ブノワ。さん、アン王女になる(笑) 

 

PICT0020-3.jpeg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 「どぉぉぉぉぉぉぉん〜!」

2つ上の階で大きな轟音がした……。
消防士がコンクリートで固まってしまった防火扉を爆破したのだ。
超高層ビルの火災で最上階のプロムナードルームに逃げる時に起こった予定外のこと。
分厚い鋼鉄製の防火扉が杜撰な工事のお陰でコンクリート漬けになっていたのだ。
爆破で鉄製の階段がひしゃげ、無数のコンクリート片ともうもうたる煙が階下に迫って来る。
爆破の衝撃で数メートル飛ばされた大きなコンクリート片が僕の胸の上に……。

 「大丈夫か?!」

ポール・ニューマンとジェニファー・ジョーンズが僕を覗き込む……。

 「はっ……!」

ここで目が覚めました……夢だったんですね。
気が付くとビッショリ汗を掻いています。
台風が近付き、それほど蒸し暑くない夜。冷房をかけないで寝たのでした。
そっとメガネをかけて周りを見渡します……。
胸を圧迫していた大きなコンクリート片はお園(笑)
グッスリ熟睡の小さな白い塊は寝息で上下しています。
身体の上に乗るのは一向に構わないけれど、
どうして胸と首の境目に丸くなる?(笑)
身体を焦がす熱さは右脇の下にきん、左脇の下に小芳。
2匹ともピクリともしません。微かに呼吸で身体が上下しているだけ。
足下、股間には朝子がスゥピィスゥピィ寝息を立てているのでした(苦笑)
幾ら過ごしやすいとはいえ、暑いハズですよねぇ……。
猫の体温は40度ありますからね。

でね、秀千代はどうしているかって言うと、
僕の枕の上の方で丸くなって寝ています。
寄り添うって言うよりは、短いけれど僕の枕に広がった髪の毛を、
上から踏みつけるように、身体を頭に押し付けるようにピッタリと、
身体を僕の頭にグルリと丸く囲むように寝ています。
そう、「ローマの休日」のアン王女が、
一晩の自由を楽しんだ後に開いた朝の記者会見で、
頭に載せている帽子のようです(笑)
ブノワ。さんアン王女になる……です(爆)

 「何れの猫たちも可愛い……。」です。


猫の2014年……今年は変なのです。
例年は4月の声を聞くと、それまで冬の間は、
我先に争って入って来ていた僕の布団から一切姿を見せなくなります(笑)
そして10月の声を聞くと、どこからともなくやって来て、
また場所取り争いを始めるんですが、今年は暑い夏も僕の周りにまとわりつきます。
今年は夏の間中ズゥ〜っと布団に入って来る……。
特にお園はズゥ〜っと僕にベッタリべったら漬けの毎日。
全く慣れない猫も何となくうら寂しいものがあるけれど、
暑い真夏にこうベッタリじゃ複雑なものがありますね(笑)
有り難いことに物凄く暑いです。
猫は決して温度が下がらない湯たんぽですから……。

PICT0207.jpeg

今日の写真は我が家で唯一お金を出して買った秀千代くん。
夏の間は副鼻腔炎も調子がいいのかな?
でも、いつもこうしてハナクソをくっつけています。チョッと可哀想。
2枚目の写真は家に遊びに来た綺麗なお姉さんの膝の上の秀千代。
こうして見ると思いのほか人懐っこかったんだなぁと感じます。
秀千代も可哀想な境遇でした。精々可愛がらなければ……。


2014年8月31日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2014 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
スポンサーサイト

category: 猫が行方不明。

△top

ぼんぼんぼんの十六日に……。 

 

ATSU6040.jpeg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

きょうわ なつやすみのしゅくだいの さくぶんをよんでください!
いっしょうけんめいにかきました よろしくおねがいいたしまっす!



