FC2ブログ

Category: 猫が行方不明。

決して冷めない湯たんぽだよ。 

2018/08/31 Fri.

IMG_3793.jpeg
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

季節感が全くなくなってしまった、
昨今の日本よりもズゥ〜っと、
季節感が全くない最寄りの駅のスーパーよりも遥かに、
我が家の猫たちはマメマメしく律儀に季節感を出しています。
そう……去年までは……ね。

今年の彼らは何だか変なのです……。
今までの僕の経験からすると、我が家の猫ちゃんたちは、
10月一日(いっぴ)から4月の最終日まで、
夜は僕の布団に潜り込むのが慣しでした。
そして、まるで計ったかのように、
5月の一日から、9月の最終日までは、
近くには寄って来るのだけれど、決して布団には入らずに、
朝まで一緒に過ごすのが慣しでした。


と・こ・ろ・が・っ・!(笑)
今年は5月になっても6月になっても、
このクソ暑い……おっといけね、この御クソ暑い真夏にも(笑)
僕の布団に入って来てベッタリなのです……。
あのですね、猫の体温は40度あります。
デビリーヌことコウちゃんは勘定に入っていませんから、
(と、言うよりも、いまだに指1本触らせてくれない……。)
小芳、きん、秀千代、太郎丸の4匹が、
まるで漢字の「須」の要に、僕にへばりつき、
朝まで一緒に寝てくださるのです(苦笑)
3本のはらうような斜めの線、それが上からきん、小芳、太郎丸。
「おおがい(頁)」の上の1本線が秀千代くんです。
秀千代くんは僕の髪の毛の中に鼻っ先を突っ込んで寝ます(苦笑)
くっ付いてくれば無意識にウチに、条件反射で身体をさすり、
頭を撫でてあげますよね?それは猫の下僕の性です。
それがね、凄んごく熱いの(苦笑)何しろ体温が40度ですからね。
朝になると、寝ている間にシッカリと温められて、
着ているTシャツがビッショリなブノワ。さんです。

何ででしょうね?……小芳ときんは結構なお年になって来ました。
まったくの病気知らずのゴムまりのような健康体ですけど、
普段、観察していると、やっぱりそこここに年を感じます。
寝ている時間が圧倒的に多くなりました。
まだまだ元気でいて貰わねば……。


今日の写真はウィンクする太郎丸(笑)
引き取った時から較べると、な、な、な、なんと!
4倍くらいの大きさになりました!(笑)
身体は大きくなっても、鳴き声が赤ちゃんの時のママなので、
そのギャップに戸惑うことしきりです。


2018年8月31日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2018 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
スポンサーサイト

edit

CM: 8
TB: 0

page top

Category: 向き向きの花束。

すでに亜熱帯です。 

2018/08/29 Wed.

A_I_1789_201808292016022fa.jpeg

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 【バラ】

  バラ(薔薇)は、バラ科バラ属の総称である。
  北半球の温帯域に広く自生する。
  チベット周辺、中国の雲南省からミャンマーにかけてが起源とされ、
  およそ7000万年〜3500万年の歴史があるとされる。
  日本では広く全国で栽培されていたが、気候の変化により、
  現在では津軽海峡以北でしかその姿を見ることが出来ない。
  2030年に絶滅危惧種に指定。

                    「原色植物大辞典」より抜粋。


なんかそんな感じの気候です……。

真面目にこんな時代が来るかもしれません。
有史からこのかた、薔薇の花が人類に愛され、共存し、
ここまで繁栄して来たのには理由があります。
それは、薔薇の育成の最適温度が20度〜25度であること。
そして、その気温と言うのが、人が最も過ごしやすく感じ、
また、芸術が育まれるのに最適な温度だと言うこと。
音楽、文学、絵画……薔薇はあらゆる芸術に影響を与え、
人類は交配と言う行為によって、さらに薔薇の花を豊かなものにした……。
薔薇が人類に愛される最大の理由は、その美しさと匂いに加えて、
栽培の最適温度が人類の最も過ごしやすい温度と一致していたから……。
僕はそう思うのです。


随分と前ですが、バカンスで某東南アジアの国に行った時のこと。
それはそれは強烈な暑さで、暑さと言うよりは湿気ね。
サランラップをグルグルに巻かれ、蒸篭に放り込まれたかのようでした。
親友、気の利かないR子と超高級ホテルのロビーで待ち合わせをしていたので、
ブノワ。さん、阿呆みたいに麻のスーツを着ていたのだよ(苦笑)
そして、昼間、観光をしながら漠然と考えたこと……。

 「はぁ……この国には文化は育たないな……。」

……でした。特に言葉の文化ね。
だって、頭の中、茹だっちゃうでしょう?
仕事だって満足に出来ないのに芸術だ文化だのはない訳。
現に、昼間は暑過ぎて無理なので、夜になり気温が下がると、
広場に照明が点いて若者たちがスポーツに興じる姿が……。
矢張り、暑いとなかなか文化は育たないと思うのです。


先日、仕事でお邪魔したお宅の窓から見ちゃいました。
そのお宅は川沿いの、一際小高い土手沿いにあるのですが、
対岸のコンクリートの河川敷で日光浴をしている人を発見(笑)
時間はもうそろそろ正午と言う、正に灼熱地獄の最中、
下にレジャーシートを敷き、丈の短い半ズボン1枚で日光浴をしていました。
年格好はよく分かりません……僕、目が悪いですからね。
でも、多分中年の男性かな。それ程若くないと感じました。
昔はよく見掛けたものです、公園や河原で日焼けする人を……。
今は下手をすると命の危険がありますからね(苦笑)

日光浴なんてしなくなってどれくらいが経つでしょう……。
前にもお話ししましたが、僕は30才くらいまでアトピー性皮膚炎がヒドく、
塗り薬、飲み薬……色々と試しましたが全部ダメ、
日焼けをして肌の耐性を強くすると言うこともしていました。
だってね、自分の汗で気触れちゃうんですから(苦笑)
そんなこんなあって、今の家に引っ越す前、
大田区のバルコニーが60㎡あるマンションに住んでいたんです。
バルコニーが60㎡、居住区も60㎡……。
バルコニーは横に長く、30人くらい並んで日光浴が出来そうな感じ(笑)
本来の目的通りにチョッと日焼けもしましたけどスグに飽き、
毎日〜裸でウロつく訳もなく(爆)怪我の功名で薔薇の育種をはじめたりもしました。
今でも日に当たることはイヤではありません。
お陰さまで肌も強くなりましたし焼けても何とも思わないし……。
でも、率先して裸になっての日焼けはもうしないかな(苦笑)


