京都にて思うこと……。 

 

ATSU8133.jpeg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

天気予報が上手い具合に1日ズレました。
週末は生憎の雨マークでしたが、土曜日は清々しく晴れ観光日和。
京都駅に10時に集合したのは、ゴージャス・マダムMと、非常に聡明なK、そして僕の3人です。
それぞれに生きるフィールドも性別も考え方も全く違う3人……でも、気が合います。
それはね、人を見掛けや肩書きで判断しないから。色眼鏡は持ち合わせていないのです。
先ずはマダムMの希望でタクシーを飛ばして六角堂にお参りです。それからランチ。
「権兵衛」にて美味しい天麩羅蕎麦を戴き、スグ近くの「鍵善良房」で黒蜜の葛切りです。

ATSU7920.jpeg
ATSU7923.jpeg
ATSU7938.jpeg
ATSU7948.jpeg

短い旅です。時間には限りがありますからタクシーで一乗寺近くの「恵文社」へ。
ここはKさんのたっての希望でした。萩原朔太郎の本がどうしても欲しかったそう。
店には最後の一冊が……綺麗な状態で良かったです。
マダムMは作家のピアス、それぞれ買い物をしたり写真を撮ったりして楽しみました。
写真を撮りながら少し散歩。タクシーで今回の宿、
お漬物の「村上重」本社ビルの上に2部屋だけある宿泊施設「Bijuu」へ……。

ATSU8006.jpeg
ATSU8004.jpeg
ATSU8015.jpeg
ATSU8016.jpegATSU8001_01.jpeg

5階の部屋は、それはそれは贅を尽くした空間で、
下を見下ろすと小さな川添いの桜並木が調度満開でした。
チョッと不思議なのはね、部屋のど真ん中に大きな大理石張りの浴槽があるの……。
縁のカウンターにはキッチンが……入浴ショウでもするかい?(笑)
さて、先ずは西田信子さんの展示会を見学、西田さんとは六本木以来の再会です。
部屋でチョッと休んでから夕食。階下のレストラン「kiln」にて、僕ら3人と西田信子さん、
それから驚くことに、高名な俳優Xさんとお友達も一緒でした。
ほぼ初対面にも関わらず、気さくなXさんとお友達に会話も盛り上がり、
6人でワイン9本?(笑)食後は部屋に上がってシャンパンを1本空けましたから、
翌日のドロドロ感の凄いこと(苦笑)もうね、声が出ないの(笑)

ATSU8093.jpeg

僕ね、素敵な部屋と聞いていましたから、
わざわざ家からシャンパンとグラス6客持って行ったんです。
素敵なお友達から戴いたシャンパン……桜の時期だからロゼね!ボトル空でゴメンなさい。
折角のシャンパンを備え付けのコップで飲むのも風情ないしねぇ……。

しかし、矢張り女性は成熟した大人の女性がいいですね。
テーブルを囲んだ美しい3人の女性はそれぞれに自分の世界を持ち、
自信を持って、ありのままの姿で生きていらっしゃる方々……。
豊かで芳醇。酸いも甘いも噛み締めた、人生の行間からえも言われぬ魅力を発しています。
最近の清潔感がまるでない若さだけが取り柄の、まつ毛命、お化粧バカの女子とは大違いです。
シワが何?ほうれい線がどうした?ダメだよ、化粧品会社の宣伝に乗っちゃ。
整形手術なんかしたってダメ。僕、整形とカツラは一発で見破るよ(笑)
えっ?どうやって見破るかって?だって不自然だもの。見りゃぁ分かるさ。
シワ、たるみ、いいじゃないですか。内面が美しければ美しいシワになるハズだもの。
40歳なんてまだまだ小娘。本物の女性の魅力は50歳からだとつくづく思いました。
今、世の中では「美魔女」という汚らしい言葉が一人歩きしていますが、
それは本当の美しさと知性を兼ね備えた女性を知らない人、
外見だけの執着した人が作った言葉じゃないかな。
聞く度に違和感と、そこに嬉々として乗って来る女性に唖然としてしまいます。
美魔女だって……ぷぷぷ。熟女とかね、笑っちゃいます。
藤本義一だったか大宅壮一だったか……男の顔は履歴書って言う言葉があります。
映画「エーゲ海の旅情」で、年の離れた青年に告白された中年女性が言います。

 「私はもう40歳なのよ……。」

青年は「君は40カラットのダイヤモンドだよ。」って。
何て言う素敵な台詞!僕、年齢のカラット表記は大賛成です。
また、フランソワーズ・サガン原作の「さよならをもう一度」の中では、
息子のように年の離れた青年に告白されたイングリッド・バーグマンが、
恋に破れて階段を走り下りて行くアンソニー・パーキンスの背中に向かって、

