうですが……。
その信心深い親友も、賽銭を投げるところと投げないところがあるのね。
さっきの唐招提寺では賽銭を投げたのに、こっちでは投げないんだ……とか。
理由を聞いてみたんですが、本人もよく分かっていないそうです(笑)
別に有名、無名と言うことには関係ないんだそうですが……。
まぁ、その辺のバチ当たり的な諸々のお陰で、今こんなんですかね?
地位も名誉もお金も人望もない、あはは(爆)

FullSizeRender-29.jpeg
BBTT8134.jpeg
BBTT8098.jpeg
BBTT8084.jpeg
BBTT8087.jpeg
BBTT8088.jpeg
BBTT8089.jpeg
BBTT8090.jpeg
BBTT8092.jpeg
BBTT8093.jpeg
BBTT8094.jpeg
BBTT8104.jpeg
BBTT8123.jpeg
BBTT8142.jpeg
BBTT8146.jpeg
BBTT8125.jpeg
BBTT8156 - バージョン 3

写真はそんなバチ当たりな僕が散策中に撮った写真です。
カフェのお姉さんが「初詣ですか?」と。僕は「いいえ、友達の付き合いです。」
お姉さんに苦笑されてしまいました。一事が万事バチ当たりな僕です。
丁度、満開の蠟梅は見たことがありません。精々、花屋で切った枝を見るくらい。
ランチは近所の茶屋で「実盛公うどん」。うどんが細めで美味しかったです。
戦場で年寄りに見られたくなかった斉藤別当実盛(聖天宮を建立)は、
白髪(髭も)を黒く染めていたそうです。千切りの大和芋はその白髪を、
椎茸が手鏡を、海苔は黒髪を、結んだ紅白のかまぼこは縁結びをそれぞ表すそう。
妻沼聖天山には国宝指定の建物があります。本殿(奥殿)の彫刻、凄いです。
そう、一瞬、日光を連想します。地元の人たちからは、
「埼玉の小日光」と呼ばれて親しまれているそう。
絢爛豪華、ギラッギラですねぇ……猿は左甚五郎作と言う説もあるそうですが、
実際の彫刻棟梁は石原吟八郎と関口文治郎だそうです。
三毛猫がいますねぇ……最後の1枚は生きた三毛猫(笑)
バスの発着所で見かけました。丸々と太り、真っ白な毛並みは、
きっとどこかの家の飼い猫である証拠です。
愛らしいですね。旅先で猫に出会うと何か縁起のいいものを感じます……。
こう言う時だけ縁起をかつぐ!(苦笑)


2017年1月13日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2017 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
スポンサーサイト

category: 旅の栞。

△top

コメント

 

13日の金曜日

ブノワ。さま、ごきげんよう。

「私のお墓の前で泣かないでください~」とか言う歌がありましたね。
「そこに私はいません、眠ってなんかいません~」って。
亡くなった人の思い出はココロの中に。

最後の三毛猫ちゃん、聖天堂から抜け出してきたのでしょうか。
じっとこっち見てますね。
「ちょっとそこの貴方、今年はきっと佳い年になるわよ」って眼差し?
ってことにしておきましょう。ウフフ。

Coucou #NMJSpOmY | URL | 2017/01/14 00:27 | edit

ブノワさん こんばんは。
今日はかなり冷え込んでいて、きっと夜には雪が降るでしょうね。
そんな時思い出すのが、アダモが歌った「雪は降る」。
このシャンソンを教えてくれたのも、幼馴染のM。
小学校時代からの仲良し。友人をこえて
もう姉妹のような間柄です。

まそれはさておいて、
信仰の話は、かなり微妙な問題というか、時によっては、
アイデンティティに関することなのでやめます。
ただ私の場合は、ご都合主義で、
すがったり頼んだりするものはありません。

お墓にも全く興味なし。持つつもりもありません。
私の父母や義妹も含めて、墓に縛られて生きている人は意外に多いです。

我が家の近くのある寺は、檀家が多くて裕福なせいか、
非情に傲慢でもあります。
たまたまそこの墓地に墓を持つ人が、
他の宗教に改宗したとわかるや、
その家族の埋葬も拒否するのです。

そんなことを見るにつけ、自分の息子たちや孫を
墓になど縛り付けたくはありません。
どうせ、2~3世代先に行けば、埋葬されている人が
どんな先祖だったか思い出すこともないでしょうし、
本人たちも何処で暮らすことになるかわかりません。

