年末年始、映画あれこれ。 

 

REMI4050.jpeg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

例年、12月は忙しいのです……記憶喪失になったみたいに何も覚えていないの。
一昨日のことを覚えていない……下手をすると昨日のことも(苦笑)
まぁ、慣れていますけどね、身体的にもやっぱりシンドイ……。
でも、時間が出来るとマメマメしく映画館に通います。
もう、映画、大好き!僕の人生の教科書と言ってもいいです。
コロッと絶妙に映画の世界に入り込めた時の快感ね!
チョッとしたことなんですよね……チョッとしたワンカットで時空を超えます。
反対に最後まで映画の世界に馴染めないこともしばしば……。
最近では自分の映画に対する「思い」を映画に押し付けないで、
暗くなった瞬間から映画の世界に身をゆだねる術を知りました。
分からないなら分からないで、焦らず身をゆだねてみる……。
きっと、何かが見えて来るハズ……そう思ってね。

今日は師走から年明けに掛けて、
一年の観納めと観初めも含めてザァ〜っと映画評です。



先ずは観る気は全くなかった「ローマに消えた男」……。
これは親友Tとあけと恵比寿でランチの後に観ました。
だから作品でと言うよりも恵比寿と言う土地柄で選んだのね。
これがねぇ……思いもしない佳作で得しちゃいました。
良くありがちですよね、影武者ものって……。
本物よりも影武者の方が自由奔放で魅力的なことが多いです。
その影武者が大きな波紋を引き起こし、物事の本質を付いてみせる……。
これもそんな中の1本なんですが、兎に角、役者を見るための映画です。
役者の魅力がそのまま映画の魅力になっているの。
トニ・セルヴィッロ怪演。彼がいなかったらこの作品は成立しなかったでしょう。
非常に上手く助演しているヴァレリオ・マスタンドレア……彼も上手いなぁ……。
ヴァレリア・ブルーニ・テデスキはこのところ気になっている女優です。
御年50歳を超えていますが、美しくて豊かで包み込むような魅力があります。
なかなか観て良かったと思える作品は少ないです。これはそんな1本。
「ローマに消えた男」……★★★★★★……60点。


こちらも役者で観るべき「黄金のアデーレ 名画の帰還」……。
ジュディ・デンチとヘレン・ミレン……老いてますます素晴らしい女優です。
「ローマに消えた男」のトニ・セルヴィッロと同じく、ヘレン・ミレンを見るための作品です。
クリムトの名画「アデーレ・ブロッホ=バウワーの肖像」を廻るあれこれ、
時代を遡り、冒頭にクリムトが絵を描くシーンが映し出されます。
金箔をテーブルの上に置き、「フッ!」っと軽く息を吹きかけると金箔がサッと真っ平らになる。
それを棒を使って画布に貼付けて行くシーンです……クリムトは手元だけしか見えない。
非常に上手いです、アッと言う間に映画の世界に入り込める。
ズゥ〜っと画面から拒絶され続けていた「FOUJITA」とは大違い、
1人の女性の情熱と、それを助けつつ、自分もいつの間にか一人前に育って行く若手弁護士の話。
美術品と戦争と言うこと、世界の大美術館が戦争によって、
略奪した作品で成り立っていることを改めて思い出させてくれます。
今「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像」はニューヨークの「ノイエ美術館」に収蔵されています。
何年か前、実際にこの作品を目にした時の思い出が見事に甦りました。
「黄金のアデーレ 名画の帰還」……★★★★★☆……55点。


