年末年始あれこれ……何それ?どうよそれ? 

 

BBTT7960.jpeg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

早いもので新年も1週間が過ぎました……。
皆さん、年明けはどんな感じですか?ゆっくり休めましたか?
僕はもう少し休み……何しろ14連休ですから。

さて、年末の超バタバタが過ぎれば、まるで嵐の後のような静けさでした(苦笑)
電話もメールも殆どなし。目覚まし時計をかけない朝って何だか物凄く贅沢な感じがします。
とは言うものの、高校時代のように、起きたら夕方だった……なぁ~んてことはありませんけど(笑)
我が家の猫たちはお腹が空いたからと言って僕を起こすようなお行儀の悪いことはしませんので、
僕が置きだすまで僕と一緒にベッドの中でスゥ〜ピィスゥ〜ピィ(苦笑)
唯一、外のちか子のご飯をあげるために明け方に起きるだけ。あげたらベッドに逆戻り。
生憎、観たい映画が皆無という惨たんたる状態で、映画は3本しか観ませんでしたが、
あとは怒濤の年賀状書き550枚!(苦笑)でも、今年は結構、早めに書き終えたかな?
コツ、掴んだのです(笑)真面目な話し、指が腱鞘炎にでもなったかのよう……。

大晦日は去年に続いて仲良くしてくださっている方々と浅草でフグ。
皆さん、人生の先輩たちですが、折々にとても親切にして戴いています。
人を色眼鏡で見ないところが共通点かな?これって物凄く大きいです。
浅草ゲートホテルのバーで、美しい夜景を見ながらこの一年間のあれこれを……。
お互いの健康と今年への夢などを語らいながら楽しい会はお開き……。
早いですよ、5時からフグを食べ始めましたから、バーで飲んだ後のお開きは9時くらい。
雷門前は初詣で客対応の警察がそろそろ準備をはじめる頃……それを尻目にさっさと帰りました。

帰宅して「紅白歌合戦」にチャンネルを合わせたものの、
見たのは松田聖子と大竹しのぶ、石川さゆりのみ(笑)あっ!宇多田ヒカルも見た!
「シン・ゴジラ」の演出に大いに首を傾げ、X-JAPANの時には、
絶対に見たくないので部屋に上がりメールのチェック。
ところで、あの「シン・ゴジラ」のダッサい演出ってどうしちゃったの?(苦笑)
NHKって、その昔、山口百恵の「真っ赤なポルシェ」を「真っ赤な車」に変更させたりして、
商標をそのまま使えないんでしたよねぇ……。
まだ「シン・ゴジラ」上映している映画館あるんですけど……。
それって、ある種の宣伝になるんじゃないのかなぁ……。
それにしても、日本国中挙げて「シン・ゴジラ」を上げる風潮にはウンザリ。
いたって並の出来なのにね。何かの陰謀?裏があると思われても仕方ないです。

たった4組の歌手しか見なかったので何とも言えませんが、
おそらく、某アイドル系事務所の連中とアルファベットと数字の女の子が、
ウジャウジャと大挙して出て来たであろう去年の紅白歌合戦。
司会の男性の滑舌の悪さなんか今にはじまったことではないし(苦笑)
それにつけても、例の去年一杯で解散したアイドル・グループにまつわる騒動の顛末、
ネット上の誹謗中傷、ゴタゴタをもう見なくていいかと思うとホッとします。
真面目にどうでもいい話しで、友人たちとも話していたんですが、
国民的なアイドルと思っているのはファンの方々だけだろうし、
テレビで見る度に、画面からグループの不仲をひしひしと感じさせてくれたり、
やる気のない顔を見せられたり、仏頂面を拝まされたのはこちらもイヤな気分。
やっぱり公共の電波ですからねぇ……大いにプロ意識に欠けますよね。
グループだろうとコンビだろうと、不仲って言うことは多々ある訳で、
そんなもの隠して自分たちのキャラクターを演じるのがプロ。
それを一々顔に出され、見せられたのではこっちがバカみたいじゃないですか。
40歳もとうに過ぎている面々、チョッと子供っぽいかな。

