英国式庭園。 

 

REMI5065.jpeg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

旅において予定の変更は珍しいことではありません。
初めに訪れる候補に上っていたものの、2日目の宿泊先、
「シェラトン・グランデ・オーシャン・リゾート」が、
有り得ないほど広く、思い切りバブリーで(苦笑)
徒歩で散歩がてらに行かれるものとタカをくくっていたら大間違い……。
想像したよりも日の出が遅く、明るくなるのも7時過ぎだったので、
パスすることにしていた「英国式庭園」でしたが、
前の晩に夕食をご一緒した川越ROKAさんの強力なお薦めで、
急転直下、訪問することになりました。
とは言うものの、到着したのがオープンの20分前(笑)
偶然、入り口にいらした親切な男性スタッフのお陰で駐車場に入れ、
丁度、中にいらした女性スタッフのお陰で中に入れて貰えました。

REMI5031.jpeg
REMI5037.jpeg
REMI5045.jpeg
REMI5049.jpeg
REMI5055.jpeg
REMI5088.jpeg
REMI5079.jpeg
REMI5057.jpeg

丁度いい大きさのコテージの周りに手入れの行き届いた庭園が広がります。
暖かな季節には美しくなるでしょうねぇ……冬のこの時期でも見応えがありますから。
女性スタッフが僕らのために暖炉に火をくべてくれました。
煙突から上る煙、薪の燃える匂い……この時期に本物の薔薇の花は嬉しいなぁ……。
寒いくらいの朝に、身に染み渡るような親切に触れ、
温かな気持ちで次の目的地に向かうのでした……。


2016年2月14日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2016 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト

category: 旅の栞。

tb: --   cm: --

△top