春間近か……おねぎとピーマンの辛口ファッション・チェック。 

 

REMI2433.jpeg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

一幕一場。

 目にも留まらぬテンポで出来るだけ早口で。
 「!」マークの所では、必ずお互いの台詞に被せるように矢継ぎ早に。
 磨き上げられた大理石の表面のように滑らかに、立て板に水の如く、
 掛け合い漫才のように喋ること……。


何度も店に通ってようやく決心……。
エルメス・カラーのオレンジのスプリング・コートに身を包み、
鼻歌まじりで帰宅したおねぎ。今日は至極ご機嫌なのだ。
だって、今、付き合っているHくんの口から、デートの間、女房の話しも子供の話しも出なかったから。
2人でいる時くらい女房の愚痴と子育ての大変さは聞きたくないじゃない……。
Hくん、エルメスのコート褒めてくれたし、2人で9万円掛かったディナーなんて安いものだ。
次はおねぎが行きつけの鮨屋に行くことを約束した。次に繋がることが大事なのだ。
やっぱり初めはシャンパンにして良かった……Hくんのパッと輝く顔がまた浮かぶ。
明朝、取材で朝早いHくんを家の近くまでタクシーで送り、ホロ酔い気分で玄関を開けてみれば、
こちらもまたご機嫌そうなピーマンの鼻歌が聞こえて来た……。

O  「あら、ピーマン、随分とご機嫌じゃないの。
    まぁ、ヴーヴ・クリコ!アタシにも頂戴よ。」
P  「まぁ、そう言うおねぎも薄ら上気した顔しちゃって……ハハァ〜ん、デートね?!」
O  「あら、勿論よ!だってアタシ、愛の火の粉を払いつつ生きているんだもの!」
P  「バッカねぇ……Mくんだっけ?あっ!Dくんだっけ?ガハハ!
    ま、それはどうでもいいとして、ねぇ、そんなことよりその衣装はなんなのよ!」
O  「ピーマン、アナタもイヤな女ねぇ……わざと間違えたりして。Hくんよっ!
    今日は失礼を許して差し上げるわ。アタシ、ご機嫌だからさ。
    そんなことより衣装って?あら、羨ましいでしょう!エルメスよぉぉぉぉぉ〜っ!」
P  「そんなこと見れば分かるわよ。それよりその下に履いているのは何なのよぉ!」
O  「あら……これ?アバクロのスエットじゃない!
    いいのよ、エルメスのコートにアバクロのスエットでドレスダウンよっ!」
P  「チョぉっとぉぉぉぉ〜っ!ダサいわねぇ!」
O  「おダマリぃ、ピーマン!今、スエットが流行りなのっよ!」
P  「流行りは分かっているわよ。アタクシ、一応ファッション評論家よ!」
O  「あら、じゃぁ、何がいけないのさ。」
P  「それってさ、若者がする格好よ!アナタ、お幾つぅ?」
O  「あら、イヤなこと聞くわねぇ。
    お幾つぅ?って、聞かなくても分かっているでしょう?双子なんだから!」
P  「それでデートして来たかと思うを寒気がするわ!
    また男に騙されてバカみたいにお高いレストラン行ったんでしょう?
    Hくん、その格好見て何だって?」
O  「フンっ!おダマリぃ!褒めてくれたわよ!いいじゃない、どんな格好したって。アタシの勝手よ!」
P  「バッカねぇ……奢ってくれるからってお世辞言ったに決まっているじゃない!
    あのねっ!第一、エルメス脱いじゃったらゲートボールのジイさんみたいじゃない(爆)
    それにさ、スエットなんて可愛らしいスポーツマンの男の子がする格好よ!」
O  「あら、ピーマン、アンタって悲しい女ねぇ。もしかして羨んでる?ガハハ!
    いいのよ、アタクシは麗しいスポーツ・ウーマンなんだから!……あはは!」
P  「バッカ!若くて可愛らしくて筋肉質で、お尻がポコッとちゃんとあって、
    スエットから筋肉が透けて見えるような、爽やかな子が履くものなのよっ!」
O  「あぁ〜ら、悪かったわね、筋肉が透けなくて。
    爽やかじゃありませんよぉ〜だ。どうせ贅肉だけですよぉ〜だ。
    それだったら一体誰が着たらお似合いなのか教えて戴きたいものだわ!」
P  「そ〜ねぇ……阿須加なんかいいわね!」
O  「阿須加って……工藤阿須加くん?
    チョッとチョッと、何なのよ、呼び捨てにしたりして。アナタお友達?」
P  「違うわ(笑)でも工藤くん、可愛いじゃない!」 
O  「はぁ……焦った。抜け駆けされたかと思ったわよ。
    そうね、可愛いわね。それは認めるわ。スエット履いて宅急便届けに来てくれて、
    あんな目で見つめられたら部屋に引きずり込んじゃうかも、ガハハ!」
P  「バッカねぇ……またそこかい(苦笑)
    ところで、おねぎ、まさかスエットの膝出ていないでしょうねぇ。毛玉なんて御法度よぉ!
    ところでアナタ何履いて行ったのよ……まさか、あのプラスチックのサンダル?」
O  「チョッとぉ!人をバカにしないでよ!アレでしょう?
    プラスチックで丸い穴が沢山開いた潰れたハンバーグみたいなヤツでしょう?
    ホラ、クロ、クロ……何だっけ?!あはは!」
P  「クロックス!」
O  「ガハハ!それそれ!……って!このアタクシがあんなもの履く訳ないじゃない!」
P  「ガハハ!そうだわよねぇ、アレは人間が履くものじゃないわ!」
O  「あら、ピーマンそれは言い過ぎよぉ。問題発言だわ。」
P  「あら、いいじゃない、本当のことなんだから。
    アタシなんかクロックスしか家になかったら外に一歩も外に出られないわ。」
O  「それはそうかもね。人目を忍んでゴミ捨てが精々かも。
    ところでピーマン、女がスエット履いているのはどうなのよ。」
P  「あら、女がスエット?それはね、論外よ!
    高校生が部活で対外試合しに行くんじゃないんだから!」
O  「そうよねぇ、女捨ててるわよね(爆)
    バカよねぇ、折角の女なのに捨てちゃうんだもの……。」
P  「そうよ、捨てられた女、拾いたい!アタシたちなんて女になりたくてもなれないのよ!」
O&P「おねぎ、ピーマン……アタシたちって因果だねぇ……。」




