メンタリティー。 

 

PICT0070.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

フィギュアスケート世界選手権が無事に終わりました。
年度末でクッタクタ。アルコールも入り、
食後の目蓋5トンの睡魔と闘いながらテレビ観戦です。
浅田真央が休養に入り、高橋大輔ら日本のフィギュア・スケートを牽引してきた、
選手たちが現役を退き、スケート界の勢力地図が一変しましたね。
チョッと心配していましたが、日本にも新しい才能ある選手が何人も出てきてホッとしています。
でも、早速の心配が現実にもなりましたが……(来期の男子の枠が3から2になった……。)

さて、テレビ中継を見ていて感じた色々なメンタリティー(笑)
チョッと書いてみたいと思います。

先ず、圧倒的な強さで優勝した女子シングルのエリザベータ・トゥクタミシェワ。
フリーの演技は少々綻びが見えましたが、3アクセルを見事に決めたショート、
充実のフリーと圧巻の演技で他の追随を許しません。彼女の試合後のインタビュー。

 「フィギュアスケートは進化していかなければいけない。
  男子が4回転を3回入れる時代になったのだから、
  女子もトリプルアクセルを入れる時代。」

確かこんな感じだったかな。本当、そうなのだと思いますが、
でもね、彼女が今回、世界で初めて3アクセルを飛んだ訳ではありません。
女子では伊藤みどりに始まって6人目だったかな?
日本には3アクセルをジュニアの時代から好不調に関係なく、
プログラムに入れることに執拗にこだわってきた浅田真央がいます。
バンクーバー・オリンピックではショートで1回、
フリーで2回の合計3回も成功させたことは記憶に新しいです。
難易度が高い3アクセルは諸刃の剣、失敗すればガクっと点数が下がります。
浅田真央も一時期は随分と苦しんでいたようです。
僕らもその出来に一喜一憂していたではありませんか。
チョッと驚いたのは、放映局のフジテレビは、まるで社内にお布令が出たかのように、
浅田真央無視を決め込み、まったく浅田真央の名前を出しません。
普通なら、自国の大スター、3アクセルの大一人者、浅田真央に触れずにいられないハズ……。
ことキム・ヨナのことになると、全く関係ない時にも、
キム・ヨナの名前を連呼、過去の映像を引っ張りだしてきて放映してきたクセに、
浅田真央の3アクセルの転倒シーンを巨大なパネルにしてスタジオに設置、
そこで浅田真央のインタビューをしてみたり、表彰台のシーンをカットしたり、
ジャンプの時の、決して美しくはない歪んだ顔をわざわざ使ってみたり……。
よほど浅田真央のことがお嫌いと見えます。
テレビ局をあげて、ある一人の選手を排除しようとするメンタリティーに驚きます。
フジテレビは韓国寄り……まことしやかに囁かれていますが、
あながち当たっているのかもしれません。もし浅田真央ではなく、
キム・ヨナが3アクセルの名手であったなら?トゥクタミシェワの成功に絡めて、
これでもかって言うくらいに映像を流したハズです(苦笑)

去年のオリンピックシーズン、スケート自体の好不調、成長期の身体のこと、
色々と事情もあったのでしょう。不幸にも代表に選ばれず、
しかもジュニアの時代からお互いにライバルとしてしのぎを削り、
切磋琢磨してきたアデリーナ・ソトニコワがこともあろうに見事に金メダルを獲得。
その悔しさは、常人には計り知れないほどであったにも関わらず、
女王然と、去年までのことはまるで何事もなかったかのように振る舞い、
これからの女子のフィギュア・スケートの在り方を説くトゥクタミシェワのメンタリティーは強いです。
ヨーロッパ選手権の後のインタビューでしたっけ?