「なつのおもいで」  1ねん3くみ いわしたあつや

ことしのなつやすみわ ちょっとしたぼうけんをしました。
おともだちのタイゾーちゃんとマキちゃんと、
こども3にんだけではこねにりょこうにいきました。
きょねんのなつから3にんでちょきんしたおかねに、
おとうさまとおかあさまがすこしおこずかいをたしてくださいました。
こどもだけのりょこうははじめてでドキドキしました。

ぼくとタイゾーちゃんわ まちあわせてきたせんじゅから。
マキちゃんわ おもてさんどうから「めとりろまんすかー」にのりました。
ろまんすかーわ だいすきでっす。しんかんせんもかっこいいけど、
ろまんすかーわ なまえのとうりに「ろまん」があるからでっす。
3にんでおはなしをしていると あっとゆーまにはこねゆもとについてしまいました。
はらがへってわいくさわできぬ……いつもおとうさまがおっしゃっていることばをおもいだし、
えきのちかくで すぱげってぃをたべました。
ぼくとタイゾーちゃんわ おんせんたまごのかるぼなーら。
ちょっとこどもにわにんにくがつよかったでっす。
マキちゃんはすこしおとなっぽく おんせんじたてのにごりゆぱすた。
マキちゃんわ いつもぼくたちをみくだしたようなおとなっぽいことをしまっす。
ぼくとタイゾーちゃんは「すぱげってぃ」ってゆーのに、
マキちゃんわ「あたくしわぱすた!」ってゆいます。おとなわ「ぱすた」なの?
でも マキちゃんのすぱげってぃにわ ぼくがだいっきらいな、
みょうががはいっていて「げー」でした。
マキちゃんわ がっこうのおともだちのあいだでもびじんでゆうめいなんですが、
ぼくわ マキちゃんほどのかわりものわいないとおもっていまっす。
でも ぜったいにマキちゃんにわいいません。
あそんでもらえなくなったらこまるし おかあさまにもおこられるからでっす。
おかあさまわ マキちゃんちがものすごいおかねもちだから、
しんせつにするようにって いつもくちをすっぱくしておっしゃいまっす。
あのこわ「おんばひがさのはこいりのしんそうのれいじょう」だって、
なんでも「じぬしのひとりむすめだから……。」ともおっしゃってました。
こどものぼくにわ よくわからないことばかりでっす。

おひるのあとわ はこねとざんてつどうでごうらにむかいました。
とざんてつどうわ いつのってもドキドキしちゃいます。
「おりかえしじょ」ってゆーところで うんてんしさんとしゃしょうさんがいったりきたり、
すごくたいへんだなぁとおもいました。なつのあじさいがとてもきれいでした。
ごうらからわ バスにのって「ポーラびじゅつかん」にいきました。
「ポーラびじゅつかん」わ こんどのりょこうのしゅくだいだったんでっす。
こども3にんでいかせてもらうかわりに えみてかんそうぶんをかくことでっす。
モディリアーニってゆう なんだかへんてこな、
ピーナッツみたいな かおのながいえをかくひとのてんらんかいでした。
ぼくわ ピカソってゆーひとがかいた おっぱいのおおきなおんなのひとのえがすきでした。

タイゾーちゃんわきょうみなさそうでしたが、
ぼくとマキちゃんわ あるいてみたかったので、
このはるからおーぷんした ゆうほどうってゆーやつをあるくことにしました。
ひるまなのにうすぐらくてだれもいないんでっす。
あめはふってくるし さすがにつかれたのでおやどにむかいまっす。
おやどわ ぼくがおとうさまとおかあさまと まいとしくる「ふくずみろう」でっす。
ぼくわ ここのまるぶろがだいすきでっす。
はこねのぽすたーに ここのまるぶろのしゃしんがつかわれてからのファンでっす。
あかるいうちにはいりなさいと おかあさまがおっしゃっていましたので、
おちゃとおかしをたべたらすぐに おふろにはいりにいきまっす。
タイゾーちゃんは こどものくせに こうけつあつだとゆってすぐにあがってしまいまっす。
ぼくがひとりでゆっくりはいっていると めがねをかけたおとこのひとがはいってきました。
そのひとわ なんだかそわそわしていて へんなかんじでした。
ぼくが おゆからあがってゆかたにきがえていると そのひとがしつもんしてきました。