ATSU7024.jpeg

それにしても強烈な暑さの今年の夏……。
オゾン層なんてまったく残っていないですね、これは。
呼吸をしたくても、鼻から空気が入って来ない感じ……。
よく冗談で「虫眼鏡で焼かれるアリンコの気持ちが分かる。」と書きますが、
ジリジリジリジリ……強烈な太陽光線に体力を奪われます。
高い気温と湿度、照り返しで灼熱のアスファルトの道路、
室外機から吐き出される熱風……もう無理かも(笑)
日本は既に温帯ではなくなり、完璧に4等分されていた、
美しい四季はどこへやら……異常気象のオンパレード。
自然災害は矢継ぎ早に人々を襲います。

ご存知の方も多いと思いますが、
僕のオリジナルの薔薇、麻実れいさんにお名前を戴いた「Rei」は、
ご本人のたっての希望で、僕に入るパテント代を、
災害にあった地域や、被災して困っている方々に寄付をさせて戴いています。
どこにとは決まっていません。一任されて僕の一存でその都度決めるのですが、
こう災害が多発したのではまったく追っ付かないです。
次から次へと襲い来る自然災害の原因は?
地球温暖化が叫ばれて久しいですが、対策への足並みはまったく揃いませんね。
地球も生きています。何千年、何万年の長いスパンの変化は勿論あるけれど、
ここ数年の気候の急激な変化を見ると、悠長なことは言っていられない、
チョッと恐ろしくなって来るのです……。


2017年8月29日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2017 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.

edit

CM: 6
TB: 0

page top

Category: バベットの晩餐会。

アナタは何派? 

2018/08/27 Mon.

IMG_3546.jpeg
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

アナタは何派?
衣料品は「ユニクロ」?それとも「無印良品」?
航空会社だと「全日空」?それとも「日本航空」?
コンビニエンスストアで言うと「セブンイレブン」?「ローソン」?
それとも「ファミリーマート」?

僕は「ユニクロ」で「日本航空」で「ファミリーマート」なの。
特にこれって言う理由はないのだけれど、
「ユニクロ」は仕事でお世話になっているし、
「日本航空」は「全日空」よりは乗る機会が多いのと、
「セブンイレブン」は単に駅前に店舗に変な超感じの悪い女店員がいるから(笑)

 「いらっしゃいまっせぇぇぇぇぇぇ。」

変な調子を付けて感情のない無表情で言います。
物凄く感じ悪い。本当に苦手……それから店舗が狭い(笑)
「ローソン」が近くにないのと、「ファミリーマート」は、
感じのいい店長がいてそこそこ会話もするからなんです。


ただ、その感じの悪い女店員がいるのにも関わらず、
仕方なく「セブンイレブン」にイヤイヤ顔を出す理由はアイスクリーム!
アイスクリームは「セブンイレブン」の一人勝ちです。
品揃えもなんだけど、オリジナル商品が凄いです。
次から次へと出て来る新商品……企業努力、凄いかも。
この夏の大ヒットは「いちご練乳氷」これは旨い!
「あずき練乳氷」もなかなかのものでございます。
以前はクリーム系が好きだった僕ですが、
このところの暑さでスッカリ氷系のアイスクリームが好きになりました。
(本当はハーゲンダッツを体温が下がるほど食べたい。)
いつも冷凍庫はアイスクリームでギッシリ(笑)
もう他に何も入りません、悪しからずって言う感じ。


IMG_2793.jpeg
BBTT4970.jpeg
BBTT7361.jpeg
IMG_2444.jpeg

写真はここ数年の我が家の冷凍庫の中(笑)
もうね、アイスクリームがギッシリでございます。
困るのは、お気に入りが出来ても季節で入れ替わっちゃうこと。
冷蔵って言っても、いつまでも保存しておけないし……。


2018年8月27日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2018 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.

edit

CM: 10
TB: 0

page top

Category: 向き向きの花束。

You need not worry about your future。 

2018/08/25 Sat.

IMG_2659.jpeg
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

チョッと前になりますけど、
スピリチュアルな方を囲んで誕生会がありました。
僕ね、自慢ではないんですが、目に見えないものは信用しないのね。
超常現象、心霊現象、スピリチュアルなこと……まったく信じていません。
来世とか生まれ変わりとか……占い?予言?なんじゃそれって言う感じ(笑)
ただ、朝の情報番組の「今日の星座占い」で、
僕の魚座がいい結果だと嬉しかったり、まぁ、単純なんです。
ただ、偶然、見る時はいつも最下位なのはなぜ?(苦笑)
友人の中には自分で商売をしている人が沢山います。
そうするとチョッと話しが違って来ますね……信じているのね。
今年は動かない方がいいとか、こっちの方角はダメとか……。
それはそれ、僕は信心深い人に対しては何も言いません。
だって、人それぞれだし、信心で何かが上手く行けばそれでいいものね。
但し、何事も程々に。度を超すとロクなことないですから。

そうそう、1つここからは危ないと言う基準があって、
それは、昔、美輪明宏さんが仰有った、

 「アナタ、お金が掛かる宗教は皆インチキよ!」

これだと思います。お金が掛かった時点で疑った方がいい。


そんなもの眉唾だよ……心の中を見透かされないよう(笑)
厚さ10センチの鉄板を心の廻りに張り巡らせ、
何も考えないよう、考えないよう……行って参りました、誕生会(爆)
さて、その日は和気藹々と食事をしたのですが、
後日、同席したゴージャスマダムに言われたんです。

 「◯◯さんが言っていたよ。
  アッちゃんは白い龍が全身に巻き付いていて守ってくれているんだって。」

 「・・・・・・・・・・。」

でも、最初に聞いた時は白い大蛇って聞いたような気がするけど……。
ま、いっか。白い龍と言えば、一番格が上ではありませんか……。
単純だから、いきなりその話しは信じちゃうのね(笑)
白い龍かぁ……一番格が上って言うのもいいじゃない?
自分にいいことは簡単に信じるワタクシ(笑)
それからマダムはこうも言いました。