 「I'm old !」と叫びます。

ただし、余裕の笑みを浮かべて……自分の年齢のことなんか何とも思っていないのです。
この時のイングリッド・バーグマンの美しいことときたら!
そして、昔ながらの恋人であるイヴ・モンタンに会いに行く……。
日本だけですよね、年齢を重ねた女性をまるで罪のように扱うのは。
不思議な風潮だと思います。女性の一番美しい時を見ようとしないのね……。
勿論、美しくあることは大変だと思うのですが、ただし!
皆さん、方法を間違えていますよね。美しさって外からじゃないの、中からなんです。
男も見る目ないしね……僕ね、年取った男が素敵である方が大変だと思っています。
夕食をご一緒した初対面の年上の男性は素敵だったなぁ……。
コンサバティヴなんだけどフランクでね。エラぶったところがまったくないの。
あんな風になれたらなぁ……と思わせる人って少ないです。
ま、ローマは一日にして成らず。日々のあれこれが大事なんですね。



さて、雨でしたけどね、翌朝は旅先恒例のカメラを持って早朝散歩。
桜の風景は既に見て戴きましたので、チョッと街の様子など……。

ATSU8035.jpegATSU8050_01.jpeg
ATSU8058.jpeg
ATSU8063.jpeg
ATSU8066.jpeg




ATSU8113.jpeg

お宿が「村上重」ですから、お漬物の朝食を戴き、
チェックアウトしたら西田さんにお別れを告げて、
「村上重」で自宅用といつもお世話になっているお友達に1つずつ、
お漬物のお土産を宅急便で頼み、散歩を兼ねて八坂神社に徒歩で向います。

八坂神社では御所人形作家の島田耕園さんと待ち合わせ。
ご親切にも三井家伝来の雛人形を一緒に鑑賞させて貰い、
一休みで秋にオープンした「茶菓 丸山」で苺汁粉と紅茶を戴きました。
去年の10月にレセプションで行って以来ですが、
スッカリ京都の街にとけ込んで、繁盛している様子にホッとしました。

ATSU8122.jpeg
ATSU8141.jpeg

2階で特別に見せて戴いたのが、オーナーの高堂のりこさんのコレクションで、
島田耕園さんの作品、今日の1枚目の写真「言霊」です。
この小さな人形が発する、何とも言われぬ温かなパワー……。
床の間だけではなく、部屋中の邪気を払い、幸せな空気で満たしてくれます。

ATSU8149_01.jpeg
ATSU8151_01.jpeg
ATSU8152.jpeg
ATSU8160.jpeg
ATSU8164.jpeg

ランチは繁盛している「Asperge Blanche」にて。
若夫婦が温かく歓待してくれます。パテ・ド・カンパーニュはさらに美味しくなり、
人参のポタージュ、京野菜のサラダ、牛頬肉の赤ワイン煮、ブランマンジェ……。
隣のテーブルの女性からは「美味しかったね!」「お腹一杯!」……、
まるで自分のことのように嬉しい言葉が聞こえてきます。



春の京都はアッと言う間でした。
楽しかったけど、もう暫く桜の時期はいいかな?紅葉狩りの時期もパス。
だってあの驚異的な人混みは疲れるだけですから……。

最後に一つ。京都は今や世界一の観光都市です。
年間、何百万人の観光客が内外からやって来ます。
商売をしている店の「おおきに」「またお越しやす」は大層感じがいいのだけど、
普通に住んでいられる方々の無愛想ぶりは何とかならないものでしょうか……。
早朝のカメラを持っての散歩で3回、たった小一時間の間に非常にイヤな思いをしました。
普通、人と目が合うと会釈をしたり軽く挨拶しますよね。
今まで行ったどこの国でもそうでした。それが旅の素晴らしい思い出に繋がる……。
お互いに同時にすれば気持ちもいいのだけれど、
こちらから挨拶しているのに目を逸らして無視はないでしょう……。
あからさまに「ツン!」と目を逸らす……国際都市には程遠いです。
世界のどこを見てもこんなに感じが悪い都市はありません。
観光客のことは、きっと桜の時期に大挙して押し寄せるバカに見えるのでしょう。
友人は「That's Kyoto だよ。」と言いますが、果たしてそれでいいのか?
甚だ疑問だし、改善の余地大いにありだと思うのは僕だけ?
何も愛想を振りまけと言っているのではありません。
タイみたいにニッコリ微笑めって言っているのでもありません。
観光が大きな財源になっている街です。
少なからずそれで生計を立てている人も多いのではありませんか?
その自覚が欲しいです。イヤな思いをしている人は多いハズです。
貴重な文化遺産が多数残っている京都。素晴らしい景色が沢山あります。
でも、そんな無礼をしていたのでは素晴らしさ半減ですものね。
京都出身の友達も沢山います……チョッとキツいかな?