 「しゃわーわどこですか?」

すこしにほんごがおかしかったでっす。
ぼくは きっと ちゅうごくのひとかかんこくのひとだろうとおもいました。
「ふくずみろう」は まるぶろがおおきいのとちいさいのと2つありまっす。
ほかに かしきりのかぞくぶろ いわぶろがありまっす。
おとことおんなでそれらがじかんによっていれかわるんでっす。
そのときおとこのおふろだったまるぶろにわしゃわーはありません。
ぼくわ しんせつに「しゃわーわないけど、おけでおゆをくんでからだにかければいい」
と おしえてさしあげました。そのひとは ゆかたのままふろばにはいっていくと、
しばらくしてでてきました。

 「ぬいだようふくわどうするのですか?」

ぼくわ ぬいだようふくわ かごにいれて、
だついじょにおくものだとおしえてさしあげました。

このひの「ふくずみろう」わ ほかにも からだのおおきなきんぱつのがいこくじんのかぞくや、 
きんぱつのきれいなおねえさんとはんさむなおとこのひとのかっぷる……。
なんだかきゅうに「ふくずみろう」わ いんたーなしょなるなかんじになっていました。
この いんたーなしょなるっていうことばわ ぼくのいまのおきにいりでっす。
ゆうはんはものすごくおいしかったでっす。マキちゃんとぼくわ、 
でてくるおりょうりを じゅんばんにぺろりとたいらげましたが、
タイゾーちゃんわ でてきたすきやきを「ぎゅうどん」にするんだってきかないんでっす。
そーゆーところがとてもこどもっぽいタイゾーちゃんでっす。

ごはんのあとは おとこのふろとおんなのふろがいれかわっているじかんだったので、
たおるをもって みんなでふろばにいきました。
そうしたら さっきのにほんごがおじょうずなちゅうごくじんのおにいさんがいらっしゃいました。
ごはんのときに なかいさんがおっしゃっていましたが、
そのひわ ベルギーのこいびとと カナダじんのかぞくづれ、
それからちゅうごくのひとたちが なんくみかきていたそうでっす。
だから そのおにいさんはちゅうごくのひとだったわけですが、
それなのに さっさとおふろからあがったタイゾーちゃんわ そのおにいさんに、

 「あにょんはせよぉ!」

と あいさつしているんでっす。ぼくわ なんだかちがうなとおもいましたが、 
こんどわ タイゾーちゃんが インチキちゅうごくごではなしだしました。
びっくりしました だって タイゾーちゃんのふらんすごもえいごもインチキだからでっす。
そのおにいさんわ ちゅうごくごではなしかけられてうれしかったみたいで、

 「ぼくがしっているにほんじんのなかで あなたのはつおんがいちばんきれいだ」

とおっしゃっていました。あぁ ダメダメ!
そうなるとタイゾーちゃんわ きにのぼっておりてこようとはしません。
ダメなんです タイゾーちゃんをおだてるとろくなことわありません。
けっきょく おにいさんをさそっておおひろまにいどうして、
おばあさまもくわわって5にんで2じかんくらいおはなしました、
すごくたのしかったでっす。こくさいこうりゅう?こくさいしんぜん?
これからのぼくたちにわ いちばんだいじなことだとおもうからでっす。
きっと おにいさんもたのしいにほんのおもいでをもってかえってくれたとおもいまっす。