これは鉄板の「007/スペクター」……。
公開を物凄く心待ちにしていた作品でした。仕上がりは先ず間違いないです。
シリーズ物でクォリティーを維持しながら、さらにグレードをあげているものって少ないです。
ボンドも何代か目になりますが、ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンドは好きです。
東西冷戦が終わり、ソ連を的に見立てられなくなってからのスパイ物は悪役探しに躍起になっています。
今はどの映画もテロリストが悪役、今回の「007/スペクター」もその例外ではないのですが、
何やら非常に「個」に向かっていますね。ボンドの「個」の問題。
先程チョッと名前が出たジュディ・デンチの華麗な殉職を描いた前作が傑作。
ゴージャスで哀愁帯びたベレニス・マーローのボンド・ガールもツボでした。
それに較べると今回のボンド・ガール……何だかしみったれていますね(苦笑)
しみったれているなんて失礼かな?辛気臭いのね。ごくごく普通の女の子。
だったらイタリアの宝石モニカ・ベルッチの出番をもっと多くして欲しかったです。
ボンドがケチョンケチョンに老人扱いされるこの頃、次回作は一体どんなでしょうね。
ダニエル・クレイグは続投と聞きました。そうそう、そうだ!
ジェフリー・ディーバーが書いた「007・白紙委任状」はどうなっているの?
あれは映画化しないのでしょうか……。
「007・スペクター」……★★★★★☆……55点。


往年の名画。「午前10時の映画祭」にて……「ラストエンペラー」……。
久しぶりに観ました「ラストエンペラー」……表現に多少の時代感はあるものの、
ベルナルド・ベルトルッチの大傑作です。特に子供時代の3人の子役が上手い。
成人してジョン・ローンにバトンタッチしてからは、
何やらジョン・ローンのプロモーション・ビデオっぽくなります(苦笑)
仕方ないですね、当時は物凄い人気でしたから。
会場には往年のジョン・ローンのファンとおぼしきオバサンたちがごっそり……。
あの激動の中国の時代を禁紫城の中から見た前半が特に秀逸です。
家庭教師役のピーター・オトゥールが東洋と西洋の架け橋役を好演。
劇中とラストシーンのコオロギの使い方も象徴的で印象深いです。
まぎれもない傑作。出来れば大きな画面で見て欲しい1本。
この頃の映画を見るに付け、今の中国政府がいつか転覆するのではないかと思えて仕方ありません。
昨日まで正義だったものが今日からは悪に簡単に翻る国ですから……。
「ラストエンペラー」……★★★★★★☆……65点。


こちらも「午前10時の映画祭」にて劇場では初鑑賞の「アパートの鍵貸します」……。
懐かしいです……以前はこの映画のような往年の白黒の名作が、
ごくごく普通に名画座に掛かっていましたからね。
所謂、サラリーマンの悲哀?一言で言うとそれに尽きるんですが、
ともすればストーリーがストーリーだけに下品になりがちな艶笑喜劇を、
ビリー・ワイルダーが洒落たコメディに仕立てあげています。
ボーイッシュなシャーリー・マクレーンの魅力満載。
まだまだ若かりし頃のジャック・レモンが上司の情事に自分の部屋を貸すサラリーマンを演じています。
何とも不味そうなラケットでお湯を切ったミートボールのスパゲッティ……(笑)
今度、作ってみようかしらン?勿論、ラケットなんか使いませんけどね。
「アパートの鍵貸します」……★★★★★★……60点。


恐る恐る観に行った「クリード/チャンプを継ぐ男」……。
シルベスター・スタローンとアーノルド・シュワルツネッガーは肉体派で頭がいい二大巨頭です。
それぞれ「ロッキー」シリーズと「ターミネーター」シリーズで食いつないでいます(笑)
日本の歌謡界はヒットが1曲あれば25年は食べて行かれるって言いますけど(爆)
まぁ、手を替え品を替え、繰り返し繰り返しよくぞここまで続くと思うくらいです。
「ロッキー」シリーズは「ロッキー3」くらいまでは覚えているのだけど……。
スタローンのもぞもぞ台詞と老醜は観たくなかったし、
もしかして脱ぐ?裸はもっと見たくなかったのですが(笑)それは杞憂に終わり、
マイケル・B・ジョーダンはスラッとハンサムで非常に良かったです。
ただねぇ……家が物凄い大金持ちなんですよね。頭もいいからキチンとした企業に就職もしている。
それを全て投げ打ってボクシングに人生をかけるって言うのが説得力ありません。
僕の中では殴り合い=スポーツと言う認識もないし……。
「クリード・チャンプを継ぐ男」……★★★★☆……45点。