2015年4月11日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2015 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
スポンサーサイト

category: 向き向きの花束。

△top

コメント

 

ブノワ。さん、こんばんは。

先日の桜の写真もドキドキしたけど、
今日のもまた格別のドキドキを・・・・
たまにエロを放り込んでくるブノワさんだから、最後に『○○盛り』の晩餐でも出てくるんじゃないかとワクワク
イヤイヤ、どきどき動悸が(笑)

今回はお料理よりも、そのお宿のトイレがどこにあったのかが気になりますわ~。
まさか屋外とか?


azking #- | URL | 2015/04/12 18:23 | edit

村上重本店の漬物は毎年送ってもらっています。
丸ごと一本のすぐき、柴漬けも並のとは違う味。
その上にこーんなホテルがあるとは知らなかった!
いいなーここ。
漬物のご飯も朝らしく清々しい。
けど、恋人同士じゃない場合お風呂どーするんだ?
3階の部屋も同じ作りなのかしらん、お風呂が(笑)
二部屋しかないんじゃ予約取れないだろうな。
友達に借りがあって、一日京都全部をプレゼントする約束があるの。
ここなんか鼻が高いなー泊まれたら。

さて、年の話。
40歳のバーグマン?そりゃー綺麗でしょう。
60?70?まだまだ綺麗でしょ。
けど私は日本の何処にでもいるふつーの女。
昔は綺麗だったでしょうね・・・すっごく不愉快。
そんな年には見えないね・・・見えても見えなくても大きなお世話。
ダメよねー、日本の男は若い女しか褒めないから悪循環になるの。
ブノワ。さんみたいな意見は現実的じゃない。
だから50過ぎるとあきらめて太って、
やかましくて無遠慮なおばさんになっちゃう。

男はねリタイアすると急にダメ。
私はジジ専だけどほんっといい男いないもん。
なんか言い出すときりが無くなる。
やはり会って話すべき話題かもしれないと思ってきた(笑)











ムー #qiVfkayw | URL | 2015/04/12 21:40 | edit

ブノワ。さま、ぼんじる。
素敵な旅でしたのね、よくってよ、よくってよ!
お写真も、あれとこれと・・・あ、これも好き・・・ああああああ!悶絶(笑)
それにしても、部屋の真ん中の大理石張りの浴槽、これはイイ!シャンパングラスを片手に、I'm old!って叫びながら、泡風呂するわけですね。ワタクシを誰だと思っているの、イングリッド・ババーグマンよ、ふふって!
確かに、若くない女性が若さを保つことに熱心で逆に老けて見えてたりとか、痩せてればいいかと思ってて貧相な印象の日本人女性が多いですね。ワタクシは無敵ボインですから、年齢なりの美しさを中から外から追究、健康でより美しく豊満であることに心を砕きたいと思っていますのよ。おほほほほほ(笑)
ま、言うは簡単。ほほほほほ(苦笑)

Coucou #NMJSpOmY | URL | 2015/04/13 10:52 | edit

ブノワ。さん、こんにちは^^

さくらのきれいなときに来られてほんとによかったです
4月4日はほんとにほんとに一番ほんとに笑^^いい日だったんですよ
桜を愛でられたのよかったです
計らずして桜に会えたほんとによかったです^^

村上重さん私のところも知り合いから毎年お歳暮に千枚漬けなど頂いています
あの千枚漬けは感動です
昆布と塩でね漬けてあってね
美味しい
昔はプラスチック製の入れ物に入っていたのですが最近は紙の容器にかわってまたいい雰囲気になってます
昔のプラスチックの入れ物はクリスマスローズのお花をカットして
お花を浮かべる入れ物のかわりによくしてました笑
ちょうどよかったんです笑
そしてホテルなど経営されてるとは知りませんでした
私はブノワ。さんから知らないことばっかり教えてもらっています^^
お友達の方も素敵な方ばかりですね
和気あいあいと過ごされた京都の旅よかったです^^
そうそうブノワ。さんちょっとさみしいおもいをされたのですね
ほんとになんて言っていいか
私はここを読んでびっくりしましたが
でもやっぱり教えてもらわないとなにもわからないですものね
数日たってやっと書き込めるようになりましたよ~
私はなるべくブノワ。さんの気持ちにそえるようになりたいとおもいました
きっときっと年数がたてば笑顔の多い町になればと思いました
ニコっとしてたら私ですからね^^
またいつの季節でも和気あいあいのお友達とお出かけしてきてください~
桜ねほんとにきれいでしたよ~
あの橋のところはあ~あそこだ~とかわかるので見せてもらってうれしかった^^
きれいな桜を見せてくれてありがとうございました^^
ここのお話でいきちがいがあったらごめんなさいですよ~~~^^


