遥か太古の世界へ……ジュラシック・ワールド。 

 

IWST4182.jpeg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

映画って本当にいいですね……。
何がいいかって、一生かけても経験出来ないことを経験させてくれるからです。
未来へ旅したり、時代を遡って中世の暗黒時代に連れて行ってくれたり……。
未知の世界に連れて行ってくれることじゃないでしょうか。
上手く感情移入出来れば、あなたも王子さま、お姫さまになれる。
悲劇のヒロインにだってなれるし、不死身のヒーローにだってなれる……。


楽しみにしていた「ジュラシック・ワールド」……公開2日目に親友と見て参りました。
最近はなかなか公開を心待ちにする作品って少ないですよね。
夏休みと言うこともあるのだろうけど、最近は何だかガキが見る映画ばっかり!(怒)
えっ?これだってガキが観る映画だろうって?いいの、いいの(笑)
しっかり僕のようなオジサンも楽しめましたよ。
映画は好き嫌いなく色々と見ている方ですが、こう言う娯楽作品も大好きなんです。
甦る太古に絶滅した恐竜の世界……チョッとロマンですもんね。

第一作の「ジュラシック・パーク」はいい出来でしたね。
技術的にも素晴らしかったです。映画ってこんなことまで描けるんだ……ってね。
上手かったのは、ティラノザウルスの足音でコップの中の水が揺れるとか、
車を覗き込んだティラノザウルスの目に懐中電灯の光が当たると光彩が小さくなったりね……。
そう言う細かい描写の一つ一つが絵空事を現実のものにするのね。
ヒットする映画って一言で作品の内容を言い表せることが大事なんだそうです。
曰く、豪華客船が沈没する。超高層ビルが火災になる。サメに襲われる……。
いいですよね、絶滅した恐竜が甦って暴れるんだもの。

「ジュラシック・ワールド」……細かいことは言いません(笑)
壊れかけている夫婦関係とその息子たちとか、自然に手を加える人間の慢心とか、
私利私欲に目が眩んだ欲深い連中とか、色々と描いているようだけど、そんなことはどうでもいい。
ステレオタイプの人間がゴマンと出て来ます。ただ、殆ど何も描かれていない(笑)
本当ですよ、何も描かれていないの。全く描かれていないの!
今は死語だけれど、その昔の「パニック映画」も漏れなく人間模様の絶体絶命が描かれていました。
「ポセイドン・アドベンチャー」とか「タワーリング・インフェルノ」とか。
でもね、どんなに華々しい特撮があっても、そこにはキッチリと人間が描かれていたから感動もあった。
だからこそ40年も経ってもまだ映画の歴史に残っているんです。
あの神父の人生と苦悩が垣間みられたからこそ最後の感動があった。
展望エレベーターから落ちて行く老夫人の最後の恋がキッチリ描かれていたからこそ、
助かった猫を抱く老詐欺師の残りの人生の更生が見えて来るんだもの。
歌謡曲だって、たった3分間の中にドラマがあった。短いからこそ言葉を選び、
気持ちを伝え、僕らの目の前に人生の機微を見せることが出来たんです。
この「ジュラシック・ワールド」……125分もあるんですからね(苦笑)
一瞬のカットの積み重ねで沢山のことを描くことが可能なんです。
元軍人のオーウェンがヴェロキラプトルと並んでバイクで、
巨大恐竜インドミナス・レックスを追います。
それを見た甥っ子2人がトラックの荷台から美しい叔母のクレアに言います。

 「叔母さんのボーイフレンド、クールで格好いい!」

それを運転しながら聞いたクレアがニンマリして嬉しそうに笑うのね。
お互いに反目しあって来たオーウェンとクレアの雪融け、
それを一瞬見せる上手いカットでした。それを一つ一つ積み上げればいいのに。
小説もそう。小さなことを箇条書き風に積み重ねることが大事だって言うじゃないですか。
でもスピルバーグですからねぇ……それは仕方ないとして……。
女子供が出て来てギャァギャァ。そこに不死身のヒーローが出て来て……。
でもね、主人公たちのことなんか何も描かれていませんもんね。
主人公2人のバックグラウンドは?今までどんな人生を送って来たの?
そんなこと全く描かれていません。謎、謎、また謎!(苦笑)脚本の書き込みゼロ、皆無。
まぁ、それも仕方ないのかな?主役は恐竜だものね。