それにつけても、長年の功労に対する事務所側の仕打ち、
去年の年明けの謝罪会見にはじまるあれこれ……。
矢張り、解散でも引退でも、その引き際は綺麗に華やかにしてあげるべき。
事務所のお陰で今の彼らがあるのも事実だろうけど、
事務所もどれだけ彼らに儲けさせて貰っているの?
後年、彼らの活動を振り返ってみた時に、一番最後のドタバタ劇しか浮かんで来ないじゃないですか。
少なくてもファンではない僕はそう。あの謝罪会見の陰鬱な顔しか浮かんで来ない。
1人だけを孤立させるように「戦犯」だの「裏切り者」と言う言葉を使い囃し立てるマスコミ。
1回このレッテルを貼られたらもう二度と汚名をすすぐことは難しいです。
だけど、真実は藪の中……インターネットに書かれたことの中で、どれだけ真実があるのか?
僕らも下品で無責任なマスコミに踊らされないようにしなくてはいけません。
グループの名前と言う看板が取れた今、各々の活躍をファンは期待するしかない。
今まで長い間、心をこめて応援して来たファンの皆さんの心根を思うと、
何だか切なくなりますね。どんなに大スターであろうとも、
いや、大スターであればあるほど、その大きさに比例して大勢のファンの人たちがいる訳です。
そのファンの気持ちを逆撫でし、ファン不在の今回の解散劇は、
日本の芸能界史上の最大の汚点、こんなに気分の悪い思いをするのは初めてかも。
新聞紙面を買い取ってメッセージを送ったファンの皆さんの団結力と愛情……凄いですよね。
CDを買ったり署名活動をしたりして頑張ったファンの心理を無視した今回の騒動。
事務所、慢心。驕れるものは久しからず。先ずはファン有りきと言うことを忘れてはいけません。

毎年〜「津軽海峡冬景色」と「天城越え」を交互に歌う石川さゆりを見るにつけ、
誰でしたっけ?ヒット曲が1曲あると一生、芸能界で食べて行かれるって言ったのは?(笑)
その台詞を思い出します。まぁ、鉄板、豪華なステージですけど他にはないの?
大竹しのぶの「愛の讃歌」……これはコワかった(苦笑)
あの歌唱を見て、ピアフが憑依したとか言う人もいるんでしょうねぇ……。
ブノワ。さん、兎に角、大竹しのぶが苦手で御座います。


元旦は根性入れて朝から晩まで年賀状書き(苦笑)
2日は、毎年恒例となっている、親友の店へ僕の絵画のコレクションを貸し出す作業。
午後は新年の映画の観始めに行って参りました……その映画は「君の名は。」
そして3日から恒例の箱根、東京に取って返して芝居の観始めに「華岡青洲の妻」……。
この辺りのことはまた日を改めて書くとしましょうか……。


BBTT7979.jpeg
BBTT7957.jpeg

今日の写真は湘南台の素敵な園芸店「Lucy Gray」の美貌の奥方に戴いた、
フランネルフラワーのドライのブーケ。薔薇と紫陽花のドライも入っています。
勿論、小さなカードに優しい言葉を添えて……。
写真に撮ると、チョッと色味が寂しいので、
これもまた以前に戴いたプレゼントの箱に入っていた、
オイルペーパーを廻りに足してみました。逆光に紙が透けて黄金色でしょう?
僕、フランネルフラワーって好きなのです。これで70本あります!
何と言う太っ腹……奥方のウエストじゃないよ、あくまでも言葉の綾ね((笑)

皆さん、今年もどうぞこのブログを宜しくお願いいたします!