 「他の選手も強く望み、練習をすれば私のように強くなれるわよ。」

と、余裕綽々の表情で言ったのは。

この映像を流した時、アナウンサーが「言い放った」と言う言葉を使いました。
それを見れば明らかなように、トゥクタミシェワ一連の発言は、
日本人のメンタリティーに照らし合わせれば、傲慢で可愛げのないものに映ります。
強いアスリートとして当然の発言だったとしてもです。
あの妖艶と評される振り付けや滑りもそうですが、明らかに日本人好みではありません。
仮に日本人選手がこの発言をしたとしたら?火を見るより明らかですよね。
ファンからはそっぽを向かれ、マスコミからは大バッシングの袋叩き……。
日本人はこの手の発言を嫌います。強かろうが、どんなに無敵であろうが謙虚さを求めます。
自分の都合のいい時は思い切り持ち上げ、いざとなると梯子を外し思い切り叩きのめす……。
高橋尚子や安藤美姫の例を見るまでもなく、卑劣なハイエナ的なことをいとも簡単にするマスコミ……。
たとえ本心であっても、それを言ったら負け、日本人は謙虚に装うことを望みます。
これは日本人の今も昔も変わらぬメンタリティーです。
今や絶大な人気を誇る羽生結弦の一連の言動でさえ「生意気」と嫌う人もいますから。
トゥクタミシェワの強いメンタリティーを日本人選手に望む人もいますがどうでしょう?
宮原知子の控え目、本郷理華の天然……僕は今のままで十分、魅力的だと思うのですが……。

その本郷理華の演技終了後、感極まって涙声になったコメンテーターの鈴木明子。
この公の場で涙するのも日本人特有のメンタリティーだと思うのです。
また、それをよし、麗しい師弟愛、美談と捉えるのも日本人特有のメンタリティーです。
スポーツの世界を家族やその選手の幸不幸に絡めるのも日本テレビの悪しきメンタリティー。
曰く、「試合の直前に母親が亡くなった」「今日はお父さまの命日、天国で見守っている……。」とか。
そんなの知らないって!多かれ少なかれ皆、同じようなことがあるんじゃないの?
親を亡くし、大怪我に泣かされ、それでも黙って頑張っているのに、
試合の出来とはまったく関係ないところでウエットな味付けをするのが常道手段。
いい成績が出れば悲しみを乗り越えられ天晴れ、悪い成績だったらその言い訳になる……。
いつもスポーツ番組を見ていてウンザリすることの一つです。

最後に笑っちゃったエピソードを一つ。
演技終了後に暫定順位にしたがって、上位3人が座る控えの席がありました。
テレビに時折その映像が流れるわけね。皆、投げキッスしたり、手でハート作ったり……。
アメリカ3人娘、アシュリー・ワグナーとグレイシー・ゴールド、
ポリーナ・エドムンズが滑り終わった時点で、
その席には3人がニギニギしく明るい健康的なお色気を振りまいていましたが、
宮原知子が滑り終わり上位が入れ替わると、
3位にいたゴールドもさっさと席を立ち、いなくなっちゃうの(笑)
その辺のハッキリしていると言うか、あっさり?
どうせ後半の選手が滑れば自分の順位は下がるから?
その辺のさっぱりしているのもアメリカ人のメンタリティー?(笑)
さらに、宮原知子が借りて来た猫のように控え席にちんまり足を揃えて座ります。
一緒のトゥクタミシェワと西川史子先生似のラジオノワは、
お互いに寄り添いしなだれれかかりハーレム状態(笑)
そして欧米選手は必ず足を組みますね。日本人選手は必ず足を揃えて座る……。
これはメンタリティーとは関係ないけれど、それぞれの国民性?
いかにもそれぞれを表して面白いなぁ……と。

チョッと思うことあって浅田真央の滑りを再確認してみました。
本当に素晴らしいですね。真のファイター。
特にショートに「仮面舞踏会」フリーに「鐘」を揃えたシーズンは、
男女問わず、フィギュアスケートの歴史にとって宝、空前絶後の滑りだと思います。
ソチ・オリンピックのフリーで完璧な滑りをした浅田真央……。
僕は浅田真央はこのまま引退するのだと思っています。
チョッと寂しいですけどフィギュア・スケートも新しい時代を迎えました……。


