レミが来た! 

 

REMI3861.jpeg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

何とも不思議な感覚でした……目の前にレミがいて、
お気に入りの和食処「徳竹」の料理に舌鼓を打っているのですから。
レミと目が合います、杯をどちらからともなく差し出し合わせる……乾杯!
言葉は少なくても、お互いに信頼を寄せるいい関係です。


10月に行ったパリ。再会を喜ぶ間もなく、
レミから「12月に日本に行くんだよ!」と報告を受けました。

何しろ初来日、物凄く楽しみにしているようでした。
帰り際に滞在日程と泊まるホテルを教えて貰い、
東京での再会を約束して別れたのでした……。

帰国してスグ、東京と京都の英語版の地図と、
(三越前の「タロー書店」の女性に親切にして貰いました……。
 彼女は自分の店にはないけれど、マルゼンにならきっとあると助言してくれたんです。)
家族で来日と聞きましたから、人数分の「PASMO」に5000円チャージして送りました。
来日のことを聞いてから、フランス人の彼らが日本を旅するのに不便はないか?
僕に何が出来るかズゥ〜っと考えていましたので。
それから随分前、パリでは中華やジョルジュ・サンクのクラブで奢って貰ったことがあったのです。
僕の友人2人とレミの友人たちを交えて、ピンクのシャンパンを何本も開けてくれて、

 「会計?そんなに気にしないで。だって君は旅行者なんだから大丈夫。
  今度、僕が日本に行った時に宜しくね!」

宜しくねって言われたって、第一、日本に来ないじゃない……。
その時がようやくやって来たのです。レミ、初来日……根性入ります(笑)


バッタバタの師走でしたが、レミが来日する直前にホテルに電話で確認をすると、
な、な、な、なんと!予約は入っていたのだけれど、キャンセルになっているとか……。
実は「カントリーハーベスト」からホテルの部屋に花を贈ろうと思っていたんです。
キャンセル……どうしちゃったんでしょう?テロの影響かな?
そんなこんなしているうちに到着予定だった日になりました。
親友のFacebookに「今日の午後、到着したよ!」とメッセージあり(笑)
ホテルのお答えは一体なんだったのでしょう?と、「?」が1000個。ま、いいです。
早速、一緒に夕飯を食べられる日を模索します。

24日のクリスマス・イヴに夕飯を共にすることになったんですが、
フと考えてみれば、12月は忘年会シーズンに加えクリスマスもあります。
決まったのが2日前、果たしてレストランの予約は取れるのか?
何しろ、レミ夫妻と子供2人、それから奥さんのお兄さんの娘、
そして僕と親友の7人ですから、4人の時とは訳が違います。
洋食系はダメでしょうね。タバコ臭くて忘年会で超絶ウルサい居酒屋っぽいのも不可……。
ここはいいところ見せたいし(笑)キチンとした店に連れて行きたいです。
迷わず「徳竹」に打診したら、運良くその日は予約が取れるそう。
予約が取れてホット一息、「徳竹」の奥さまのKさんとメニューの打ち合わせです。
クリスマスと言うことは抜きにして、料理をシェアする習慣のない彼らのことです。
コースで、しかもフランス人を特別意識しない料理を頼みました。
どうでしょう?生の魚は?牡蠣フライは?茗荷は?子供がいましたけど、
世界の和食の真髄を楽しんでくれたかな?

REMI3823.jpeg
REMI3826.jpeg
REMI3827.jpeg
REMI3829.jpeg
REMI3830.jpeg
REMI3832.jpeg
REMI3833.jpeg
REMI3835.jpeg
REMI3837.jpeg

子供たちは矢張り日本、フランスの差がなく同じような味覚(笑)
食べられない物も多く、別に美味しい唐揚げを頼んであげました。
「徳竹」のご夫妻には色々とご苦労をおかけしましたが、
レミの一言……。

 「ここはミシュランの星は幾つ?」

この質問が全てです。ご夫妻には何にもまして嬉しい言葉だったのではないでしょうか。


REMI3870.jpeg

レミはお土産に、重いだろうにワイン3本とマカロンを持って来てくれました。
僕らは子供たちにはそれぞれマフラー、奥さんには、僕も愛用している、
「アステリア」のナチュラル・シーローションかなめさんのキャンドル。
レミには彼の薔薇「Remi Chang」で作ったカードをプレゼントです。
フとクリスマス・イヴと言うことを思い出し、
小さいけれどケーキを用意しました。フランスにはこの手のケーキはないハズ。
子供たちもレミ夫妻もアッと言う間に完食(笑)随分とお気に召した様子にホッと一息です。


驚いたのはレミたちのバイタリティー……。
東京は勿論、京都の日帰り旅行にはじまって、聞くと出て来る出て来る観光名所!
銀座、浅草、東京スカイツリー、秋葉原、清水寺……夥しい写真!
ジブリ美術館に行きたいとのことなので、必ず予約するように、
また、分からないだろうからホテルのコンシェルジュに頼むように助言。
食べ物も満喫したようでした。ティーンとはいえ、子供連れは大変でしょうに、
精力的に日本観光をする彼らに脱帽。