2017年1月7日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2017 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
スポンサーサイト

category: 向き向きの花束。

tb: 0   cm: 6

△top

コメント

 

新年も落ち着いてきました

新しい年、新年もだいぶ普段の表情を
取り戻しつつあります。
twinsの冬休みも明日で終わり。
私の生活も普段通りの時間にもどりそうです。
肩から力が抜けそうです。

忙しい生活が待っているのはわかるのですが
しばらくはプールへ通いながらマイペースといたしましょうか。

映画も芝居も一切関係ない田舎の生活。
見たい映画もなかったし、芝居の生活は遠くの世界だし、
紅白も関係なかったし、ゆったりのんびり年末旅行も楽しみながら
2017年は幕開けしたのであります。
あ・・・・箱根駅伝だけは見ましたよ。
凄いですね、青山時代ですから。
こんなに強くなる時代が来るなんて
長い間考えたこともありませんでした。

そして、
毎日、ロマンスカーを見ながら、ブノワさんは箱根の新年を愉しんで
いるのだろうなと、思いを巡らしていたのでありました。

私たち家族は、のんびりゆったりと賑やかな二人の孫娘やその友達と
新年を過ごしました。なんてこともないメッセージでごめんなさい。

hibari #O5sb3PEA | URL | 2017/01/08 21:10 | edit

差し上げるつもりが…。

ブノワ。さま
わぁ〜〜っ!ブノワ。さんの手にかかると私の手元にあった時のドライフラワーとは見違えるようですね〜♪♪まさにブノワ。マジック!素敵な写真です♡♡
昨年ある所で見かけたフランネルフラワーのドライフラワー、目が飛び出るほどのお値段に、きっと自分で作ればガッポガッポ儲かるぞぉ〜と捕らぬ狸の皮算用で切り花のフランネルフラワーを仕入れてみれば、想像以上にお値段高く、普通に部屋で乾燥させようと思えばなかなか乾かず花弁も綺麗にドライにならないしとてもお代を頂戴出来る仕上がりではないので、お好きならブノワ。さんに差し上げようと思って花束にしたのにそっと渡して下さった封筒には、まさかのフランネルフラワーの代金が…結局返って散財させてしまいました(涙) 私が高い高いとブログに書いたので貰いヅラかったですよね〜〜反省です。
今年もまた色々な植物をドライフラワーに仕立ててみますので、また機会があれば今度こそプレゼントさせて下さいね!

やっぱりどんな世界でも引き際が肝心ですよね〜昔、実はスマップ好きでコンサートにも行ったことが有るんですが、まさかこんな形で解散するとは夢にも思いませんでした。どんな事情があるにせよプロデュースする側もされる側も最後まで演じ切っての幕引きであって欲しかった!残念です。
人生の引き際も見苦しくならないように人としてもっとブラッシュアップしなければと今回の解散劇を観ながら思ったのでした!

毒妻より

moss #eI7kCc7Y | URL | 2017/01/08 23:34 | edit

アッと言う間ですね。

hibariさんへ。
おはようございます。メッセージどうもありがとうございます。
今年も宜しくお願いいたしますね。
さて、正月もアッと言う間に過ぎました……。
僕の場合、生活のリズムを狂わされるものがないので、
いたってマーペースで日々を過ごしましたが、
それでも矢張り正月ならではの空気みたいなもの?
そんなこんな楽しみながらの14日間……明日でお仕舞いです。
どこか静かなところで生活をしたいと思いつつ、
大きくそれを阻むのは仕事と運転免許がないこと。
この2つは致命的なんですが、あとは映画や芝居から離れたくないこと……ですか。
そろそろ晩年のことを考えるお年頃になりましたから(苦笑)
呑気なことは言っていられないんですけどね……。
箱根駅伝は見ましたよ。僕が見ていた頃は早稲田が強かったかな。
ロマンスカーは止まり過ぎです。極端なことを言えば、
新宿の次は町田、その次は小田原でもいいくらい。
僕はメトロ・ロマンスカーですからもっと止まるの(苦笑)
箱根はいつも同じ宿です。たまには違うところに……と思うのですが、
やっぱりいつも同じ「福住楼」(笑)来年もまた同じでしょう。
何やら世界的には嵐が来そうですが、素敵な年になるといいですね。
先ずは健康第一です。hibariさんも無理されませんように。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2017/01/10 08:16 | edit