ツインズのママがなくなった時も、息子はどこへどういう形で
遺骨を埋葬するのか、長い間悩みました。
結果は、自宅から車で20分ほどの場所にある墓苑でした。
宗教には関係なく、公園のような広い墓所には、バラが咲き乱れ
区画も用意されていましたが、あえて合葬で埋葬しました。
遺骨の半分は、小さな骨壺にいれ、あとの半分は、麻袋に入れて
他の遺骨と一緒に、土に還るのを待ちます。
そして、亡くなったママの名前が戒名ではなく俗名で彫られた
真鍮のプレートではめ込まれました。
墓苑は常に手入れされ、だれが訪ねても美しい自然の中の風景に
溶け込んでいます。時々、公園と間違えて遊びに来る人もいるとか。

息子も月に一度は、ツインズの報告もかねて花束と一緒に尋ねるそうです。
それでいいのよ。大正解!
彼の下した判断を喜びあいました。

私たち夫婦は、どこかへ散骨してもらいましょう。
これから遺言に遺すつもりではいますが、息子たちには
口頭で伝えてあります。

自分のブログに書いたほうがよかったかな?
そのうち書きましょう。

hibari #O5sb3PEA | URL | 2017/01/14 17:15 | edit

人それぞれでいいよね

意外-!とは思いました。
だって母上の事を時々話題にあげるでしょう?
こんな息子も世の中にはいるんだねっ。
母親冥利に尽きるってこういうことね。って思ってたから。
もちろん批判なんかしてないのよ。

友人を見たっていろんな人が居て、
例えば年賀状に「今年は母の何回忌で弟の何回忌です」
なんて書いてくる人もいる。
そういう人はお墓参りはかかしません。

対照的な人は小学生の時亡くなった母親の骨壺をずっと持っていて、
最近中身をゴミ箱に捨てた!という人。
これにはさすがに驚いた。
クリスチャンてそれでいいのか?

私は信仰を持ってないし、霊感も0だし、よりどころはないみたい。
近所の神社に初詣行ったりするけど元旦が暇だからだし(笑)

あのね、思い出の品とか思い出の写真とかを命がけで守る人っているじゃない?
ああいうのも私はよくわかんない。
心の中にしまって時々思い出せばそれでよし、というタイプだし。
とても好きだった人が死んだときもお葬式に行かなかった。
だって私の中では死んでないもん。

こういう話って友人達ともしないけど、
皆どうなんだろうねー。
困った時苦しい時、祈る相手かー。
居たほうが良いような気もするけどいないしなー(笑)

けど一神教って私は大嫌いなの。
すごい排他的でそれが元で戦争したりするんだもん。
バッカじゃないのーーーー?って思うのよ。






ムー #qiVfkayw | URL | 2017/01/14 18:26 | edit

ブノワさま。 本年もこのblogで楽しませて下さいね。

何を信じるか、私は近頃、「自然信仰」と勝手に決めました。
先祖から続く宗教もあるのですが、それは形式上のものとして
捉えています。 石にも花にも山にもありとあらゆるものに
神様が宿る。そう考えればすべての人、物を大切にすることが
できます。 でもそれは自分だけの考えで、ほかの人
には押し付けてはいけないというのが自分の中で決めて
いることです。 

今年一番の寒波が襲来していますね。
お風邪など召しませぬよう。

(私にとってはこの空気の張りつめた感じが
大好きで、この先暑い夏に向かっているのだと
思うと気分が落ち込むのであります。)

次回より名前をsaitoより「風雪翼」に変えようと
思いますので宜しくお願い致します。
自由に思いのままに飛んでいきたい、そんな
ことをイメージしています。

saito #njsd7PZY | URL | 2017/01/14 21:55 | edit

あったっけ?(笑)

Coucouさんへ。
おはようございます。メッセージどうもありがとう。
このところすっかりパソコンの前に座らなくなり……。
返事が遅くなってゴメンなさいね。
さて、そんな歌、ありましたっけ?(笑)
本当、亡くなった方々は僕の心の中なのです。
何かを信じたり、頼りたくなる気持ちは分かりますけど、
それに振り回されることは考えられないかな。
三毛猫ね(笑)旅先で出会う猫に縁起の良さを感じるのは、
まったくもって僕の都合のいいところだと思っています(笑)
いいんです、それで、それが僕だから(爆)

