1枚のポスターから……箱根は「福住楼」にて。 

 

REMI4150.jpeg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

あれは何年前でしょうか……。
1枚のポスターを見て衝撃を受け、桜咲く4月に箱根を訪れたのは……。
小田急のロマンスカーのポスターだったかな?
今でも「福住楼」の帳場の近くに貼ってあるポスター、
今、ホームページで辿れるのは2003年のものしかないのだけれど、
檜の浴室に嵌った丸風呂に映る紅葉……スッカリ心奪われたんです。


僕の記憶が確かならば、かれこれ30年近く前になりますか……。
と、言うことはこの張ってあったポスターを見て訪れたのではないことになります。
テレビの旅番組で見た?雑誌に取り上げられていたのを見たのかな?
人の記憶って本当に曖昧で心細いすよね(笑)僕のお財布と一緒(苦笑)
その春、親友5人で連れ立って、初日は塔ノ沢の「福住楼」に。
2日目は湯本温泉の「玉庭」に……今、思うとチョッと贅沢かも(笑)
「玉庭」は所謂、割烹旅館です。宿の入り口に植えられている大きな満開の桜に迎えられ、
清潔で気持ちのいい宿……季節の贅沢な素材をふんだんに使った料理が印象的でしたっけ。
親友5人と和気藹々と……楽しい旅でしたが、とりわけ僕の印象に残ったのが、
翌日、訪れた、木造3階建て、数寄屋造りの「福住楼」でした。
そこここに施された、漆喰の細工や寄せ木細工の美しいこと。
長年の月日を経てピカピカの光沢を放つ廊下。そして、夢にまで見た大小2つの丸風呂!
文豪に愛された宿と言うのも付加価値で気に入ったのでしょう。
僕らが訪れた4月上旬はまさに桜が満開で、ポスターみたいに燃える紅葉は見られませんでしたが、
お湯に映る新緑の緑とチラホラ見える山桜の薄紅が美しかったことを記憶しています。


ここ数年、毎年年明けの楽しみになっています。
親しい友人たちと箱根旅行です。今年も定宿の塔ノ沢「福住楼」です。
あまり写真は撮って来ませんでしたが、初日に訪れた「箱根・彫刻の森美術館」と、
翌日廻った「ポーラ美術館」「ラリック美術館」で撮った写真をご覧下さい。

REMI4094.jpeg
REMI4091.jpeg
REMI4087.jpeg
REMI4105.jpeg
REMI4138.jpeg
REMI4134.jpeg
REMI4123.jpeg
REMI4106.jpeg
REMI4127.jpeg
REMI4214.jpeg
REMI4210.jpeg
REMI4205.jpeg
REMI4211.jpeg
REMI4224.jpeg
REMI4192.jpeg
REMI4178.jpeg
REMI4175.jpeg
REMI4176.jpeg
REMI4164.jpeg
REMI4161.jpeg
REMI4170.jpeg
IMG_0720.jpeg
IMG_0712.jpeg
REMI4222.jpeg

「彫刻の森美術館」……こう言うオープンエアーの美術館もいいものですね。
1人ではなく、友人とあれこれバカなことを話しながら歩くのも一興です。
コンクリートに足跡のところで茶色の革のブーツを履いているのは、
自称「世界的天才グラフィック・デザイナー」のおM(笑)
やっぱり履いて来ました皮底のブーツ……観光地とはいえ、
箱根も山ですからね。去年は凍った路面に見事に足を取られ、
スッテンコロリンのお決まりのズッコケをやってくれました。
兎に角、一日中喋りっ放し……聞いているとチョッと具合悪くなりそう(笑)
「ラリック美術館」の裏側、モネの庭を写したであろう池が僕のお気に入りです。
いつも冬なので、今度は一番いい季節に訪れてみたいです。
「ポーラ美術館」に続いては「福住楼」の様子をチョッと……。
廊下の奥の引き戸が市松模様になっています。
館内全体に当時の面影を残すゆらゆら揺らぐガラスが嵌っています。
大小の丸風呂(写真は小さい方)岩風呂ともう一つ、
鍵をかけて入れる家族風呂も大理石がこじんまりと美しいです。
おMは湯船の形がチョッと曲がっているのが気になって気になって仕方ないよう……。
それをズゥ〜っと言っているの。そんなことどうでもいいのにね(笑)
そこら辺りが、自称天才グラフィック・デザイナーたる所以か?
最後はお決まりの顔出し芸(笑)右がよく遊ぶ親友T、
そうそう、初めて「福住楼」に来た時も一緒でしたっけ……。
左はパリで知り合った傾国の美女BM(笑)一応、美女と言っておきましょう(爆)
タクシーで名前を言うと玄関先まで車が着く、超お嬢でございます(笑)
かれこれ15年前?ミレニアムのパリで知り合いましたが、
その昔よりも今の方が断然綺麗なのはなぜでしょう?
麗しい女性と素敵な僕が異国の地で出会って何の化学反応も起きなかったのも、
これまた8番目の不思議と言うことでしょうか(笑)