年明け早々、新年の観始めはMX4Dにて「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」……。
新年早々、行って参りました。3回目の鑑賞でございます(笑)
前回、「ジュラシック・ワールド」の時に較べて格段の凄さを体験できるMX4D。
既に映画の粋を出て、アトラクションになりますが、作品を選ぶととても楽しいです。
新ドロイドBB-8の愛くるしさ、表現力の豊かさに驚かされます。
BB8が離れ離れになったポー・ダメロンと再会するシーンなんて涙ものです(笑)
フィンを後ろから蹴散らすように一目散にポー・ダメロン目がけて走って(転がって?)行く様に心打たれます。
前にも書いたけれど、演技と言うには程遠いヘタクソな芝居しか出来ない役者は、
BB-8の一挙手一投足を見て勉強すべし。驚くべき感情表現ですから。
それから、この作品は、最近、忘れられがちな大事なことを伝えてくれます。
BB-8が「助けてくれたのはフィン」、チューイが「救出作戦はフィンの計画」……。
それぞれストーリーの要の「申し送り」をキチンと相手に伝えます。
「申し送り」って大事なのですよ。この作品は「申し送り」によってストーリーが展開します。
「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」はもう一回、
3Dを一回も観たことのない美女を連れて行く予定です。
「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」……★★★★★★……60点。


久しぶりの2人……「サン・ローラン」……。
正月早々、親友と観てきました。久しぶりのギャスパー・ウリエルと、
こちらも久しぶりのヘルムート・バーガー……なんだか感慨深いものがありました。
一世を風靡し、故ルキノ・ヴィスコンティに愛されたヘルムート・バーガー……。
老いて当時の面影がなくなって久しいです。
外国のインタビュー番組等で見る老残はチョッと驚きを禁じえませんでした。
ただ、この「サン・ローラン」ではいいんですよねぇ……。
大したことはしていないように見えるんですが、極力、押さえた芝居と、
彼自身の苦難の人生とサン・ローランの晩年が重なり、何とも重厚な絵になっていました。
ギャスパー・ウリエル好演。こちらにもサン・ローランの衣裳のマジックで一瞬にして垢抜け、
美しく変貌するマダム役でヴァレリア・ブルーニ・テデスキが出ています。
あっ!辛気臭いボンドガールのレア・セドゥも(笑)
「サン・ローラン」……★★★★★☆……55点。


何となく巡り合わせでしょうか。
名画と言われる作品で、縁がなく今まで観ていない作品があります……。
黒澤作品はほぼ全て観ているのに、何故か「七人の侍」だけスッポリ抜けているとか、
「死刑台のエレベーター」とか……そしてこの「素晴らしき哉、わが人生!」。
「新午前10時の映画祭」にて初めて鑑賞となりました。
人間の義理人情、愛情、憎しみ、自己犠牲、献身、善意……もう全て詰まっています。
ジェームズ・スチュワートをはじめ、適材適所、往年の名優がのびのびとした演技を披露します。
やっぱりこう言う作品を観ると、今の特撮一辺倒の作品に足りないものが見えてきます。
映画も演劇も小説も、人が描かれていない作品は空虚です。
「素晴らしき哉、人生!」……★★★★★★☆……65点。

REMI4055.jpeg

今日の1枚目の写真は六本木TOHOシネマズのBB-8のディスプレイ。
凄いですね、等身大でございます。矢張り東京、いやいや、日本のメイン劇場は待遇が違いますね。
それから実物大のストームトゥルーパー。皆、記念写真、撮っていました。
僕が良く行く劇場なんて、ストームトゥルーパーの段ボール紙くり抜いたアイキャッチャーだったもの(苦笑)


2016年1月13日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2016 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト

category: 映画館へ行こう!