 「何でも、アッちゃんは105才までは生きるみたいよ。
  アタシも100は軽く越えるらしい……。」

ひゃ、ひゃ、ひゃ、105才!
まだ人生半分の若造じゃありませんか……。
ブノワ。さん、お尻青いからね!(爆)でも、何だか嬉しいような心配なような……。
だって、今のままの状態で105才までは生きられないものねぇ。
寝たきりで数十年……って言うのも困るし。


心配と言えば、先日のイギリス&フランスの旅でのこと。
1回、中華で食事をしたことは記事にも書きましたよね?
よく、食後の会計の時に持って来てくれるでしょう?
中が空洞でおみくじが入った中国のクッキーみたいなヤツを。
フォーチュンクッキーって言うヤツ?
アレって殆どがいいことしか書いていないと思うんですが、
僕のくじにはこう書かれていました。

 「You need not worry about your future.」

いきなりご機嫌になります。そう言うことは信じるんです(笑)
これで行くと、105才まで何も心配はないって言うことじゃん?(爆)
因に、あけの引いたくじには、文言は忘れちゃいましたが、

 「素晴らしい知らせがメールで届く。」って。

だから、すかさず変な写真付きのメールを送りつけててやりました!(爆)
もうね、そう言うの大好き!


IMG_2647.jpeg
IMG_2648.jpeg
IMG_2649.jpeg
IMG_2650-2.jpeg
IMG_2651-2.jpeg
IMG_2652.jpeg
IMG_2653.jpeg
IMG_2654.jpeg
IMG_2655.jpeg
IMG_2656.jpeg
IMG_2657.jpeg
IMG_2658.jpeg

今日の料理の数々は、
そんなスピリチュアル系を信じるマダムたちとのお食事の品々。
彼女たちは桁違いで物凄くゴージャスなんですが、
人や物事を色眼鏡で見ると言うことをしません。
ゴージャス故のイヤな思いをゴマンとして来ているから。
(実際にその誕生会のイタリアンも盛大にボラれた……。)
廻りには肩書きでワラワラ近寄って来る輩が多いのだそうです。
キッチリ人柄を見ます。僕は肩書きとかお金持ちとか関係ないから。
だからこそ境遇は全く違うのですが、
お付き合い出来ているんだと思います。
普通なら知り合うこともなかった彼女たちですが、
一旦、仲良くなってしまうと物凄くいい関係です(笑)

105才です……せっせと精進しなければ(苦笑)


2018年8月25日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2018 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.

edit

CM: 4
TB: 0

page top

Category: バベットの晩餐会。

ハァ、面倒臭い……。 

2018/08/23 Thu.

IMG_3300.jpeg
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

自分の性格を分析することがあります。
たまにですけどね、そんなに自分と向き合って、
心の中を覗き込み、分析していたら気持ち悪いし(笑)

友人たちも大きく頷く(笑)気難しくてへそ曲がり、
脅威の天の邪鬼(笑)やってと言われれば絶対にやらず、
やらなくていいと言われれば絶対にやっちゃいます(笑)
情に脆いですね……それで何回失敗したことか。
ま、この情に脆いところは僕の美点と思いたいところではありますが……。


最近、もう1つ決定的なことを見付けちゃいました。
そう、稀代の面倒臭がりなんです(笑)
もうね、僕を「面倒臭い」で割ると綺麗に割り切れます(爆)
兎に角、全てのことが面倒臭い。
何かを判断する時に先ずそれが来ます。
面倒臭いか否か……決して楽をしようと言うのではないんです。
楽をしたいがための面倒臭がりではない……僕はそう思います。
特にここ数年……年取ったのかな?

よく友人に言われます……。

 「映画に行ったり旅に出たり、精力的だよねぇ……。」

って……違うんですよ。
そうやって自分を追い込んで行かないと、何もしなくなっちゃうの。
何日間も何もしなくて誰とも話さないで廃人同然(苦笑)
だから心して精力的に動く訳、
じゃないととんでもないことになっちゃう。



今日の写真はその面倒臭がりな僕の夕飯。
さすがにご飯は別に盛りましたが、
面倒臭いので他の全てを一緒盛り(笑)
サラダ(イチジク入っている)と牛肉のソテー、
付け合わせに皮ごと素揚げしたポテト……。

これね、自分では面倒臭いからと思ってやっていないんです。
ね?フランスのビストロ風だと思いません?思わない?(笑)
本当は、その日の朝からステーキが食べたくて仕方なかったんですが、
ホラ、最寄りの駅のまったく使い物にならないスーパー。
な、な、な、なんと!ステーキ肉を置いてないの(怒)
鶏や豚?ウゥゥ〜ン、牛肉が食べたいの……。
だから仕方ない、しゃぶしゃぶ用の肉で代用しました。
サッと焼いた牛肉……お腹に入っちゃえば一緒だもんね(笑)
これで35センチのお皿ですからね……。
どれだけ食べるかお分かりでしょう?
ご飯はそんなに食べないよ……1合くらいかな?(笑)
そうでもしないとこの暑い夏は乗り切れないものね!


2018年8月23日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2018 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.

edit

CM: 10
TB: 0

page top

Category: 向き向きの花束。

イチジクはお好き? 

2018/08/22 Wed.

IMG_3284.jpeg
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

関西のお友達から連絡がありました。

 「イチジクはお好き?」

 「勿論!大好きです!」

大きく美しく実った物凄い量のイチジクが届きました……。
何だか催促したみたいで申し訳なかったかな。

イチジクは足が早いです……。
せっせと戴きました、季節の味、この時期だけの宝物。
生で、サラダにして、それからバターでソテーしてアイスクリームを添えて……。
「Lucy Gray」の美しい奥方は、ご自分でドライにするらしいけれど、
僕がやると100%黴びるので(笑)
生で色々と趣向を変えて戴きました。
ハム?……一応添えてみましたけど(苦笑)
何だか嬉しかったな……関西のお友達からの贈り物。

近年の日本の四季の崩壊や、
近所の季節感が全くないスーパーに馴れちゃったので、
今まで身体が記憶して来た季節感が狂っています。
チョッとした気遣いのお陰で、身体の微調整が出来ました。

IMG_3340.jpeg

上の写真はオーソドックスにイチジクを使ったサラダ。
30センチのディナープレートに大盛りでございます(笑)
生ハム……入っております(笑)僕、基本的には、
ドレッシングをあらかじめかけちゃうのって好きじゃないんですが、
(野菜がしんなりしちゃうでしょう?)
この日はドレッシングと和えてからエイヤッ!で戴きました。
これまた普段は使わないワイン・ビネガーと、大好きなレモン、
タマネギの微塵切りが程よいアクセントになりました。

秋にはお目に掛かれるのかな?
遠く離れているので、そうそう簡単には会えませんけれど、
チョッとした機会を作って元気そうな顔を見るのもまた楽しです。
季節の変わり目、お互いに体調には留意して、
それぞれの仕事を頑張りましょうね!


