匂いが希薄な「後妻業の女」。 

 

ATSU0101.jpeg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

楽しみにしていた「後妻業の女」……観てまいりました。
最近、流行のアニメ、コミックの実写版、
食指がまったく動かない日本映画の中で、
久しぶりに何やら面白そうな予感……がしましたから。
仕事の合間を縫って駆け付けた劇場は、
中高年の観客で埋まり(どちらかと言うとお年寄りが多い……。)
僕なんか一番ヤングな部類(笑)ここ、劇場は日本橋ですからね、
都心を離れたらどんな客層なんでしょう……。


さて、舞台は大阪……。
今や老いも若きも日本国中をあげて「婚活」真っ盛りと言われています。
僕はこの「○○活」って言う言葉が大嫌い(苦笑)……ま、そこは置いといて。
武内小夜子(大竹しのぶ)は結婚相談所の柏木 享(豊川悦司)と組んで、
高齢で資産家の男を狙って「後妻業」をしています。
老い先短い資産家の男と結婚し、早々に死んで貰い遺産を手中に……。
時には間接的な殺人をも厭いません。あっけらかんと平然と、
全く罪の意識のない女と被害にあった男、
そしてその家族、探偵などを巻き込んでのコメディです。

先ず、一番強く感じたのは、大阪の匂いが稀薄だと言うこと。
不思議です。大阪(関西)出身の俳優を多用しているのに、
意外なほどあっさりな感じ……僕らが勝手に想像する大阪のギトギト、
コテコテ感や、バイタリティー豊かな「大阪」が感じられないのです。
人間臭さ、汗臭さみたいなもの?裏社会に生きる人間たちのえげつなさ……。
そんなものが全く感じられませんでした。

スピルバーグの「宇宙戦争」の時に、
世界各国に襲来した宇宙人を、大阪だけが撃退したと伝わるシーンがあります。
この時、ネット上では「大阪のオバちゃんが竹槍で宇宙人を撃退した」……。
そうまことしやかに噂が流れ、大いに笑ったものです。
いかにも大阪のオバちゃんならやってくれそう(笑)
大阪のオバちゃんを表すのにピッタリではありませんか。
そんな勝手なイメージもあってか、サラっとした「大阪」の表現に拍子抜けでした。
それって、やっぱり昔と今の役者の質の違いなのかな?そうも思います。
往年の左 幸子なんかがやったら凄かったでしょうねぇ……。

豊川悦司……いかにも影の社会で暗躍してそうな感じの男を好演。
この人の持っている匂いでしょうか……良く生かされていたと思います。
伊武雅刀、森本レオ、六平直政、津川雅彦……小夜子に騙される男を演じて妙でした。
長谷川京子、尾野真千子は騙された男の娘をそれぞれのキャラクターで演じわけ、
とりわけ尾野真千子は気丈な性格で小夜子と渡り合い、
大竹しのぶとお決まりのくんずほぐれつの大バトルを見せてくれます。
ただし、この女同士のバトルって何もこの映画に限ったことではありません。
映画、演劇の歴史の昔から、快挙にいとまがないほどの名場面あり。
「通天閣どころやない……スカイツリーや!」の笑福亭鶴瓶師匠は勿体ない使い方……。
この方は非常にに達者な方、もうすこし演技のしどころが欲しかったと思うのです。
小夜子を演じた大竹しのぶ……僕、この方の芝居は苦手なのです。
「事件」の時に法廷で「Sexですっ!」と絶叫する芝居から何も変わっていない。
芝居は達者だと思うのだけど、それ以上でもそれ以下でもない。
日本の女優の中ではピカイチと言われていますが、何かもう一つピンと来ません。
どうして皆さんこぞっていつも大絶賛なのか理由が分かりません。
舞台「ピアフ」の時もそう。彼女ならこうするだろうと言う範囲での驚きしかないの。
その大竹しのぶが一番凄かったのは貴志祐介原作、森田芳光監督の、
「黒い家」です。これは凄かった……原作も傑作でしたが、
感情が全くない殺人鬼を大竹しのぶが熱演。
この時ばかりは、なんて凄い女優なんだろう……そう思ったものですが、
「後妻業の女」に関しては並の出来……かな。

「後妻業の女」……★★★★☆……45点。


2016年9月16日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2016 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
スポンサーサイト

category: 映画館へ行こう!

tb: 0   cm: 2

△top

コメント

 

「後妻業」は黒川博行で読みました。
なんだか凄い話だなと思ったらそっくりな事件があってもっと驚いた。

映画の「後妻業の女」
大阪の匂いが薄いなんて駄目ですよねー。
混沌として何でもアリな大阪だからえげつなさやユーモアが出るんじゃないね。
<竹やりで宇宙人をやっつける大阪のおばちゃん>いいなー好きだなー(笑)
主役の小夜子は大竹しのぶは適役だと思ったけど、
確かにねー見る前から想像できちゃうのよね、みんな似ちゃうし。

整形しながら逃げた福田和子事件のドラマ化で主役やったの誰だっけ。
TVで見たけど面白かった。
脇役だったけど大楠道代が好きだったなー。

豊川悦司の匂いって、それ納得する。
こういう映画って匂いが肝心なんだ。
下高井戸シネマに絶対来るねー見ようっと(笑)






ムー #qiVfkayw | URL | 2016/09/16 22:05 | edit

読んだんだ……。

ムーさんへ。
おはようございます。スッカリ秋の気配ですね。
いつもメッセージどうもありがとう。これ、原作を読んだんですね?
事実は小説より奇なり……現実はもっと凄かったりしてね。
そこそこ面白いんだけど、何か物凄く足りないと思ったら大阪の匂い……。
致命的ですよね。何だろう……僕は役者の質だと思う。
昔の浪花千栄子みたいなね、いなくなりましたよね。
浪花さんの大阪弁は非常に美しいそうですね。
竹槍で宇宙人をやっつける大阪のオバちゃん……いいですよねぇ(爆)
大竹しのぶは本当に苦手。全員、右へ倣えで大絶賛が気持ち悪い。
福田和子のドラマはまたまた再放送したみたいですね。
僕も一番最初の時に見ました。演じたのは寺島しのぶ。
こちらも達者な人ですよね。大楠道代は映画の衰退でスターになり損ねた人。
大映の最後のスターですね、安田道代時代……。
大楠道代がアカデミー賞獲った時に小川真由美がプレゼンターで名前読めなかったんですよね。
本当、匂いって大事です。僕、力説しちゃう!
下高井戸で「64」やるでしょう?是非、観に行ってください。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/09/19 07:07 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://nioinoiihanataba.blog.fc2.com/tb.php/349-e01dcaf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top