木漏れ日の庭は雨に濡れて……。 

 

BBTT3301.jpeg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

どうにかもっていた空も雨になりました……。
ランチを通りすがりの小さな街の食堂で済ませた頃にはポツリポツリと……。
次の目的地は「GARDEN DIARY」の取材でT邸です。
去年、お友達のゴージャス系マダムのアンジーが、
 
 「私の庭はどうでもいいから必ず行って!」

と、紹介してくださったお宅です。
自分の庭はどうでもいいから僕たちに見せたい庭って一体……。
ガーデン誌の取材には隠れたジンクスがあって、
自薦の庭ってとんでもないことが多いそうです。

 「今が一番見頃だから取材に来て!」

ロクな庭はないそうです(笑)
いきなり連絡を寄越して命令形も凄いですが(爆)
一番確かなのがカメラマンの紹介の庭だそう。
果たして、アンジーが推薦する庭とは一体どんな?

去年、半信半疑で伺った僕たちは度肝を抜かれました。
素敵なお宅、雑木林を上手に利用した極上の庭……。
何でしょう……疎外感を全く感じないのね。
自分もそこのお宅の一部になったような感じ。
雑木林の中に生息している妖精になった気分……。
だれ!熊だろうって言っているのは。
到着する頃には結構な雨になりましたが、そんなことは全く、
撮らせて戴いた写真、見て下さいね。

BBTT3335.jpeg
BBTT3184.jpeg
BBTT3189.jpeg
BBTT3191.jpeg
BBTT3192.jpeg
BBTT3217.jpeg
BBTT3216.jpeg
BBTT3214.jpeg
BBTT3213.jpeg
BBTT3211.jpeg
BBTT3210.jpeg
BBTT3208.jpeg
BBTT3206.jpeg
BBTT3205.jpeg
BBTT3204.jpeg
BBTT3220.jpeg
BBTT3223.jpeg
BBTT3225.jpeg
BBTT3227.jpeg
BBTT3228.jpeg
BBTT3229.jpeg
BBTT3230.jpeg
BBTT3239.jpeg
BBTT3240.jpeg
BBTT3265.jpeg
BBTT3264.jpeg
BBTT3256.jpeg
BBTT3259.jpeg
BBTT3255.jpeg
BBTT3254.jpeg
BBTT3250.jpeg
BBTT3247.jpeg
BBTT3246.jpeg
BBTT3242.jpeg
BBTT3266.jpeg
BBTT3268.jpeg
BBTT3271.jpeg
BBTT3273.jpeg
BBTT3274.jpeg
BBTT3276.jpeg
BBTT3277.jpeg
BBTT3278.jpeg
BBTT3280.jpeg
BBTT3281.jpeg
BBTT3295.jpeg
BBTT3294.jpeg
BBTT3293.jpeg
BBTT3292.jpeg
BBTT3290.jpeg
BBTT3289.jpeg
BBTT3287.jpeg
BBTT3286.jpeg
BBTT3285.jpeg
BBTT3282.jpeg
BBTT3296.jpeg
BBTT3297.jpeg
BBTT3298.jpeg
BBTT3299.jpeg
BBTT3300.jpeg
BBTT3306.jpeg
BBTT3307.jpeg
BBTT3308.jpeg
BBTT3310.jpeg
BBTT3334.jpeg
BBTT3332.jpeg
BBTT3330.jpeg
BBTT3326.jpeg
BBTT3325.jpeg
BBTT3324.jpeg
BBTT3323.jpeg
BBTT3321.jpeg
BBTT3320.jpeg
BBTT3241.jpeg

雨は次第に強くなりますが、
そんなことは何のマイナスにならない庭……。
却って草花がしっとりと雨に濡れ、水滴が葉に光を与え、
雨の音がこんなに心地いいんだっ……て、変なことに感心したり。
錆びたアイアンが素敵なんですよねぇ……。
いつかアイアンのベッドを手に入れたい僕はウットリ(笑)
全てご主人の作なんですね……奥さまとご主人の共同作業、素敵です。

ご夫妻とは思わず金継ぎの話で盛り上がり、
見せて戴いた、京都で購入したと言う織部の角皿に目を奪われ、
アッと言う間にお暇の時間になりました……。

最後の1枚は愛らしいワサビちゃん……。
お父さまが写真館でお撮りになった1枚には敵わないけど……(笑)
ご親切にしてくださったTさんご夫妻に感謝感謝です。


2016年7月18日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2016 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
スポンサーサイト

category: 旅の栞。

tb: 0   cm: 4

△top

コメント

 

