凝りもせずに、恒例、吉例の箱根です。 

 

BBTT7872.jpeg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

もう何年目になるかよく分かりません……。
今年も恒例、吉例の新春箱根の旅です。
宿は毎回お世話になっている塔ノ沢の「福住楼」です。
今回は、毎年〜一緒に行っていた傾国の美女が欠席(涙)
ロマンスカーの座席に座ってみれば、何と長年の付き合いの男3人旅(苦笑)
まぁ、気を遣わないと言えば遣わなくても済みます。
どんなに仲が良くても旅館の同じ部屋に男女が泊まる訳ですから、
多少なりとも気は遣います……それが今回はなし。

BBTT7701.jpeg
BBTT7699.jpeg
BBTT7702.jpeg
BBTT7705.jpeg
BBTT7712.jpeg

こちらも毎年同じコースなんですが、
今回は小田原でロマンスカーを降りてランチは「小田原おでん」へ……。
箱根って、特に湯本の辺りって美味しい店がないんですよねぇ。
丁度、着くのは昼時で込んでいるし……だったら「小田原おでん」!
こちらは人気店ですから要予約です。勿論、その辺の抜かりはなし。
「小田原おでん」はパリ在住の親友、Mちゃんのお兄さんがやっているんです。
最近、Mちゃんはめっきり日本に帰って来ませんから、
ソックリなお兄さんの顔を見ていると何だか懐かしくなって来ます。
元気にしているかしらン……便りがないのは……って言いますけどね。
この日は、アジの押し寿司のコースにしてみました。
あっさり薄い味付けのおでんはとても美味しいです。
(基本、5つ選べます……卵だけ5つにしたい……。)
次回は人数を募って夜にでも来てみたいかな……お茶室でね。

BBTT7696.jpeg
BBTT7718.jpeg

小田原までてくてく歩き、バスで一路「ラリック美術館」へ。
こちらは、ナンチャッテが多い観光地の美術館の中でも白眉です。
「ラリック美術館」と「ポーラ美術館」を見るだけのために箱根に行ってもいいくらい。
ラリック・ラブのMがいますから、今年もザザッと散策です。
僕のお気に入りの睡蓮の池ですが、いつもは寒さでみぞれになっていたりでしたが、
今年はポカポカの晴天、グリーンの池の色が美しいです。
落葉樹の葉が落ちると宿り木が姿を現します。
宿り木……まだお目もじしたことがない番長に思いを馳せます(笑)

BBTT7725.jpeg
BBTT7726.jpeg
BBTT7728.jpeg
BBTT7734.jpeg
BBTT7743.jpeg
BBTT7745.jpeg
BBTT7747.jpeg
BBTT7760.jpeg



IMG_2333.jpeg
IMG_2309.jpeg
IMG_2308.jpeg
BBTT7799.jpeg
BBTT7806.jpeg
BBTT7808.jpeg
BBTT7810.jpeg
BBTT7815.jpeg
BBTT7818.jpeg
BBTT7830.jpeg

バスを乗り継いで「福住楼」へ……。
はぁ……何だか家に帰って来たって言う感じでしょうか。
今回、お世話してくださるお姉さんもとても感じよく、
是非とも明るい内に入っておきたい丸風呂を堪能。
「福住楼」には大小2つの丸風呂があります。檜の床に銅製の風呂が嵌っているの。
いつもよりもチョッと熱めのお湯は、年賀状書きで疲れた肩をほぐしてくれます。
夕飯は部屋でゆっくりと……珍しくワインなど開けて楽しみます。
3人とも何かと忙しかった年末年始、布団に入るとバタンキュウ(苦笑)

IMG_2347.jpeg
IMG_2349.jpeg

翌朝は4時30分におめめパッチリでひっそり1人で家族風呂へ。
少し早く出して貰った朝食の後、宿の前からバスで「ポーラ美術館」を目指します。
こちらはねぇ……下手な国立の美術館よりも収蔵作品が多いです。
毎回〜テーマを変えて僕たちを楽しませてくれます。
レオナール藤田の作品のコレクションでも有名ですよね。また大特集やってくれないかしらン?
企画展の入り口でチョッとした楽しい催しがありました。
パレットと筆、ベレー帽が置いてあって、各人、それを持って看板の前で画家を気取ると言うもの。
MとTは競うようにしてベレー帽を被り、看板の前でポーズを取ります(苦笑)
本当、好きですよねぇ……僕らが到着した時、前にいた親子三代のご家族、
6才くらいの子供が喜んでやっていたの知らないのかな?
子供が喜ぶって言うよりは、子供は親とおじいちゃんにせがまれてイヤイヤって言う感じ(笑)
それをまぁ、50にもなろうと言う大人が我先に喜んでねぇ……(苦笑)
人が見ていても恥ずかしくないんですね。僕は無理、格好付けですから。
まぁ、お陰でブログの写真には事欠かないんですけど(爆)

今度は季節のいい時に来たいかな?箱根は仙石原も行ってみたいし……。
美術館からバスで小田原に出て、駅弁を買って一路日本橋へ。
そのお話はまた今度!


