ほんの些細なこと……。 

 

IWST6578.jpeg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 「あっ・・・・・・。」

靴の下で何かを踏む感覚、
パリっ!……薄い硬質なものを潰した感覚がしました……。

 「はぁ……やっちゃった!」

玄関先で小さな小さなカタツムリを踏んじゃいました。
可哀想に……僕、別に可愛がって育てている訳ではありませんが、
我が家の玄関先の薔薇やクレマチスの植え込みには沢山の小さなカタツムリがいるんです。
カタツムリも別に擬態をして周りの色に同化しているとも思えませんが、
矢張りそこは自然界の色に近い色ですから、よく見ないと見付けにくいこともあります。
踏みそうで危ない時は、周りで聞いているとおかしいでしょうけど、

 「ホラホラ、危ないからね!」

と、独りごちながら、ヒョイッと殻を摘んで安全な所に移動してあげます。
我が家の玄関先には可成りの数のカタツムリがいるんじゃないでしょうか……。

ここで、いつも面白いと思うのが、
クルクルの殻を被っていないナメクジは忌み嫌われていると言うこと(笑)
殻がくっ付いているかいないかの違いに見えますが、
人々の好き嫌いはその一点で大きく違って来ます。
僕はそれほどナメクジはイヤではありませんし、ジィ〜っと見ていると、
何やら伸ばした触覚も可愛らしく見えて来ることがあります。
皆さん、ナメクジを嫌って塩を撒いたりしますよね?
僕もちか子のご飯の器にナメクジが集っているとイヤですが……。

ほんの些細なことで好き嫌いが別れることがあります。
僕の三味線のお師匠、亡くなった桜川梅子師匠の庭にビッシリ生えていたドクダミ。
師匠はそのまま放置で、適当に摘んで来ては、

 「これ、干してお茶にするといいのよ……アタシみたいに美人になるの。」

そう言っていましたっけ(笑)美人になるかどうかは別として、
殆どのガーデナーが忌み嫌いますよね……ドクダミ。
花も可愛らしいし、僕は好きなんですが、矢張りその旺盛な繁殖力?
僕のお友達に「ドクダミが見頃を迎えました・・・」と、
薔薇やクレマチスなど、人気の植物と何ら変わらずにドクダミと付き合っている自然派の人もいます。

また、八重咲きや、葉に斑が入りカラフルになった園芸種などは苗として園芸店で売っていたりもします。
ほんの少しの違いなのにね……片や忌み嫌われ、片や珍重される……。
人の心理って面白いものだと思います。


今日の写真はチョッと前に長野のガーデニングショップで撮った斑入りのドクダミ。
白い垣根に色鮮やかなドクダミの葉が美しく映えています。

物事の本質は何も変わらないのに、些細なことで好き嫌いが別れる……。
その「色眼鏡」を外してみると、もっともっと人生が素敵になるかもしれません。


2016年6月1日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2016 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
スポンサーサイト

category: 向き向きの花束。

tb: 0   cm: 6

△top

コメント

 

カタツムリをずいぶん見ていません。
同じ東京なのに何故だろう?

ところで、
目の先にさっき花瓶に活けたキンギョソウの花びらが一つ落ちてるのが見えた。
素足でそれを踏んでしまった。
ん?
グンニャリして冷たいそれは?
花じゃない!
1/10秒で飛びのきました。
ブツはイモムシ。  げーっ。
花にくっついて家まできたあげく私の足で圧死するとは・・・
南無南無~~~(笑)
そのときのその感覚、いまも足の裏にあります。

その2
昔、新宿のバーのような店で、
混んでいたので後ろへさがったら足の下に雑巾が?
ぎゃ~~~~~っ!
ネズミ~~~~~!

何だろう。私って変なものをふんづける運命?

指は殆ど完治しました。
ご心配ありがとうございました。


 

ムー #qiVfkayw | URL | 2016/06/01 21:18 | edit

特に大きいの!

ムーさんへ。
おはようございます、いつもメッセージありがとう。
本当、カタツムリを見なくなりましたよね。
特に大きいのね……絶滅した?どこに行っちゃったんでしょう。
ブツはイモムシ……あはは!それは願い下げだなぁ(笑)
小さかったんでしょう?それとも結構、悶絶級にデカかった?
ムーさん、それって一生感触が残りますよ!(爆)
だって、僕、小学校の時に踏んだナメクジの感触……。
まだ足の裏に残っているもの。サンダルの上にいたの踏んじゃった(笑)
ネズミは勿論死んでいたんでしょうね?それとも生きていました?(爆)
そうですよ、きっとそう言う運命なんですって。
今度は何を踏むでしょうね……僕のことは踏まないでね!(笑)
指は良かったですね。これで思う存分、花後の薔薇の手入れ出来るじゃないですか!
しかし今年は早かったですね。我が家はおクレマチスが満開ですけど……。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/06/02 06:38 | edit

