結城美栄子個展……The Owl and the Pussy-Cat。 

 

BBTT5556.jpeg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

暑い夏も一段落……。
一足早く、芸術の秋に相応しい展覧会に行って来ました。
六本木はAXISビルにある「SAVOIR VIVRE」で開催されている、
結城美栄子さんの陶人形展「The Owl and the Pussy-Cat」です。

先ずは初日に駆け付けました。
いい作品はアッと言う間になくなってしまいますからね。
今回はエドワード・リアの「フクロウと仔猫ちゃん」がモチーフになっています。

仔猫とフクロウが空豆色のボートに乗って航海に出るはなし。
少しばかりの蜂蜜と沢山のお金を5ポンド札に包んで……。

BBTT5587.jpeg
BBTT5584.jpeg
BBTT5568.jpeg
BBTT5535.jpeg
BBTT5532.jpeg
BBTT5536.jpeg
BBTT5547.jpeg

元々、結城さんがよくもチーフに使う猫とフクロウも、
こうして一つの詩で括るとまた新たなストーリーが見えて来ます。
擬人化された猫とフクロウ、それぞれに物語があり、
見るものに想像力を働かせ、遥か遠くの世界に誘います。

BBTT5531.jpeg

一緒に行った友人は会場の一番奥に飾られた「ブルームーン」に釘付け。
早速、お買い上げとなりました。店舗に飾るそうです。
きっと、壁に掛けた時の効果や、お客さまの反応が見えたに違いありません。
僕は猫の小さなお面を購入……これはまた今度お見せしますね。




The Owl and the Pussy-Cat : Edward Lear

Went to sea,
In a beautiful pea-green boat.
They took some honey and plenty of money.
Wrapped up in a five pound note.
The Owl looked up to the stars above,
And sang to a small guitar.

"O lovely Pussy! O Pussy, my love,
What a beautiful Pussy you are,
You are,
You are!
What a beautiful Pussy you are!"


Pussy said to the Owl
"You elegant fowl,
How charmingly sweet you sing.
O let us be married, too long we have tarried,
But what shall we do for a ring?"


They sailed away,
For a year and a day.
To the land where the Bong-tree grows.
And there in a wood a Piggy-wig stood,
With a ring at the end of his nose, his nose, his nose,
With a ring at the end of his nose.

"Dear Pig, are you willing
To sell for one shilling your ring?"
Said the Piggy, "I will"

So they took it away, and were married next day,
By the Turkey who lives on the hill.
They dined on mince, and slices of quince.
Which they ate with a runcible spoon.
And hand in hand, on the edge of the sand.
They danced by the light of the moon,

The moon, the moon,
They danced by the light of the moon.



それから会場の反対側に素敵な器を扱うスペースがあります。
オーナーの確かな目で選ばれた美しくて使い勝手のいい器たち。
お小遣い程度の値段で素敵な器が手に入ります。
料理を作ってから器を選ぶのではなく、先ず、器ありきで料理をするのも一興です。
料理をする楽しみがさらに倍増すると言うものです。
僕はチョッと思うところがあって、高橋禎彦さんのコップと、
工藤和彦さんの片口小鉢を譲って貰いました。
それはまた今度、いずれかの機会にお見せ出来ると思います。

10月10日まで開催されています。どうぞ皆さんも足を運んでみてください。
会場には殆ど毎日結城美栄子さんとご主人の猪野佳久さんが詰めていらっしゃいます。
遠慮せずに感想など、お話ししてみてください。凄く喜ばれると思います。
また、こんな作品が欲しい……相談してみてください。
以外に、注文制作ってしてくださるものです。


「SAVOIR VIVRE」
東京都港区六本木 5-17-1 AXIS ビル 3F
Tel : 03-3585-7365/Fax : 03-3585-7400
営業時間:11:00 〜 19:00
水曜定休日(水曜日が祝祭日の場合は営業)


2016年10月2日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2016 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト

category: 展覧会の絵。

tb: 0   cm: 6

△top

コメント

 

とても楽しく拝見致しました。

ブノワ。さん、こんばんわ。結城さんの作品展の写真、いつも思うの
ですが、絶対に誰もいなくなった真夜中に、ああでもない、こうでも
ないって作品一つずつ話していそうなほど。作品の置いている位置が
微妙に動いていたりしそうです(笑)。動き出しそうなんだもの。

TOPの写真のお二方、もうこの写真だけで、いろんなストーリーが
浮かんできちゃっています。他の作品からも話し声が聞こえて
きそうです。ユーモアあり、ロマンスがあったり、みんなで一致団結
して悪代官のような悪者に立ち向かっていったりしそうな感じが
したり(笑)。作品から物語を感じています。