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2017/01/22 07:53 | edit

散骨。

hibariさんへ。
おはようございます。寒くなりました。
日中は陽射しがポカポカですけどね……。
メッセージどうもありがとうございます。
返事がスッカリ遅くなってしまいました、ゴメンなさいね。
さて、宗教のことはなかなか難しいですもんね。
ここでそれを語るつもりは全くありません。
皆さん、自由にやれば宜しい。ただし、こっちに無理強いしないでって思います。
何かを信じるあまり、考えが凝り固まって、
廻りを色眼鏡で見るようになったらお仕舞いだけど。
僕なんかもそろそろお年頃ですから、老後のことは勿論、
死んだあとのことを考えなければ行けない最近です。
墓はいりません。葬式とかもしないので、勿論、戒名とか、
宗教臭のするものはキッパリと排除したいです。
墓はその後を守る人がいないので、当然作りません。
それをバチ当たりと呼ばれてしまうならバチ当たりでよし。
どこか違法にならないところに蒔いて貰うのが一番でしょうね。
ただし、海はイヤ。泳げませんから(笑)
母が死んだ時、埋葬方法を色々と模索しました。
永代供養の合祀、ダイヤモンド、自然葬……。
どれも現実的ではなく、もたもたしていたら父が田舎の墓に……。
ダイヤモンドはいい案だと思ったんですけどねぇ……。
ダイヤモンドを作るのに使う骨ってチョッとなんですってね。
永代供養の墓地は、入れられる骨は小指1本くらいのもの。
あとはどこの人とも分からない他人と一緒に放り込まれるって聞いて却下。
なかなか難しいですね。簡単に死ねないです。
普通に葬式でもされたら化けて出てやる(爆)
もっとも、死んじゃったらどうにでもなれって言う感じですけど。
遺言ね……お金は残らないと思いますが、
それぞれに友達に一番のものを残したいです。
考える時期ですかね……。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2017/01/22 08:09 | edit

本当、そう思います。

ムーさんへ。
おはようございます、寒いですねぇ……。
元気にしていらっしゃいますか?メッセージどうもありがとう。
意外でしたか?(笑)まぁ、世間のしきたりには則っていませんけど、
違う意味で物凄く母思いだと思ってくださいまし。
僕の中では母はまだ死んでいないのです。毎日思い出していますから。
その辺はムーさんと一緒ですね。チョッと嬉しいかも。
僕ね、死んだ人のデータって消せないんですよ。
携帯とか住所録とかね。消した途端に死んじゃった感がする。
だから、母のは勿論、お世話になった方々、可愛がってくださった杉村さん、
全部、そのまま残してあります。お墓参りもしない。
大してファンでもなかったのに、
杉村さんの葬式に行ったり墓参りに行ったりする人もいますけど……。
僕の友達にもいます。死んだ人が物事、月日を計る中心になっている人。
今年は死んだ母の○○回忌……よく聞きますよね。
また意外って思われるかもしれないけど、
僕は母の死んだ年も日にちも定かではないの。
確か7月5日だと思うのだけど、亡くなって何年だか不明(笑)
これをバチ当たりと思うかどうかですよね。
親友の方がその辺はキッチリしていて教えてくれたりする(笑)
嫌いだった父なんかその生死も不明……大いにバチ当たりな息子です。
ゴミ箱ねぇ……色々と言っている割にそれは出来ない(笑)
友達とこう言う話しはしませんね……でも、皆さんそろそろだから(笑)
本当に親しい仲間には伝えておかないと、とんでもない豪勢な葬式されても困る。
戒名付けられてポクポクやられても困る(爆)
困った時の神頼みはよくやっちゃうんですけどね……。
宗教は争いの始まりですよね。何故、他のものを認めないのか?
「へぇ、そうなんだ」が何故言えない?不思議ですね。
殺人事件の動機ってもれなくお金と愛憎なんですが(笑)
戦争の原因って宗教なことが多いですよね。
表面上は違っても、根本の根っこはそうだったりする。
バッカじゃないのーーーー?って僕も思います。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2017/01/22 08:23 | edit