根性入れました(笑)

mossさんへ。
おはようございます。メッセージどうもありがとう。
写真、綺麗でしょう?根性入れましたから(笑)
綺麗に撮れていなかったらどつかれるでしょう?(爆)
目が飛び出るほどの値段……僕は息が止まりました(笑)
お値段聞いて「あぁ、これでこの旅は終わった……。」って(爆)
ガッポガッポの皮算用が出来るところがmossさんの凄いところですが、
その皮算用が大きく外れるところもmossさんらしい(笑)
「だから可愛いのよ!」って言わないでね。返事に困るから。
大丈夫です、元々戴くつもりなんて毛頭ありませんでしたから。
値段の交渉をするつもりもないし(笑)イヤでしょう?お金のことって口にするの。
そうそう、僕ね、値切ることも絶対に出来ない。
タイとかバリ島でよく友人に怒られました。言い値で買っちゃダメって。
でも、ガーデニングショウとかの初日にいるんですよね、
値切って来るオバハンが……もれなく大阪弁(苦笑)
色々とドライにしてみてください、希望は蓮の花!
一回、南青山の「カントリーハーベスト」で譲って貰ったことがあるんですが、
それはそれは素晴らしい蓮のドライでした。
あの店はドライが美しくし上がるそうです。店の諸々の環境かな?
mossさんがファンだったとは知りませんでしたが、
あのゴタゴタはチョッとヒド過ぎましたよねぇ……。
ファンではない僕でさえ「いい加減にしろよ!」って思うもの。
それだもの、何十年もファンで来た人たちの心中は如何に……。
mossさんが誰のファンだったか聞きませんが、3日前に釣った魚のように、
覇気のない目でつまらなそうな顔でテレビに出るな!そう思います。
まぁ、グループ名の看板が取れましたから、
各々が自分の個性でもって活躍してくれることを願います。
しかし、メリーだかジャニーだかジュリーだか知らないけど、
(何故カタカナが名前に入る?ジャンボ、ジェット、ジョーって言うのも苦笑だけど)
老害著しいです。このままじゃマズいですよね。
アイドルの質も次第に落ちて来ているし(その辺のお兄ちゃんの方が格好いい。)
兎に角、解散のフィナーレを上手く演出出来なかったことが事務所の力の周落の証です。
昔みたいにアイドルグループに黄色い声を上げる時代ではないのかもしれません。
僕がいまだに山口百恵のファンである最大の理由は、
活躍していた当時は勿論、大好きでしたが、引退後、一回も出て来ないでしょう?
その辺のキッパリと潔いところも大きいです。
たった一回出て来たのは、アン・ルイスが「ヒットが欲しいから名前を貸して。」
と、お願いされて作詞した時だけ。ハッキリしていますよね。
普通の女の子になりたい彼女たちや普通のオバサンになりたい彼女、
相変わらずテレビに出ていますもんね。
昔のシンデレラなんてファンの夢をダイナマイトでぶっ飛ばしちゃったし(笑)
人生の引き際ねぇ……どうです、mossさんと僕で、
合同の生前葬とか(笑)死んでから何されても嬉しくないし、
第一、僕、105才まで生きるそうなので誰も見送ってくれないでしょう?
生前葬して、その対応で今後の友達関係を見るって言うのはどう?(笑)
今年もヨロシクです。次なるドライもね!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2017/01/10 08:39 | edit

青空が素敵でした。

ブノワ。兄さん、お久しぶりです!

