美しき緑のバリエーション……黒田邸にて。 

 

REMI9203.jpeg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

今年の暖かな春は、黒田邸にも少なからず影響を及ぼしたようです。
例年だと一緒に咲く薔薇が時間差になっていたり、
薔薇とクレマチスの組み合わせも随分と違って見えるような気がしました。

REMI9205.jpeg
REMI9207.jpeg

先ずは連休の前半にお持ちした陶板で作った看板……。
取り付けが終わったと言うことで見せて戴きました。
分不相応な豪華なしつらえに大感激でした。実はですね、作るだけ作って、
どのように門柱に取り付けるかは全く考えていなかったんです。
その前に、ビックリが大好きな僕は、庭の名前も、
何で看板を作るかも黒田さんには伝えてありませんでした。
黒田さん、懇意にしている家具屋さん「老津木工」の、
松井さんに取り付けをお願いされたそうです。
金色の百合の金具が程よいアクセント、美しいフレンチ・ブルーが眩しいです。
いい色ですよね……枯れた色味で描いた看板を引き立ててくれます。
フレンチ・ブルー、ターコイズ・ブルー……日本の伝統色で言うところの新橋色……。
似通った色は沢山ありますが、思いもかけない事でもあり、
たいそう感激しました。先ずは写真をご覧下さいね。
例によって選べませんので100枚近くあると思います(苦笑)

REMI9485.jpeg
REMI9477.jpeg
REMI9472.jpeg
REMI9471.jpeg
REMI9469.jpeg
REMI9465.jpeg
REMI9463.jpeg
REMI9464.jpeg
REMI9462.jpeg
REMI9461.jpeg
REMI9455.jpeg
REMI9452.jpeg
REMI9446.jpeg
REMI9443.jpeg
REMI9435.jpeg
REMI9425.jpeg
REMI9424.jpeg
REMI9422.jpeg
REMI9421.jpeg
REMI9420.jpeg
REMI9416.jpeg
REMI9415.jpeg
REMI9408.jpeg
REMI9407.jpeg
REMI9406.jpeg
REMI9401.jpeg
REMI9381.jpeg
REMI9368.jpeg
REMI9362.jpeg
REMI9356.jpeg
REMI9352.jpeg
REMI9347.jpeg
REMI9338.jpeg
REMI9327.jpeg
REMI9314.jpeg
REMI9312.jpeg
REMI9305.jpeg
REMI9307.jpeg
REMI9304.jpeg
REMI9297.jpeg
REMI9293.jpeg
REMI9289.jpeg
REMI9292.jpeg
REMI9288.jpeg
REMI9283.jpeg
REMI9281.jpeg
REMI9257.jpeg
REMI9254.jpeg
REMI9235.jpeg
REMI9232.jpeg
REMI9230.jpeg
REMI9216.jpeg
REMI9012.jpeg
REMI8992.jpeg
REMI8990.jpeg
REMI8986.jpeg
REMI8978.jpeg
REMI8973.jpeg
REMI8956.jpeg
REMI8943.jpeg
REMI8937.jpeg
REMI8936.jpeg
REMI8918.jpeg
REMI8910.jpeg
REMI8904.jpeg
BBTT9599.jpeg
BBTT9593.jpeg
BBTT9592.jpeg
BBTT9591.jpeg
BBTT9587.jpeg
BBTT9584.jpeg
BBTT9582.jpeg
BBTT9572.jpeg
BBTT9555.jpeg
BBTT9553.jpeg
BBTT9549.jpeg
BBTT9548.jpeg
BBTT9544.jpeg
BBTT9530.jpeg
BBTT9522.jpeg
BBTT9516.jpeg
BBTT9521.jpeg
BBTT9515.jpeg
BBTT9520.jpeg
BBTT9510.jpeg
BBTT9509.jpeg
BBTT9491.jpeg
BBTT9488.jpeg
BBTT9487.jpeg
BBTT9604.jpeg

この時期、薔薇は矢張り主役の座を揺るぎないものにしていますが、
今回、特に目に付いたのは、緑の美しさ、緑のバリエーションの多さでしょうか。
実は僕、緑と言う色はそれほど好きな色ではないのです。
一般に、緑は他のどの色とも合う色だと言われていますが、
それも果たしてどうでしょう……合わない色はないと言うのが僕の持論です。
ただ、その色と色の分量の加減だと思うのです。

