先ずは「Andersen」へ……。 

 

REMI4739.jpeg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

今回の九州……宮崎行きのそもそもの切っ掛けは、
去年の秋くらいにある方と話していて、

 「宮崎にラナンキュラスの生産者を訪ねよう!」

と、言うことになったんです。行く、行く、行く!
二つ返事でした(笑)ご存じの方も多いと思いますが、
僕、ラナンキュラス・ラブなのです。もしかしたら薔薇よりも好き?(笑)
まぁ、それはないと思うけど、今の季節、自分のために、
それから大好きな女優さんへの楽屋花のために、
「カントリーハーベスト」にお願いしてラナンキュラスを大量に取って貰うことが多いです。
同じ種類ではなく、色々な種類の小輪のラナンキュラスを……。
30〜40本買ってもそれほど値は張らないし、何と言っても花保ちがいい!
それにしても近年、ラナンキュラスのバリエーションがとても増えましたね。

 「え……こんなに進化する?どうやって交配しているの?」

そんなこんな、楽しみにすること約半年……。
日程調整とホテルのことはチョッと相談しましたが、
後はどこかの政治家みたいに丸投げの旅(笑)
さすがにギリギリになって、全くの白紙で付いて行くのもコワくなり、
私設秘書に命令しておおよその旅程は出して貰いましたが……(笑)
いつの間にかラナンキュラスとヴィオラの生産者を廻る旅になっていました。
知らないって怖いですね。宮崎県は日本……。
いやいや、世界に誇るヴィオラとパンジーの生産地だったのです。


空港でレンタカーに分乗すると(この時点で総勢11人!)、
一路目指すは市内にある園芸店「アナーセン」です。
駐車場に車を停めて、先ず、疑問に思ったのが、
看板に「Andersen」とある訳です。なぜ「アナーセン」?
早速、皆に質問します。ハイジ宜しく、ねぇ、なぜ?なぜ?なぜ?
知らないってコワいですね、デンマークの人たちはそう発音するそうなのです。
「アナーセン」では開催中の「第8回 個人育種家パンジー・ヴィオラ作品展」がたけなわで、
個性的な花々が美しさの絢を競っていました。先ずは撮ってきた写真を御覧くださいね。

REMI4438.jpeg
REMI4453.jpeg
REMI4458.jpeg
REMI4464.jpeg
REMI4468.jpeg
REMI4472.jpeg
REMI4475.jpeg
REMI4485.jpeg
REMI4488.jpeg
REMI4491.jpeg
REMI4498.jpeg
REMI4510.jpeg
REMI4511.jpeg
REMI4519.jpeg
REMI4730.jpeg
REMI4731.jpeg
REMI4757.jpeg
REMI4749.jpeg
REMI4738.jpeg
REMI4753.jpeg
REMI4748.jpeg
REMI4737.jpeg
REMI4735.jpeg
REMI4733.jpeg
REMI4732.jpeg
REMI4782.jpeg
REMI4779.jpeg
REMI4778.jpeg
REMI4774.jpeg
REMI4773.jpeg
REMI4772.jpeg
REMI4770.jpeg
REMI4767.jpeg
REMI4763.jpeg
REMI4762.jpeg

展示場には各地から集まった園芸ファンのみなさんで物凄い盛り上がりでした。
ブリーダーの川越ROKAさんによる親切で分かりやすいガイドが始まります。
いやいや、チョッとビックリ。知らない内に物凄い進化を遂げたヴィオラとパンジー……。
交配には人の手による交配と、虫の力を借りた自然交配があるそうです。
薔薇みたいに雄蕊と雌蕊しべがクッキリし、花粉もふんだんに採れる訳ではありません。
交配しやすい訳ではないでしょうに、その地道な作業には頭が下がります。
ブリーダーの皆さんのそれぞれに個性的なヴィオラとパンジー……。
各々の感性と美意識で選抜されたヴィオラとパンジー。それは、大きく括ると、
日本が世界に誇る日本独自のヴィオラ、パンジーになっていました。

実は「アナーセン」は大変魅力的で、翌朝も急遽、予定を変えて訪れたくらいです。
オーナーの川口さんには滞在中のアテンドなど、全ての面でおんぶに抱っこ……。
濃ゆぅ〜い面々のお世話をして戴き、お土産まで戴いちゃって恐縮しごくでした。
本当にお世話になりました。そしてお騒がせさまでした!