2018年8月22日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2018 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.

edit

CM: 4
TB: 0

page top

Category: 猫が行方不明。

恨み骨髄の「Constance Spry」。 

2018/08/18 Sat.

IMG_3441.jpeg
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 「ブノワ。さん、前よりも上達しましたねぇ……。」

尊敬申し上げるかなめさんからお褒めの言葉を戴きました。
えー、何よりも嬉しいかも(嬉)


暑い、暑いと悲鳴を上げる今年の夏ですが、
かなめさんにお許しを戴いて、キャンドル教室を開いて貰いました。
あけと僕と、それから親友のT、そして最近、僕が可愛がっている、
息子くらいに年が離れたRくんを連れて……。

みっちり5時間(笑)
僕やあけは勝手を知っているし、慣れたものなので、
バカ話をしながらせっせと手を動かしましたけど、
TやRくんはバリッバリに肩が凝ったんじゃないかな?(笑)

かなめさんは、

 「ブノワ・マジメルを……。」

と、ピンクとグリーンの蝋を用意してくださいましたが、
何だか作っているうちに普通の薔薇になっちゃいました……。
花弁にボカシを入れるなんて芸当は僕には到底無理だもの(苦笑)


さて、今回チョッと挑戦したことがあります。
自分なりにね、チョッとした工夫かな。
いつも同じでは能がないものね(笑)
それは、花弁がゆったりと巻く薔薇を作ろうと言うもの。
花弁をギュウギュウに詰めると比較的、形作りやすくなります(と、思う。)
ゆったりと、蕾が丁度、満開に花開いたように……。

ところが!
作っているうちに、何だか「Constance Spry」みたいになって来ました。
そう、イギリス旅行の時、「Mottisfont Abbey Garden」で、
見事に咲き終わっていた「Constance Spry」(笑)

恨み骨髄で黒くなってしまいました(爆)
いやいや、キャンドル作りは楽しいけれど難しいですね。
1つだけなら頑張っていいものも出来ようってもんですが、
かなめさんのように、そのクォリティーを保ちつつ、
素晴らしいものを沢山作れるのは本当に凄いです……。


IMG_3347 - バージョン 2
IMG_3359.jpeg
IMG_3370.jpeg
A_I_1439.jpeg
A_I_1417_20180817173124d0e.jpeg
A_I_1413_20180817173122f2b.jpeg
A_I_1442_20180817173127a10.jpeg
IMG_3457-2.jpeg

実は、この日、もう1つの目的がありました……。
そう、かなめさんのお宅にやって来た新しい仔猫!それも2匹も!
あけはどちらかと言うと、キャンドルよりも仔猫(笑)
キャンドル作りが疎かでございます(爆)
仔猫を可愛がると言うよりは、何だかいたぶっているように見えるのはなぜ?(苦笑)
おぉぉぉぉぉ〜いっ!それじゃぁ首絞めてるゼィ?(苦笑)
発する奇声、力強い腕で抱きしめ……仔猫は迷惑そう(苦笑)
まだやって来て2週間の白猫はチョッとビビリでしたが、
それでも、ここは大人しくしていた方が身の安全とばかり(笑)
ジィ〜っと嵐が過ぎるのを待っていました。
キジ虎の子は好奇心旺盛、2階に連れて行っても、
スグに柵をジャンプして下に降りて来て僕の後ろでスタンバイ……。
ハイハイ、そんなに僕が好き?そうだよねぇ、お兄さん、優しいもんねぇ。
最後の写真、そんな顔で鳴かないでね。
今、僕と一緒に付いて行きたいって鳴いたでしょう?(笑)
キミ、可愛いねぇ……はぁ……仔猫は最強です。
誰も太刀打ち出来ませんです、ハイ。

作ったキャンドルは、誰かにプレゼントでもするかな?
そこのマダム、いい子にしていたら届くかもよ!(笑)


2018年8月18日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2018 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.

edit

CM: 4
TB: 0

page top

Category: 向き向きの花束。

政治+金=……。 

2018/08/10 Fri.

REMI4658.jpeg
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

台風一過……チョッと暑さも先が見えて来ましたね。
今年ももうお盆……お盆を過ぎると秋の足音が聞こえて来る感じです。
いやいや、今年の7月は驚異的に暑かったです。
暑いの寒いの、全然平気な方なんですけどね……。
ブノワ。さん、仕事が忙しくてアゴ出しちゃった(苦笑)


さて、今日は14年目の1発目に毒吐きです(笑)
2年を切りましたね……東京オリンピック。
真面目に大丈夫?今年の暑さを身を以て痛感した人は思ったでしょう?
競技場の完成とかの問題じゃないです。もっと基本的なこと。
この暑さの中の競技……死人が出ますね。観客も危ないかも……。
何でもかんでも後手後手に廻るのはいつものこととして、
今更にしてサマータイムだと?バカじゃないの?
簡単に言ってくれますよねぇ……本当に頭悪い(怒)
先ず、全ての環境を整えてから、オリンピックを招致すべきです。
今更の暑さ対策とかをやっているみたいだけれど、
そんなの愚の骨頂、本末転倒、その前に開催時期でしょう(苦笑)