久しぶりに「Under the Rose。」もアップしました。
お時間がある方はご覧になってみてくださいね。



2015年4月3日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2015 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
スポンサーサイト

category: 向き向きの花束。

tb: 0   cm: 8

△top

コメント

 

ブノワ。さん この記事だったのね(笑)
確かにトゥクタミシェワの3Aに関連して、昨年の世界選手権優勝者浅田真央の名前がもっと記事に登場してもいいはずですよね。
ただね、私はトゥクタミシェワの「女子も進化」発言をほんとは現役時代の真央ちゃんにして欲しかったなってずっと思ってた。以前ブノワさんが浅田真央を記事にした時にもねコメント入れようかなってちょっと迷った。プルシェンコが火をつけた4回転ジャンプみたいにね。ただ、真央ちゃん自身は、私が跳びたいから跳ぶっていう以上の意識があったかどうか。その意識があれば、彼女は咲くべき時に自ら大輪の花を咲かせてたのではって、たらればで語るのはナンセンスなんですけど、そう思える。
昨晩からJスポーツで世界選手権見てます。選手のインタビューもメダリスト達の記者会見もカットなしが魅力。海外の選手はもっと積極的に自分と演技を語っている。ストレートに自分を出している。15歳の羽生君みて他の日本人選手と違うなって思ったのも一般論じゃなくて、はっきり自分を出して語ってるところ。しっかり自分を語れるか、語るだけの意識があるか、それを出せるかどうか、それがトップまで上り詰められか否かだと思う。
四回転ルッツに挑み続けたアダム・リッポン、四回転をとばずプログラムの完成度を求めたジェイソン・ブラウン、スケーティングにたちもどったミーシャ・ジー等々、それぞれのスケートを追い求めた彼らに拍手のこの世界選手権。男子は羽生君世代が中心に2018年に向かうのが楽しみ。とりとめもなくで、ごめんなさいね。

シュエット #- | URL | 2015/04/03 21:11 | edit

なし

何べん書いても、投稿してもハネラレテしまいます。
文章もどこぞへ吹っ飛んでしまいました。

誤解が起きるといけないので、今回の難しいテーマはパス
します。
こんなこといちいち書かなくてもいいのですが、
ちゃんと受け入れてもらえるかどうかのテストです。

私、何かいけないことかいたのかしら?

伊藤みどりさんと荒川静香さん、キムヨなと浅田真央さんの
事を書いただけですが。
きらわれているのしょうか?

hibari #O5sb3PEA | URL | 2015/04/04 18:00 | edit

見てました。
顔ぶれザックリ変わっちゃって、誰を応援すればいいのやら。でした。
そのぶんハラハラすることもなく楽ちんでした。
エリザベータ・トゥクタミシェワ(笑)笑っちゃいけないんだけど、
ミッツマングローブに似てるんだもーん。
覚えられない名前なのでミッツと呼んでいます。
ミッツあんたって若いくせに何てオバサンなの~~。
そのブカブカした衣装はなんなのさ~~。
態度でかいよねー一番不細工なのに~~。
と、思ってたんです私は。
どころがどうでしょ!
ボレロに乗って踊る姿に目が離せなくなり、引き込まれ、
最後はファンになっていた!
胸のすく演技、鉄火な女!
リプニツカヤのようなクールなタイプが好きな私だけど、
ミッツあんたにゃ負けた応援するわ。
日本じゃ偉そうな態度は嫌われるけど、おどおどと媚びる態度はもっといや。
お涙とかお気の毒とか、ほんとにいや。

男ではジェイスン・ブラウンが好きだ。
キャンデロッロを彷彿させるダンスと演技が楽しいッたらない。
ミーシャ・Gも上手いよねー。
好きってわけじゃないけど上手いんだからしょうがない。
日本の選手ではまだこの人って人がみつからない。
羽生は凄いんだけど悲壮感てあまり好きじゃないんだよねー。