 なにもしらずに あなたわいったわ
 たまにわ 一人のたびもいいよとぉ
 あぁ〜めのくうこう でぇっきにたたずみぃ
 てぇ〜をふるあなた さよならいうのぉ……。

ぼくわ おにいさんがもってらしたけいたいでんわからきこえてくる、
テレサ・テンの「くうこう」をおにいさんといっしょにうたいました。
なぜ「くうこう」をしっているかとゆーと、
おかあさまがいつもひるまからきっちんでビールをのみながらうたっているからでっす。
このことわ おとうさまにわないしょだと ものすごくこわいめでおかあさまにくちどめされていまっす。
おにいさんわ ほんとうににほんごがおじょうずで おうたもじょうずなんでっす。
ほかに「かわのながれのよーに」もうたっていらっしゃいました。
さいごのほうわ せいじのおはなしもしました。
おにいさんわ「あべしんぞうはダメ」っておっしゃっていました。
ぼくわ たぶんにほんのそうりだいじんのことだとおもったので、
ちゅうごくの いちばんえらいひとのなまえを「しったか」しようとおもいました。
すぐにおもいだせなかったんですが、ぼくが「しゅう……。」っていうと、
タイゾーちゃんが「しゅうおんらい!」マキちゃんが「しゅうとみとく!」……。
ぼくわ おばかなおともだちをもってはずかしかったでっす。
なぜなら ふたりともとっくにおなくなりになっているからでっす。

おにいさんのおとしわ17さいだそうでっす。
ぼくもタイゾーちゃんもマキちゃんも きいてびっくりでした。
もっとおとしがうえだとおもったからでっす。
2ねんごに こうこうをでたらにほんにきて きぎょうするんだそうでっす。
「きぎょう」ってゆーのがぼくにわ わからなかったんですが、
なんだかこころざしがあるみたいでかっこよかったでっす。
おにいさんわ こんどちゅうごくにくることがあったらでんわをするようにおっしゃいました。
4にんででんわばんごうと めーるあどれすのこうかんをしました。
にほんごがおじょうずで おばあさまとおかあさまとにほんにりょこうだなんて、
きっとおかねもちにちがいないと マキちゃんはたまのこしにのるきまんまんでした。
よくあさ りょかんをでるとき おにいさんにばったりあいました。
おにいさんわ なかにわのいけのこいにえさをあげるのにむちゅうでした。
あぁ やっぱり17さいわこどもなんだなっておもいました。

かえりわ おだわらじょうにいきましたが、
あまりのあつさに3にんともへとへとで かきごおりをたべて、
さっさとしんかんせんにのってかえってきちゃいました!

きょうわ おとうさまにかりたカメラでとったおしゃしんでっす。
おとうさまわ あたらしいカメラをなかなかかしてくださらなかったんですが、
ひとつ おとうさまのきにいるしゃしんをとってくることをじょうけんに、
しぶしぶかしてくださいました。きょうの1まいめのしゃしんがそれでっす。
ちょうこくのかおがきれいじゃなかったので おっぱいだけとってみました。
おとうさまわ「おぉ!」とおっしゃったきり ニマニマしていましたが、
おかあさまからわ おおめだまをくらってしまいました。
おかあさまわ すぐにしゃしんをけしてしまわれましたが、
きっとそうなるだろうと おしゃしんわこぴーしてあったんでっす。
「そなえあればうれいなし」……おとうさまがおしえてくださったんでっす。

みじかいなつやすみわおわってしまいました。
タイゾーちゃんとマキちゃんとわ こんどわちがうおんせんにいこうって、
かたいかたいおやくそくをしたのでした。

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

7月に北海道に行ってから、
全く働く気がしなくなってしまったブノワ。さん(笑)
暑いし疲れるし……ハァ、どこかに行きたい!
グズグズしていたら安曇野には行きそびれ、欲求不満はつのるばかり。
ってなもんで、タイゾーちゃんとマキちゃんと箱根に行って来ました。
2人とも気を遣わなくていいので、最近、いつも一緒にツルんでいます(笑)
温泉に入って「ポーラ美術館」観て……今日はそんな写真を見てくださいね。