スポーツって、政治や金には無関係で高潔で……。
現実はその反対ですね。政治と金にまみれているのがスポーツです。
そう思われても仕方のない事が多過ぎます。
一生懸命に頑張っている選手たちの廻りの部分で醜いです。
結局、オリンピックをクソ暑い真夏に開催する理由は?
皆、あまり触れないけれど何となく知っていますよね。
「ファースト」だの「ビズ」だの、横文字大好きな都知事さん、
その辺はどうなんでしょうね。本当のことを言えますか?
都知事が仰有る通りに「選手ファースト」だとしたら、
先ずこの時期の開催はないのでは?スポーツなんかやった事ない連中が、
大人の事情、金の問題で決めた開催時期。
何事もありませんように……つくづくそう思います。


イギリスとフランスの記事を書いていて、
チョッと時機を逸しちゃいましたけど、
これだけはい書いておきたいのでお付き合いください。
そう、サッカーのワールドカップね。フフフフ……来ると思った?(笑)
初めに、1つだけお断りしておきますが、
僕はサッカーにはまったく興味がありません。
勿論、日本を心から応援している積もりではあります。
普段は見ないのですが、今回は何の気まぐれか、
結構な試合数をテレビで観戦しました。そして予選リーグのポーランド戦ね……。

あの後半の10分間は一体なに?(驚)

実は、深夜だったので、チョッとウツラウツラしていたんですが、
目が覚めてビックリ仰天しちゃいました。おめめパッチリ。
同時刻に開催されていた、コロンビア対セネガル戦の、
試合経過を受け(まだ終わっていない)、
負けることを選択して、ボールを回すだけ……。
ポーランドの選手もまったく仕掛けて来ません。
スタジアムに轟く怒号とブーイング……当たり前ですね。

いつだったか、韓国でしたっけ?
バドミントンの無気力試合を連想したのは僕だけではないハズです。
ボールをパスされた選手の所在ない顔、

 「あぁ〜あ……ボール来ちゃった、どうしよう……。」

こんな顔を選手にさせちゃダメです。
なぜ、勝ちに行かない?そんなに決勝リーグに進むことが大事?
決勝リーグに進むことが目的であれば、
監督の誰でしたっけ?西野さん?彼の采配は的中したことになるけれど、
「戦略的敗戦」「先を見据えた戦略」「成長して行く過程」……。
アホぬかせや。物は言いようですね(苦笑)
実力があれば自然と決勝には行けるハズ。

ねぇ、なぜ勝ちに行かないの?なぜ2点を取りに行かない?
ゴールを狙わないサッカーなんてないでしょう?やめちゃえば?
スポーツって、相手に勝つこと、コンマ1秒でも早く、
1ミリでも高く、1点でも多く取ること、誰よりも美しく試技をすること……。
それがスポーツです。負けることを念頭にする試合って……。

僕の中ではそれを「八百長」と呼びます。

違います?わざと負ける試合は「八百長」ですよ。
結局、フェアプレー・ポイントで決勝ラウンドに進みましたが、

 「君たちがしている試合はフェアプレーじゃないから!」 

声を大きくして言いたかったです。
勝ちに行って、結局、負けたとしても、誰がそのことを責めるの?
その一生懸命な姿に誰が文句をつける権利がある?
国を背負っているとか、応援してくれているファンの皆さんのためにとか、
そうじゃなくって、サッカーは自分のためにしているんでしょう?
空港で卵を投げつけたり、実際に殺されてしまったり、
日本選手もWikipediaを書き換えられたりする、
一部、異常で悪質なファンの考えられない行動もあるけれど、
そんな連中は本当のファンじゃない。
一生懸命に闘ってから胸を張って日本に帰って来なさいよ。
だけど、あの試合をした君たちは恥さらしそのもの。
よくおめおめと日本に帰って来たと思うのは僕だけ?

あの時間稼ぎでパスを回す姿は一生忘れることは出来ないと思います。
ジーコがボールにツバしたシーンと、
全然悲劇でも何でもないドーハの悲劇の時に、
中山雅史だけが諦めずにボールを持って走っていた姿もね。

FIFAはこの無気力試合に対して何ら制裁はしないんですね……。
あぁぁ……するする、金の匂いがプンプンする!
あぁぁ……見える見える、政治の駆け引きが!(苦笑)
大人の事情って言うヤツ?様々な問題が絡んでいたのでしょう。
テレビの放映権の問題?予選で敗退したのと、
決勝に進んだのとでは格段の差のお金の問題……経済効果ね。
決勝リーグ?勿論、初戦で負けますね。
皆さん、夢を見ているのかな?勘違いしている?
日本のサッカーはまだまだ弱いんですよ。
決勝リーグのあの凄い試合の数々を観ました?
大人と子供、まったく比べ物にならないです。

海外のメディアを中心に、
あの無気力試合の直後は批判的なコメントが噴出したけれど、
決勝に進んで、負けはしたけど凱旋してみれば、
選手は全員ヒーローでしょう?
何なの、あのなぁなぁな雰囲気は?(苦笑)
サッカー界にいる身内の人ほど日本チームを擁護するのね。
ま、悪口は言えないか……それもまた大人の事情。
サッカーについて批判的なことを言ったり書いたりすると、
人非人、国賊的な目で見られたりしますが(笑)
僕が今一つサッカーに疑問を持つ理由は、
競技としてどうのこうのではなくて、
サッカーを取り巻く諸々の不思議な事柄なんです。
先ず、いきなり湧いて来ますよね、俄サッカーファンが。
芸能人もそう(苦笑)人の褌で相撲を取るヤツがゴマンと出て来る。
アンタだれ?ほぉ……まだいたんだ的な連中が急に出て来る。
あの女性歌手とかね。あなたが誰を好きで嫌いでもまったく構いませんから。
ハイハイ、いいですから、それよりもヒット曲出そうよ。
本業で頑張りましょう!(苦笑)

あと、どうしても言いたいのは、
今では当たり前になった感のある、日本人サポーターが、
スタジアムのゴミ拾いをする美談がニュースを賑わしていますが、
その美談と、渋谷のスクランブル交差点を占拠してどんちゃん騒ぎをする、
あの気違いじみた連中が重ならないんです。同じファンとは思えない。
サッカーを山車にしてお祭り騒ぎをしたいだけの連中だもの。
あんなスクランブル交差点でバカ騒ぎする連中なんか、
全員、逮捕→ブタ箱に入れてしまえばいい……本当に迷惑。