黒田さんの庭の緑はあらゆる色調の緑で埋め尽くされています。
薔薇や愛らしい草花に目が行きがちですが、そこが凄いところ。
2月に看板の下見に訪れた時にも緑の美しさに感服しましたが、
その入念な緑の下地があってこその、薔薇や宿根草が映えるのだと思いました。

最後の1枚は、わざわざHISAKOさんが持って来てくれた、
僕の「Bell Donna」を使ったアレンジメント……こう言う心遣いがとても嬉しいです。
あぁ、薔薇を作って良かった……そう思わせてくれる瞬間です。

陶板の看板……どうでしょうか。
華やかな今の時期は勿論のこと、草枯れの冬にも存在感を出すようにデザインしたつもりです。
今は華やかなフレンチ・ブルーも少し色褪せ、いい具合になって行くのではないでしょうか。


2016年5月19日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2016 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
スポンサーサイト

category: 旅の栞。

△top

コメント

 

やはり素晴らしいですね。

すごーい!迫力のお庭ですね。
陶板も周りの色とのハーモニーなんでしょうか。愛らしさ、感じます。
たくさんの写真、ゆっくり何度も見ちゃおう。
景色は入念な緑の下地があってこそ・・・なんですね。
陰影が薔薇や宿根草に表情を作るとゆう感じでしょうか。グラスや下草も綺麗だなあって思います。
きっと散歩コースにわざわざ通り過ぎたり、遠まきに楽しんで行ったり、近隣の人にとってもこの時期の楽しみになってることでしょう。
陶板も大切に据えられて、味わいのあるものになっていくことでしょうね。

ガーネット #- | URL | 2016/05/22 21:31 | edit

何度見ても凄いなー。
ツタにおおわれた家はたまーに見かけるけど、
バラにおおわれた家は見たことがない。

うちも今年はつるバラがモリモリしてたけど、
これの花ガラを切るのがたいへんだー。
また脚立に乗るのが恐いなー。
日に日に茶色くなる白のつるバラを眺めているところです。

こちらのお宅はどうなさっているのか。
「見るべきはそんな所じゃないでしょ」と怒られそうだ(笑)

ブノワ。さんの陶板、立てかけるのか?盗られないか?と心配したけど、
このように止め付けたんですね。
目立ってるのに溶け込んでます。
青の色が満開のバラには良く似合う。
この青があせてきたらもっと馴染むんでしょうね。
陶板そのものはお皿のようなものだから(ちがう?)美しさキープ?
そこんとこもニクイね。

私の指ようやく治ってきました。
強風で倒れた大きな鉢をプランタースタンドに乗せる時、
指二本を挟んだんです。
大体この鉢は女一人じゃ普通持ち上がらない。
火事場の(火事じゃないけど)馬鹿力ってやつ。
指を落とさなくて良かったーーー(笑)





ムー #qiVfkayw | URL | 2016/05/22 21:38 | edit

こんばんは。素敵なネームプレートですね!
オリジナルのフォント、というところが驚きです。特別なお庭がさらに際立つのではないでしょうか。海外のお宅でも、愛する我が家に屋号のようなネーミングをつけ、それを素敵なプレートにして飾っているのを見かけますが、お庭やご自宅への愛着、愛情を一層感じられるように思います。お庭も工夫がいっぱいですね。入口のガーランドは圧巻でしょう。
ブノワ。さんのプレート、注文が殺到してしまうかもしれませんね!

cream tea #.UgTghUA | URL | 2016/05/22 23:21 | edit

ありがとう!

ブノワ。お兄さま
先日は、久しぶりにお目にかかれて、とても嬉しかったです!
黒田邸、今年もとても美しくて素晴らしかったですね!
でも、ブノワ。さんのレンズを通したひとコマひとコマがまたなんて美しいこと!
女神さま?のところの一枚が最高でした。
でも見せていただきながら涙が出たのはどうしてなのでしょう。
ほんとに美しいお写真をありがとうございました。

Bella Donnaのお写真にも感激!
あそこから大きく開いて行くからと余裕あけてましたが、もっとたくさん入れても大丈夫でしたね♡
ありがとうございました。うれしーい!