2017年1月11日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2017 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト

category: 旅の栞。

tb: 0   cm: 4

△top

コメント

 

外れた

えーいいじゃないですかー(笑)
ベレー帽のおかげで如何にもな絵になってます。
ペンキ屋には見えませんよ―――(笑)

私は新年会がありました。
新宿の某料理屋。
これがねーまずいの(笑)
私はお呼ばれだったのでいくらだったか知らないけど、
着物のお姉さんが入れ代わり立ち代わり料理のご説明を・・・
人件費かかるだろうねー。

青山にはうどんと蕎麦が両方出て来る蕎麦屋があった。
つゆは肉入り(鴨じゃない)
もちろん腰の無い蕎麦で・・・あーあ。

なんだかねー、
和食の店のほうがヤバいんじゃないか?この頃。
たまたま外れを掴んじゃったのかね新年早々。



ムー #qiVfkayw | URL | 2017/01/11 21:42 | edit

卵だけ5つ

ブノワ。さん
ご挨拶が遅れましたが、本年もどうぞよろしくお願い致します。

基本、5つ選べます……卵だけ5つにしたい……。

ここ、思わず微笑んでしまいました←怖い?
だって私も本当は卵だけ欲しいから。
でも大人ですから、頼む時は色々取り混ぜて。
ブノワ。さんだったら「同じものを複数頼むなんて何て品のない!」と、
おっしゃるかと思ってました。
良かった♪

kusaki #- | URL | 2017/01/13 07:36 | edit

外れました?(笑)

ムーさんへ。
こんにちは。寒くなって来ました……風が冷たい!
メッセージどうもありがとうございます。
これね、最初、展示室に入る時に見た時は可愛らしい子供がやっていたんです。
お爺さんとご両親に連れられて、子供は結構面倒臭そうだった(笑)
面倒臭そうって言うよりは恥ずかしそうだったのかな。
大人が写真撮りたがっていたんです。でも、なかなか可愛かった。
ところが、帰り際にMが遠くにいる僕をジェスチャーで呼ぶの。
何だろうと思ったら写真撮れって(苦笑)撮っていたら今度はT登場。
奪うようにしてベレー帽を冠りポージング……好きですよね(笑)
残念なのは、パレットが真っ新の綺麗なものだったこと。
絵の具を出して、いかにも使っていますって言う演出が欲しいなぁ……。
新年会の和食……そこそこお高かったんじゃないですか?
お姉さん一杯だったんでしょう?人件費、しっかり上乗せされているハズ(笑)
ムーさん、自腹じゃなくて良かったですね(笑)
腰のない蕎麦って言うのも凄い(爆)固いとボソボソ感出るし、
蕎麦って結構、難しいですよね。自分で打とうとは思わないや。
新年早々外れって言うのも哀しいけれど、
ムーさんの言う通りに和食の方が危ないかも。
それだけ、技術を習得するのが難しいんじゃないですか?
僕もレストランで食べたものは家で再現したりするけれど、
和食はなかなかねぇ……簡単なものしか出来ないや。
新年会で「パセリ」に行きましたよ。スッカリ自分ちみたい(笑)
「パセリ」は入れ替わり立ち替わりのお姉さんいないから(笑)
人件費の面では大丈夫みたいですね!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2017/01/15 16:42 | edit

苦手なの(笑)

kusaki先生!
こんにちは。メッセージどうもありがとうございます。
こちらこそ今年も宜しくお願いいたしますね!
怖くないですよ、何とも美しい微笑み……ですかね?(笑)
kusaki先生も卵だけ5つ?(爆)他にもそう言う人結構いるかもしれませんね。
実はね、僕、おでんってあまり得意ではないんです。
何故なら、練り物系がそれほど好きではないから(笑)
卵、大根、こんにゃく……そこまで来てハタと止まっちゃう。
変わり者のネタって好きじゃないし。漬け物もそう。
シンプルなものが一番好きです。今度、卵2個に挑戦してみます(笑)
こちらでは夜の部に挑戦してみようと思っていますが、
機会があったら是非、ご一緒に!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2017/01/15 17:06 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://nioinoiihanataba.blog.fc2.com/tb.php/393-85a0895f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top