クリス・プラットは「マネー・ボール」の頃から注目していましたから、
細々としたことは抜きにして、その勇姿を堪能しましたが、
(インディ・ジョーンズの若い頃は彼で決まりでしょうね……。)
スピルバーグってどうして女優の趣味が悪いんでしょう?これまた大いに謎です。
今回も、ブライス・ダラス・ハワードでしたっけ?
綺麗なんでしょうけど、何だか書き割りみたいな薄っぺらい女優が出て来て、
最後は根性見せてチョッと活躍するからまだマシ、チョッと認めてあげるんですが、
一方で女優の趣味がいい、大嫌いなウッディ・アレンとは大違いで女優の趣味が本当に悪い(笑)
ただね、きっちりストレートにブロウされていた彼女のボブが、
恐竜に襲われて汗掻いた途端にアッと言う間にクセっ毛に戻っちゃうところなんかは描写が細かい。
細かいのだけど、そんなこと描くんだったらもうチョッと人物を掘り下げれば?って思っちゃう。

ま、いいです。巨大な恐竜が咆哮し、ドッシンドッシン闊歩し画面狭しと暴れるだけでね。
自分も「ジュラシック・ワールド」に遊びに行った気分になったもの。
チョッと違う世界、ジュラ紀にタイムスリップしたものね。
でも、実際に「ジュラシック・ワールド」があったら……遊びに行かないかな?
絶対に何か起きるものね(笑)恐竜に喰われて死にたくないし。
続編出来ますね。さて、どんな風にお話を繋ぐかな?お手並み拝見です。


写真の卵は浅草のホテルの部屋の照明です。
人間が一人入れそうなくらいデカいです(笑)


2015年8月13日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2015 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト

category: 映画館へ行こう!

△top

コメント

 

たまには・・・

ブノワ。さんへ
こんばんは。こっちではお久しぶりですね(笑)
小さい頃、好きな恐竜とかいましたか?僕はステゴサウルス。
あのタテガミみたいな背中のもの・・・それから何故か頭じゃなくてシッポにある角(苦笑)今ではな〜んにも思いませんが、当時はかっこよく見えたのでしょう。随分と図鑑やら何やらを食い入るように眺めていたのを覚えています。
「ジュラシック・ワールド」ですが、近々相方と観に行く予定なんですよ。
仰る通り、娯楽映画として良いと思うので。何か「映画」って感じ??ハラハラドキドキ・・・最近していませんからね(笑)
仕事でハラハラドキドキはしたくないし(苦笑)
相方は人が食べられるとか・・・そういうのは苦手な方なんですけどねぇ・・・酒は飲むくせに(爆)
この卵の照明・・・デカイってことは一体どれだけ広いお部屋に泊まられたんですか??(笑)

やす

やす #4ARdecsc | URL | 2015/08/14 01:27 | edit

ありがとう。

ブログ、楽しみにしていました。
これからも、のんびりと、マイペースにブログを更新してください。

キャットラヴァー #mQop/nM. | URL | 2015/08/14 01:57 | edit

デカかったの(笑)

やすさんへ。
おはよう!そっちも暑いけど元気にしている?
本当、こっちではお久しぶりかな?(笑)
僕は小さい頃はチョッと変わった子供だった(らしい)ので、
恐竜にはあまり興味持たなかったなぁ……普通は興味持つ?
一般的だったのはやっぱりステゴサウルスとアレ、首が長い草食のヤツだよね。
やっぱり映画的にはバンバン人間と喰わないとダメなので(笑)
凶暴で頭のいい奴が出て来ますよ。コワいくらい。
衝撃的にはやっぱり第一作には敵わないけど、
「ジュラシック・ワールド」……観に行ってね。
主役のクリス・プタット好きなんです。あぁ言う顔になりたい(爆)
ところで、そっちには映画館あったっけ?見たことないけどなぁ……(笑)
観に行って酒飲むクセに恐がりな相方の度肝抜いてやりなさい。
大丈夫だよ、コワい、コワいって言って指の間からちゃんと見ているから(笑)
この部屋……デカかったんですよ。3ベッドだったからねぇ。
部屋の真ん中に円柱があったよ(笑)なかなかいい部屋でした。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2015/08/14 06:19 | edit

こちらこそありがとう。

キャットラヴァーさんへ。
おはようございます。お盆です。
メッセージどうもありがとうございます。
書き溜めた記事はとっととアップしちゃいますね(笑)
しがらみなくなったからマイペースに!本当、そう思うので、
ポチポチやって行こうと思います。
また遊びに来てくださいね。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2015/08/14 06:21 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/08/14 06:52 | edit

男の子って、
車やロボットのメカ系に行くか、
虫や恐竜の生態系に行くか、
二つに分かれるんだってね。
ヘーヘーそうなんだ。

女の子は?
自分が女だからよくわかんないけど、
幼児のころからミニ女って感じがする(笑)

ジュラシックパークは本で読んですごく面白かった。
映画は見たか見なかったか忘れた。
ほら私、女の子のなれの果てだから(笑)
恐竜映画とかジョーズとか、ああいう映画はあんまりね。