ATUATU #PkTRqueU | URL | 2015/04/13 12:16 | edit

え~っ! 村上重で泊まった? 何処なんだ?本店隣って、そんなのあっ~?!
村上重といえば、京都に行った時は阪急電車に乗る前に、フランソワで珈琲呑まない時はあっても、村上重でお漬物を買わない時はないほどの私勝手に御用達のお店。お気に入りは「姫しょうが」。千枚漬けもここのは美味しいんですよね。
サイトみたら川のあちら側から入るのね。知らなかった!こんど京都に行ったら川のあっち側を歩いてみよう!
それにしても、京都にほん近い大阪に住んでいる私が、京都からずっと遠くはなれたブノワ。さんに京都を教えてもらうんだ!(笑) でも京都在住のY君に今日と案内したんでしたっけ(笑)

それから「茶果 丸山」今度行ってみよう! 年明け4日に八坂さんまでお参りに行ったんですよ。そっから円山公園抜けて岡崎の平安神宮まで歩くのが私の毎年恒例の年明けお散歩コース。知ってたら立ち寄ったのに!
その時の帰り途の一服はもちろん鍵善さんで黒蜜の葛切り。行列のお嫌いなブノワ。さん、並びませんでした?
1月4日のこの日は、壁際に座った私の前のテーブルにフィギュアコーチの山田満知子さんが(と思う。多分あの髪だもの見間違うはずはない)お連れ様と。奥の壁際のテーブルに座っていた10代半ばくらいの女の子4人もお連れみたい。その中でちょっとお姉さんぽい雰囲気のポニーテールさんは多分、村上佳菜子さん(?照明が抑え目で、私はもう片方の壁際だったから遠くって でも多分)全日本での回転不足判定に涙してた彼女を思い出す。京都に初詣?だったのかしらね。
それにしても今回のブノワ。さんの京都も素敵な時間、素敵な人と過ごされた充実した旅だったみたいですね。
無愛想がなければね。
旅先で出会う笑顔って、何よりのおもてなし。海外に行った時にはすごく思う。ホテルのエベーターに乗った時も、先に乗ってられる方がニコッと会釈。これだけでその旅行がぐんとグレードアップ。でもこういうさりげないニッコリは欧米人の方が多いみたい。日本でも彼らの笑顔になんどか出会う。すれ違った時、席を譲った時、ちょっと隣同士になった時、彼らは実にさりげなく笑顔で応えてくれて、こちらもHappyな気持ちになってしまう。私も彼らを見習ってさりげにスマイルを意識する。そこへ行くと日本人も含めアジア人は笑顔が下手ですねぇ。ゆふいんに行った時も、じろりと見るだけ。笑顔なし。笑顔だけでも日本人は上に行きたいもんだわって痛感。それとも最近の京都はアジア人旅行者が多くってホンネは辟易? でも彼らも大事なお客様。先進国の余裕を持って笑顔で接しないとね。
又、京都情報宜しく!

シュエット。

シュエット #- | URL | 2015/04/14 10:22 | edit

ごめん追記。
私の友人に、いつも笑顔の彼女がいて、ちょうど、そう、最初のお写真「言霊
」と題された童の笑顔ね。
その彼女がある時、人に言われたんだって。「いつも、何を嬉しそうに、笑った顔できるの?」って。まぁ、いった方も気心知れてからなんで、悪意があるんではないんだけど、そう言われて友だちは自分の笑顔なんか意識してなかったから驚いたって。「べつに無理してぶっきら棒な顔することないうやんね。同じだったら笑顔のほうがいいやんね」
日本人の価値観の中に、笑顔に対してマイナスイメージあるのかしらね。パスポート写真も笑顔、歯が見えたらはNGだとか。
や~ねぇ、齢を重ねれば、余計に笑顔でありたいと、笑顔が素敵でありたいと思うシュエットでした。

シュエット #- | URL | 2015/04/14 10:55 | edit

ゴージャス!

ブノワ。さん こんにちは。

今日もまた雨ですよ!
雨・雨・雨・・・・・水色の雨じゃないですよ。
ド・ド・ド~~ンと重い雨。
もちろん身体も思い。
え・・・太ったせい?
そうです。いまなら
ルノアールのモデルにだってなれます。
でも、歳?
「私ねぇ、昔はすっごくきれいだったの。
ここまでくればなんとでもいえるわ!」ホ~ホ・ホ・ホ。
ちびまるこみたいに笑って言えます。
だって、み~~んな私の過去を知らないんだもの。アハハです。

日本の女性、化粧しすぎです。
私だって若くないから口紅くらい塗りますよ。
でも、出かける時だけ。
後はスッピンのピン。
UVカットのクリームさえ塗れません。
塗ったら却って炎症起こすんだもの。
ま・スッピンは慣れちゃえばどうってことなし。
しばらく前、外出時に口紅塗っていた時
ツインズが鏡覗いて言いました。
「グランマァ、その口紅食べちゃうの?」
「そうかも・・知らないうちにお腹入っちゃうかも。」
「ふ~~ん、でも塗りた~~い!」
で、二人に少しだけ塗ってあげました。
もち大喜び!やっぱり、生まれつき女だと思いましたねぇ。

