大人の時間。 

 

REMI7401.jpeg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

7月の上旬……親友のYちゃんが、旦那のAくんの赴任先の香港から一時帰国しました。
今、2人は香港で暮らしています。旦那のAくんはフランス人。
今回はAくんはお留守番、Yちゃんが子供2人を連れて一時帰国です。

彼らとはもう長い付き合いで、結婚前からですから、かれこれ15年にもなるでしょうか……。
勿論、ロワールの古城で執り行われた結婚式にも出席しました。
(僕が三味線を弾いて親友Tがかっぽれを踊った……勿論、着物で。)
僕はまだそれほど親しくなく、どちらかと言うとTにくっ付いて行った感じだったんですが、
そんな僕にまで非常に親切で、気持ちのいい丁寧な扱いを受けたことを覚えています。
それから旦那でフランス人のAくんが仕事で赴任したジュネーヴを訪れたりもしました。
手料理で持て成してくれたり、本場のチーズフォンデュをご馳走になったり……。
聡明でサバサバと頭のいい奥さんのYちゃん(日本人)と、
日本人以上に日本人らしいフランス人のAくん……。
親切で丁寧で、礼儀正しく……チョッと褒めたら、

 「日本人も昔はそうだったでしょう?」

って言われちゃった(苦笑)
折々にお互いの都合を見て丁寧な付き合いをしてきた……そんな感じです。

REMI7375.jpeg
REMI7376.jpeg
REMI7382.jpeg
REMI7384.jpeg
REMI7386.jpeg
REMI7388.jpeg

さて、今回は3人で渋谷の「高太郎」に行きましたが、
3月に夫婦2人で一時帰国した際は、阿佐ヶ谷の「山猫軒」に行きました。
僕とTは「山猫軒」は初めてだったので、駅の改札を出たところで待ち合わせました。
そこに夢のように可愛らしい2人の子供(姉妹)が挨拶と称して顔を見せ、
暫し大きくなった驚きと、人形のように愛らしい姿に見惚れている内に、
Yちゃんのお母さまがいらして、ひとしきり挨拶をした後、2人の孫を連れて帰って行きました。
そう、AくんとYちゃん、僕らと会う時には絶対に子供は同席させません。
大人の時間は大人のもの。子供はまた別の時間を作って可愛がっている……そんな感じです。

チョッと小耳にして驚いたのは、去年の5月に僕主催で盛大に開いたパーティ。
AくんもYちゃんも遥々香港から参加してくれたのですが、
よく聞いてみると、2人が東京に来るにあたり、
Yちゃんのお母さまがわざわざ入れ替わりで香港まで出向き、
2人の孫娘の面倒を見てくれたそう……頭が下がりました。そんなこと一切言わないんだもの。
偶然、知っちゃったけど、それ程までの段取りをしてくれて参加してくれたとは……。

彼ら夫妻と長年にわたって素晴らしい友情を築いてこられた理由は、
彼らが信頼出来る人間だと言うことと、気心が知れていることもあるけれど、
お互いを尊敬し、深い理解があるからだと思うんですが、
もう1つ、彼らはきっと意識していないと思うのだけれど、
とても大きな理由があるんです。大人と子供の時間をキッチリ分ける……それがあると思います。

今、日本ではどこにでも子供を平気で連れて来る風潮がありますよね。
ベビーカーの普及も一役買っているのかもしれません。
自分が遊びたいからと、どこにでも子供を同伴する……チョッと勘弁願いたいです。
なぜなら、子供が1人いることにより、全てが子供中心になってしまうからです。
始めから子供が一緒であることが分かっている集まりはいいでしょう。
子供が来る集まりだと認識して皆さん来る訳ですから。
ただ、そこには僕は行きません……大人の集まりに子供がたった1人入ることにより、
全て子供中心で台無しになることも多いです。
子供と言っても、高校生くらいにもなれば、
誘う際に親も子供と一緒の方が出やすければ、

 「子供も一緒にご飯食べない?」と、そう声を掛けます。

前にとっくに子育てを終えて自由気ままに暮らしている女性に聞きました。
子供が小さい時はどうしていたのか?って。
その女性は子供最優先で、自分の楽しみは極力封印し、どこにも出掛けなかったそう。
お母さんだってガス抜きは大事です。お父さんや家族の理解と協力も必要です。
だって、1人で子育てなんか出来ないですもん……。