2016年2月11日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2016 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト

category: 旅の栞。

△top

コメント

 

むむ〜〜

いつも言うけど、写真が素敵すぎて、
ブログ書くのいやになっちゃうよ、ずるい!(笑)

景子 #yyKdLd9. | URL | 2016/02/12 11:26 | edit

素敵

日本はこんな花が咲くほどあたたかいのでしょうか?ドイツの色のセンスに侵されている今日この頃・・

inei-reisan #pNQOf01M | URL | 2016/02/12 11:59 | edit

ブノワ。さん
素敵な写真をありがとうございました。
一枚一枚にたゆたうノスタルジックな空気
絵画のようで…
もう、きゃぁ!きゃぁ!!きゃぁ!!!の連続です。

私もラナンキュラス大好きです。
じっと魅入っては心を遊ばさせてくれる八重の花弁たち。
地元のショップでは手に入らないので
ネットで綾園芸さん作の
夢のように「高貴」な”ウピス”をお迎えいたしました。

ヴィオラ、バラ、クリスマスローズ…etc
その道の生産者さんたちが生み出す新しい花々は
気の遠くなるほどの時間をかけて生まれてくるのですね。(ただ出来上がった花を買い求めるだけのワタクシは敬意を表するのみです)
そしてガーデニングをとても豊してくれ
またより深く世の中の流れに目を向けさせてくれます。
この旅の参加者の方のブログをいくつか読ませていただき
またひとつ花たちへの思いが強くなったようです。
ヽ(*^^*)ノ

Sujata3 #ZIEihBrc | URL | 2016/02/12 13:27 | edit

ヴィオラとパンジーに不感症なんでしょうか私。
写真をいくら見てもどこが珍しいのか?
わかーんなーい。(かわゆく言ったつもり)

パンジーはパンセ(物を想う)からきてるとか?
そういえば花の形が人の顔に似てる。
サントリーかどこかで開発したクローンみたいなパンジーあるでしょ。
物凄く花が咲くって言うやつ。
凄く咲くのはいいけど同じ顔のパンジーが揃ってこっち見てるの(笑)
気味が悪いなーとか思っちゃう。

以前ヴィオラから種を取って咲かせたことがあるけど、
鼻息で飛びそうな粉みたいな種で、
生えてきたらピンセットでつまんで植え替えないといけない。
繊細じゃない私には二度とできません(笑)
そういう花を交配させるって凄い事ですねー。

そういえばスミレとヴィオラは何処が違うのかな。
うちの庭、野生のスミレが勝手に咲いています。
植木鉢に移すと枯れてしまう。
スミレはバラより難しいデス。






ムー #qiVfkayw | URL | 2016/02/12 22:05 | edit

ガーデンSHOPへ飛んでいきたいなあ。

ブノワ。さん、人生初の種まきは、朝顔。次は発芽しなかったローズマリー・・・。中学の時だし・・・(汗)。23歳の頃かな。リハビリを兼ねて
園芸を始めた時にチャレンジしたのが、パンジーとビオラでした。それ以来
種まきは毎年行っていました。

お盆に種まきしておいてね・・・。私は路地で種まき派。クーラーボックス
で管理する人もいるみたいだけれど面倒くさそうだから露地派(笑)。真夏の
紫外線と蚊と戦いながらね。北側の場所で発芽させて。150ポットは
毎年育てていたのね。

実は、ROKAさんの貴重な種も頂いていて昨年は蒔けず・・・。冷蔵庫の野菜室で保管しています。某雑誌で紹介されていて素敵なパンジーやビオラ。しかし新潟ではなかなか入手できず・・・。

今年、ROKAさんから頂いた種を蒔いてみようかなあ。ROKAさんのブラック系はカッコいいんですよ。

やっぱりビオラは好き。育種家の名前を思い出せませんが、昔、本で読んだ
「うず潮」っていうパンジーのインパクトさが今も忘れられません。

最近は山で咲く菫も大好き。大葉キスミレが一番好きです。

愛 #pdK/Zy5g | URL | 2016/02/13 15:48 | edit

おほほ〜っ!

