日本一変わった植物園……「陽殖園」にて。 

 

BBTT2801.jpeg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

何も知らずに、ただ朝の8時からオーナーのガーデンツアーに参加する……。
それだけ聞いてくっ付いて行きました。

滝上……数年前に「森のガーデン」を訪ねた傍?チョッと違うか(苦笑)
少し迷いましたが8時ピッタリに「陽殖園」に到着。
門は閉まっています……あっ!オーナーがいらっしゃいました。
カバン持ち込み禁止、植物の採取禁止……何だか物々しいです。
注意事項を聞きながら、早速、ツアーの始まりです。
日本一変わった植物園を自認する「陽殖園」です。果たしてどんなでしょう。

BBTT2773.jpeg
BBTT2775.jpeg
BBTT2781.jpeg
BBTT2788.jpeg
BBTT2790.jpeg
BBTT2799.jpeg
BBTT2803.jpeg
BBTT2822.jpeg
BBTT2824.jpeg
BBTT2871.jpeg
BBTT2864.jpeg
BBTT2863.jpeg
BBTT2852.jpeg
BBTT2848.jpeg
BBTT2847.jpeg
BBTT2841.jpeg
BBTT2838.jpeg
BBTT2837.jpeg
BBTT2829.jpeg
BBTT2872.jpeg
BBTT2892.jpeg
BBTT2903.jpeg
BBTT2904.jpeg
BBTT2917.jpeg
BBTT2912.jpeg
BBTT2907.jpeg
BBTT2922.jpeg
BBTT2924.jpeg
BBTT2925.jpeg
BBTT2962.jpeg
BBTT2952.jpeg
BBTT2949.jpeg
BBTT2946.jpeg
BBTT2940.jpeg
BBTT2937.jpeg
BBTT2934.jpeg
BBTT2932.jpeg
BBTT2930.jpeg
BBTT2929.jpeg
BBTT2966.jpeg
BBTT2968.jpeg
BBTT2979.jpeg
BBTT2981.jpeg
BBTT2989.jpeg
BBTT2993.jpeg
BBTT2998.jpeg
BBTT3012.jpeg
BBTT3014.jpeg
BBTT3016.jpeg
BBTT3061.jpeg
BBTT3059.jpeg
BBTT3058.jpeg
BBTT3049.jpeg
BBTT3033.jpeg
BBTT3032.jpeg
BBTT3031.jpeg
BBTT3029.jpeg
BBTT3022.jpeg
BBTT3019.jpeg
BBTT3062.jpeg
BBTT3065.jpeg
BBTT3068.jpeg
BBTT3069.jpeg
BBTT3070.jpeg
BBTT3077.jpeg
BBTT3078.jpeg
BBTT3080.jpeg
BBTT3086.jpeg
BBTT3087.jpeg
BBTT3090.jpeg
BBTT3097.jpeg
BBTT3102.jpeg
BBTT3107.jpeg
BBTT3117.jpeg
BBTT3119.jpeg
BBTT3121.jpeg
BBTT3122.jpeg
BBTT3123.jpeg


オーナーが62年掛けて、一人でコツコツと作り上げた宇宙がそこにありました。
山を削り、谷を埋め、自ら交配した希少な植物なども織り交ぜ、
一見、自然に見えながら、そこは矢張り人の手が入ったガーデンでした。
丁度、満開のノイバラが素晴らしい匂いを辺りに漂わせ、
オーナーの手で誘引されたものや、鹿の食害で腰の高さで齧られたところから伸びた枝が、
何とも言えない風情を醸し出します。
珍しい淡いピンクのノイバラ、それから人工に作られた池の風景がとても素敵でした。
山の中のことです、思いもかけずに水のせせらぎに驚いたことは言うまでもありません。
まるでオフェーリアが浮かんでいるような錯覚……。

何も知らず、何の知識もないまま訪れた植物園……。
それだけに、その驚きたるや想像を絶するものがありました。
チョッと交通の便が悪いですが、またいつか、違う季節に訪れたいです。


2016年7月16日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2016 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
スポンサーサイト

category: 旅の栞。

tb: 0   cm: 6

△top

コメント

 

山?池?雑草?地味?
私だと感想はこうなります。

「えーーまだ歩くのー?もういいよー」と、私が参加したならば音をあげて、
「もう連れてきてあげないッ」と、怒られるに違いない。

ここ、山を削り谷を埋めた?
一人で?---!
呆然。

ベルトに鈴が付いてるこれって、もしや熊が出るのかもしれない。
鹿は出るんですね!
凄い所ですねここは。
スケールがただ事じゃないです。
ほんとに人が造った所なんですか?

ほとんど誰も訪れない?
知る人ぞ知る?

繋がりたがる人が多すぎる話をしたばかり。
その対極がこの場所のような気がします。
一人ぼっちが恐くない?
オーナーってどんなかたなんでしょう。







ムー #qiVfkayw | URL | 2016/07/16 21:30 | edit

幸せな気持ちでいっぱいです。

ブノワ。さん、おはようございます。陽殖園にずっと訪れたいなあって
思っていました。母がどのくらい前になるのか、オーナーさんの記事を
読んでね・・・・・・。

ネットで調べてほしいと言ったので調べたことを思い出しました。母は、
薔薇は好きなのですが、薔薇が多すぎる庭は苦手なんです。ということで、
陽殖園は母が大好きなので、ブログを母にも見てもらいます。スマート
フォンは小さすぎて、母、機嫌悪くなるんですよ。

