僕の友達の法則……その2。 

 

PICT0033-3.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

チョッと前に「僕の友達の法則」……と、言うのを書きました。
結構、反響がありました。皆さん思い当たることが多々あったそうです。

もう一つ、僕の友達関係を見るにつけ、
不思議なくらいに思い当たることがあります。
それは……。

「急激に仲良くなった関係は長持ちしない……。」です。

どうです、皆さんも思い当たることあるでしょう?


数年前のこと……。
今のところに引っ越してくる前に住んでいたマンション……。
そう、あそこね、僕が薔薇の育種をしていたあのマンション。
僕のところは違いましたが、隣町は瀟洒なお宅が並ぶ高級住宅街でした。
昔ながらの大きな邸宅が並び、住んでいる方々もどこか優雅な感じ……。
ひょんなことから、あるご夫婦と知り合いになり、足繁く遊びに行くようになりました。
マンションから歩いて3分くらいだったんです。
一緒に芝居を観に行ったり、食事に呼ばれたり……。
大きなお宅では折々にパーティが開かれ、パーティーのテーマに沿って、
様々な世界から可成の人数が集まり(いつの20人くらいだったかな?)
毎回~メンバーが変わりますから、一時期に何十人もの人たちと知り合いになりました。
名刺交換をし、わぁ〜ッと一気に仲良くなった……気がしたのですが、
今にして思えば、本当に心を許せる、信頼に足る人はほんの2~3人、
これからもズゥ~っと付き合って行かれるのは数える程しか残りませんでした。
ドドぉぉぉぉ〜ッと大波が押し寄せ、潮が引いたら小さな貝の欠片が数個だけ……。
でも、その欠片は光り輝く未知の貝だった……そんな感じ。


一時期は共通の趣味や話題で大いに盛り上がり、
旅行にも行ったりしました……あれは一体何だったのでしょう(苦笑)
中には疎遠どころか啀(いが)み合うようになった人もいます(笑)
考えてみれば、同じ趣味を持っているからって、全員と仲良く出来るハズもないです。
3人寄れば派閥ができ、同じ趣味だからこそ譲れない部分も出て来る……。
同じ趣味を持っているからこそ、それぞれに細かいこだわりも大きいしね。
その場合、反発し合う力も普通の時よりは大きいような気がします。
薔薇の世界だってそう。大勢が集まれば派閥もグループも出来る。

 「あんな人が紹介した薔薇なんて買わないわ!」

 「あんな店、ブログで紹介しちゃって!」

とかね、結構、キツいですよ(苦笑)
最近は、相容れない人を「へぇ、そうなんだ。」と、
自分の意見を押し殺して、相手を軽く受け流す寛容さに欠ける傾向もあるし……。
自分が気に入らないもの、自分が認めないものは頭ごなしに否定する……。


僕くらいの年齢になって来ると、新しいことに挑戦するのは億劫になって来ます。
人間関係も一から構築するのは面倒臭いもの。
僕は男女問わず、年齢に関係なく素敵な人には自分から声を掛けるタイプですが、
皆さんはどうしているのかなぁ……その辺は積極的ですか?
素敵だと思った人には自分から声を掛けますか?
人と人の関係って労力を使いますもんね……。
要は、人と人の関係は一朝一夕にはできないということ。
相手を思いやり、お互いを尊敬し、時間をかけて、
コツコツと築き上げていくのが友情だということなのでしょう。
SNSなどの上っ面の「繋がり」じゃなくて真の友人関係……。
悩ましいことも多いですよね……でも、成しえれば人生の宝物、
一つ一つ丁寧にやって行くしかないんでしょうね……。


写真はその瀟洒なお宅の窓辺……。
雨の季節には紫陽花とリヤドロの人形を組み合わせたりします。


2016年9月25日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2016 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト

category: 向き向きの花束。

tb: 0   cm: 4

△top

コメント

 

いろんな友達

こんにちは。
友だちの法則って難しいのでしょうか?

私にとっては、中学時代・高校時代・地域活動で共に苦労した友人たち。
何年合わなくても、出会えば一気に何の気遣いもなく話し合える人たちかな。

ご飯や食事も滅多に共にしないし、したいとも思わないけど、ありのままを受け入れることのできる人たち。

今は、圧倒的に子供の友人。
いまもひとり、居間でコーラ飲みながらアニメ読んでる9歳児がいます。
運動会の振り替え休日、両親は仕事、兄弟は中学校・保育園。
一人で過ごす休日は所在ないのでしょうね。

ツインズはグランパと出かけていますが、私一人でも平気で遊んで行きます。さっきは一緒に買い物に行ってきました。
以前は4~5歳児も遊びに来たり、或いは「僕家出して来たの。おばさんちにいるね。」としばし滞在した子。他人とは絶対食事しないと言っていた子が、お母さんの留守に、やはり買い物を共にした後、コーヒーショップでケーキを一緒に食べたことも。その時は親がびっくりしていましたっけ。