ムー #qiVfkayw | URL | 2015/04/04 21:10 | edit

初めまして。いつも楽しく記事を拝見しています。
大の猫好き、植物好き、おまけにフィギュア大好き、とブノアさんとは共通点が多く、親近感を抱いていました。今回は、フィギュア関連とあって思い切って(笑)、出てまいりました。

仰るように、フジテレビの浅田真央への「仕打ち」は実にひどいものでしたね。特にバンクーバーまでが過酷ともいえる状況だったかと。どのテレビ局も似たり寄ったりだったから、余計始末が悪い。まさに四面楚歌。だから真央ちゃん自身も言葉を選んで、常に判で押したような発言を繰り返していたように思います。自分に言い聞かせる意味もあったんでしょう。そうやって自分を守っていたんじゃないでしょうか。生前お母様も、「応援してくれとは言わないから、邪魔だけはしないでほしい」とおっしゃったとか。スケ連に対する不満だったと記憶しています。
そんな状況だったから、女子スケートの現状を憂え、スケートの未来を切り開くための発言なんて考える余裕はなかったのかもしれません。
ただひとえに、自らのスケート技術を磨き、芸術性を高めていった。結果として、図らずもそれが、上海ワールドのタクタミシェワの3Aにつながっていったと思います。樋口選手からも3Aを近々試合に投入したいと頼もしい発言が聴かれるなど、浅田真央が女子フィギュアに与えた影響、そして功績は計り知れません。

今回一つだけ気がかりがあるとすれば、小塚選手の去就です。あれだけの卓越したスケーティング技術を持ちながら、先天性の「臼蓋形成不全」のためにジャンプがどうしても決まらない。なんとも不条理な話です。

tonton #loOxkxLc | URL | 2015/04/05 17:54 | edit

でしょう?

シュエットさんへ。
こんにちは。メッセージどうもありがとうございます。
でしょう?もっと浅田真央のことを言うハズですよね?
やっぱり何かありますね。大体おかしいですよ。
日本のスケート連盟はじめ、関係者は浅田真央のお陰で物凄く潤っているハズ。
去年やった浅田真央展……物凄かったんですから。
入場料はタダでしたが、関連のグッズの販売、会場のデパートのおこぼれ収益は、
相当の金額になるハズなんです。もっと浅田真央に感謝すべき。
特別扱いしてって言っているのではありません。
もっと相応の扱いをして欲しいんです。足の引っぱり加減はチョッと異常ですね。
これからフィギュア・スケートはどこに行くんでしょうね。
女子も3アクセル?ただ、難しいのは、フィギュアスケートが表現を捨て、
技の難しさだけに走ると、特に女子は少女化が進みますね。
若い方が回れますからね。中国雑技団みたいにクルクルクルクル……それじゃぁねぇ。
やっぱり体操で言うところのチャフラスフカね(笑)
選んだ曲も含めて全体の表現、芸術の部分を重視したいですよね。
今のテレビ放送はダンスとペアはまったく無視ですね。
その辺も凄いなぁと思うのね。素晴らしいペアが沢山いるのにね。
プルシェンコの名前が出ましたが、フィギュアにも時代性はありますね。
プルシェンコの滑りはもう古いです。大好きなんだけど、ジュベールも古い。
僕ね、アダム・リッポンは大好きですよ。
彼って物凄く衣装のセンスがいいのね。
男女を通してピカイチじゃないかな?ハンサムだしね。
トゥクタミシェワはねぇ……僕、ビッグマウスは好きじゃないので……。
まだ何か大会ありますね?4代大陸?アレってチョッとねぇ……。

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2015/04/08 12:45 | edit

?(笑)

hibariさんへ。
こんにちは。メッセージどうもありがとう。
どうしたんでしょうね?僕、何もしていませんからね!
このブログ、出禁の人は2人だけ(笑)
いるんですよ、この心の広い僕が出禁にした人(爆)
hibariさんは残念ながら入っていませんのでご安心を!
その伊藤みどりと荒川静香とキム・ヨナと浅田真央のこと、
また思い出して書いてみてください。
送信する時はコピーしておくことをお勧めします(笑)

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2015/04/08 13:09 | edit

それそれ!

