巨星墜つ。 

 

PICT0074-3.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

早朝から驚きのニュースが流れました……。
平 幹二朗さんが亡くなったのです。まさに寝耳に水、青天の霹靂、
つい先日、三軒茶屋で「クレシダ」の圧倒的な演技を見たばかりでしたから……。

これが長の闘病を知っていたのなら、どこかやっぱりの得心もしますが、
何でもお風呂場での事故だそうです……本当に残念です。
日本の演劇界は掛け替えのない不世出の大俳優を1人失いました。

僕は平さんの全ての芝居を観ている訳ではありませんが、
同じ時期に生き、その素晴らしい演技を目の当たりに出来た幸運、
平さんの演技から受けたインスピレーションは計り知れないものがあります。
本物を見たからこそ見えて来る色々なもの……。

シェークスピアを筆頭に、どの舞台においても圧巻の台詞術が目を引きます。
朗々と威厳に満ちた台詞術……その劇場空間に響き渡る声色は、
一人一人の観客を包み込む魔法の声。僕たち観客をあらゆる時代へと誘います。
時に見上げるだけで登頂不可能な雄大な山、時に底も見えぬ海のように……。
矢張り、役者は「声」だと思わせてくれる偉大な俳優でした。
どの舞台も存在感溢れる素晴らしいものでしたが、
僕が印象深く思い出すのは、三島由紀夫原作の「鹿鳴館」(2004年上演)で、
佐久間良子と愛息子の平 岳大と共演した時の影山伯爵役です。
冷徹で残忍で、研ぎすまされた刃のように尊大な影山伯爵。
愛だの恋だの人情だの、人としての温かい感情と言うものを蔑み、
忌み嫌う伯爵が、自分の妻と前の恋人の清原の間に流れる真の愛情に気が付いた時、
身悶えするような嫉妬の感情に苛まれ、自らの中に存在した嫉妬と言う、
おおよそ俗人の感情に驚愕し、自らの中に流れる温かい血に愕然とし、
人としての感情に流されまいとして奸智に長けた策略をろうする辺りの、
苦悶する姿を威厳ある台詞と大きな芝居で表現していました。



巨星墜つ……。

まだまだこれからも素晴らしい舞台を見たかったのに……。
平さんから受け取った美しきものへの審美眼、
身をもって見せてださった舞台の本物のあり方は、
決して忘れることなく一生の財産になることでしょう。
二度と現れることのない大俳優に心からの感謝と尊敬の念を込めて、
心よりご冥福を祈りたいと思います。


2016年10月24日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2016 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト

category: 天井桟敷の人々。

tb: 0   cm: 4

△top

コメント

 

悲しいです。

ブノワ。さん、こんばんは。「クレシダ」
観てみたいなとブノワ。さんの記事を知り
思ったのが、ついこの間でした。

平さんとの出会いは、大河ドラマでした。
小学の頃です。あれからテレビの画面、
新聞などで活躍を観ていました。

平さんの舞台、いつか拝見したいと思い
ましたが夢叶わず。読売新聞の編集
手帳は平さんと付き合いがある編集の
方が平さんの追悼の記事を書かれていま
した。

美貌では仲代達矢に勝てず、個性ある顔で
売りたくても田中邦衛がいてと外見に
コンプレックスがあって引け目は芸を
磨くと。

気になっている人がいたら、足を運んで
芸術の世界を自分なりに感じてみたいです。

今も、平さんのシーンの記憶があります。
時代劇、現代劇。舞台の平さんを拝見した
かった・・・・・・。残念でなりません
 

愛 #pdK/Zy5g | URL | 2016/10/25 21:08 | edit

ついこないだ「クレシダ」の記事をここで読んだばかり、
近所なのに見に行かなくて残念!
でもまた。と思ったのも束の間。
二度とまたは無くなりました。
大ファンと言うわけではなかったけれど、
地の底から響くような声は魅力的でした。
外国物のお芝居で外国人の顔を作っても違和感が無い俳優さんだった。

主役をつとめればもちろんの事、
大女優さんの相手役にこれほど存在感のある人が他にいるでしょうか。
勿論これから良い役者さんが育ってくるでしょうが、
その間おおきく空いてしまった穴をどうするのでしょうね。

男の俳優さんは年を取ってからのほうが素晴らしい場合が多々ある気がします。
それにしても82歳だったんですね。
とてもそうは見えなかった。
悔やまれます。






ムー #qiVfkayw | URL | 2016/10/25 21:43 | edit

本当に哀しい……。

愛ちゃんへ。
こちらにもありがとう。
本当に哀しいね、まさに寝耳に水ってこう言うことなのね……。
朝、ニュースを聞いてにわかには信じられなかったものね。
この前「クレシダ」の圧倒的な演技を見たばかりだったし……。
平さんはテレビや映画、どの仕事も大きな演技で素敵だったけど、
やっぱり小さな四角の中には納まらない人なのね。
大舞台でこそ映える人、空気が一変するマジック。
その瞬間を一緒に過ごせたことが僕の宝物です。
偉大な俳優の生の演技はその時にしか見られませんからね。
悔いることなく貪欲にこれからも舞台を見て行きたいな。
アンテナを張って足を運ぶ……その気持ちは忘れないでいたいですね。
いつか一緒に舞台を観ましょう。春には麻実さんの名演が再演されるよ。
良かったら出て来ない?チケット取りますよ。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/10/31 10:40 | edit

大きな穴がポッカリ。

ムーさんへ。
おはようございます、もの記事にもメッセージありがとう!
本当にビックリ仰天の朝でした……いまだに信じられないかも。
息子の平 岳大さんはお父さんにソックリになって来ましたね。
そうそう、昔ね、僕、岳大さんにソックリって言われたことがあるんですよ(笑)
ブログの記事ってどうしても遅れがちになるじゃないですか。
いいものはなるべく早めにアップ出来ればいいのだけれど……。
毎日〜仕事や雑事に追われていて、余裕がないのもあるけれど、
気にしていたものがとっくに終わっていたりしますよね。
アンテナ張らないとダメだなぁ……そうも思った今回のエピソード。
僕が敬愛する映画ブログのお姐さまが「見渡す限りの大根畑」と言いました(笑)
そんな日本の演技陣の中で本物の輝きを持つ方でしたね。
役者は矢張り「声」……そう思わせてくれる人でもありました。
ムーさん、マメマメしく劇場に通いましょう。
今度、劇場デートします?(笑)

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/10/31 10:54 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://nioinoiihanataba.blog.fc2.com/tb.php/363-ce15cd7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top