ATSU6049.jpeg
ATSU6053.jpeg
ATSU6059.jpeg
ATSU6055.jpeg
ATSU6060.jpeg
ATSU6067.jpeg
ATSU6071.jpeg
ATSU6073.jpeg
ATSU6072.jpeg
ATSU6075.jpeg
ATSU6095.jpeg

作文にも書きましたが、中国の17歳の青年の話は本当です。
僕が風呂から上がって浴衣に着替えていると入って来て、

 「シャワーはどこですか?」

と、流暢な日本語で聞いて来ました。きっとガイドブックで読んだのでしょう。
日本では風呂に入る前にシャワーを浴びなさいって。
生憎、丸風呂にはシャワーはありませんので、桶でお湯をかぶればいいと教え、
風呂場に入って脱いだ浴衣の置き場所に困っていたので、籠に入れておくようにも教えました。
食事の後の楽しい会話も本当です。テレサ・テンも本当の話し。
周恩来と周富徳にはさすがに苦笑しましたが(笑)
和気藹々と、きっといい思い出を持って中国に帰ってくれたことともいます。
おばあさまも結構な時間を僕らと過ごして、自らがハサミで切り抜いた紙細工を僕たちにくださいました。
今時の若者と違って、年配の方々には日本に対する戦争を介した記憶もあるでしょう。
それって簡単には消えないものだと思うけど、
孫と僕らズッコケ3人組が話している姿を見て少しは雪融けしたかな?
しかしいい加減な中国語(笑)僕は「谢谢」と「你好」、
それからバーグマンがロッセリーニに宛てたラブレターじゃないけど「我爱你」しかしらないの(笑)
タイゾーちゃんは先ず「フゥ〜ティエンタイサン」……自分の名前の中国読みから入ります(笑)
タイゾーちゃんの凄いところは、タイだろうと韓国だろうと中国だろうと、
勿論、フランスもアメリカも、臆せずどんどん話してみるところ。
17歳の青年の「安倍晋三はダメ!」には笑ってしまいましたが、
1つ1つのこう言う関係が、いつしか大きな流れになるといいな……。
今は国と国になるとどうにもダメですが、人と人はそうじゃないものね。


2014年8月24日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2014 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.

category: 旅の栞。

△top

朋遠方より来る、また楽しからずや。 

 

ATSU5919.jpeg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

自己分析すると、自分の性格の一番の特徴は、
面倒見がいいこと……これは「お節介」と言う友人もいると思いますが(笑)
殆どの人が頷いてくれると思います。
面倒見が良くて情に脆い……一番の僕の性格の特徴だと思います。
それを隠すためにわざと辛辣を決め込み、皮肉屋を装っている……まぁ、そんなところです。
さて、その友人が笑う「お節介」も、時には素敵な関係を作ることがあります。
小さなマンションを一軒買えるくらいの無駄遣いと時間の浪費もありましたが、
考えてみると素敵な関係が沢山です。

このお盆休みに京都から出てきたYくんもそう。
彼を初めて知ったのはね、僕がよく遊びに行っていた、
フランス在住の女性のブログにYくんがコメント入れていたのね。
彼女とYくんは昔からの友達だったらしいです。
その内「今度、ブログはじめたでぇ。」のコメントが入っていた訳。
で、ここで「お節介」……じゃなくて面倒見がいい性格がムクムクと頭をもたげるのね(笑)
始めたばかりのブログにメッセージが入ったら嬉しいんじゃないかって……思ったの。
そこからかれこれ何年?10年近くに渡っての付き合いが始まる訳です。
お互いに京都に行ったり東京に出てきたり。友人を紹介したり仲良くしてきました。
一番最初は、Y君が東京に出て来て一緒にランチしたのね。
僕、真夏のクソ暑いのに着物を着ていった覚えがあります(笑)
2回目に会う時は鎌倉を案内したなぁ……大船のホテルに一緒に泊まったっけ。
チョッと暫く連絡を取れなかった時期がありましたが、
虫の知らせ?たまたま、久しぶりに連絡したら、
「今度、独立してビストロを始めます!」って。

