頬を伝う風、羽虫の羽音……。 

 

BBTT2550.jpeg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

夜の10時に成田から帰宅。
汚れ物を洗濯機に放り込み回します。そして写真をパソコンに取り込み……。
気が付くとパソコンの前に座ったまま夢の中を彷徨っていました。
連日の睡眠時間2〜3時間……朝の4時から始動で全く休みなしの4日間。
車で移動ですが、運転出来ない僕は助手席で一睡もせずに運転手の話し相手に……。
それほど時間に追われる行程ではなく、気ままな旅でしたが、相当に疲れていたのでしょう。

毎夏恒例の北海道から帰って参りました。
今回は偶然にも人気誌「GARDEN DIARY」の取材と重なり、
旅程の前半を一緒に行動することになりました。
丁度、行きたいところが取材と重なったのです。
したがって旅程は全て偉大な編集者のあけにお任せ(笑)
迷った時や宿の手配などしか口を出しませんでした……。
充実の北海道、幾つかの記事に分けてレポートしたいと思います。



暑い東京を脱出し、北の大地に暫しのバカンスです。
半年くらい前から予定を立てて楽しみにしていました。
北海道も思いのほか暑いです。でも湿度がない分、爽やかな時間を過ごすことができます。
素晴らしい友達との再会、想像を絶する素晴らしいガーデンに再訪……。
今年も盛り沢山、期待に胸が膨らみます。
空港に着いてレタンカーを借り、先ず、一路目指したのは、
去年、ある方に紹介して貰い訪れた素晴らしい庭です……。
先ずは写真を御覧ください。

BBTT2377.jpeg
BBTT2382.jpeg
BBTT2387.jpeg
BBTT2447.jpeg
BBTT2439.jpeg
BBTT2421.jpeg
BBTT2420.jpeg
BBTT2418.jpeg
BBTT2410.jpeg
BBTT2396.jpeg
BBTT2417.jpeg
BBTT2392.jpeg
BBTT2389.jpeg
BBTT2460.jpeg
BBTT2459.jpeg
BBTT2458.jpeg
BBTT2457.jpeg
BBTT2456.jpeg
BBTT2452.jpeg
BBTT2451.jpeg
BBTT2450.jpeg
BBTT2448.jpeg
BBTT2498.jpeg
BBTT2496.jpeg
BBTT2495.jpeg
BBTT2494.jpeg
BBTT2485.jpeg
BBTT2478.jpeg
BBTT2472.jpeg
BBTT2530.jpeg
BBTT2527.jpeg
BBTT2525.jpeg
BBTT2524.jpeg
BBTT2521.jpeg
BBTT2520.jpeg
BBTT2517.jpeg
BBTT2515.jpeg
BBTT2514.jpeg
BBTT2513.jpeg
BBTT2551.jpeg
BBTT2553.jpeg
BBTT2556.jpeg
BBTT2562.jpeg
BBTT2564.jpeg
BBTT2567.jpeg
BBTT2568.jpeg
BBTT2569.jpeg
BBTT2618.jpeg
BBTT2616.jpeg
BBTT2615.jpeg
BBTT2613.jpeg
BBTT2603.jpeg
BBTT2601.jpeg
BBTT2600.jpeg
BBTT2576.jpeg
BBTT2574.jpeg
BBTT2573.jpeg
BBTT2641.jpeg
BBTT2639.jpeg
BBTT2636.jpeg
BBTT2634.jpeg
BBTT2631.jpeg
BBTT2629.jpeg
BBTT2628.jpeg
BBTT2627.jpeg
BBTT2622.jpeg
BBTT2620.jpeg
BBTT2744.jpeg
BBTT2738.jpeg
BBTT2724.jpeg
BBTT2716.jpeg
BBTT2661.jpeg
BBTT2646.jpeg
BBTT2643.jpeg
BBTT2642.jpeg
P7013621.jpeg
P7013619.jpeg
P7013617.jpeg
P7013612.jpeg
P7013611.jpeg
P7013610.jpeg
P7013609.jpeg
P7013606.jpeg
P7013604.jpeg


ピーカンでした……。
爽やかな風が頬を撫でます……いやいや、本当に素晴らしい庭。
庭の入り口に立つと、一瞬、周りが見えなくなってしまいます……。
我を忘れるって言うのかな?気が付くと木々を渡る風の音と、
蜂や羽虫の羽音。チリチリと額を焼く太陽光線……我に返ります。
ハァ、庭の素晴らしさは僕の貧困なボキャブラリーではとても言い表せません。