 「寒みぃぃぃぃ~っ!」

声の方を見ると、いかにも頭が悪そうな高校生とおぼしき3人が(ゴメン……。)
ドデっと7人掛けの座席を我がもの顔に占領して会話していました。

寒いよね……春間近とは言え、まだ気温は冬だもん。でも、よくよく見ると、
はぁ……そりゃそうだ。だらしなく踵を履き潰したローファーからくるぶしが見えています。
アレね、アレ。アンクレット?フットカバー?
ホラ、昔、母親たちが履いていたようなアレ、短いソックスを履いている訳。
今時、珍しい学生服の腰履き、しかも裾はロールアップだし……。
キャラクターのパンツ見えてる……べ、べ、べ、ベティ・ブープじゃん!ププププ。
寒かったらキチンと普通のソックスを履けばいいし、
ズボンもウエストまでキチンと上げて下着を中に入れればいい……。
春間近とは言え、見ているこっちの方が寒々しい気持ちになります。


しかし若者の服装がダラしなくなりましたよね……。
ダラしないと言えば、着物の着方なんてその最たるもの……。
毎年~の成人式の光景を見ると、年々、エスカレートして行く様子に苦笑するしかありません。
自分はイケてる、格好いいと思っているから始末が悪いです。
男は金髪のリーゼント&サングラス&眉なし(失笑)女は片方の肩を丸出したりね。
髪の毛なんて鳥だって逃げ出して巣を作らないモジャモジャ(苦笑)
ゴメンね、言葉は悪いけど売春婦みたいな風体。アバズレ?そんな感じ。