景子姐へ。
こんばんは。メッセージどうもありがとうね。
道中、お疲れさまでした。楽しかったですね!
写真はねぇ……皆さんみたいに物欲に走らなかったから(笑)
花が少ない時期だったけど、いい写真が撮れたかな?
またどこかに行きたいですね。段取りしましょうか。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/02/16 21:15 | edit

ありがとうございます。

inei-reisanさんへ。
こんばんは。メッセージどうもありがとうございます。
九州は暖かかったのです……山岳地帯は凍りましたけど(笑)
ドイツの色のセンス……素敵じゃないですか。
色彩感覚って国によって様々ですよね。
ヴィオラとラナンキュラスの進化が凄くて、
今までの形や色彩を覆す素晴らしいものが多かったです。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/02/16 21:18 | edit

嬉しいです。

sujata3さんへ。
こんばんは。嬉しいメッセージありがとうございます。
僕は常々、写真は絵画のように撮りたいと思っていますので、
そう言って戴けると大変に嬉しいです。
ウピス……あの白くてセンターがグリーンのヤツですね?
ラナンキュラスは本当にいいです。花屋でドカンと買うのです(笑)
結構、花のお仕舞いの頃に吊るしても綺麗なドライになりますしね。
色が綺麗に出るんですよねぇ……そこも嬉しいです。
薔薇もこのところチョッと頭打ちな感じがありましたが、
去年辺りからでしょうか……形の面白いものが出て来るようになりました。
どの花もそうなんでしょうけど、本当、気の長い努力と苦労、
閃きと観察、いらないものを捨てて行く作業の繰り返しなんですね。
僕なんてナンチャッテですから大きなことは言えませんが、
ブリーダーの皆さんの熱意に大いに打たれた旅となりました。
まだまだ進化しますよ……本当に楽しみです!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/02/16 21:26 | edit

違いはですねぇ……。

ムーさんへ。
こんばんは。沢山のメッセージありがとうね。
その昔、ヴィオラなんて言いましたっけ?パンジーでしたよね。
青と黄色……3色スミレってヤツ?この花は私です、やっと綺麗に咲いたのですって(笑)
どうやらパンジーはスミレから進化した園芸種みたいですが、
パンジーとヴィオラって大きさの違いみたいですよ。
3センチ以上をパンジー、それ以下をヴィオラ?
もっと細かいあれこれもあるそうですが、大まかに言ってそうみたい。
何だか3つがゴチャゴチャですね……本当、いい加減。
そう、パンジーが顔に見えると何だか居心地悪い時がありますよね(笑)
全員、こっちを見ているんだものね(爆)
僕もスミレの種蒔いたなぁ……地下茎でバンバン増えちゃってね、
種で増やして友達に分けました。
草間弥生がまだ売れない頃に面倒を見ていた画廊のご夫妻が親友なんです。
ある時、草間さんが持って来たスミレを庭に植えたら大変なことになって、
増えたものを僕が貰って育てたって言う訳……。
花粉がなかなかでないものを交配するって大変ですよね。
薔薇なんてそこへ行くと花粉がジャカスカ出るじゃないですか(笑)
今回、僕はヴィオラの写真はあまり撮りませんでしたが、
それはそれは中間色……日本の伝統色みたいな美しい種類が一杯!
これからさらに進化して行くと思うとコワいくらいです。
スミレ、鉢に移すと枯れますか?何でだろう……。
ムーさん、もしかして超絶ブラックな漆黒フィンガーとか?(笑)

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/02/16 21:41 | edit

皆そうかもね。

愛ちゃんへ。
こんばんは。こっちにもありがとうね。
人生最初の種蒔きって、朝顔かヒマワリじゃない?
僕も朝顔だったような記憶がありますよ。学校の授業でね。
観察日記書くの。ホラ、僕は絵が上手いから点数いい訳(笑)
挿し木?何て言うんだろう……高校の時は菊栽培ね。
花はナメクジに食べられちゃって咲かなかったんだけど、
観察日記が凄くてねぇ……95点貰いました(笑)
僕、薔薇もそうだけど、冷蔵庫で管理するって出来ないのね。
種が皆ダメになっちゃう(苦笑)だから僕も取り蒔きですよ。
小鳥が見を食べてフンをして……それが一番自然だと思うから。
それに、蒔いてから寒さを経験させた方が良くない?
ROKAさん仰言っていたけど、愛ちゃん種貰っていたんだ……。
愛ちゃん、種蒔くの好きだねぇ……種蒔きババアだな(爆)
種を蒔いて土がチョッと盛り上がって来て、
双葉が見える時って本当に可愛いよね……あぁ、生きてる!って。
今度、そう言う記事書いてよ。楽しみにしているから。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/02/16 21:53 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://nioinoiihanataba.blog.fc2.com/tb.php/245-f1cf0bd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top