ロゼのスパークリング・ワインで乾杯の後は、
レミの希望で日本酒を何種類か……結構、飲みました(笑)
少し酔ったのかな?外で涼むレミを探しに出てみると、
隣のビルの立体駐車場から出て来てターンテーブルで廻る車に興味津々(笑)
動画を撮って嬉しそうにしているレミを見ると、あぁ、男の子なんだなぁと実感です。

どうかな……日本を満喫してくれたかな?
日本人は皆、親切だと開口一番言っていました。
だったらいいのだけど……再び訪れたいと思ったでしょうか。
来年5月の再会を約束して別れたのでした……。


2015年12月29日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2015 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト

category: いつも心に太陽を。

tb: 0   cm: 4

△top

コメント

 

嬉しい再会に♪

ブノワ。さま、こちらにもお邪魔させていただきますね。
レミチャンのお話は、いつも読ませていただいて心温まります。
本当に心に大きなダイヤモンドを持った素敵なご友人ですね。

秋のパリでの久しぶりの再会の後の再会。
そしてレミチャンの初来日ですものね。ブノワ。さまがあれこれ心を砕いて
心待ちにしていたお気持ちとてもよくわかりますよ。
素敵な東京での再開になって良かったですね。

レミチャンファミリーは、日本での休日満喫できたのでしょうか?
ブノワ。さまの住んでいる東京を、そして日本を楽しんで好きになって
帰国してくれたらいいですね。ブノワ。さまとレミチャンの素敵な友情が
いつまでも続きますように・・・。

rose

rose #Lb0elJ46 | URL | 2015/12/31 00:45 | edit

心が温まりました。

ブノワ。さん、おはようございます。レミさん家族、日本に来られたこと。
師走の温かい記事をしっかり読みました。

長く会えないでいたレミさんに、今年二度お会いできてよかったですね。
ホテルや夕食のお店無事予約できてよかったです。

レミさん、日本を満喫されたかしら?。日本を好きになっていただけたら
嬉しいです。来年の5月にフランスで再会の約束。

叶えてくださいね。5月のフランスは、どんななのかな。また写真見せて
くださいね。

徳竹さんのお料理、魅力いっぱいです。コロッケかな?。コロッケ食べて
みたいです。茗荷・・・。スーパー千切りにすると大丈夫なんだけれどね。
切り方で食べられるのと駄目なのがあるのね・・・。同じ食材なのに(笑)。

愛 #pdK/Zy5g | URL | 2015/12/31 07:46 | edit

ありがとう!

roseさんへ。
おはようございます&あけましておめでとう!
何だか本当に不思議でした。行くべくして行った「徳竹」。
とても楽しい時間でした。もっと語学をやらないとね(苦笑)
彼ら中国出身の人って、客に絶対に払わせないでしょう?
今度はね、僕の番なので頑張りました(笑)
帰り際に「今度は僕が……。」ってレミは言っていたけど、
それもまたチョッとコワいのですけどね……。
レミ一家は日本を満喫したと思いますよ。
物凄いバイタリティーだったもの(笑)
僕がフランスを好きになったように、
レミも日本を気に入ってくれたら嬉しいな……。
5月はアッと言う間ですね……そろそろ準備しないといけない?(苦笑)
薔薇のシーズンですから予定が立たないのだけれど、
5月中に行けば、バガテルもライ・レ・ローズも見られます。
それもまた楽しみです。
roseさん、ことしもヨロシクね!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/01/01 08:03 | edit

コロッケ!

愛ちゃんへ。
おはよう!そしておめでとう!
メッセージ沢山ありがとうね。励みになります。
来日を聞いてとても嬉しかったんですけどね、
段々不安になっちゃいました。クリスマス&忘年会シーズン……。
しかも、会食の予定は来日してから決める……。
そんなにギリギリで店の予約が取れるのか?ねぇ?(笑)
洋食系は全滅でしょうから、和食?子供いるし……。
そうだ……「徳竹」があるじゃん!凄い閃き(笑)
「徳竹」のクリームコロッケは幾つかバリエーションがありますよ。
空豆なんて凄かったなぁ……ユリネとかね。
もっともっとデカいコロッケ食べたい(爆)
今度連れて行きます。楽しみにしていてね!
例年、フランスは日本の薔薇が終わった6月に行っていたんですが、
今や温暖化で6月だとパリの薔薇は終わりに近いの。
でも、5月だったら結構行けるかも……ノルマンディーにも行きたいし……。
カメラはフィルムを考えています。フィルムとデジタル。
何だか荷物が物凄いことになりそうだよね(苦笑)
茗荷は馴れると何でもないですよ……大人の味だよね。
愛ちゃん、ことしもヨロシクね。あまり迷惑かけないでよ(苦笑)

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2016/01/01 08:10 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://nioinoiihanataba.blog.fc2.com/tb.php/224-a9dc9123
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top