うーん。
繊細で優しさがあふれたお庭ですねー。
カラーリーフの配色がすごくいい。
小さい花が見事に主役になってて、
どうだ!って感じがどこにもない。
ここのあるじはきっと女性だろうな。
と思って見てたらご夫婦で?
しかもその上こんな笑顔の賢そうなワンコまで~~。
そっかー、
世の中には何一つ欠けてない暮らしというものがあるんですねー。
あるところにはあるんだなー。
ちょっとイジイジしちゃう私です(笑)

でもさ、ブノワ。さんの眼もすごいよね。
うっかり見過ごしそうな足元やこんもりした茂みの中まで、
きっとノッシノッシと葉を掻き分けて大きな体を小さく畳んで(笑)
どーしてもこの小さいピンクを入れたい!
後ろに小さな赤いバラ(?)を置きたい!
とカメラを構えたんだと思う。

雨の庭ってホッとします。
そりゃいつでもどこでも、じゃないけど(笑)



ムー #qiVfkayw | URL | 2016/07/19 21:17 | edit

信用できた?

ブノちゃん、どうだ!
私を信用できたでしょう・・・。
素敵なものは素敵!だよね。
 
私のことゴージャス系と言われるのは嬉しいけど、ブノちゃん優しいのね、ありがとう。
だけど私・・・アンジーは田舎のトンジーだよ。
お肉た~ぷり・・・ライザップに行って痩せてやるー!(笑)
 
写真とっても素敵・・・どこを撮っても絵になる、くやしいけど、うっとりしてしまう。
あ~、ブノちゃんには参った、参った。

アンジー #6/34PU6. | URL | 2016/07/20 16:54 | edit

イジイジですか?

ムーさんへ。
おはようございます、いつもありがとうね。ムーさん、優しいなぁ……。
凄く素敵な庭でした。庭って人が出ますね。
ご主人には初めてお目に掛かったけど、凄く素敵な方なの。
素敵な家、木漏れ日の庭、感じのいいご夫婦……。
フォトジェニックなワンコはいないけどウチには猫がいる……でも、
僕だってムーさんに負けないくらいにイジイジだよ(笑)
ノッシノッシと葉はかき分けないけどさ、
僕の旅の一番の特徴「もう2度と来られないかも……。」……。
そう思うと時間が惜しいのね。目を皿にしてあちこち見ちゃう。
実際にパリなんて10年近く行かれなかったじゃないですか。
「もう来られないかも……。」……最後にもう一回振り向いちゃいます。
ムーさん、コローの絵って必ず赤いポッチがどこかに入っているじゃないですか。
森の中の人物の帽子だったりチョッキだったり……。
その小さな赤が物凄く絵を引き締めるし活力を与えるのね。
そんなこんな、チョッと意識はしています。
ただそこにあるものを漫然と撮るのではなく、
「絵を作るように」構図を考え作画してみる……。
だから写真って面白いんですよね、僕はそう思います。
そうすると、玉三郎みたいに海老反ったり(笑)
女子体操みたいに有り得ないほど開脚したりする訳(爆)
同じものを撮るにも、チョッと背伸びしたり、腰をかがめてみると、
全く違ったものが見えて来るから不思議です……。
本当に雨はいいですね……ただし、仕事がなくて家にいる日の雨はね!(苦笑)

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/07/21 06:34 | edit

信用できた。

田舎のトンジーへ!
おはようございます、メッセージどうもです。
ハイ、信用しましたです。本当、素敵なものは素敵ですよね。
ところで「トンジー」と入力すると「豚児ー」と出ますが、
もしかしてこっちが合っているとか?(笑)
ライザップは止めた方がいいです。顔も筋肉になりますよ(笑)
そんなことよりも、好物の甘いものを控えたら如何でしょう?
写真ですけどね、どうやってもどうにもならない時もあるんですよ。
知恵とテクニックを駆使してもダメな時もあります(笑)
でもね、いいものって「写真を撮らせてくれる」んです。
そこが不思議ね。自然といい写真が撮れる……。
今ね、欲しいカメラがあるの……カタログ送ったら実物送り返してくれる?(笑)
そうしたらもっと素敵な写真が撮れるんだけどなぁ……。
……と、ゴージャス系マダムのトンジーに甘えてみる(笑)
北海道レポートもあと3記事くらいでお仕舞いです。
もう少し付き合ってね!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/07/21 06:40 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://nioinoiihanataba.blog.fc2.com/tb.php/322-198af5d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top