△top

コメント

 

映画、いいですね~♪

ブノワ。さん、こんにちは。
映画、いいですね! 
『ローマに消えた男』と『サンローラン』は観逃してしまいました。。残念です。
観た作品の感想は、特に『クリード』全く同感ですね。
自分の感想も、同じことを書いています。
そのうちアップします(汗)。

昨日はアカデミー賞ノミネート発表でしたね。ご覧になりましたか?
私は21時半からテレビの前で待機してました(笑)。
『マッドマックスFR』がコールされる度に「よっしゃ!」(爆)
『キャロル』は監督賞も作品賞も選外でしたが、我らがケイトはしっかりノミネートでした。^^
アカデミー賞はお祭りですからね、、楽しみたいと思います。

ところで、昨日観た映画に「ブノワ」という青年が登場しました。
もう、めっちゃ、男前!! こちらのブノワ。さんを思い出さないはずがないではありませんか。
メロドロラマでしたが、最後の最後に明かされる「真実」に滝涙でした。
『フランス組曲』という作品です。お時間が合えば。。。

真紅 #V5.g6cOI | URL | 2016/01/15 12:54 | edit

心の栄養♪

ブノワ。様、こんばんは。
映画も随分観てないです。たぶん人に比べたら数えるほどしか観てないなあ。
私にとって映画は心の栄養ドリンクという感じ。印象にあるのは「シェルタリングスカイ」「イングリッシュペイシェント」「ラ・マン愛人」いろいろあった20代に観た映画とても偏ってます。いろんな意味でがっかりしそうだから、もう見ないでおこう。笑

「ラストエンペラー」は、いい映画ですよね。
他は見た事無いです。ブノワ。様の評を頼りに観てみようかしら。そうだ、今年は映画を観る年にしよう・・50代突入の記念に決めました♪
心豊かになりたいです!!

等身大ストームトゥルーパー、私の勤めてる会社の子会社が納品したものかも!うちの倉庫にも公開前極秘・絶対開封禁止の等身大アイテムが眠ってました。

ガーネット #- | URL | 2016/01/16 04:01 | edit

映画っていいですね。

ブノワ。さん、こんばんわ。この子のことだったの。母が家に欲しいって
言っていたのは(笑)。BB-8です。まだ、スターウォーズ、観ていな
いのね。いつまで上映しているんだろうか・・・。

「ローマに消えた男」気になっているのですが・・・。新潟では上映しな
そうですね。諦めてはいけないですから、期待を持ちたいと思います。
本当は、明日「慕情」をと思っていましたが体力のため諦めました。ちょっと
温存しないと2月は大変かもしれません。

もうじき「オリエント急行殺人事件」ですよね。見逃してはいけない映画が
続きますから・・・。杉村さんの映画は必ず観に行きますね。お正月に、文学座
が少し出たのね。NHKかな。声で杉村さんだと思ったら杉村さんでした。杉村
さんの現役の頃には拝見できませんでしたが・・・。こうして映画は生きて
拝見できることができること嬉しく思います。

ブノワ。さん仕事でお忙しいのに、時間を調整しながら観にいかれている
から、私も・・・。って思うんですよ。なのに足が重たいでしょう?。

ラストエンペラー・・・。懐かしいです。音楽も好きですよ。映画館では、
観たことがない映画です。今回も見逃しました。

やっぱり東京は凄いなあって思います。等身大のBB-8、羨ましいです。
また、ブノワ。さんの映画の記事、楽しみにしています。10時からの名画
のシリーズ来年度も開催されますね。ラインナップ楽しみです。