いま面白い本を読んでいます。
青柳いづみこ著「六本指のゴルトベルグ」
羊たちの沈黙やハンニバルのレクター博士は多指症で左手の中指が二本あった。
そして実に優雅にバッハのゴルトベルグ変奏曲を弾く。
映画ではグレングールドの演奏が使われるんだけど、
変人グールドが珍しく二回録音していて、
映画はどちらの演奏を使っているか?
この曲は映画全編に繰り返し流れるらしい。
らしいと書いたのは、
その頃はゴルトベルグ変奏曲もグールドも知らなくて、凄く損してたと思う。
もう一度映画を見なきゃ!
グールドのゴルトベルグの演奏は(相当風変りで凄いw)はYouTubeで見ることが出来ます。

映画って面白いですね~~(笑)
けど、教養が無いと半分もわからないまま、
良いとか良くないとか言うんですねー(私だよ)





ムー #qiVfkayw | URL | 2015/08/14 11:05 | edit

景子さんとこから飛んで来ました!
ジェラシックワールド、4DXで見ましたーーー(*´>∀<`*)キャハッ

のんちゃん #4uAjNfEA | URL | 2015/08/14 17:02 | edit

山越えました、

華々さんへ。
おはようございます。メッセージどうもありがとうございます。
お盆です、ひっそりした朝ですが、僕は仕事です(笑)
映画は本当にいいですね。いい映画に出会うと興奮します。
ただ、今はなかなかそう言う作品に出会えませんけどね。
ブログに関してですけど、そうなんです、作品なんです。
だから他の多くの方とは一線を画しているとの自負はあります。
思い入れ?より強いのかもしれませんね。
皆さん、読み逃げと言う言葉を使いますが、
それは僕嫌いだなぁ……食い逃げみたいじゃないですか(笑)
もっとお気楽に参加してください。その方が僕も楽しいし……。
そちらは既に秋の気配ですか。意外でしょうけどこちら東京も!
お盆を過ぎるとアッと言う間に秋なんでしょうね……。
季節の変わり目になります、お身体大事になさってください。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2015/08/16 07:18 | edit

あら、僕は?

ムーさんへ。
おはようございます。いつもメッセージありがとう。
男の子って……僕は一体なんだったのでしょう?(笑)
メカにも生態系にも行きませんでした……もしかしたら物凄く変わった子だった?
そんなハズはないのですが……気付かないのは自分だけ?(笑)
男の子が分かりやすいのに対して女の子は謎ですね。
そう言うハッキリしたものがないように思います。
ムーさん、ミニ女ねぇ……何となく分かるような気がする(笑)
「ジュラシック・パーク」の原作はよく書けていましたね。
面白くて一気に読んだ記憶があります。映画化もなかなかでしたよ。
僕も今面白い本を読んでいますよ。
山口百恵の「蒼い時」……チョッと本棚から引っ張り出して再読。
その本、面白そうですねぇ……今度、本屋で探してみようかな?
グールドはハンサムですね。バルテュスと似ている?
僕のグールドの全集はどこに仕舞っちゃったんでしょう……出て来ないの。
YouTubeね!映像が見られるっていいですね。見てみます。
ムーさんも劇場で恐竜に吠えられるといいですよ(笑)
意外にスッキリしますから。暑い夏に是非どうぞ!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2015/08/16 07:28 | edit

ようこそです。

のんちゃんさんへ。
おはようございます。メッセージどうもありがとう。
その前にはじめましてですね。景子姐のところから?
景子姐もまた恐竜みたいなものですが……。
>「ジェラシック・ワールド」4DX……良くチケット取れましたねぇ。
僕ももう一回観てみたいのです、4DXで。
また遊びにいらしてください、お待ちしております。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2015/08/16 07:30 | edit

大泣きしちゃった

ブノワ。さん、こんばんは。

観てきましたよ。
ここね、読まないで行きました。
帰って来てから読もうと思って。
で、読んで、うんうん・・・ってうなづいちゃいました。
何も描かれてない(笑)
出てくる人のことは本当によくわかりませんでした。

1作目のインパクトが強くて。
あのときは、行ってみたいかなと思いました。
今回は・・・恐竜に対して1作目の感動はないかなあ。
なんだか見てたらだんだん切なくなってきて。
大乱闘のシーンでボロ泣きです。
久しぶりに映画観て泣きましたよ(笑)

近所の映画館では字幕でやっていなかったので吹き替えで観ました。玉木宏の声って、なんであんなに安心感があるんでしょうね。緊迫したシーンでもあの声を聞いてたら大丈夫な気がして安心して観られました。