みんなで笑顔美人になりましょう!
笑顔はただで人を幸福にします。

そしてブノワ。さん、贅沢な旅をなさるのね。ゴージャス!!
もちろんネットで調べましたよ。
私、3階のお部屋でいい。
あんまり広いと不安になるし、だいたい貴重品忘れてくる。
どれだけアクセサリーを無くしたんだか。

hibari #O5sb3PEA | URL | 2015/04/14 13:35 | edit

こんばんわ。

ブノワ。さんこんばんわ。桜もはらはらと散り始めてきました。あっと
いう間に桜の季節も去っていきそうです。寒暖の差があって体調も
気を付けないと職場は風邪ひきだらけです。ブノワ。さんも気をつけ
てくださいね。

このお部屋素敵ですね。でも絶対友達でも一緒に泊まれないハードル
高き部屋ですね(笑)。

この間ね25歳の若くてお人形さんのような職場の子がいるのね。
「Nさん、賞味期限きれる寸前なのに彼氏にふられて結婚が遠のきま
した。」って・・・。まだ25歳ですよ。25の時なんてそんなこと考える暇
すらなかった。なぜに私に言うのかがひっかかったけれど・・・。

美魔女にほど遠いってどれだけの人に言われたでしょうか・・・。最初
からこの言葉が大嫌いでね・・・。雑誌の特集言葉がこれだと下品だなあ
って。美容室の雑誌の表紙がこれ持ってきた時点で、これ読まないです
って返すの。外面だけ若くても内面はどうなのかなあって思うことが日々あります。

年をとるのが駄目みたいな世の中になっていますが、私が会う年上の
方々は年齢を重ねながら自然に、美しい内面もある方々です。だから
年を重ねることも怖くなくなりました。自然に年をとっていけるように
内面もまだまだ未熟なので磨いていきたいです。ブノワ。さんのお友達、皆さん素敵な方々を想像していますよ。

京都・・・。みんながみんなではないでしょうけれど、私も観光していて
ほぼ迷子になるんですが、道を尋ねたら交番に行ってって冷たくぴしゃ
りと言わることが京都では多くてね。私繊細な心の人なので(石、投げないで)やっぱり心が痛くなりますよ。

優しい方もいらっしゃいましたが、道をきかれることが辟易されているの
かなあって・・・。だから自分が道を尋ねられた時は、教えます。方向音痴で
教える?って思われたでしょ(爆)。土地柄わかりやすい地形でよかったと
ほっとする日々です。ラグーンの場所しか聞かれないから。

スナッフィー #pdK/Zy5g | URL | 2015/04/14 21:00 | edit

エロ?(笑)

azkingさんへ。
こんばんは。雨ですねぇ……しかも強いし。
薔薇は大丈夫か?そんなこんなチョッと不安に思います。
さて、エロ?僕はエロですよ(笑)ここではチョッと隠しているだけ。
○○なんて書かないで「女体盛り」とデカく書きなさい!(笑)
僕はそう言う下品なことはしませんのでご安心を。
って、いまだにやっている人いるのかなぁ……。
トイレは普通でしたよ。トイレってね、皆あまり考えていないようだけど、
部屋の居住空間から離れていた方がいいですね。
イヤだものね、色々気にして使うのって。先ず、音が聞こえないのが鉄則ね。
ビジネスホテルじゃ贅沢な注文だけど。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2015/04/14 21:18 | edit

僕に借りは?(笑)

ムーさんへ。
こんばんは。雨がヒドいですけど元気にしていますか?
僕はポチポチ。明日は久しぶりの休みなので映画かな。
さて、村上重……僕って「名前」にこだわるクセに「名前」はどうでもいいタイプ……。
言っていることがよく分かりません?(笑)翌朝、チェックアウトして、
お土産のお漬け物買いに行ったら「なぁ〜ンだ、いつも買うところじゃん!」って。
どれだけいい加減なんだってことなんですが、
宿はお店の上ではなくて、店の左横の路地を入ったところのビルです。
カフェとかレストランとかが入っています。その上に2部屋ね。
お風呂、真面目にどーすんのって!(爆)恋人同士でもチョッとねぇ……。
結局、誰も入りませんでしたが、岩盤浴もあるんですよ!
サウナじゃなくって岩盤浴ね。結局、大酒でこっちも入らず……。
40代のバーグマン……綺麗でしたねぇ。「追想」でハリウッド復帰してからね。
「昔は綺麗だったでしょうね……。」そんな無礼言う人いるんだ(驚)
僕も「若いですねぇ……。」って言われるけど、それって若くないって言うことじゃないですか。
言葉の使い方知らない人が増えましたよね。褒めている積もりで褒めてない(笑)
僕みたいな意見の男って少ないかなぁ……まぁ、そうかもしれませんね。
でも、不潔そうなお化粧お化け……あんなんどこがいいのかしらン?
男ってバカじゃないようでおバカだから(笑)騙されるのかなぁ。
化粧ってしていない風を装って、実は綺麗に見せるのが化粧。
今風の、如何にもメイクしてますって言うのは汚らしいし滑稽だよねぇ。
整形思い切りして超厚化粧。付け睫毛にエクステンション……薄気味悪いって。
50歳過ぎて素敵でいられる境目ってなんでしょうね。
ドッと分かれますよね。きみまろを見に来ている方々とかね(笑)
自虐的に馬鹿笑いするご婦人たち。あれはあれでいいのかなぁ。
最近ね、口癖がきみまろに似て来たの(笑)自分でもそう思う。
ムーさん言うところの「リタイアすると云々……。」そこかもしれませんね。
男女に限らずね。いい男って少ないでしょう?若作りは痛々しいしね(苦笑)
人のふり見て我がふり直せ……なんですが、果たして自分はどうなのか?
自分の普段ってなかなか冷静に見えないし……。
ところでムーさん、僕に借りない?京都1日奢らない?(笑)