今、何にでも漏れなくくっ付いて来るCMの類いですが、
宣伝そのものの質と言うより、宣伝のスポットの入り方?
例えば「YouTube」を見ようとすると漏れなく画面を邪魔するように、
イライラするCMが入るじゃないですか。あれって、見る方の気分を逆撫で(笑)
テレビのクライマックスで引っ張って引っ張ってCMになる(苦笑)
そしてまた終わりのところから繰り返し始まってまたCM……イラっ!(怒)
おい、視聴者を舐めてんかい!どついてやろうかと思っちゃいます。
かえって不買に走る気持ちを助長することを分からないんですかね?
マーケティングだか何だか知らないけれど、その辺を勉強した方がいいです。

それにしても1枚のポスターが人に与える影響って大きいですね。


2016年1月11日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2016 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト

category: 旅の栞。

tb: 0   cm: 8

△top

コメント

 

Bisou!

ブノワ。さま、ごきげんよう。
ワタクシ、ブノワ。さまのこういう写真がとくに好きなんです。
風景や花木、猫のお写真、人物写真も好きですけれど、
被写体が「モノ」の時の、対象物を四角いフレームに切り取る構成のセンス、
素材感の対比、一枚の写真にやたらにドラマを盛ろうとしないクールさ、
イイなあと思います。そしてなんだか悔しいです(笑)

しかしま、顔出し写真のおふたりのチャーミングなこと!
目が笑ってない!(笑)

Coucou #NMJSpOmY | URL | 2016/01/12 23:27 | edit

楽しみにしていました。

ブノワ。さん、こんばんわ。雪が一気に降りました。ようやく冬だなあって
実感。

冬の旅、天候にも恵まれたようですね。この青空、羨ましいです。お友達の
皆様の写真好き(笑)。凍りは危険なんだから。爪先から慎重に歩かないと
駄目です。そう言っておきながら氷は本当に怖いですよね。一番、尻もちつい
ちゃうのは私かも。

青空に飛んでいきそうなオブジェ。小学の時に飛び込み台からプールにダイブ
するのを思い出しました。こんな感じなの。

和の旅館は最近すっかり御無沙汰しています。くつろぎたい・・・です。
冬の庭も美しいです。気持ちって変わりますよね。冬の庭って寂しいから苦手だったのに。清々しくて。いつか行けるといいなあって思っています。

春へのパワーの前の休眠する庭。箱根の春はどんな感じなんだろうって想像
しています。

1枚のポスターから・・・。ありますよね。ブノワ。さんが見たポスター。
どんな感じなのか心の中で想像したりしたけれど。私がロマンスカーを初めて
知ったのは、サラダ記念日の短歌だった。でも、当時はネットなんてないからわからなくて。

東京で仕事だった父が何気なく持ってきたロマンスカーの案内の広告で初めて
この電車がロマンスカーなんだって。これに乗るとロマンスがって・・・
(馬鹿まるだし)想像したのはついこの間のように感じます。

昨年、どうしても乗りたくて23年の夢を叶えました。少しの距離を乗って
みましたが、あっという間なんだもの。今度は箱根に行ってみようかなあって思ったりしたのでした。電車もいいですよね。