不思議ですが、子供の友人が多いのです。

「ユイちゃんのグランマは、若い時にどんなことをしていたの?」
学校でもチョイとした有名人の私、ユイの担任が不思議そうに聞いたそうです。
「でも、先生はそんなグランマが好きだよ!」ですって。
変ですか?

hibari #O5sb3PEA | URL | 2016/09/26 16:01 | edit

法則は

急激に親しくなったことってないです。
パーティーはその時限りの義理、って解釈だし出来れば遠慮したい。
一目ぼれみたく誰かに興味をもつことも、ない。
気になる人に自分から声をかけるかどうか・・・
うーん、これもないなー。
だって一目ぼれ状態ないんだもん(笑)

じゃあどうやって親しい人を作ってきたか。
中学ぐらいに変な才能が開花して、ん?この人!と思うと相思相愛。
ってのは嘘ですけど(笑)
磁石がくっつくように無理なく親しくなって付き合いは長いです。
あれって直観なのか相手はどう思ったのか?わからない。
人数は10人ぐらい。ベッタリ行動はしません。
受け身で聞き役側なので相手によって出る私が少し違う。
Aさんが知ってる私とBさんとの私はかなーり違う人だと思う。
恐いよねなんだか(笑)

あそうか、影響を受けたいと思う人と仲良くなる傾向があるんだ。
そのせいか段々新しい友人は出来にくくなりました。
来るもの拒まず(時々拒むけど)去る者追わずだしな。

法則は、その人が変らなければどんなに環境が変化してもその人が好き。














ムー #qiVfkayw | URL | 2016/09/26 22:12 | edit

簡単ですよ。

hibariさんへ。
おはようございます。メッセージどうもありがとう。
年度末でもうバタバタで……今日が終わればチョッと一息……出来るか?
返事が遅くなってゴメンなさいね。ゆっくり書きたいので……。
メッセージの内容はhibariさんの「お友達が出来る法則」ですね。
この記事を含め、過去に僕が書いたのは「お友達がサヨウナラする法則」。
僕もティーンからお年寄りまで幅広い友達がいるけど子供は無理(笑)
廻りに子供がいないからどうやって接していいか分かりません。
高校生の個も友達って言うよりも仲良くしているだけで友達ではないかな。
やっぱり同じ経験値がないと難しいかも。いいですね、hibariさんは人気者で。
経験値って言っても、あればあるほどこだわりも強いので、
なかなかそれはそれで難しい(苦笑)兎に角、時間を掛けるって言うことかな?

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/10/03 06:57 | edit

ムーさんらしい(笑)

ムーさんへ。
おはようございます、いつもメッセージありがとう。
返事が遅くなってゴメンなさいね。もうバタバタ……。
「パーティーはその時限りの義理」……ムーさんらしいですね(笑)
僕も元々パーティーは苦手なので(所在ない)まず行きませんが、
行っても絶対に積極的になれない……社交的な人って凄いです。
人生に前向き?だったらムーさんも僕も人生に後ろ向き?(笑)
ムーさん一目惚れしないですか?僕は一目惚れしっ放し(爆)
「あっ!この人素敵!」……スグに声掛けちゃいます。
男の方が掛けやすいですね。女は変な誤解されやすいから。
ムーさんの磁石のような相思相愛も一目惚れの一種ではありませんか?
僕の場合、一目惚れはするけど相思相愛はあまりないです(苦笑)
だから時間を掛けてゆっくりと関係を作って行くの。
AさんとBさんのムーさん像が違うのは「羅生門」ですね。
かたや菩薩でかたや鬼……そんなに違ったらコワいか(笑)
僕は廻りからどう思われているんだろうか……そんなに差はないと思うんだけど。
年下の子には物凄く優しいです……多分。同年代には厳しい(笑)
「いい年して何やってんだよ!」そんな感じかな。
ムーさんも段々、友達出来にくくなって来たでしょう?面倒臭いものね。
まず、出会いがないですよね。出会いがなければ仲良くもなれない。
ムーさんのメッセージの中に「直感」って言う言葉があったけど、
僕ね、「この人は行く行くダメになる……。」その直感は凄いですよ。
初めは仲いいんですけど、心のどこかにそれがあるのね。
人とか店とか……自分でも不思議なくらい。
ムーさん来るもの拒まず?そう?だったらグリグリ行っちゃおうかな?(笑)
時々拒む方に入れないでね(爆)落ち込むからさ。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/10/03 07:20 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://nioinoiihanataba.blog.fc2.com/tb.php/334-9880fc08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top