今は利益最優先で居酒屋に「キッズ・ルーム」なるものがあり、
紫煙もうもうたる店に子供連れでたむろし、酒を飲み、煙草をくゆらせ、
ギャァギャァ騒ぎ走り回る子供たちを諫めるどころか、
夢中になって夜中まで旦那の悪口に花を咲かせる若いバカな母親たちが多いです。
終電間近のギュウギュウの電車にベビーカーで乗り込んで来るカップルとか……。
子供、疲れ切ってグッタリしているじゃない(苦笑)
この前ビックリしたのは、夕方の帰宅ラッシュの駅のホームで、
ベビーカー4台連ねて乗り込もうとしているバカ母親軍団(苦笑)
そこまでして遊びたいのか?もう少し我慢が出来ない?
車の中に子供を置き去りにしてパチンコに熱中。子供が熱中症で死んじゃったり……。
この点描はごくごく一部の親たちのことだと思いたいです。
こう言うことを書くと「育児を頑張っている人に理解がない。」
「だから少子化になるんです!」などと、
トンチンカンなことを書いて来るピント外れの人もいます(苦笑)
話しが大きく逸れましたね……友達との関係って難しいです。


大親友が連れて来た恋人が変な奴で疎遠になったり、
結婚してなかなか時間が取れなくなったり、また子供でも生まれようものなら、
生活の中心が子供になってしまい、前みたいに一緒の時間が過ごせなくなる……。
仕方ないのかもしれないけれど、なかなか難しいですね。
お互いの生活が変わってまで良好な関係を築くのは至難の業です。


写真は3月の「山猫軒」での料理の数々。美味しかったですよ……値段も手頃だしね。
また今度、友人を誘って行きたい……そう思いました。


2016年8月13日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2016 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト

category: 向き向きの花束。

tb: 0   cm: 2

△top

コメント

 

そうなのよねー

確かにね、吠える犬と騒ぐ子供ははっきり言ってウルサイ。
どっちも他人の顔色を見ながらってやるってところが特に嫌。
「ほらオバチャンが恐い顔してるよ」
してますとも(笑)
でも公園ではしゃぐ子供やドッグランを走り回る犬は大好きよ。

子供嫌いは一人っ子だからよ。と言われたこともあるけど、まあね(笑)
子供は天使とか、そういうことを言われると嘘つけと思うもん(笑)

子供を連れてくるお母さんて子供が騒いでも汚しても割と平気なの。
転ばないか、変なもの口にしないか、ソファーに食べ物くっつけないか(笑)
何故か私がハラハラと見守ることになって、とてもじゃないけど話に集中できなかった。
電話でいいよ。もう。って時代が長かった。

今は留守番させると虐待になるとかで一人に出来ないから子育ては確かに大変。
シッターさんを頼む習慣も日本にはないし、
子供のいる人同士のホームパーティをお薦めしたい。

「大人の時間」
よほど気の張るお店でしか実現しないかも。
それでも子供の急病でドタキャンもアリ。
優先順位はもちろん子供だから、こっちが大人にならないとだ。
まっいつかは赤ん坊も大人になるって。
15年もすれば(苦笑)














ムー #qiVfkayw | URL | 2016/08/17 12:22 | edit

そうなの。

ムーさんへ。
メッセージどうもね……。
名文書いたのに送信しようと思ったらカミナリでパソコンの電源落ちた……ムカッ!(笑)
凄いですね、カミナリ……ムーさんは平気?僕はぜんぜん平気。
カミナリって書くと進藤栄太郎思い出しません?(爆)
さて、ムーさんも一人っ子?僕と同じじゃないですか。
僕は子供は好きだけど、基本的にはどうやって扱ったらいいか分からないの。
周りに子供いないから仕方がないですよ。
未だ喋らない赤ん坊だったらぜんぜん平気なんですけどね……。
ホラ、猫を抱っこするのと一緒じゃないですか(笑)
喋るようになるとどうしていいか分からなくなっちゃう。
親友にいるんですよ、子供を目の前にするとサッと子供と同じ年齢になっちゃうヤツ。
実は子供が嫌いなクセに、その変わり身の早さにはビックリなの(爆)
パリに行った時に向うに住んでいる友達が子供連れて来たのね。
先ず、入れる店がない(笑)あちらは大人が最優先の国だから。
子供は大きくなってから楽しめばよし……そう言う考えでしょう?
だからシッターとかの問題もキチンと整備されているんでしょうね。
そいつが東京に来た時は、ホラ、スカイツリーと水族館なわけ。
食事はフードコート?生まれて初めて入っちゃった(苦笑)
ところで、留守番させると虐待になるんだ……僕なんか虐待児じゃん!鍵っ子だったもの。
留守番はダメ、手をあげちゃダメ……どうやって教育するんだろう?
今の先生って本当に大変ですよね。対子供もだけど、親がモンスターと来たもんだ。
このままだと中国みたいに我が儘放題の子供ばっかりになっちゃわない?
今の子供と言うよりも、親の世代が先ずダメ。僕らの子供の年代ね。
日本の先行き暗いですね(苦笑)さっさとあっちの世界に行った方がいい?
でもさ、ムーさん、可愛い子供って本当に可愛いですよね(笑)
持って生まれた性質?そう言う子って可愛がられていい人生送るんだろうなぁ……。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/08/18 15:28 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://nioinoiihanataba.blog.fc2.com/tb.php/336-0a90b695
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top