ブノワ。さんの旅の栞は大好きなカテゴリーなので、また拝見できるのを
楽しみにしていますね。ブノワ。さんは旅の添乗員でもありますから。
いや、問題児を引率する先生(笑)。

愛 #pdK/Zy5g | URL | 2016/01/13 19:27 | edit

冬枯れの庭も素敵です・・・。

ブノワ。さま、こんばんは。
冬の箱根のお話・・・楽しみにしていました。
冬の旅は大人ならではのお楽しみがたくさんですね。日本旅館って
ちょっと敷居が高いのですが、そこにはホテルでは味わえない上質のお料理
お湯、そしてその空間で過ごす贅沢な時間があるように思います。
「福住楼」は趣のある素敵な建物のようですね。私も仕事柄というか職業病と
いうかどこに行っても建物は細かく見てしまいます(笑)
照明や壁の市松模様、床の石張りは今見てもとっても素敵です。
この建物ができた当時の人たちにはどのように映ったのでしょうね?

冬枯れの睡蓮の池・・・いいですね。
映り込みも美しくて絵をみているようです。冬ならではの色とても魅かれます。
枯れた紫陽花も素敵な風景を作っていますね。
PCの前で私も池の前に立っているような気分でしばらく魅入っていましたよ。

ご一緒されたみなさまのエピソードも楽しく拝見しました。
愛すべき素敵なみなさまですね。またお目にかかれるを楽しみにして
います。

rose

rose #Lb0elJ46 | URL | 2016/01/13 23:44 | edit

へんだなー。
彫刻の森美術館行ったことがあるけど、
こんな印象的なオブジェは見たことないなー。
時々入れ替えるのかしら?

ポスター見て気持ちを動かされたこと・・・
ないなーー
いくら考えても一度もない。
逆に、行ったらなーんだポスターと同じじゃんと思ったことはある(笑)

ところで、写真の中で一番目に留まったのは、
お洒落な靴と裾をボタンで留めたグレイのパンツ。
かっこいいねー。誰?と思ったら美人の隣の人ね。
いいのいいの。箱根につるつるの革底靴を履いてきて(笑)転んでも。
男は見栄えが一番(二番かもか)

二人の顔の上に chu って落書きしたのブノワ。さん?(笑)

ムー #qiVfkayw | URL | 2016/01/14 21:22 | edit

チュッチュ!(笑)

Coucouさんへ。
おはよう!晴れて気持ちのいい日曜日だね!
メッセージどうもありがとう。チュッチュ!(笑)
しかし褒めるねぇ……何か魂胆ある?何だかコワいかも(爆)
特にクールとは思わないんだけど、構図が変わっている時、
正面から撮っていないときは訳があるんですよ。
写したくないものが必ずどこかにある時は構図が偏ります。
背景の整理が非常に大事だからって言うこともあるし、
さて、余分を排除してどう切り撮るか……それも面白いです。
顔出し写真、本当、目が笑っていないのね(笑)
こちらのお二人もそれぞれ演じてくれていて好きです。
今度、一緒に旅行に行きましょうぜィ……。
新年会もしないとね!段取ります!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/01/17 09:18 | edit

そうみたいね……。

愛ちゃんへ。
おはよう!いつもメッセージありがとう。
雪、降ったみたいね……やっぱり帳尻は合うんだね。
昨日、紅葉しているユキヤナギの枝にビッシリ花が咲いているのを発見!
調子狂っちゃっているんだね。春には再び咲くのか?(笑)
箱根、晴れました……雪でも良かったんだけどね。
冬って色味がないじゃない?何かしら付加価値が欲しいの。
去年は降雪後だったから所々雪が積もり、地面が凍り……。
皮底のブーツ履いて来るヤツがいたからさぁ(笑)スッテンコロリン!
愛ちゃんもドジだから必ず転びそうね……あはは!
旅館ってチョッと制約があるじゃない?夕飯と朝食が出る。
外食が楽しみな時は旅館に泊まれないのね。
でも、たまにはいいですよ、ゆっくりとお風呂に入ってさ……。
ここ「福住楼」もスッカリ様変わりしてね、外国客が多いんです。
韓国、中国、フランス、カナダ、アメリカ……本当に全世界から。
外国の方々にも大変に評価が高いみたいなのね。
それはそれで嬉しいけれど、我々日本人も頑張らなくっちゃ。
愛ちゃんのロマンスカー事件も笑えるよね。
次回は是非、新宿から終点まで乗ってくださいな。
それも、一番古い形のロマンスカーがいいよ。
あれは傑作ですからね。「あぁ、箱根!」って思っちゃう(笑)
名前がいいよねぇ……ロマンスなんて芽生えないんだけどさ(爆)
愛ちゃんも乙女だねぇ……既にオバさんの年齢に達したオバ乙女(笑)
今度は新宿から乗れるツアーを考えましょうかね?
旅の栞ね……自分でも書いていて楽しいです。
引率の先生は去年で廃業したので自分で頑張るように(笑)
誘うけど、一切の面倒は見ません(爆)遅れたら置いて行きます。
それもまた旅、そっちの方がロマンス芽生えるかもよ?