愛 #pdK/Zy5g | URL | 2016/01/16 18:18 | edit

いいですよねぇ……♪

真紅さんへ。
おはようございます。こちらはポカポカの日曜日になりました。
お忙しいでしょうにメッセージどうもありがとうございます。
いつも真紅さんのところにメッセージ入れる時、
何だかお呼びしているようで申し訳なく思っちゃうの……。
気にしないでくださいね。真紅さんのブログはいつも楽しみなんですから。
さて、映画は本当にいいです。僕の周りには映画を観ない連中がゴマンといます。
芝居なんてもっと少ないです。僕と同じ年で、この前初めて観た!とかね。
映画が自分の人生からなくなっていたらどんな寂しいことになっていたかと思っちゃいます。
全く違う人格でしょうね。魅力もないし知識もない詰まらぬ人間に……。
「ローマに消えた男」は是非!イタリアもフランスも映画が衰退して久しいですが、
こういう作品があるのならもっと気にして観てみたいです。
「サン・ローラン」は去年?もう1本あったみたいですね。
もうスグ「偉大なるマルグリッド」が公開になりますが、
こちらは本家の「フローレンス・フォスター・ジェンキンス」とどう違うんでしょう?
メリルが撮影している間にサッと撮って公開とは!なかなかやりますね。
両方を見比べるのも映画鑑賞の醍醐味。楽しみ!
アカデミー賞ですが、僕の場合、メリルが絡まないと冷静なんです(爆)
だけど、僕のケイトがノミネート!2回目行くかもしれませんねぇ……。
「マッドマックス」が演技賞に絡まなかったのはなぜ?
真紅さん、テーブル引っ繰り返したんじゃありませんか?(笑)
他の候補と較べても何ら遜色ないと思うんですけど……。
でも、真紅さんのブログで受賞しているから(笑)
僕の方は20日に記事をアップする予定です。
ブノワってサム・ライリーでしょう?あの、僕にソックリな?(笑)
ゴメンなさいね、折角の美男を鑑賞中に僕を思い出すなんて最悪だもの(爆)
多分、19日に観るかもしれません……こちらも楽しみ!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/01/17 10:08 | edit

今度、呼んでください!(笑)

ガーネットさんへ。
おはようございます。いつもメッセージありがとう!
ガーネットさんは映画から足が遠のいていますか?
何でもそうなんですが、観始めると続きますよね。
クラシック然り、舞台然り……僕も仕事が忙しくて観られない時期がありました。
今は時間を無理矢理作って暗闇に座っています(笑)
クラシックや舞台は観に行くとチラシをごっそりくれるでしょう?
あれで色々と調べて続けて観に行くようになります。
僕のブログは参考にしないで(笑)是非、映画館へ!
東京でしたらまだまだ良質の名画座もありますから。
それから好きな役者がいると映画館に行く切っ掛けになりますね。
ガーネットさんの会社!今度呼んでください(笑)

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/01/17 10:21 | edit

可愛いよ。

愛ちゃんへ。
おはよう!いつもメッセージありがとうね。
BB-8……可愛いですよ。是非、お母さまと一緒に劇場に!
さらに魅力の虜になることは必定。ウチも実物大が欲しいかも……。
それほど大きくないしね……どこかで売っていないかしらン?
「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」は当分やっているんじゃない?
春までに東京に出て来るならMX4Dで一緒に観に行く?(笑)
新潟は「ローマに消えた男」やらないんだ……それは残念!
これは非常にいい作品でした。諦めないでね、なるべく劇場で!
「慕情」はさすがにいいかも(笑)前回の上映で観たしね。
ウィリアム・ホールデンは好きなんですよ……男優で一番好きかも。
「オリエント急行殺人事件」は今週末から?飛んでで行かなきゃ!
リメイクも決まり、監督が期待大なので、後はキャスティング?
まぁ、これほどの豪華俳優は無理だろうけど、
見比べられるのも映画の醍醐味、ブログ用に写真用意しておかなきゃ(笑)
1月5日は杉村さんのお誕生日でしたね。
映画、テレビ、舞台と活躍した大女優……その活躍を知らない世代も増えました。
文学座の中堅でも実際の杉村さんを知らない世代が増えましたよ。
そう考えると、実演で名作を殆ど見られたことは財産かな。
いまだに舞台や何かの演技に関しては杉村さんが基準のこと多いし……。
「東京物語」楽しみ。本当にウマいですよ。パーマ屋の女将(笑)
午前10時からの……今年もやるって?どこで読みました?