HISAKO #W/NOcnQI | URL | 2016/05/22 23:55 | edit

フレンチブルーの陶板の看板

ブノワ。さん、改めて!
フレンチブルーの陶板の看板、まわりのランブリングレクター(ですよね!)とドンピシャ!で、
とってもエレガントで素敵でした。
ブノワ。さんの文字がまたすごーく素敵で!
黒田さんのお庭の素晴らしさをエントランスで伝えてくれますね!
お邪魔するのがますますたのしみになりました。
また黒田さんのお庭でお目にかかれる機会を楽しみにしています。

HISAKO #W/NOcnQI | URL | 2016/05/23 05:41 | edit

本当、そう思います。

ガーネットさんへ。
おはようございます、メッセージどうもありがとう。
このところいい天気が続きますね……暑いけど心地いいや。
春のシーズンは気候に大きく左右されることが多いけれど、
黒田さんの庭も今年は随分と様子が違いました。
毎年〜同時に咲く薔薇が時間差になったり、クレマチスの開花がズレたり……。
でも、それはそれでまた違った美しさを見せてくれていて驚き。
陶板は僕の枯れたイメージを、少し甘い味付けにしてくださって良かったです。
どんな感じに経過して行くでしょうね……楽しみが増えました。
黒田さんのお宅は前の道の車の量が結構あります。
車で通る人は結構、分からないんじゃないかしら……。
前を見て運転しているとアッと言う間でしょう?
でもご近所の方々は毎年の楽しみでしょうね。
最近は薔薇以外の植物に目が行くことが多くなりました……。
そうすると、さらに宝物を発見するんですよね(笑)
冬の庭の凄さも見ちゃったし(爆)

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/05/23 09:30 | edit

お大事にね!

ムーさんへ。
おはようございます。メッセージどうもありがとうね。
指、治りかけなのに無理しないでくださいね……。
今まで、随分と不自由したんじゃありませんか?
何でもそうですけど、あって当たり前と思っていたのに、
小さな刺が刺さっただけで思いもかけない不自由を味わうことがあるもの。
僕、一抱えもあるテラコッタに乗って「New Dawn」をひっこ抜こうとしたら、
肋骨にひびが入ったことがあります(笑)園芸は危険なのですね(爆)
脚立は呉々も気を付けてくださいね。天板に乗っちゃダメなんですよ。
それから降りる時はそのまま後ろ向きで。前を向くと落ちます!(笑)
さて、黒田邸。庭に入ってしまうとそれはそれで驚愕なんですが、
外から見た図がまた凄いんですよねぇ……お手入れどうするのかしらン?
2階の上の方なんて命綱が必要ですよね。
壁面に這い上がったツル薔薇ね!1人でされているとお聞きしましたよ。
脚立でされているみたいです……凄いですね。
行きはよいよい帰りはコワい、花は綺麗じゃ花後の手入れはしたくない……。
我が家は薔薇の手入れをしなくなって数年……今は放置のおクレマチスが凄いです(苦笑)
黒田さんは春のこの時期だけに集中して楽しまれている所がいいのかもしれませんね。
一年中、必死でガーデニングしていたら保たないでしょう?お仕事あるんだし。
陶板は取り付けまでは考えないで作りましたから(笑)
こうして素敵に付けて貰うとホッと一安心、
馬子にも衣装、陶板がさらに良く見えるでしょう?
ムーさん、庭の看板作って差し上げましょうか?(笑)表札とかね!
指、治って来たからって油断は禁物ですよ。
キッチリ完治するまで大事にしてくださいね!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/05/23 09:45 | edit

お祝いで……。

cream teaさんへ。
おはようございます。メッセージどうもありがとうね。
しかしいい天気ですねぇ……このまま湿度が上がらなければ……ね。
そう思いますが、真夏のうだるような暑さが思い遣られます。
ネームプレートは非常に難儀しました。責任重いものね。
通常は木に描きますが、サイズが手頃だったので陶板に。
それはそれで技術的に難儀しましたけど……。
オリジナルの世界でたった一つのフォントはこだわりですかね。
誰でも引っ張って来れるフォントだったら僕がやる意味ないし。
いつか実物を見て貰いたいなぁ……でもドーム真っ盛りですからね。
毎年〜誘おうと思って声掛け出来ないでいます。
いつか行きましょうね。黒田さんと気が会うと思いますよ。
そうそう、いつかcream teaさんが独り立ちしたら、
お祝いで何か作って差し上げますよ。心に留めておいてくださいね。
近々、お目に掛かれますね?楽しみにしています!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/05/23 09:51 | edit