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2015/04/14 21:35 | edit

ババーグマンさま、おばんです。

Coucouさんへ。
こんばんは。元気にしていますか?
スッカリご無沙汰ですよね……僕は相変わらずです。
さて、悶絶しないでね!(笑)あああああああ!じゃなくってさ(笑)
今度ここに泊まって撮影会しない?そーだ、しようしよう!
素敵なヌード撮りましょう!3階じゃダメなの、5階の部屋じゃなきゃ。
真面目に段取りするからね。ヘアメイクもいるしね!(笑)
ところで、若作りもダイエットも異常ですよね……。
煽って煽ってモノを売る美容業界だから仕方ないんだろうけど、
皆さん踊らされ過ぎです。老いること、太ることの恐怖心を煽るのね。
そんなもん使ったって綺麗にならないって(苦笑)
金出していい化粧品使って美人になれるなら苦労はなし。
日本国中ヴィヴィアン・リーやエリザベス・テイラーばかりになっちゃう。
古いか(爆)年齢を重ねて来ても、相応の衣装や身のこなしで、
若さだけが売りの女の子に圧勝出来るのにね。勿体ない、勿体ない。
若さに固執すれば、結局、本物の若さには負ける訳で……。
ところで、Coucouさん、無敵ボインなの?ほほほほほほほほっ!
ボインって死語ですよ(笑)是非、豊満、芳醇、豊でいてください。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2015/04/14 21:45 | edit

ピッタリでした。

ATUATUさんへ。
こんばんは。お元気ですか?
東京はズゥ〜っと雨です……薔薇は大丈夫か?(苦笑)
京都の桜……ドンピシャのピッタンコでした!
話が持ち上がった時は桜のことなんかまったく考えなかったんですけどね。
僕、桜は別格で好きですが、花見する悪趣味はないので……。
京都に行くとお漬け物を買って帰るのが常になっています。
僕は龍安寺の参道を出たところにある「富川」が好きなんですよ。
ランチもしていますね。お漬け物と出し巻き卵の……。
地元にいると意外に知らないことってありますよね。
僕の親友は京都生まれ、京都育ちなのに哲学の道を知りませんでした(笑)
有り得ん!それが今ではビストロのオーナーシェフですから……。
僕のお友達は皆さん凄い人ばかりです。平凡なのは僕だけ(苦笑)
僕は肩書きで手の平返ししないからいいんじゃないかな?
寂しい思いって言うかね……実は友人たちは京都人についてシビアで、
厳しい意見を持った人が多いんだけど(例の、上がれと言われて上がったら……云々)
僕はそんなことはないって言っていたの。人と人ですから。
ただねぇ……続けて3回「プイッ!」ってされるとねぇ(笑)
幾らフレンドリーな僕でも凹みますよね。やっぱり友人たちは正しかったのかって。
同じ日本人でこれです。外国の方々はどう思うでしょうね?
「京都人はこういう感じだから……。」通じますかね?僕は通じないと思う。
教育の問題もありますよね。京都に限らず、今は子供に教えているでしょう?
知らない人と話しちゃダメって。ニコッと笑った子供の顔って可愛いですけどね。
僕なんか怪しい髭のオジサンだものね(苦笑)
チョッとしたことなんですよね。求めるのは無理なのかしらン?
そうそう、パリにアパート借りて旅行した時、一番上の階でエレベーターなしだったの。
着いて早速アパートにカバン置きに行って、いそいそとカメラ持って下に降りる段になって、
下まで階段を降りる間、6人と「ボンジュール!」って。
有り得ませんよね(笑)この国って一体!思わず笑みがこぼれましたもん。
京都ってもっと素敵な街になるのに勿体ないと思う次第です。
ATUATUさんにイヤな思いさせちゃったかな?ゴメンなさいね。
もっとも、僕だって住んでいたらあの観光客の大群はイヤかもしれないから……。
また行きますよ、今年はチョッと無理かもしれませんけどね!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2015/04/14 23:51 | edit

フランソア!