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/01/17 10:32 | edit

ちゃんと再確認してみました。

ブノワ。さん、取り急ぎ。公式HPのTOPページの下に文字でお知らせして
いるの。「午前10時の映画祭7」ってありますよ。映画のスケジュールは、
2月発表みたい。

いちよう間違えたかと思ってカレンダー見たら今年だから(爆)。

BB-8の掃除機が欲しい(笑)。ルンバになりそうな感じがしませんか?。
「オリエント急行」は来週日曜日に。土曜日は仕事だから、日曜日しかない
です。大雪、降らないこと願ってくださいね。

「ローマに消えた男」は、諦めずにいます。もしかしたら、いつも行く
映画館で上映するかもしれません。東京で上映が終えた頃に、こちらで上映
されるものもあるので・・・。さりげなく寡黙な支配人にリクエストして
おこうかな。

杉村さんのパーマ屋の女将(笑)、楽しみにしています。5日は、お誕生日
だったのですね。舞台の「ぶ」の字もいまだ・・・ですが(笑)幼き頃に
新潟公演をされた時に拝見したかったです。


愛 #pdK/Zy5g | URL | 2016/01/17 11:12 | edit

映画の紹介をして下さってありがとうございます。
そうじゃなければ見たい映画を自分で探せない。
これって見ない癖が付いちゃったからかなー。

この中で見たいのは(予告編をチェックしました)
「ローマに消えた男」
「黄金のアデーレ」
「偉大なるマルグリット」
「サンローラン」
真紅さんお薦めの「フランス組曲」もいいですねー。
「サンローラン」はせっかく下高井戸シネマにきたのに猫が病気で見れなかった。
ヘルムート・バーガーどんな役者に変貌したんだろう。

猫本人は元気そうご機嫌そうなんだけど、
投薬が日に三回あるんで外出がなかなかできない。
薬が減ってくれるのを待っているところです。

そうそう「ヴィヴィアン・マイヤーを探して」は、23日~29日の間で見に行ってきます。


ムー #qiVfkayw | URL | 2016/01/17 22:04 | edit

おっ!エラい!

愛ちゃんへ。
おはよう!お目覚め如何かな?
こちらは根性のない雪が半端に降り、今は雨……。
今日はこれから映画です。急遽、観る作品を変更ね(笑)
「野鳥の会」の長靴をおろしてみます(爆)
さて、調べてくれたんだ。ありがとうね。もうスグ発表かぁ……。
作品が今回と被るものもあると思うけど、新しい作品に期待!
「ローマに消えた男」だけど、そう言う劇場があるのならリクエストだね。
今日これから行く名画座もリクエストをいつも募集しているの。
兎に角、傑作だから一押しだって支配人に言ってみて。
「オリエント急行殺人事件」なんだけどさ、
こっちは近くのシネコンがAとBをやっているので観られる期間が長いのね。
4週間の猶予があるの……でもチョッと段取りしなきゃ……。
杉村さんはいいですよ。「お父さん!お父さん!」って(笑)
さぁて、そろそろ支度しなくっちゃ!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/01/18 08:34 | edit

是非!

ムーさんへ。
おはようございます。雪、どうですか?
こっちはとっくに雨で殆ど溶けかかっています……。
でも、交通機関は乱れていますねぇ……お出掛けなのに大丈夫だろうか。
今も、外は救急車が「ウゥ〜ウゥ〜!」走っているし……。
さて、映画・演劇はなるべくリアルタイムに記事にしたいんですが、
なかなかそうも行かず(苦笑)知り合いにはもっと早く記事にしろと言われている。
読んで検索してみるととっくに終わっていて悔しいって。
「サン・ローラン」は下高井戸に来ましたか?もう1本の方じゃないですか?
チョッと前にもう1本あったんですよ「イヴ・サンローラン」。
ロードショウが終わったばかりだからもう一回確認してみてください。
「ローマに消えた男」は是非!傑作だから。これは必ず来ますね。
「フランス組曲」は明日観に行く予定です。
真紅さんにはいつも色々と教えて貰っちゃっているの。
「偉大なマルグリッド」はメリルのものと見比べてね!
メリルのはモデルになった張本人の映画化だから。
猫は調子いいんですね、良かったじゃないですか。
食べ物の制限があるんじゃ可哀想だけど、そんなこと言っていられませんもんね。
「ヴィヴィアン・マイヤーを探して」も是非!
観たら感想を教えてくださいね。写真集もいいですよ。
白いドレスの女性がボヤけて写っているヤツ……。
ではでは、雨の中で掛けて来ます。今日の2本も楽しみ!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/01/18 08:48 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://nioinoiihanataba.blog.fc2.com/tb.php/229-cec453fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top