これは昔友達だった人から聞いたんですが、
新入社員がスーツを作りに行って、ご多分に漏れずスラックスを腰履きで採寸し新調。
出社した初日に上司に大目玉を食らったそうです(苦笑)
スーツを腰履きで新調し、イケていると思って通勤する新人も常識がなくてイタイけど、
その、採寸をした店の店員の常識もどうかと思っちゃいます。
普通はキチンとアドバイスしなければならないでしょう?
限りなく下げて腰履きしているんだもの、上げて履いたらツンツルテンじゃない。
これは若い新入社員だけに限ったことではありません。
結構な年になっているサラリーマンも可成り怪しいものがあります。
有り得ないくらいの派手派手しいシャツ。
お前はカール・ラガーフェルドかって言うくらい高いカラー。
日本人は首が短いですからね、見事にシャツに首が埋もれてる。
しかも、太く存在を主張するかのようカラフルな糸でステッチが入っています。
襟は訳が分からないんだけどダブル(笑)一体、何のお仕事?
と、思っちゃいますね。少なくても銀行員ではありませんね。
まるで魔女が履くように先がそっくり返り尖った靴。漏れなく手入れされていない。
しかも踵はすり減るだけすり減って、買ってから一度も磨いたことなんかないようです(苦笑)
スーツの着こなしにはある程度の決まりがあります。今の時期だと気になるのは上に羽織るコート。
基本的にスーツの上にダウン・ジャケットはおかしいです。
何かのイベントでイレギュラーに外仕事……そんな時は反対に好感が持てるけど、
日々の通勤はキチンとジャケットの下まで隠れる丈のコートを着たいです。
コートの下からジャケットが覗くのはご法度ですよ。
丈の長いコートが一番美しく見えるのは、丁度、膝下までが隠れるくらいの丈がベストです。
いますよね、くるぶし辺りまでの長いコートや、
サイズが合わず、肩パッドがデカ過ぎて、まるでコートが歩いているような人……。
カバンも出来れば肩に掛けず手で持ちたいです。スーツの形が崩れるからです。
仕方なくショルダーにする場合はストラップの長さに要注意です。
皆さん、長すぎます。尻の下にカバン本体が来るようじゃ、
みっともなくて仕方ありません……。

自由に着こなして楽しむ……もいいのだけど、
何事も先ず基本を押さえてから……基本さえ押さえておけば、
それほどヒドイことにはならないハズなのです。


この記事は、一旦書き上がったものを加筆訂正しました。
スエットの下りを「おねぎとピーマン」で……リクエストが多いのです(苦笑)
今日の写真はパリで撮りました。借りていたアパルトマンの近くの店です。
何屋でしょうか……チョッと古道具屋っぽい感じ……。
こんな風にトルソも作品にしてしまう粋なパリでした。


2016年3月16日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2016 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト

category: 向き向きの花束。

tb: 0   cm: 4

△top

コメント

 

工藤阿須加って誰?
調べてみました。
ふ~~んこの子か。
可愛いかねえ、小学生みたいでぜんぜん物足りないや(笑)

女のスエットはたしかにねー、何でかな?筋肉問題?
でも若くて細ーい子が上パーカーではいてたら可愛くない?
小学生みたいで物足りないか(笑)

それにしても、スーツで腰穿きってそりゃないよねー。
ほら、前にあったじゃない、
ソチ五輪のスノーボード・ハーフパイプの選手。
ネクタイゆるゆるでシャツの裾出してて腰穿きパンツで謝罪した子。
いっそスエットでいいじゃんねーと思ったけど、
スエットも腰というより膝履きかな(笑)

でもね若者の事は言えませんよ。
TV見てるとよく居ますよ、ステッチ入りの高い衿のシャツ着てるオジサン。
出た!と思っちゃう。
今風のイタリアンな細身スーツのパツンパツンお腹も見たくない。
なんで普通じゃいけないの?
カール・ラガーフェルドするなら徹底的にやってくれ(笑)
男って全身写る鏡もってないのかなー。
薄毛気にするより全身のバランス気にしてほしいです。

ところで、
クロックスのサンダル友達がくれた。
「私には大きすぎて~~」だって。
なんだい?私のデカ足には丁度かい?
それも赤に黄緑のバンドで巨大な苺みたいなの~~
ゴミ出し専用?
玄関におくのも恥ずかしいんですけど(笑)




ムー #qiVfkayw | URL | 2016/03/18 21:41 | edit

愛の火の粉を払いつつ!