あ、私が切なくなってしまったのは。
映画の出来が・・・とかではなくて。
人間たちが自分勝手すぎて恐竜たちに申し訳なくて・・・です。

続編、きっとできますね。また観に行こう。

あっちゃん #kHmSEWWs | URL | 2015/08/16 18:49 | edit

大泣きしたの?(笑)

あっちゃんへ。
おはようございます。メッセージどうもありがとう。
今日は久しぶりに纏まった雨ですね。
チョッとホッとしたでしょう?もう一気に秋だったりして……。
ようやく観られましたね「ジュラシック・ワールド」。
ご近所で吹き替え版しかやっていなかったんですね?
それはチョッとですよねぇ……でも、最近はそう言うことも多いですね。
何でもかんでも、なし崩し的に普通になっちゃうのかな?
俳優の一番大事な声を吹き替えちゃうなんて僕には到底信じられません。
吹き替え版が好きな人もいるだろうから、同時に上映するのはいいけれど、
吹き替え版しかやっていないのはねぇ……僕だったらテーブル引っ繰り返します(笑)
1作目は本当に凄かったですよね。ジープがTレックスに追いかけられるシーン。
こんなことまで映画は出来るんだってね。驚いたものです。
最後の大乱闘のシーンね……恐竜って何だか分からないけど物悲しいですよね。
僕ね、島に出動したヘリから横を飛んでいた翼竜を撃ち落とすでしょう?
あのシーン大嫌い。ああいうところに全て出ると思うのね。
作り手の姿勢とか意識って。だから作り手も勝手にDNA操作して、
恐竜を作ったヤツらと感覚は同じなんですよ。恐竜はモノじゃない。
続編、胚を持って博士が逃げましたねぇ……もっと悪役面じゃないとなぁ(笑)
中国人だからコピーはお手の物か?あっ!怒られちゃうか(爆)
玉木宏……好きですよ。清潔感があってなかなか宜しい。
声もいいのね?声だけ単体って聞いたことないから今度吹き替え版観てみようかな?
実は例のヤツ、4DXで観てみたいのです(笑)席取れないんですよねぇ……。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2015/08/17 07:19 | edit

ご無沙汰でした。

ブノワ。さん、こんにちは。
拙記事にコメントありがとうございました。
『ジュラシック・ワールド』面白かったですね。
まだ感想はアップしていないのですが、『テッド2』に『ジュラシック・パーク』のパロディシーンがありまして。。
爆笑しました。ご覧になってないかな?

日中の陽射しは強いですが、もうすっかり秋の空気ですね。。10月ですから当たり前なのですが。
今年は紅葉も少し早いのかな? などと思っています。
私、10月が一年の中で一番好きな月なのです。
なのに、この週末は少し落ち込むことがあり、、、。メソメソしていました。
しかし!! この素晴らしい季節にいつまでも凹んではいられませんよね。
明日からは元気に復活したいと思います。

ブノワ。さんでも落ち込むこと、あるのでしょうか・・・。
人生いろいろ、だけど、いつもこちらの美しい写真に憂さを忘れさせてもらっています。
ではまた、近いうちに。

真紅 #V5.g6cOI | URL | 2015/10/04 16:18 | edit

こちらこそです!

真紅さんへ。

こんばんは。お忙しいのにメッセージ恐縮です。
なんだか呼んじゃったみたいでゴメンなさいね……。
「テッド2」……あそこのあの曲ですね?(笑)
僕も大笑いしました。J・Wの曲って耳に残りますよね。
その前に「ジュラシック・ワールド」はご覧になると思いましたが、
「テッド2」までご覧になっているとは!さすが守備範囲が広いですね(笑)
機内で見る「ジュラシック・パーク」はですね、
あんなに小さな画面だからこそ面白いんだと思います。
何て言うのかなぁ……気楽に見られるじゃないですか(笑)
ストーリー知っているし、小難しくなくて、特別芸術性も求めない……。
画質なんか最低ですけど、そこは既に見知っている作品だから面白いのかな?
真紅さんは10月が一番好きなんですか?僕は誕生月の3月(笑)
ダメですよ、メソメソしていちゃ!時間が勿体ないです。
メソメソ、クヨクヨが一番身体に悪いですしね。
10月もまだ始まったばかりですから、心機一転、楽しんでくださいね。
僕は落ち込みません(笑)イヤなことも絶対に翌日には持ち越さないの。
もっとも、落ち込むようなことって殆どないのです。
何ででしょうね……お気楽なのかな?
「新午前10時の映画祭」で「エデンの東」と「赤ひげ」を観ました。
真紅さんって昔の映画ってご覧になりますか?

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2015/10/04 17:46 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://nioinoiihanataba.blog.fc2.com/tb.php/163-0157ecd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top