それにね、ゴミなんか拾わなくていいんですよ。
ゴミは出さなきゃいいんです。出たら自分で持ち帰る!
他の国の観客席のゴミまで拾うの?そこまでやりますか?
他の国の観客席が汚いのは仕方ないですね、お国柄だから。
発つ鳥あとを濁したくないのであれば、
日本人サポーターのいた場所がピッカピカであればいい。
他の国はそれを見て己のだらしなさを恥じ自ら学ぶしかないんです。
何も人が出したゴミまで拾う必要はない。
アナタたちはゴミ拾いに行っているんじゃないでしょう?
そんなのただのパフォーマンス、好きじゃないなぁ……。
評価されることを念頭にした行為。美しかったのは一番最初だけだと思う。
意図的に作る美談って何だか薄気味悪いや。


さらに怒りは沸騰して(笑)
スポーツってフェアで美しいものって思いたいですが、
最近のビデオ判定ってあれは一体なに?
例えば、ボールがラインを割ったとか、
大相撲でどちらの力士の足が先に土俵を割ったとか、
そこはいいです。人間の目では判断出来ない部分だから。
ただ、ワンタッチとかさ、サッカーだったらハンドとかさ、
した本人が一番よく分かっているハズなのに、
どうして自己申告しない?分からなかったらそのままうやむやにするの?
フェアプレーじゃないですね。ズル賢いや。

スポーツを取り巻く環境も劣悪。
どこぞの「ゴッドファーザー」が電話の着信音の元終身会長とか、

 「大体、伊調さんは選手なんですか?」

と、日本中が唖然とした驚愕の発言をしたどこかの学園長とか、
大事件を起こしておきながらまったく表に出て来ない理事長とか(苦笑)
耳を疑い、目を覆う有り得ない連中ばかり……。
こんな連中がトップなんですよ……ブノワ、さん目眩がしそう。


記録に向かって身体を鍛え、
一生懸命に努力している選手たち……。
その1点が、この前の1勝が彼らの一生を変えることもあるんです。
誰かの差し金で動く審判に人生を左右させていいの?
是非、無心で頑張れるフェアな環境を作ってあげて欲しいです。
去年の暮れから大相撲、アメフト、ボクシング……。
スポーツ関連のスキャンダルばかりじゃないですか。
もうウンザリかな。ついつい熱くなってしまった(苦笑)


2018年8月12日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2018 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.

edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: 向き向きの花束。

気が遠くなるよ……。 

2018/08/07 Tue.

IMG_7490.jpeg
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

美しく四等分されていた日本の四季が変則になり、
20年前は観葉植物として持て囃されていた、
ガジュマルやカポックが街路樹として巨大化し、
地味だけれど花まだ咲かせるようになりました。
地植えのゴムの樹の冬囲いの必要がなくなり、
巨大化したブーゲンビリアのツルが家を覆います。
紫陽花はとっくに終わり、生きながらにしてドライに……。
水道をひねれば、延々と生温い水が出て来ます。
熱風吹きすさぶ今日この頃、
息をするのもやっとって言う感じです。

今や温帯ではなく、亜熱帯と化した感のある日本ですが、
今年の夏は特に厳しいですね……梅雨?
え?もう6月に明けちゃったんだ……。
夏……長過ぎ(苦笑)しかも連日の酷暑。
テレビでは有り得ない気温の数字を上げて暑さをさらに煽ります。
最高気温のランキングはもういいから!(苦笑)
見ているだけで余計に具合が悪くなりそう……。
繰り返される「熱中症」の言葉……もういいですから!(怒)

気温も高いのだけれど、
クーラーの室外機から出される熱風ね……こりゃぁ堪らんわ。
不要不急の外出は控えてください……って!
こちとら、毎日〜忙しく働いているんじゃ。
そんなに煽り立てて何がしたいんでしょうね?


さて、そんな酷暑の中、
イギリスとフランスの旅行記に夢中になっていて、
フと気が付けば、このブログもめでたいと言うか、
まだやってんだと言うか、明日から14年目を迎えます(笑)
余程、生活のリズムに合ったんでしょう。
この熱しやすく冷めやすい僕が脅威の長丁場です。
ブログの黎明期からインターネットの世界を牽引して来た方々が、
ことごとくブログを休止中……っていうか止めちゃった?
簡単で繋がっていると錯覚も甚だしいSNSに流れています。

もはや時代遅れ外間で言われているブログですが、
アナログのレコードのように復活する日が来るでしょうか?
復活と言っても、チョッと持ち直したくらいなのでしょうけど……。

ブログに関しても気持ちは去年と全く変わっていません。
却って、もっともっと冷めてい折る自分がここにいます。

ブログを長く運営している原動力って?
それは美しいものに関する感動を、
皆さんにお伝えしたいと言う欲求と、
もう1つ、世の中への怒りみたいなもの?
幾つになっても、Angry Young Man なブノワ。さん(笑)
世の中への怒り?そんな大袈裟なことではないけれど、
チョッとこれはおかしいんじゃない?
何なのこれ?それは有り得ないなぁ……。
そんな日々の疑問がこのブログを続けて行く原動力なのだと思います。

早速14年目の最初の記事はお怒りの記事になると思いますが(笑)
マイペースでポチポチと、色々と書いて行きたいと思っています。
皆さん、どうぞこれからも一つ宜しくお願いいたします。


2018年8月8日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2018 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.

edit

CM: 12
TB: 0

page top

Category: 旅の栞。

つくづくローマの休日。 

2018/08/02 Thu.