ゴミですよ、ゴミ(笑)

HISAKOさんへ。
おはようございます。メッセージどうもです。
先日はこちらこそ楽しかったですよ。どうもありがとうね。
黒田さんの庭って、行くのが早過ぎたとか遅過ぎたって言うのがないのね。
いつも必ず素晴らしい光景が広がっています。
あの女神さまね……あれってどこで買ったんでしょうね?
庭の成り立ちを今度ゆっくり聞いてみたいなぁ。
写真は本当に不思議ですね。如何様にでも被写体を料理出来る。
黒田さんの庭は、素晴らしいものにどれだけ近づけるか?……になりますが、
そうでないものもそれなりに撮れるでしょう?そこがまた楽しい。
そうそう、シャッター音のこと、面白かったですね(笑)
ところで新しいキヤノンの5060万画素ってどう思います?
それから新しいのが出ましたね?「EOS-1D X Mark II」……欲しいかも。
「Bella Donna」のアレンジは本当に嬉しかったです。
花の量?丁度いいんじゃないですか?何事も余白の美、八分目です!(笑)
涙が出たのは、きっと小さなゴミが入ったんですよ。
いつも素敵なお言葉に元気を貰っています!ありがとう!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/05/23 10:02 | edit

66万だって!

HISAKOさんヘ。
おはようございます。こちらにもありがとうね!
お褒めの言葉、どうもありがとうね。黒田さんと松井さんのセンスですね。
こんなに素敵に付けて貰っちゃって大感激だったんですよ。
僕ね、花の頃は勿論だと思うんですが、秋から冬もいいと思うのね。
どちらかと言うと、そっちの季節を念頭にデザインしてみました。
まぁ、兎に角、難易度とハードルの高い仕事でした(苦笑)
またどこかでお目に掛かれますように!
ところで、キヤノンのカメラ……66万ですってね!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/05/23 10:09 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2016/05/23 11:00 | edit

本当に!

愛ちゃんへ。
おはよう!メッセージどうもありがとう!
本当、一年は早いですね。アッと言う間だもの(苦笑)
去年とはチョッと様子が違うんですよ。そこがまた面白いですね。
植物って不思議……人の思惑通りに行かないのも素敵(笑)
さて、仕事ですけどね、普通は結構、皆もっと凄い状態ですよ。
勤務時間もそうだけど、ノルマ、成績、売り上げ……。
首都圏の通勤電車の中を見てみるといいです。
皆、朝から疲れきっている(苦笑)これで1日働けるのか?ってくらい。
愛ちゃんがまだまだとは言いませんし、彼らと較べるのもなんだけど、
仕事って何を取るかじゃない?キツいけど賃金優先か、
給料は安いけど時間が自由になるか……。
キツくて給料は安いけどやりがいがある仕事を選ぶ人もいる。
シンドイけど、仲間の信頼を得るって気持ちいいじゃない?
人それぞれです。根はあげないように。皆、一緒だからね。
辛いとき、切羽詰まった時は一服するといいです。
席を立って外に空気を吸いに行くのもいいし、
チョッとお茶入れて休むのもよし。深呼吸しましょう。
そして、先々の作業の大まかな段取りをし、ビジョンを見ましょう。
急がば回れ、確実に1つずつやって行くことが大事です。
先回りして急ごうとすると失敗しますよ。
特に愛ちゃんはドジだからね(笑)結果、廻った方が早いのよ。
例の件、格好悪いでしょう?僕もそう思います(笑)
もう挨拶はしたのかな?皆さんなんだって?
忙しいから、シンドイからってその選択はチョッと驚き。
ま、ゆっくりと深呼吸しながらやって行きましょうよ。
暑くなります、身体には気を付けて!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/05/29 05:00 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://nioinoiihanataba.blog.fc2.com/tb.php/294-07eba534
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top