こちらこそ宜しくお願いいたします。

saitoさんへ。
おはようございます、寒くなって来ました。
太陽が本当に有り難く感じるこの頃ですね。
メッセージどうもありがとうございます、返事が遅くなってゴメンなさい。
全てのものに神さまが宿る……森羅万象ですね。
その辺って、矢張り砂漠地帯で狩猟をして来た民族と、
農耕民族の差でしょうかね。なかなか難しいですけど。
本当、人に押し付けてはいけませんよね。
僕が小さい頃に可愛がってくれた近所のオバサンなんですけど、
選挙の時になると人が変わったようになるって母が言っていました。
まだ子供の僕には意味が分かりませんでしたけど……。
寒くなりましたけど、僕もこの寒さが大好きです。寒さ、楽しまなくっちゃ!
次回から「風雪翼」さんですね?了解です。
早くメッセージを戴けるように僕も記事をアップしないといけません……が、
正月休みとかで時間が空いちゃうとダメなんです(笑)
書きたいことは沢山あるのですが、キーボードを叩く気になれない(苦笑)
今年も宜しくお願いいたしますね!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2017/01/22 08:30 | edit

あーほんとに同じ。
電話とかアドレスとか、死んだ人のはそのままにしてます。
消せないの。
ほんとに殺しちゃうようで・・・
やな奴(生きてる)のはいくらでも削除!!!っなのにねー。

そして父の命日を覚えていません。
確か一月だった。
同じね―――(笑)
なんでだーー?
案外沢山いるのかな私達みたいの。


ムー #qiVfkayw | URL | 2017/01/22 21:00 | edit

笑えます(笑)

ムーさんへ。
おはようございます、再びありがとう!
そう、絶対に消せないの。仕事の取引先の辞めた人も……。
永遠に縁が切れるような気がするんです。
友人に言われます……「あっさりしているって」。
亡くなった方のお葬式に絶対に出ないから。
だって、出たら認めることになる。亡がら見たら決定的でしょう?
だから出ないし墓参りもしない。いいの、それで。
ヤな奴!(笑)この前は写真のデータを全部消してやりました(爆)
ただ、何人かで写っているのは消せないのね……。
トリミングしてやろうかしらとも思ったけど(笑)
その時間すら勿体ないので止めましたけど……。
ムーさんもお父さまの命日覚えていないんだ。
僕は生死すら知りません……多分、死んでいると思うけどね。
あまりいないと思いますよ、ホラ、僕たちって超変わり者だから!(笑)

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2017/01/24 08:23 | edit

それで良いのです

ブノワ。さん、こんにちは。

我が家はお寺さんに、無理難題の高額を要求されておばを納骨できずにいます。
お墓を持っていて、入れてくれる人もいても、お寺が拒否って…宗教って何?
さて、浄土真宗なんですね?多分?(笑)でしたら、ブノワ。さんの今の思っているとおりで良いのです。
戒名も塔婆も何も必要ない!それが浄土真宗の教えです。
イスラムと似ています。私も浄土真宗です。父方は公園墓地の言うなりでしたが、母方はちゃんと理解している家で、お葬式があるたびに学びました。お葬式のあと塩もまきません!大好きだった人の魂はいつも己の心にある。
ブノワ。さん、正しいです!

aoi #FUbsa06c | URL | 2017/02/02 15:57 | edit

良いのですよね。

aoiさんへ。
おはようございます。元気にしていますか?
メッセージどうもありがとうね。
ほう……坊主が無理難題の高額を要求?さもありなんって感じですね。
凄いですよね、何でも金だ。金の亡者。
母が元気な頃、言い合いになったことがあります。
親戚で不幸があって、仕事で行けない母が「どうしよう、どうしよう……。」って。
聞いてみると、やっぱり廻りの親戚の手前を考えているみたいなの。
だから言ってやりました「何のための法事なの?」って。
結局、お金が掛かる諸々って生き残っている人の満足でしかない。
死んじゃったらあの世も天国もないものねぇ(苦笑)
心でいつも思ってあげていればそれでいいと思うんです。
僕なんか未だに母が死んだ気がしていませんもん。
一回、キリスト教の方の葬式に行きましたが、
こちらも色々とありました。あれはしないで、これもダメ……。
昔、黒柳徹子さんがお葬式に派手なドレスを着て行って顰蹙を買ったことありましたよね。
後に「亡くなった方が一番好きなドレスだった。」って。
誰も何も言えなくなったんです。僕、それって凄く素敵だと思うの。
まぁ、世の中の決まり事とかしきたりとかって大事なんだと思うけど……。
いつも心の中に……これですかね。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2017/02/07 10:19 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://nioinoiihanataba.blog.fc2.com/tb.php/394-53e671f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top