ブノワ。さま、ナマステ。
「愛の火の粉を払いつつ生きている」っていいですね(笑)

お洒落しましょう、春ですものね。
和装でお練りをご一緒しましょうよ。

Coucou #NMJSpOmY | URL | 2016/03/23 12:39 | edit

小学生!(笑)

足のデカいムーさんへ(笑)
こんにちは、メッセージどうもです。
工藤阿須加ってね、「ルーズベルトゲーム」の時に衝撃的だったの。
完全に主役喰っちゃってさ。清潔感あって目力凄くて。
ピッチングが凄かったんですよ。素人って言っていたけど……。
テニスやっていたらしくてね、錦織 圭に勝っていましたよ!
あとは満島真之介くんとか?他にスエットが似合いそうな若手知らないしね。
あのですね、女性に関して言うと、若い子は全く興味ないんです。
ガキンチョは女と思っていないの。
ムーさん知っているでしょう?僕が大人の女性にしか興味ないの。
スーツの腰履きは衝撃でしょう?これ本当にあった話しですからね。
いましたね、スノーボード?でも、大体が無理じゃないですか。
キチンとしろって今更教える方もおかしい。大人なんだし自分で出来ないとね。
空港って鬼門なんですよ(笑)サッカーの選手なんてチンピラみたいじゃないですか。
謝罪ってイヤですね。僕は絶対に謝らないですよ。
謝るようなことは絶対にしない。しちゃっても絶対に謝らない(笑)
このところ謝罪するようなチョッとした事件で持ち切りでしょう?
今度記事にしますけど、本当にイヤな世の中になりましたよね……。
男って全身映る鏡……見ないかも(爆)でもね、衝撃の光景教えてあげます。
駅なんかの男子トイレ!凄いですよ。ここは女子のパウダールームかって思うもの。
もう一心不乱に髪の毛セットしちゃってさ……だっさ!
そんなに髪型が気になるかねぇ……カツラでも被ればいいのに。
クロックスですけどね、実は一回履いたことあるの。
友達の家にあったのを借りて……で、これは無理だって思った訳(笑)
あんな潰れた穴あきのハンバーグみたいなサンダル……。
前にお客さんとその話しで盛り上がったんだけど、
その女性もクロックスしかなかったらゴミ出しが精一杯だって。
絶対に電車には乗れないそうです。いいな、ムーさんイチゴみたいなクロックス(笑)
でも、そうですね、玄関に置くのも恥ずかしい。
でも、置いてあって突っかけるからこそクロックス(爆)
あっ!思い付いた!クロックス履いて下高井戸に映画鑑賞って言うのはどうですか?
家から小走りで劇場に入っちゃえば、中は暗闇でバレませんよ!(笑)
足も蒸れないし(笑)是非、今度お試しあれ!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/03/25 17:44 | edit

いいでしょう?(笑)

Coucouさんへ。
おこんばんは。メッセージどうもめるしぼく(笑)
「愛の火の粉を払いつつ……。」って言うのはおすぎさんの口癖です(笑)
よく言っていました「いいのよアナタ。愛の火の粉をはらいつつ生きてんだから!」って。
お洒落したいけど、こう寒暖差が激しくっちゃねぇ……。
先ずはこの年度末、変なことで風邪引かないようにするのが第一。
そうすると洒落っけは何処に?そんな感じです(苦笑)
和装……いいですねぇ、デートしましょ!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/03/25 17:48 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://nioinoiihanataba.blog.fc2.com/tb.php/268-0261c0a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top