ムーさんへ。
こんにちは。冷たい雨ですけど元気にしていますか?
僕はさっさと仕事終えて帰宅です。
さて、ムーさんもご覧になっていましたか。
本当、ガラリとメンバーが入れ替わりましたよね。
新しい才能がどんどん出て来るのは嬉しいけど、
チョッと嬉しいような寂しいような……そんな感じです。
しかしミッツ!一番不細工って!ムーさんも悪いですねぇ(笑)
これからトゥクタミシェワ見る度にミッツ思い出すじゃないですか(爆)
でね、僕もあの衣装は非常に不思議だし好きではありませんでした。
口の悪い親友は「デブ?」って(笑)あと髪型もイヤかな。
やっぱり後ろできっちりシニョンにしないと回った時に綺麗じゃない。
若いクセにオバサン……あぁ〜、ムーさんったら(笑)
リプニツカヤは一体どうしたんでしょうね?
意外にメンタルで強いようで弱いのかな?チョッと心配。
ムーさんジェースン・ブラウンが好きなんだ……。
僕はアダム・リッポンが好き。絵に描いたような美丈夫じゃない?
衣装のセンスも抜群だし。スタイルいいから当然ですかね。
羽生はねぇ……まさにムーさんが言う通り!
僕も大嫌い、あの悲壮感を漂わせまくった頑張りとかね。
もうテレビ局その辺を絡めまくりでしょう?
「ゆずぅぅぅぅぅ〜!」って絶叫する女子も気持ちがわかりません。
昔は絶叫するタイプ、違いましたよね?時代と共に好みも変わるのか?
5月にね、フィギュア観に行くんだ!親切なお友達に誘われたの。
前から4列目ヨン!今から物凄く楽しみ!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2015/04/08 13:23 | edit

ようこそです!

tontonさんへ。
こんにちは。ようこそいらっしゃいました。
メッセージどうもありがとうございます。凄く嬉しいです。
友人がね、僕のブログを敷居の高いブログだって言うんです。
本当、共通点が多いですね。これからもヨロシクお願いしますね。
ジャンジャン親近感抱いちゃってください(笑)
tontonさんが仰有る通りです。何を言っても揚げ足取られるんじゃね。
次第に優等生的な発言しか出来なくなりますよね。
もっとも、浅田真央がトゥクタミシェワのような発言をする訳もないけれど……。
いきなりトゥクタミシェワの3アクセルじゃないですもんね。
不調の時も絶対にプログラムに入れて頑張って来た浅田真央がいたからですね。
一時期、ジャンプの見直ししていた時に3アクセル外したでしょう?
あれは浅田真央じゃないですもん。僕はそう思いました。
大人しそうで非常に頑固なところがあるんじゃないかな?
一流のスポーツ選手は皆さんそうかもしれませんね。
最近ソチのフリーを見直すことが多いです。
何度見ても凄いプログラム。でも、浅田真央の絶頂期は、
バンクーバーで「仮面舞踏会」と「鐘」を揃えて来た時なんじゃないかって……。
もっと遡れば、トリノで年齢制限に引っかからなければ、
最も金メダルに近かったのは浅田真央だったと思うんです。
それも安全策を取ってじゃなくて、攻めて攻めてダントツで。
小塚選手もなかなか才能が認められない選手でしたね。
これからどうするのでしょうね……引退なのかな?
また遊びにいらしてください。お待ちしています!

ブノワ。

ブノワ。 #- | URL | 2015/04/08 13:42 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://nioinoiihanataba.blog.fc2.com/tb.php/117-820ceeb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top