ブノワ。さんお早うございます。
ブツは悶絶クラスの大きさでした(笑)
ネズミは・・・生きてましたー(笑)

高校の校舎の裏で釘が上向きに出てた板を踏んだこともある。
靴を通して土踏まずに刺さりました。
片足だけスキー履いて何してんの?みたいな。
今もほくろのように跡があります。
おそらくいつかそのうちブノワ。さんも踏むでしょう(笑)

そうそう、
9月にヨーヨー・マがサントリーホールで無伴奏全曲弾きますね。
ネットの先行前売りにトライしてみますけど、
買えるかなー。
ブノワ。さん行きたい?
二枚買おうか?
9月21日(水)18時半開演です。

ムー #qiVfkayw | URL | 2016/06/02 07:35 | edit

悶絶ぅ?(笑)

ムーさんへ。
こんにちは。詳細にありがとうございます(笑)
あのですね、薔薇をやるようになってから、虫は大分、平気になりましたが、
やっぱり、ケムシ、イモムシ、それから例の土の中のアレ……。
どうにもイケません(苦笑)恐ろしさは大きさに比例しますね。
ムーさん踏んだんだ(笑)悲鳴あげました?僕だったら卒倒(爆)
ネズミは御愁傷様……って言うよりも、一体どんな衛生管理の店?(笑)
フランスの田舎の森で見たナメクジね……これは凄かったですよ。
4人で鼻歌なんか歌って「あぁ!綺麗な花!」……近寄ってみたら、
大男の中指くらいの焦げ茶のナメクジが……。
4人とも一瞬で1メートルくらい飛び退いた(爆)
絶対にフランスの田舎には住めないと思った瞬間です。
ムーさん、釘はヤバいですよ。錆びていなかったですか?
破傷風とか本当にコワいですからね。
僕は大丈夫、ムーさんと違ってその手のドジはしないから(笑)
ところでヨーヨー・マ!いらっしゃるんだ……。
行く!行く!聴きたい!聴きたいぃぃぃぃぃぃ〜っ!
ムーさん頑張って!気合いは勿論、根性入れて!パソコンの前から離れちゃダメ!
真面目にお願いしますね。ヨーヨー・マのバッハはイタい思いしているから。
もう随分前、当時はネットなんかなかったからサントリーホールに並んだの。
始発で行ったから前から5番目くらい……おぉ〜っほっほっほっほっほっほっ!
買う気満々でいたら財布にチョッとしかお金が入っていないの……。
ががぁぁぁぁ〜ん!カードは使えないし、買わなきゃいけない4枚のチケット、
有り金で割ったらB席くらいになっちゃってシオシオのパー……。
ムーさん、取れるように盛大に気と念を送ります!
もし取れたら、その時から「ムーさん」は「ムーさま」に!(笑)
頑張ってくださいね!楽しみにしています!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/06/03 12:24 | edit

ドクダミは私も嫌いじゃないです。
八重でもなくて、斑入りでもなくて
普通のが好きです。

ヨーヨー・マはずーっと昔に私も電話掛けで頑張りました。
もちろん電話が通じた頃には売り切れてましたが。
あれからどのくらい経ったのかな。
私も歳をとったけど、ヨーヨー・マもおじい様になったはず(笑)

つぐみ #aD5n/OBo | URL | 2016/06/03 19:38 | edit

普通がいいよね。

つぐみちゃんへ。
おはようございます。元気にしている?
メッセージどうもありがとうね。
ドクダミって可愛いですよね。僕も普通のが好きかな。
斑入りのって綺麗だし目を引くけど、アレが一面にあったらウルサいかも。
ヨーヨー・マはまだまだだと思いますよ。確か今年61才かな。
一般に考えると、とっくに危険年齢(楽器が弾けなくなる年齢)に達しているんだけど、
一向に衰えを見せないですよね……年齢で加わった千変万化の表現力もあるし。
チョッと心配なのは、一時期に較べて録音が減ったこと。
もう弾く曲がなくなったって言う人がいるけどどうでしょう……。
ジャンジャン新譜を出していた時期が懐かしいです。
僕は「ヨーヨー・マ プレイズ・モリコーネ」が一番のお気に入りです。
厳しい集客を強いられているクラシック界で、唯一プラチナチケットのヨーヨー・マ。
つぐみちゃんも電話にチャレンジしたことあるんだ(笑)
アレって繋がったと思ったら売り切れなんだよねぇ……。
つぐみちゃんが年取った?いえいえ、まだまだ娘でしょう(笑)
何かやってる?蜘蛛の巣とかトカゲの尻尾とか煮込んでいない?(爆)

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/06/06 22:43 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://nioinoiihanataba.blog.fc2.com/tb.php/300-1ce63a8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top