IMG_2235.jpeg
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

暑い日が続きます。
皆さん、お変わりありませんでしょうか。
僕の方は仕事が忙しくて青息吐息……で御座います。

さて、長らく続きました、イギリス&フランスのレポート。
今日の37記事目で一旦終了です。お付き合いありがとうございました。
いやいや、なかなか面白いものですね、シリーズ物って。
頑張って毎日のアップにしましたが、お陰で暑い7月が短かった(笑)
37記事って言うのも凄い……と、自画自賛しようと思ったら!
僕が敬愛する「万年28才年齢詐称のりきお姐さま」は、
(絶対に28才を2回以上は経験しているハズ!)
「赤道直下でうろうろ インドネシア皆既日食の旅」の23回、
「始まりはガガーリン バイコヌール打ち上げツアー」の32回、
「N.Y.へは行かないよ アメリカ横断ウルトラ皆既日食ツアー」の45回!
何とギネス級の大記録を持っているのでありました(笑)



さて、本題に入りましょうか。
かの昔、テレビの洋画劇場で「ローマの休日」を放映した時、
解説の淀川長治さんがお仰言いました。

 「そうなんですねぇ……ローマの休日とは、
  誰かの犠牲の上に成り立つ休日のことなんですねぇ……。」

原題「Roman Holiday」……。
一見、直訳で合っているように見えますが、
実際は「A Holiday in Rome」が正しいのでしょう。
古代ローマ帝国の時代、位の高い人々は奴隷と猛獣を闘わせてそれを楽しみました。
「Roman Holiday」とはそこから来ている言葉なのです。
邦題は何ともロマンチックに響きますが、実は、まさに人々の犠牲の上に成り立った休日。
ヨーロッパ某国のアン王女は、訪れたローマの宿を抜け出し、
夢にまで見た束の間の自由を謳歌します。そしてホロ苦い恋……。
自分の身勝手さを反省し、一皮剥けたアン王女ですが、
その影では侍従や国中を巻き込んでの大騒ぎになります……。

「Roman Holiday」の意訳「ローマの休日」は、
同じくヘプバーンはキャサリンの「Morning Groly」を、
正しい「朝顔」ではなく「勝利の朝」と訳したのに近い気がします(笑)



今回、僕ら3人の旅もつくづく「ローマの休日」でした。

黒田さんは留守中を奥さまに託します。
あの膨大な種類の植物も奥さまが面倒を見るの!
しかも慣れていないのに(笑)いつだったか、
最盛期に庭を訪れる人々に質問されてははシンドイと言う奥さまに、

 「庭のことは聞かないでください!」

と、背中にプリントしたTシャツを作らなきゃ!
そう言って笑った記憶もあります。
植物に慣れていない人にとっては水遣りも難儀なハズ。
それでも快く背中を押し送り出してくださった……。

あけは、おそらく「女房元気で留守がいい!」の旦那でしょうけど(笑)
矢張り12日間の留守は何かと不自由を掛けたハズ。
実は、口煩い女房のお小言もなく、連日の大酒に、
猫と2人でゆっくりと蜜月だったかもしれませんが……。
庭の植物は、近くのS魔女さまが見てくださるとかで、
帰って見れば出発時よりも素敵に育っていることでしょう。

僕はと言えば、
仕事の関係で急遽、行けなくなった親友Tに留守をお願いしました。
矢張り、植物にはまったく興味のないT(笑)
薔薇の水遣りは大変だったに違いありません。
しかも猫の面倒もです。「犬は噛む、猫は引っ掻く。」の先入観のTです。
僕の躾が行き届いているとは言え、毎度のご飯に、
秀千代くんの首の気触れの塗り薬もあります。
それから外のちか子&とくちゃんの面倒も……。
実は、チョッとしてから懺悔されたんですが(笑)
酔っぱらって帰って来た時に、慣れない玄関ドアの鍵をかけ忘れたそう……。
我が家の猫の中で、きんとデブリーヌことコウちゃんは、
玄関の重たい扉を開けます(引き戸なの。)
勿論、全員、脱走しますね(苦笑)
朝起きたTは玄関が少し開いていることにビックリ仰天。
慌てて点呼。名前を呼んだって返事する訳ないですよね(笑)
結局、デブリーヌ以外は全員家の中にいたそうなんですが、
身も縮む思い、きっと僕の怒り心頭の顔が浮かんだ事でしょう。
デブリーヌはスグに取っ捕まり、事なきを得たそうですが……。
猫たちも束の間の「ローマの休日」を楽しんだ事になります。


そうやって12日間のイギリス&フランス旅行が実現したのです。
意気揚々と旅がスタートしてみれば、
有り得ないくらいのゴタゴタやトラブル、失敗が山積み……。
その都度、沢山の方々に助けて貰いました。
何つったって、そこのアナタ!
何事もなく、滞りなく1日が終わったことなんかないんですから(苦笑)

 旅の教訓……。
 インターネットを過信するなかれ。
 必ず、紙で出したものも持参しましょう!


…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

今、思い出しても頭が下がる思いがするエピソードを幾つか……。

勿論、今回の旅のハイライト!(笑)
末代まで語り継がれる、あけのパスポート紛失事件……。
この時にお世話になった男性職員には感謝しても仕切れません。
本当に頼もしかったなぁ……。


それから、僕が「ラ・ラ・マダム」と感謝を込めて呼ぶ、
フランスの古城の近くで駐車場のことで親切にしてくださったマダム。
あけが猪突猛進、駐車場のことを質問しようとマダムを取っ捕まえ、
ここに駐車してもいいのかと聞いた際(マダムも英語が出来なかった。)
結局、2人で僕の方にやって来て(ハァ……やっぱり来たか。)
マダムが城の方を指差し繰り返して言っていたのが、

 「 Là là là là ! 」

「 Là ? 」……それは僕でも分かります。
指差した方向「そこ」に駐車場があると言うのです。
しかも、教えてくれただけではなく、車で先導までしてくれました……。
車の中から腕を出し、付いて来い……と。
僕らが無事に駐車出来たときのマダムの笑顔ね。
飛んで行ってギュゥぅぅぅ〜っと抱きしめて、
僕のポストカード・セットをプレゼントしたかったです。


それから最後の個人の庭を見せて戴いた時、
住所が違っていて路頭に迷った時に iPad で検索してくれたマグカップ・マダム。
普通は「間違っているわ、ゴメンなさい、分からないわ。」と、ドアを閉めますよね。
どこの馬の骨とも分からない僕ら3人が訪ねて来たんですから。
それを親切に検索してくれて教えてくださいました。
マダムがピンポイントで示してくれなかったら?
穏やかで親切で上品な笑顔のマグカップ・マダム……。
こちらのマダムのお陰で最後の素晴らしい庭が見られたのです。