シュエットさんへ。
こんばんは。雨の東京でござりまする。
いつもメッセージありがとうです。楽しみにしているんですよ。
さて、泊まったんですよぉぉぉぉぉぉぉぉっ!村上重(笑)
そうですよ、川のあちら側から入るのね。
僕もボンヤリだから、店はどこ、店は?って探しちゃった(笑)
シュエットさんは本当に足繁く京都に通っていますもんね。
行きつけが沢山あるからですよ。だからなかなか新しいところに目が行かないの。
そこへ行くと僕たち東京人は丸々観光客丸出しだから(笑)
貪欲に会い新しいものを調べて行くじゃないですか、その違いです。
今回も「哲学の道を知らなかった」の話が出ました(笑)
僕、ヨイヨイになるまでこの話してやるんだ(爆)
ところで「フランソア」!朝早かったので閉まっていましたが、
僕も必ずではないけど行く店です。あと「ソワレ」!
懐かしい喫茶店って言う感じですよね……東京にはなくなりつつあります。
シュエットさん、円山公園に良く行くの?だったら「茶菓 円山」に是非!
チョッと小腹が空いたときも大丈夫。観光を昼飯で左右されるのってイヤじゃないですか。
メガネの青年、江見くんが店を任されてやっています。
行ったら感想を聞かせてね。おこしが店の一番の押しですよ。
鍵善はね……並んだことないの。ホラ、普段の行いがいいから(笑)
フィギュアご一行さまと同じになったんですね……羨ましいかも。
僕ね、一つだけ言わせてね。村上佳菜子は外に出るべきです。
もう日本では無理でしょう。外に出て外国のコーチにつくべきです。
彼女の違う素晴らしい面をきっと引き出してくれると思うんですけど……。
シュエットさんはどう思われます?今度教えてね。
湯布院はね、一回行ってみたいのね。でも九州まで温泉ってなかなか……。
今年は既に旅の予定がビッシリで(いつ働くんだ状態)
来年かな、是非、ゆっくり訪れてみたいです、湯布院。
無理矢理笑顔を引き出してやる……。
最後に、外国の薔薇園での話。薔薇に夢中になって、フと顔を上げると、
年配の女性も丁度こちらを見たところ……お互い、ニコっ!って。
そうやって自然にこみ上げて来る笑顔って国籍も性別もないじゃないですか。
素晴らしい文化財を見て、心豊かになったら笑顔出ますよね?
そこが寂しいの。京都人がどうとか言ってる場合じゃない。
イヤな思いしている人は沢山いるハズです。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2015/04/15 00:08 | edit

どうなんでしょうね……。

シュエットさんへ。
そうそう、外国の卒業アルバムね(笑)ニッコニコだものね。
パスポート!日本では到底考えられませんよね。
歯を見せるって言うのはダメなのかもしれませんね……。
結構、それがキーワドだったりして。
お友達、素敵な方みたいですね。いつも笑顔でね。
僕も笑顔が素敵な人になりたいなぁ……無理か(笑)
この年までこの顔で来ちゃいましたからね……。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2015/04/15 00:12 | edit

そう、雨、雨、雨!

hibariさんへ。
こんばんは。メッセージどうもありがとう。
本当、この雨、どうにかしてくれません?辛気臭くて困ります。
しかし、水色の雨って一体!hibariさんも古いなぁ……。
ルノアール?ダメですよ、hibariさん。アレは若くて豊満だからいいの(爆)
Oldで豊満だったらルノアールは絵筆取ってくれませんって(笑)
hibariさんは十分魅力的じゃないですか。ご主人はちゃんと分かっていらっしゃる?
そうですよねぇ、化粧し過ぎ(苦笑)競ってテクニックに溺れてる。
男は騙されませんって。意外に賢いですからね。
女性誌と化粧品会社に踊らされ過ぎですって。
化粧って水彩画と同じなんですよ。塗れば塗るほど濁るのね。
オバサマだって粉叩けば叩くほど荒れた肌が強調される(笑)
何かを塗るのって本当にコワいし、難しいんです。
綺麗に見せるコツはね、チョッと足すだけでいいんですよ。
hibariさんみたいに口紅だけとかね。チークさしてパッと顔を明るくするとか……。
朝からフルメイクでどこにお勤めですか?って聞きたい。
もしかして夜の商売の帰りとか?素人が付け睫毛はないでしょう。
舞台に出るんじゃないんだからさ(苦笑)
贅沢な旅?端からはそう見えるかもしれませんが、
いたって普通、ごくごく平凡な旅でございますよ。
ただ、一緒に行く友人が変わるとガラリと旅も変わりますね。
その辺がとても面白いと思います。hibariさんゴールデンウィークは?
僕は急遽旅行になりました。今その段取りでてんやわんや。
村上重のお宿、今度は3階にトライです……hibariさんもご主人と2人で是非!