今回は取材と言うことなので、
大きな身体を小さくして撮影の邪魔にならないよう心がけました。
でも、そんなことはスグに忘れちゃうんですよねぇ……だって、
圧倒的な光景に周りが見えなくなり、ついつい自分だけの世界……。
あっ!野良猫が我が物顔にウツギの滝の中を走って行きます(苦笑)
なかなかいい面構え(笑)気持ちいいでしょうねぇ……ハァ、僕もここに住みたい。
庭はグリーンの濃淡が美しいです。僕らの意識の中には、
庭=赤や黄色の華やかな花……一昔前まではそれが当たり前でした。
チューリップや園芸用の草花が整然と並んで色彩のパッチワーク……安心の光景でした。
庭に対する考え方が随分と変わりましたよね。
紅く咲くのはケシの花だけじゃないです(笑)
白く咲くのはユリの花だけじゃありません(爆)
紅い葉を持つ樹木が広大な庭のアクセントになっています。
葉の裏が白い銀葉の木々が風に揺られて、わさわさと……。
遥か頭上に光の煌めきが……これ以上華やかなことはありません。
ギリギリまで色を押さえているのに彩りを感じる庭。
まるで種が風で飛んで来たかのような自然な植栽……。
でも、欲しいものはそれを真似てしっかりと植え込まれている……。
そして、矢張り凄いと思うのは庭の裏を出て遠くから全体を見た光景。

BBTT2488.jpeg
BBTT2493.jpeg

やっぱりこの風景が好き……。
雄大な庭の全体像が見られ、立体感を感じるから。


奥さまが、フと思いだしたように仰言いました。

 「ブログ、読んだわよ。随分と見る観点が違うのね……。」

ヤバい……変なこと書いていなかったっけ?(笑)
ブログに書かせて戴いたことはお知らせしてあったけど……。
毎日〜朝から日が落ちるまで庭に出て丹精こめて手入れしている庭の持ち主と、
たった1日、数時間訪れて写真を撮らせて貰う僕とでは明確に視点が違います。
手塩にかけた庭の一番素晴らしい部分を見て貰いたい、写真に撮って貰いたい……。
そのポイントをキッチリ押さえることも大事だと思いますが、
庭主が毎日見ている光景、風景と違ったものを僕の写真で感じて貰えたら……。
新しい発見をしてくださったら……そんな贅沢なことも考えてしまいます。
ご夫妻は文章や写真に詳しいところで活躍して来た方でとお聞きしました。
帰宅して慌てて前の記事を読み返したことは言うまでもありません(笑)
まかり間違っても、

 「この庭に立つと涙が出るほど感動する……。」

そんな陳腐でベタなことを書いていたら大変ですから(笑)


最後に油断していて馬に食べられそうになった人(笑)

BBTT2705.jpeg


ご夫妻には本当にお世話になってしまいました。
どこの馬の骨とも分からぬ存在からチョッとは前進したでしょうけど、
歓待して下さり、持て成して下さったお2人に感謝、感謝です。
ポトフ……美味しかったなぁ。今度、真似て作ってみます!
いつか冬前の季節にもお邪魔してみたいです。
去年、見せて戴いたあの写真が脳裏に鮮明に残っているのです……。


2016年7月14日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2016 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト

category: 旅の栞。

tb: 0   cm: 6

△top

コメント

 

あっという間に1年ですね。

ブノワ。さん、おはようございます。あの日から、あっという間ですね。
どこの誰かもわかんない謎の子なのに、お昼まで頂いてお話しした日を
思い出します。

今も、あの日を思い出してウツギの小道、宿根草が伸び伸びと咲いて、
圧迫されず、気持ちがよく、いつまでもいたいお庭でした。
北の大地に咲くアストランティアに、たまげてしまったのは、ご夫妻の
お庭が始めての衝撃でした。

今年も沈黙で葉のままですからね(汗)。蒸し暑い越後では、難しいの
かなあって。涼しい場所に訪れれば、いいんだって思うようになりました。


でも、人間って欲張りだから、ついついここでも上手くいくんじゃないか
って思うんです。それで懲りずに苗を迎えてね(汗)。

グラスもナチュラルに植栽されて。自然な庭って、本当に難しいと思います。
樹木が風景になって・・・・・・。お馬さんも、元気でよかった。とっても
優しい目をしていて。福岡さんとの写真も素敵な1枚ですね。