駅近くの変なホテルの入り口が分からなかった時(苦笑)
普通、ホテルって入り口は開放されていますよね?
その日は僕らだけの宿泊だったためか、
(そう言えば、10泊ほとんどの宿の宿泊客が僕たちだけだった!)
事前に言ってあった到着時間になるまで入り口が閉まってんの。
どうしよう……同じ建物の並びのテイクアウトの、
中華料理の店の女の子に聞いても分からない。
そうしたら、料理待ちの青年が親切に検索して電話してくれました。
人は見かけに寄らないです。ガタイが良くてほぼスキンヘッド、
太い腕には一面にタトゥーです……チョッと強面?
でも、親切なんですよね、意外な驚きでした。
夕飯に出掛ける時に、2人とは15分後に下で待ち合わせました。
でも、僕はカバンを放り投げるとポストカードを引っ掴んで、
スグに下に降りて行って、お礼に親切な青年に渡そうとしましたが、
もういなかったの……チョッと心残りかな。


お茶目なB&Bのマダムは、

 「ガーデンでお茶しましょう!
  アタシ、今、お茶淹れて来るから!」

トレイにビスケットとティーカップ、テーポットを持って来たマダム。
な、な、な、なんと!そのティーポットの中は空っぽでした(爆)

 「アタシってバカ!バカ!」

髪の毛クシャクシャでしたけど、
人情味溢れるマダムに教えて貰ったインド料理店で、
美しい青年の写真を撮ることも出来たのでした。
そうだ、マダムの作ったイングリッシュ・ブレックファストは美味しかったなぁ……。

同じく、フランスの宿のマダムは英語が苦手……。
僕らの英語も赤ちゃん程度。ここで活躍したのが翻訳ソフトね。
マダムが持って来た iPad で、フランス語→英語に翻訳してくれました。
今、思うと日本語の選択肢はなかったのかとも思いますが(笑)

お城のマダムは一言……。
 
 「今日はここがアナタたちの家よ!」って。

皆さん、僕らが快適に過ごせるように必死で対応してくださった……。


公開時期ではないのに快く庭を見せてくださった、
キースさんとロスさんご夫妻、それからエイドリアンさんとクレアさんご夫妻。
たどたどしい英語しか出来ない僕らのために、
必死でガイドをしてくださったディディエさん、本当にありがとう!


最後に、旅の初めから僕らに協力してくれた、
あけのお友達のみわりん!彼女には感謝してもし切れないでしょう。
彼女の力がなかったらこんな素敵な旅は出来なかったのですから。
みわりん、本当にありがとう!アナタの英語力がなかったら、
僕らはこんなに素晴らしい旅が出来なかったです。
但し、アナタの尽力をあけがことごとく滅茶苦茶にしてくれましたけど(爆)
このお礼はいつかきっとね!もし良かったらご飯でもするかい?

そうそう、アナタがレンタカー会社に送ってくれたメール、
その中の一節「彼女(あけ)の英語は十分ではない。」の「Not enough」を僕はチラ見。
そう言えば、昔、映画にあったなぁ……「いくたびか美しく燃え」……。
確か、原題は「Once is not enough」だったハズ……not enough、not enough!
そっか、これは使える……「My english is not enough」だっ!
早速、旅先で大活躍しました(笑)


今日はどれだけ楽しい旅だったかを示す証拠写真をチョッとだけ(笑)

IMG_2338.jpeg

先ずはお決まりの顔出し看板!羽田でパチリ!

A_I_0243.jpeg
A_I_0026.jpeg
A_I_0272.jpeg
A_I_0586.jpeg
A_I_8840.jpeg
A_I_8909.jpeg
A_I_8913.jpeg
A_I_8920.jpeg
A_I_8922.jpeg
A_I_8923.jpeg
IMG_2170-2.jpeg

よく見ると……。
偉大なるガーデンライターの明田川さま……。
自分の顔で「Young Lycidas」の房の蕾を「ボキッ!」(苦笑)
どこまでガサツなんだか……。

IMG_2129.jpeg
IMG_1653.jpeg
IMG_1460.jpeg
IMG_1121.jpeg
IMG_0865-2.jpeg
A_I_9664.jpeg
A_I_9315.jpeg
A_I_9279.jpeg
A_I_8924.jpeg
IMG_2011.jpeg

タマを愛でるあけさま。

P6170364.jpeg
P6160250.jpeg
P6160136.jpeg
IMG_1900.jpeg

3人で撮った写真……少ないのです。

IMG_2337.jpeg

こんなCAがいたら即刻、飛行機から降ります(笑)

A_I_0247.jpeg

ブリッコしてるんじゃねぇよ!(苦笑)
カメラを見てニッコリされるとムカッと来るのはなぜ?(大爆笑)

IMG_1387.jpeg

あけの一番美しいポートレート……。
ハイ、勿論、後ろ姿でございます(爆)

IMG_1564.jpeg

パスポートをなくして凹んでも……。
スグこれです。立ち直りの早い女……蹄立てています(笑)
そう!あけは珍しい肉食の偶蹄類だったのです(大爆笑)

IMG_1835 - バージョン 2

楽しかったガイドツアーを終えて……。

IMG_1379-2.jpeg

そして、最後は、この気品溢れる優雅なブログの著者近影(笑)
写真に撮られる事が大嫌いなワタクシ。
したがって、今回の旅も自分のいい写真が全くないのですが、
フと、まったく写真がないのも寂しいと思って自撮りしてみたのね。
そして驚愕!(笑)夕方でしたけど、こんなに疲れた顔してるんだ……。
疲れたって言うよりは不機嫌?(笑)
いけない、いけない、僕は大人、僕は大人……。
顔に出しちゃダメだよ、今は楽しい旅先なんだから……。
連日のように襲い来る不手際と失態の数々に呆れ果てています。
モノクロに変換してみたけどお疲れ&不機嫌は誤摩化せません(爆)
このお疲れ&不機嫌な顔が、あけがやらかした諸々の、
星の数ほどの失態を物語っています(笑)
本当、1日の終わりにはグッタリだったの……。

次回は湖水地方だそうです……さて、どうなりますやら。


長々とお付き合いどうもありがとうございました。
さて、この先はどうする?チョッと夏休みを貰うか?
はたまた溜まった記事のアップに励むか……。
先ずは皆さんが下さったメッセージにお返事しないと!

暑くなります。皆さんお元気で!


2018年8月2日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2018 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.

edit

CM: 22
TB: 0

page top

2018-08