ポール・スミザーの庭。 

 

BBTT9945.jpeg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

先週末、深緑の清里は「萠木の村」に行って来ました。
今回の目的は、ポール・スミザー主催の「GARDEN ROOMS」の、
創立20周年記念のお祝いと、そのパーティに出席するためでした。

メンバーは誘ってくれた親友Tと、気心知れた女性2人の4人です。
人数も限られているので、今回は物見遊山なオバサンたちではなく(笑)
独立して薔薇を中心の庭の仕事をしている友人たちを誘いました。
パーティの他に、丁度、見頃を迎えた「萠木の村」でのポールのガーデンツアーの参加も楽しみの一つ。

三々五々、特急「あずさ」に乗り込み、いやがおうにも期待が膨らみます……。
先ずは今回の宿「カントリーイン・オーチャードハウス」に早めでしたけどチェックイン。
荷物を預かって貰い、身軽になってポールのガーデン・ツアーに参加です。

時間が経つのは本当に早いです……。
ポールの仕事を紹介したNHKの「プロフェッショナル」を見たのは数年前になります。
その舞台になった「萠木の村」を実際に歩くのですが、

BBTT9932.jpeg

はじめ、全く気が付かなかったんです……。
番組の中で、ポールが光を取り込むために枝を落とした大きな樹や、
大きく育つことを前提に、花壇にポツリポツリと植えられた植物たち。
それらがモリモリと大きく育ち、枝を落としたお陰で、日当りがよくなり、
樹一面にビッシリと花を付けた山帽子……それらが番組の中で、
紹介されていた場所だと気付くのに可成りの時間を要しました(苦笑)

ポールの話を聞いているといつも感じるのは、
人も植物も、いえいえ、この地球上に命を授かって生きるもの全てが、
等しく平等であるということ。その世界観が物凄く素敵です。
人間が常に中心である僕らの常識を大きく揺さ振ります。
前にも書きましたが、ポールは「観察の人」だと思うのです。
イギリス人と言うこともあるのでしょうか、
そのチョッぴりシニカルな目線に独特のユーモアが混じります。
特に植物を擬人化して語る日々の作業のあれこれが笑いを誘います。
アッと言う間のガーデンツアーは、大勢のファンに囲まれて盛況のうちに終了でした。

BBTT0046.jpeg

暫し、宿で休憩の後は、暖かくしてパーティに参加です。
食べきれないほどの料理と美味しいワインに舌鼓。
ポールのバンジョーとスタッフの方によるのツィターによる演奏もあり、
アッと言う間に素晴らしい夜も更けたのでした……。


20年……。
ようやく日本の園芸がポールの考えに近づいてきたかのように思います。
花、花、花……花ばかりを追い求める庭ではない、
植物や石など、その地域の気候や産地に拘った庭作り。
日本もイギリスも世界に名だたる園芸大国です。
その両国の懸け橋となるポールの庭作り……。
これからも素敵な仕事を期待したいです。


2016年6月16日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2016 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト

category: いつも心に太陽を。

tb: 0   cm: 8

△top

コメント

 

ブノワ。さん、こんばんは。

前にどこかに書きましたっけ。
ポールさんは私の救世主。
今の私があるのもうちの庭があるのもポールさんのおかげです。
一度もお目にかかったことはないですけれど。
「プロフェッショナル」はもちろん録画して保存版に。
宝塚ガーデンフィールズはぎりぎり見に行くことができました。
いつか萌木の村にも行ってみたいものです。

今日は暑かったですね。
梅雨ではあるけれどもう夏本番を思わせるような陽気でした。
熱中症厳重注意だそうですよ。
気をつけてお過ごしくださいね。

あっちゃん #kHmSEWWs | URL | 2016/06/17 19:37 | edit

こんばんは、ブノワ様
またまたガーデンめぐりの妄想から抜けられなくて、生活が乱れて困っています。
この調子じゃ、もう何年かしたら家族を捨てて放浪してしまいそうです。
ベラドンナが見事に咲く公園にもぜひ、行ってみたいな。

ポールスミザーさんのセミナーは仕事で東京に行き、時間をやりくりして受講しました。
それから宝塚ガーデンフィールズも閉園直前に行きました。
あの素晴らしい庭園も閉園。日本でいろいろ辛いこともあっただろうな・・・と思います。
植物に対する愛は半端ない方のようですね。
というか、きっと命あるもの全てに愛をそそいでいるのではないかと思うような方ですね。
ポールさんの庭園は、どんな植物にも居心地いい居場所を用意しました、見てねって感じ。だから万人受けするわけではないと思います。