ブノワ

ブノワ。 #- | URL | 2015/04/15 00:25 | edit

ほぼ迷子?(苦笑)

スナッフィーちゃんへ。
こんばんは。今日は宵っ張りでしょう?(笑)
明日は休みなのでゆっくりなんです。映画と画廊のレセプションかな。
メッセージどうもありがとうね。しかし賞味期限って……一体!
でもね、真面目な話、そう言う考えの子って本当にスグ賞味期限切れるんじゃない?
そう信じて疑わないんだったらきっとそうなるんだよ……。
コワいですね、それで焦って変な男に捕まっちゃうの(笑)
職場で男探すとかね。一生に一度の本当のパートナーがそんな近くにいる訳がない。
地球の反対側にいて一生会えないかもしれないじゃない?
皆、手頃ですよね。簡単って言うのかな?
いいじゃない、僕らは防腐剤バンバン仕込んで不老不死で行こう!
100なんて当たり前200まで生きましょうゼィ。
美魔女には参りましたよね……あれほど汚い言葉もない。
それに嬉々として乗って来るマダムたち。顔をテカテカにしてねぇ。
ホラ!見て見て!アタシってこんなに若くて綺麗なのよ!って。
その若く見えることに命をかけているところが既にイタいです。
いいのに、普通で。年齢相応っていいことじゃないですか。
石は投げませんよ。だって絶対に迷子になるんだもん(苦笑)
その度に石投げていたらこっちが疲れちゃう。腕もげちゃうよ(爆)
でも、交番でもピシャリと言われましたか。困っているから聞くのにね……。
自分がそうされたときのことを考えるのかしらン?
方向音痴で教えた方が却って正しいところに着くかもね。
スナッフィーちゃんが目印に撮影した東急プラザ……もうなくなるからね(笑)
さて、今度は何を目印にするのかな?興味津々。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2015/04/15 00:38 | edit

ブノワ。さん、こんばんは。

突風と叩きつける雨に降参して、土いじり終了。
夕餉支度前の一服にお邪魔します。。。。

だぁはっはっはっ~(爆笑)
明瞭なツッコミ、お返事ありがとうございます~。
でもまぁ「○○」は個人の趣味、主義が出るところなので、読み手のお好みで男体やら美魔女(痛ッ)やらもありかと思ったり思わなかったり?

それにしても見れば見るほど、このアイランドキッチン?なのか、アイランドバス?なのかは、イケナイ菌が近い気がして気が気じゃないのですが
ちょっとがっかり。
トイレは普通でしたか。
ま、ドアは無いと困りますよね(笑)
こんなワンルームタイプのお部屋、あっちゅう間に御屁屋になってしまう。。。。

azking #- | URL | 2015/04/15 19:21 | edit

男体盛り?

azkingさんへ。
おはようございます。お目覚め如何ですか?
メッセージどうもありがとうね。
なんだか春の陽気は安定しませんねぇ……。
例年に比べればまだマシなのかな?僕は庭仕事ゼロでございます(笑)
さて、男体盛り?そんなのあるんだ(笑)やっぱり刺身とか盛るの?
女体盛りは刺身で男体盛りはローストビーフとか肉系?(笑)
勿論、食すのはギランギランのマダムたちですよね?
それってazkingさんの願望でしょう?
早く食べないとダメですよ。体温で刺身が傷みますからね(笑)
トイレは普通でした。デザインってやり過ぎはダメですね。
使うことを考えたら部屋の真ん中に風呂はないなぁ。
もっとも、入るものじゃないのかも(笑)僕らって庶民感覚?
岩盤浴してからシャワーなのかもしれませんが、
やっぱり浴槽に浸かりたいですもんねぇ……。
ところで「御屁屋」って一体……。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2015/04/20 09:20 | edit

ブノワ。さん、どうも~おばんです~。

自分は断然、美少女野菜盛り派です。
バーニャカウダで頂きますね。



ほんの冗談ですってw

『御屁屋』ってのはですね。
私の過去と現在の絡んだ話でして

相方が屁マンなんですよ。
四六時中あらゆる音色とにほひを発するんです。
私はそう出ないので、どこで何を拾って食べてるんだか・・・
で、部屋に戸が無い写真を見て、昔見た『まんが日本昔話』が浮かんで、思わず出た言葉が
『お部屋=御屁屋』
[屁ひり女房]っていう作品なのですが、なかなかの出来で、どうにも忘れがたいんです。
お暇な時の一笑に探してみてください。

azking #- | URL | 2015/04/20 18:27 | edit

そうでしたか……。

azkingさんへ。
おはようございます、丁寧なご解説……。
恐縮でございます。全部、伏せ字にし直そうかと思いました(笑)
キッと腸の具合があまり芳しくないのでしょうか。
女体盛りって本当にやったことある人いるのかなぁ……。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2015/04/21 07:00 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://nioinoiihanataba.blog.fc2.com/tb.php/120-bc746e63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top