イチイの木のオブジェの小鳥は、ご夫妻のお庭に溶け込んでいて昨年、何枚か
写真を撮りました。

あの日、拝見したアルバム、素敵でしたよね。夢が叶いますように願っています。

愛 #pdK/Zy5g | URL | 2016/07/16 07:06 | edit

先に「陽殖園」の記事と写真を見てしまったので、
こんな事言っていいのか悪いのかこの当たり前さに正直ホッとします。
(「陽殖園」はそれほど凄い)

うわーカンカン照りねー、とおもうけどここは北海道なんですね。
じゃ、暑くはないんだ。
暑くはないんだぞ!と思おうとするんだけど、
東京にいては無理です(笑)
写真の中にさえ日陰を探してしまう。

ややバテ気味で、この数日の涼しさで一息つきました。

ブノワ。さんタフです。
夏の移動はそれだけで疲れ果てるはず。
少しは体を休ませないと~~。
秋になってどっときますよ。
お大事になさってくださいよ~~。

ムー #qiVfkayw | URL | 2016/07/16 21:48 | edit

いいねぇ~!!

おはよ♪
美しいわぁ~!!

ホント、クリスマスローズの季節も
桜の季節も
紅葉の季節も
雪の季節も
行ってみたくなるお庭よね。
ご夫妻も魅力的だし。

また、違う季節に訪ねてみようよ。

あけ

あけ #- | URL | 2016/07/17 07:00 | edit

謎の子って……お幾つ?(笑)

愛ちゃんへ。
おはようございます。メッセージどうもありがとうね。
本当、月日が経つのは早いですね……。
昔は1日単位だったのに、今は一年単位だものねぇ(苦笑)
次に気が付けば、来年の7月のことになっているかも……。
謎の子って、一体お幾つですかって言う感じもするけれど(笑)
真面目にどこの馬の骨とも分からぬ3人をねぇ……感謝、感謝ですよね。
今年も圧倒的でしたよ。僕の貧困な語彙じゃ表現不可能(涙)
愛ちゃんみたいな人がいるから日本の園芸界はやって行けるのかもね。
ジャンジャン迎えてドンドン枯らす人(笑)
いつも思うんだけどさ、ギボウシとかってコンモリそれだけで丸くなるじゃない。
でも、こちらの庭って、その丸の中から色々な草が頭を出しているのね。
凄く自然で驚いちゃいました。ハァ、またお邪魔したい……。
見せて戴いたあの写真……いつかあの頃伺いたいなぁ。
きっと願いは叶うハズ……そう思って今日も頑張ります!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/07/18 07:10 | edit

マッサージ行って来ました。

ムーさんへ。
おはようございます、いつもありがとうね!
今年もピッカピカのカンカン照りでした……それはそれでいいのですけどね。
北海道も色々で、北海道だからって涼しいとは限らないみたいです。
ハッキリ分かるの、アッ……ここは蒸し暑いとか、山だから涼しいとか。
こちらは気持ち良かったですよ。陽射しは強いんですけど、
風も豊かだし、木々の葉音が耳に優しいから聴覚からもね。
霧が出たり雨だったらどうなるんでしょう……。
向かう海岸線は霧で凄いことになっていましたから。
近くには桜の美しいところもあるみたいです……。
季節季節に通ってみたいなぁ……贅沢ですかね。
このところチョッと暑さも一休みですけど、
まだまだこれから8月ですからね……どうなるんでしょう?
生きて秋を迎えられるのか?甚だ疑問です。
土日と連休でした。でも映画3本観てマッサージ。
映画はそのうち2本が3時間の長尺(笑)
疲れが取れたんだかさらに疲れたんだか謎ではあります。
秋にドッと来ますかね……それだけは勘弁願いたいなぁ……。
ムーさんも無理しないでね!お互いにいいお年頃だから(笑)

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/07/18 07:19 | edit

またね!

あけへ。
おはよう。メッセージご苦労であった。
もうね、あまりに凄くて写真が選べないのだ(笑)
優れた芸術家って作品の選抜の目も持っていないとダメなんだけど、
どうやら僕はダメみたいね。選べないの(笑)折角だから全部出しちゃえって。
しかし素晴らしい庭だったね……まだ光景が浮かぶもの。
真面目に全ての季節を見てみたいな……ご夫妻が個性的で素敵だったね。
あけは可成りハードルが高くなって大変だろうけど、
綺麗、綺麗じゃ済まない苦しみの原稿書き……。
頑張ってね(笑)呉々も陳腐な表現は慎むように(爆)

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/07/18 07:23 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://nioinoiihanataba.blog.fc2.com/tb.php/319-b2d7c03f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top