ポールさんの作った庭が、いつまでも愛されるといいなあって思います。

ガーネット #- | URL | 2016/06/17 23:35 | edit

ポールさんは私たち日本人の身近にある日本の植物の美しさも改めて教えてくださった気がします。お話を伺って調和、バランス、という言葉が浮かびました。やりすぎない、無理させない、そんな庭は植物にも人間にも優しい庭になりますね。素敵な機会をありがとうございました!

cream tea #.UgTghUA | URL | 2016/06/19 21:40 | edit

ブノワ。さん、こちらにも。ポールさんの
プロフェッショナル、何度も見ています。
宝塚のお庭、訪れてみたかったのですが
願いは叶いませんでした。

その土地ならではの植物。自然のままに
ですよね。

一番近い場所だと・・・・・・。軽井沢の
名前がすぐ出てこないんだけれど。あの
お庭なのかな。

萌木の村、メモしますね。訪れてみたい
場所と地図と睨めっこばかりしています(笑)。

愛 #pdK/Zy5g | URL | 2016/06/21 20:35 | edit

初耳です。

あっちゃんへ。
おはようございます。メッセージどうもありがとうね。
チョッと旅行に行ってから仕事がバタバタでした。
返事が遅くなってゴメンなさいね。さて、ポールのこと、初耳ですよ!
そうなんだ……ポールもそれを聞いたら喜ぶと思いますよ。
たまに講習会とかやりますから、今度は一緒に行きましょうか?
「プロフェッショナル」は面白かったですよね。
あの番組の舞台になったところを実際に見られて良かったです。
あっちゃんも是非、萌木の村へ行ってみてね!
最近、本当に暑くなって来ました。
あっちゃんもそうだと思うけど、カラッとした暑さはいいのだけれど、
湿気があるのがシンドイですね……水分と塩ね!
合点でございます(笑)お互い、身体は大事にしましょう!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/06/24 06:12 | edit

早まらないでね!(笑)

ガーネットさんへ。
おはようございます、メッセージ恐縮です。
返事がスッカリ遅くなってしまいました、ゴメンなさいね。
ガーネットさんもポールのセミナーを受講しましたか……。
面白いですよね、話しが。笑わせようとするあざとさが微塵もない。
ポールは観察の人だから、そこにイギリス人のユーモアとウィットが加わる。
そして、チョッぴりシニカルに……何回聞いても素敵です。
ようやくポールの庭に日本人が追いついて来た感じがしますね。
日本庭園って元々は植物をコントロールする庭だから。
ポールの場合は、自分もその大自然の一員って言うスタンスが気持ちいいです。
家庭を捨ててガーデン巡りは絶対にダメですよ(笑)
捨てるものは他にあるでしょう?(爆)
見たいと思っていれば必ず夢は叶いますよ。
越後丘陵公園も是非!あそこの「Bella Donna」は凄いですから。
暑くなりました、お身体を大事になさってください!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/06/24 06:18 | edit

楽しかったですね!

cream teaさんへ。
おはようございます、元気にしていますか?
メッセージどうもありがとうね。返事がスッカリ遅くなっちゃった……。
たった2日休んだだけで仕事がバタバタです(苦笑)
さて、日常を離れてなかなかいい週末でしたね。
お誘いして良かったです。やっぱり物見遊山じゃなくって、
実際に自分の仕事とかに役立ててくれる人がベスト。
ガーデンの仕事も人それぞれです。アタシはこうはしない、
何でこんな風にする?疑問も沢山あるでしょうけど、
植物が好きと言う言葉で割れば割り切れるのかなぁ……と。
何か参考になりましたでしょうか?またどこかでご一緒しましょう。
暑くなって来ましたからね、お互いに身体は大事にね!
水分もですけど塩分ね!これ、結構、大事です(笑)

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/06/24 06:23 | edit

僕も!

愛ちゃんへ。
おはよう!メッセージどうもありがとう。
休んだしわ寄せが確実に、大きな波になって押し寄せて来ています(苦笑)
これからの行事に向けて、先々のことをしなければいけないし、
何だか全く時間がありません……返事が遅れてゴメンね。
さて、僕も行けなかったんですよ……宝塚。
今年の秋か来年の春には鳥取に行こうと思っています。
無い物ねだり、だからこその憧れって言うのもあるんだけど、
やっぱり、その土地のものを使うのって大事ですよね。
一番しっくり来ると思うの。植物にも優しいし。
またどこかに一緒に行きたいですね!
近々、楽しみにしています!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/06/24 06:27 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://nioinoiihanataba.blog.fc2.com/tb.php/308-3d47095f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top