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/01/17 09:29 | edit

冬には冬の……。

roseさんへ。
おはようございます。メッセージどうもありがとうね。
相変わらず、忙しいみたいですが元気かな?
僕は今日から4連休ね!さぁて、何しようか……先ずは映画だな。
正月明けの箱根はここ数年の恒例になりました。
特別何をする訳でもないし、毎年〜同じ所を廻るんですが、
それで誘っても、皆それでいいみたい(笑)
旅ってチョッとした現実逃避ですもんね。
皆、それぞれ色々あるだろうから……来年も行きますよ(笑)
日本旅館は敷居が高いですか?僕は小さなところが好き。
それから料理を部屋で食べられることが最重要条件です。
「福住楼」は一回、大水で流されたんじゃないかな?
物凄い文豪たちが宿泊客で名を連ねていますよ。
古い建物は修復も必要なんでしょうけど、
なかなか簡単には出来ないですもんね。
技術がなくならないうちにそれを継承して行くのも大変そう。
冬の仙石原に行きたいのです……枯れたすすきを撮りに行きたい……。
来年はチョッと無理言って旅程に組み込んでみようかな?
来月も再来月も旅が控えています。仕事の段取りが大変!(苦笑)

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/01/17 09:37 | edit

違うの!(笑)

ムーさんへ。
おはようございます。いい天気ですね!
お目覚め如何ですか?メッセージどうもありがとう。
彫刻の森の作品は、太ぉ〜い根っこが生えていると思うので(笑)
入れ替えはしないと思いますよ。僕、変なところばかり見ているから(爆)
ムーさんはポスターで動いたことないんだ……。
でも、ポスターと同じだなんてカメラマンもいい腕しているじゃないですか。
「なぁ〜ンだ、ポスターの方がいいじゃない!」じゃ困る(笑)
ホラ、ぐるナビみたいなサイトの料理の写真とか……。
それで今回のランチは失敗したんだもの(笑)
だから料理の写真もないし、ランチに触れた文章もないでしょう?(爆)
箱根がダメなのは、チョッとした美味しい店がないこと。
湯本だって全く美味しい店ないでしょう?
いつもそこで困る……豪華レストランなんて観光している身にしたら時間の無駄だし。
お洒落な靴と裾のボタンですけどね、美人のお隣じゃないの。
こやつが、自称世界的な天才グラフィックデザイナーおM(笑)
もうね、朝から晩まで一日中喋くり回っています(苦笑)
兎に角、見てくれにこだわるヤツです。ま、それでもいいんですが……。
2人の顔の上の「♡chu」は僕じゃないですよ。
この顔出し看板に最初から描いてあったの。
「ラリック美術館」も通常の展示だけで十分に魅力的なんですが、
手を替え品を替え色々とやってみたいんじゃないですか?いらないと思うんだけど……。
これ、元々の写真がボケているけど、フロストガラスのペンギンの顔なのね。
僕は自分の写真に文字を書いたりすることしないから……。
面倒臭いでしょう?やったらキリなくなるし(笑)
男は何でしょうね……見栄えは大事なことは確か。
後は財力と包み込むような優しさか……財力、ないなぁ……。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/01/17 09:50 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://nioinoiihanataba.blog.fc2.com/tb.php/228-76ca0071
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top