この正月は空が碧くて素敵でした。
いつものように大晦日に実家に帰って、元気そうな母の様子にほっとして
富士を眺めながら移動してきました。
どういうわけか、正月に見る富士はおめでたい気分にさせてくれていいんですよね(笑

紅白はうたたねしながら横目で眺めてたんですけど、
大竹しのぶさんの声の出方にびっくりしながら
「きっとブノワ。さんは『うわわ、コワイなー』って思ってそう」
ってふと思ったんですよ(笑
僕は大竹しのぶさん、決して嫌いじゃないんだけど
なんというか後ろめたさがなさすぎるとでもいうか、
見ている人を不安にさせる何かがあるような気がします。

人間って、自信と不安とか、優しさと厳しさとか
行ったり来たりして逡巡する様が面白い生き物だと思うんですけど
何処か一方向にだけ迷いもなくひたすら流れて行く人をみてしまうと
仮に魅力がある人であっても、自分とは関わりのない人なんだろうなぁ
なんて思ってしまいます。

ふと、久しぶりに「ディア・ハンター」が観たくなりました。
中学生の頃に観た時には「なんてだらだらと長い結婚式の様子なんだ」って思ったけど
今見たらどういう気分かな...
ブノワ。さん、何度も見直したい映画と言ったら、今は何ですか?

harry #sqY8G2vg | URL | 2017/01/11 23:43 | edit

良かったです。

harryさんへ。
こんにちは。メッセージどうもありがとうね。
返事がスッカリ遅くなってしまいました、ゴメンなさい。
何だかね、年明け早々バタバタなんです……チョッと拍子抜け。
正月は人が少なくていいですよね。東京も思い切り空気吸えます(笑)
そうね、富士山はそうじゃなくてもおめでたい感じがしますから、
正月は尚更かもしれませんね。空も高くて青くて綺麗だし。
お母さま、元気そうで何よりです。僕もとても嬉しいなぁ。
大竹しのぶって、映画「事件」の頃から何も変わっていないの。
廻りにいいスタッフいないんじゃないかしら?
褒めるだけ?確かに上手だと思うけど、もう大女優への道まっしぐら?
本当にそうかしらン?僕はそう思っちゃうの。
「ピアフ」を観たけれど、想像通り、全く予測の範疇。
新しさって言うかな……見る度に驚かされる何かがないの。
この役だったらこう演じるだろうな……そのままこちらに提出される。
harryさんの言う「一方向にだけ迷いもなくひたすら流れて行く人」がね、
何の疑問もなく「自分は上手い、もう大女優!」的なもの、
僕が大竹しのぶに感じる何となく居心地悪さのことかもしれません。
あと20年後を見てみたいです。コロッと意見変わるかもしれないし。
「ディア・ハンター」はチョッと前に劇場で見たんですよ。
今、やっているでしょう?「午前10時の映画祭」って。
あの結婚式を含む前半、全体の半分くらいの長さがあるでしょう?
鉄工所で働く仲間たちの日常、鹿を狩る時の姿勢、
「One shot !」……鹿は1発で仕留めろって言うマイケルの信念ね。
で、ワイングラスから白いシャツにこぼれる1滴の赤ワイン……。
そこから怒濤の戦場ですもんね……僕の生涯のベスト3ですけど、
今観ても新鮮で骨太で、全く変わらぬ評価でした。
因にあと2本は「サンセット大通り」と「ソフィーの選択」……たまに入れ替わります(笑)
マイケル・チミノは次作の「天国の門」で同じようなことして大失敗したんですよ。
その時のイザベル・ユペールが今年の賞レースで大活躍ですね。
何度も見直したい映画……何でしょうね。上記の3本は勿論だけど、
「ヤング・フランケンシュタイン」「ペーパー・ムーン」「おかしなおかしな大追跡」かな。
全て僕のヒロインのマデリン・カーンが出ています。
彼女の演技、コミカルなところは僕のまさにツボです(笑)
harryさんの何度でも観たい1本は何かな?

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2017/01/15 17:01 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://nioinoiihanataba.blog.fc2.com/tb.php/392-d0ec854f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top