ブルーの猫は、どこかルビーの雰囲気かも・・・・・・。イカミミな猫も
みんな愛らしくて。拝見していて心が楽しくなりました。なかなか作品展
には伺えませんが、機会があったら、ゆっくりとまた拝見してみたい
です。

お友達のお店にはブルームーンのオブジェが飾られるのですね。
とっても素敵です。以前拝見した太陽と月のオブジェも素晴らしかった
です。注文も意外にも可能なのですね?。ブノワ。さんが連れてきました
猫のお面や、作家さんの器、楽しみにしています。

ギャラリー、場所はインプットしたんですよ。アマンド通り過ぎて真っすぐ。
東京タワーも遠くに見えたすぐ先でしたよね?。私のアバウトな記憶だけれど
アマンドを背にね、ずっと真っすぐですからね。器も素敵な
ギャラリーですよね。どこでもドアが本当に欲しい今日この頃です。

愛 #- | URL | 2016/10/04 20:43 | edit

耳が~

猫の耳が、これは猫を飼ってないとわからない表情じゃない?
というくらいリアルです。
写真のオッドアイの茶白ちゃんが好き。
絵なら前側しか描かなくてすむけど、
横に並んだ背中の表情が生き生きですね。

あ、タンタンがいる(笑)
お洒落なタンタンはブルームーンをお買い上げなんだ。
飾られたお店の様子も拝見したいです。
もちろんブノワ。さんの猫のお面も。



ムー #qiVfkayw | URL | 2016/10/04 21:59 | edit

追記です。

自分のコメントを編集しようとしましたが、上手くいきません(汗)。テーマ作品はまだ存じていないので、じっくり原作を調べてみますね。

結城さんの作品から、テーマとなった
作品を知るきっかけになったりと
芸術は奥が深いです。

また、いろいろと教えてくださいね。

愛 #pdK/Zy5g | URL | 2016/10/04 22:15 | edit

遅くなりました。

愛ちゃんへ。
おはようございます、メッセージどうもありがとう。
随分と時間が経っちゃったけど、仕事がバタバタなのだ……。
ゴメンね。今朝は比較的ゆっくりなので……。
作品から物語……結城さんの作品の特徴ですよね。
やっぱり女優だからかな。結城さんの中の世界が溢れる感じ。
イカミミなんだけどね、結城さんって猫飼ったことないのね。
犬派なんだと思うんだけど、物凄く特徴を捉えていますよね。
制作の時、きんを貸しましょうかって言う話しもあったの(笑)
1日くらいなら放し飼いにしても大丈夫だしね。
あ……オシッコが問題かな(笑)結城さんちでされても困るし(苦笑)
結城さんは注文も受けてくれますよ。
凄く仲良くなったキッカケは注文制作をお願いしてからだしね。
猫のお面や器は追々ね(笑)何だか最近殆ど余裕ないのだ。
一応、写真はその都度、撮り溜めてはいるんだけどね……。
「SAVOIR VIVRE」は間違えようがないじゃない?
迷ったらそれこそ一大事、まぁ、愛ちゃんならありそうだけど……。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/10/13 06:36 | edit

それがですねぇ……。

ムーさんへ。
おはようございます。こちらにもありがとう!
それがですねぇ……結城さんは犬だったのですよ。
今はいませんけど、前は犬を飼っていました。
何なんでしょうねぇ……犬も猫も共通するものがあるのかな?
平面の作品と違って立体は難しいですよね。
猫の感情を凄く掴んでいて凄いなぁと思いました。
タンタンね……ダメですよ、その気になるから(苦笑)
実は彼はタンタンのものを集めているんですから……。
はっ!もしかして意識していたのか?!今度、聞いてみます(笑)
宜しかったら作品を見に店に髪の毛を切りに行ってやってください(笑)
僕のお買い上げはチョッと色々とあって交換して貰ったんです。
あっ!差額を払いに行かなくっちゃ!
ムーさんもお時間があったら「SAVOIR VIVRE」に行ってみてください。
沢山の器が並んで素敵な店ですよ。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/10/13 07:09 | edit

そこがいいんだよね。

愛ちゃんへ。
おはよう!メッセージどうもね。
芸術ってそこが面白いんだよね。いいものは広がりも大きい。
こちらも常にアンテナを張っていないとダメなんだけどね……。
また色々と一緒にやりましょうね。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/10/13 07:11 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://nioinoiihanataba.blog.fc2.com/tb.php/356-1cf4ea99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top