婦人画報、My Gardenで拝見するたびに訪れたいと思うのですが、新潟
からだと、最寄りの空港まで飛んでいないでしょう?。電車でのルートや
車でのルートも調べました。陽殖園と陽殖園の近くのみ限定でとなりそう
なのかなあって。でも、大好きなイコロにも行きたいし・・・・・・。
欲張りですね・・・・・・。

だいぶ先になりそうですが、いつかこの地に立ちたいものです。池の写真、
ありがとうございました。記事のタイトルを拝見した時に、ブノワ。さんの
池の写真、拝見できるかなって期待度が∞でした(笑)。池の写真にたど
りついて笑顔になりました。

お庭、自然ですね。コツコツと造られてこられたお庭。物凄い計り知れない
ほど苦労されたことと思います。

どの季節も、その時期に咲く植物。以前、拝見した雑誌では、エリカが一面
に咲いていたと思います。その風景が、ずっと・・・・・・。心に残っているんですよね。

いつかこの地を訪れることが、できるように頑張りたいです。ブノワ。さん、
陽殖園の写真を沢山UPして頂いて感謝しています。幸せな気持ちの3連休です。
3連休、旅は行けずなので、旅の企みをしなくては。旅っていいですよね。

愛 #pdK/Zy5g | URL | 2016/07/17 06:15 | edit

オフィーリア

おはよ。
ふふふふふふふふふ♪
今度行ったら、あけがオフィーリアになって
川に浮かぼうか?
バラ持って行かないと、
野バラしかないもんねぇ~!!

遠いんだけど、また行きたいよねぇ~
秋でも、
夏でも
きっと、いつ行っても面白いと
思うなぁ~!!

あけ

あけ #HnKya1mw | URL | 2016/07/17 07:05 | edit

僕と一緒!(笑)

ムーさんへ。
おはようございます、メッセージどうもです。
連休は如何お過ごしですか?僕は仕事ヨン……。
こちらですけどね、何も知らずにくっ付いて行ったでしょう?
多分、山歩き的な雰囲気だったんですけど、何も聞かなかったの。
ホラ、聞いちゃうとイヤになることってあるじゃないですか(笑)
漠然と、いつも履いているスニーカーでいいのか?とかは考えたけど……。
ところがですね、この、走ることと登ることが大嫌いな僕が、
それをスッカリ忘れて楽しんだんです。多分、一番いい時期だったんじゃないかな?
まだまだ全部歩いた訳ではないんですよ。ホテルに泊まり込みで歩く人もいるみたい。
たった2時間でしたから……チョッと探検してみたいかも。
4人の内1人が熊避けの鈴を付けて歩きました。
まぁ、出ると言えば出るんでしょうね……そんな雰囲気じゃなかったけど。
鹿は出て来ていい塩梅にムシャムシャ新芽を食べるものだから、
腰高でいい具合に枝が分岐して風情がでていました(笑)
本当にお一人でされたみたいですよ。重機とか使わずにね!
まだまだ広くなりつつあるみたいです。植物が相手ですから、
何年も先のことを見据えてでしょう?本当に凄いです。
結構、人気みたいです。最近、人が多くなって来たんじゃないでしょうか。
それまで変わり者扱いだったらしいですけど、
人が集まれば街も潤う……最近、認められて来たって苦笑いしていました。
ムーさんも2時間くらいなら大丈夫。それほど急勾配じゃないし(笑)

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/07/18 07:03 | edit

雨だよ……。

愛ちゃんへ。
おはよう!こっちは雨です、そっちは?
メッセージどうもありがとう。気に入ってくれたかな?
こちらは色々な雑誌で取り上げられていたんだね……。
全く知らずに訪れました。山歩きは趣味じゃないけれど、
時間を忘れて散策、思わず池が沢山でビックリしちゃった。
本当、コツコツなんですね、ここまで来ると執念を感じました。
飛行機ってどこにでも飛んでいると思いがちだけど、
検索してビックリすることがあるよね。
新潟→帯広だと、羽田経由が出て来る(苦笑)
北海道の足も分断され尽くしたって言う感じだね。
車も電車も、基本は3時間で大都市に着けるようになっているって、
確か「イコロの森」でご一緒したカメラマンの方が言っていた。
こちらは人気みたいですよ。近くのホテルに泊まりがけでくる人もいるみたい。
時間がない旅で、それは可成り大変だと思うけどね。
愛ちゃんも是非、お母さんと一緒に行ってみて下さい。
それにしても雑誌の情報って、結構、参考になるよね。
昔見た1枚……それが人生を変えることもあるもの。
僕は定点観測している雑誌が何冊かあります。
全冊購入は無理だけど、気に入ったものは買って傍においておくの。
それを眺めながらあれこれ考えるのって楽しいじゃない?
今年の始めに立てた「毎月の旅」……8月はどうしようか思案中(笑)
愛ちゃんもお盆休みとかあるんでしょう?
何か考えているのかな?コッソリ教えなさい(笑)

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/07/21 06:19 | edit

オフェーリアだとぉ?(苦笑)

あけへ。
おはよ。メッセージご苦労。たまには褒めてつかわす(笑)
あのね、ミレーのオフェーリアってキチンと把握している?
お前さんが浮かんだらその腹はどうするんだよ!(苦笑)
池、浅いよ。腹だけドデェ〜んと出るよ!(笑)
深かったら重たいんだから沈んじゃうじゃない……。
だけど面白いところだったね。また行くのかな?
僕は今一、場所の把握が出来ていないのだけど……。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/07/21 06:24 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://nioinoiihanataba.blog.fc2.com/tb.php/320-206557bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top