いやいや、キッチリ夢を実現させてきました。若いのに偉いと思います。
会社に対する愚痴や文句ばかり言っているクセに、
独立心ゼロ、結局、何も出来ずに一生サラリーマンで終わる連中に比べたら大したものじゃないですか。
ビストロの開店あたっては、Yくんの思惑通り思い切り働かされましたが(笑)
どうやら店は順調のようでホッと胸を撫で下ろしています……。


そのYくんがお盆休みを利用して若奥さまと東京に遊びに来ました。
偉いのはね、貪欲なのね。他店の味、様子に。
自分の料理に決して満足していない?向上心があるんでしょうね。
初日の夜は「徳竹」に連れていきました。和食とフレンチの違いはあれど、
何かしら料理のヒントが隠されていると思うから。
翌日のランチはYくんが選んだ「ラ・ピッチョリー・ド・ルル」です。
とても気に入っちゃいました。翌日の夜も行こうかと思ったくらい(笑)

ATSU5921.jpeg
ATSU5926.jpeg
ATSU5935.jpeg
ATSU5936.jpeg
ATSU5930.jpeg
ATSU5940.jpeg

それぞれ、前菜とメイン、デザートのコースに、
お願いしてパテ・ドゥ・カンパーニュと魚のスープを追加してみました。
この辺のフレキシブルな対応も気持ち良かったです。
パテは粗挽きの豚肉の食感も程よく食べ応えがあります。
魚のスープ……これはパンとアリオリソース、チーズを好みで入れて食べるスープ。
このタイプのスープを東京で食べられるとは思ってもみませんでした。
そう、飲むというよりは食べるスープね。
随分前になりますが、フランス旅行の時にノルマンディの海沿いの小村を訪れた時、
泊まったホテルのレストランで初めて食べたんですよ。

この時はボールでサービスされ、残してはいけないと、
無理して完食して大変なことになった覚えがあります(笑)
その時に撮影した美しい女性のポートレート……。
この前、こちらのブログでもお見せしましたよね?

えっ?1枚目の写真?何か問題でも?
いいじゃないですか、昼間からシャンパン飲んだって(笑)
若奥さまにお付き合いしただけですからね!

Yくん、東京で何か掴んで帰ったでしょうか……。
僕ね、実は店のことに関してはあまり心配していないんです。
食の激戦区、京都での展開は大変だと思うのだけれど、
新婚なった愛らしい奥さまがしっかりものだから。
「店を手伝う」……どこかそんな感覚じゃなくて、
自分もY君と一緒になって店を切り盛りして行く……。
そんな気概が見えます。頼もしいじゃないですか。
きっと2人でいい店にして行ってくれることと思います。
この9月に急遽、京都を訪れることになりそうです……。
どうでしょう、繁盛して予約取れるかしらン?


2014年8月20日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2014 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.

category: バベットの晩餐会。

tb: 0   cm: 4

△top

小芳ちゃん……不憫な子。 

 

PICT0037_037.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

まるでコンパスで正確に引いたような真ん丸な目でこっちを見ます。
プルプル……分からないくらいに小さく頭を振ります。
一瞬、左右を窺って逃げ場を探し、アッと言う間に僕の前から姿を消す小芳ちゃん……。

小芳は僕とバッタリ出くわすと、必ず上記の行動パターンで、
アッと言う間にいなくなっちゃいます。
まるで林の中で熊と遭遇したみたいにビックリどんぐり眼(笑)
鳩が豆鉄砲喰らったとはこのこと。その驚き加減は半端ありません。
これだけ長い時間一緒に暮らしているのに……いつもその姿を見るとそう思います。
極度のビクビクちゃん、小芳は我が家の猫の中で一番の小心者です。

7匹の猫はそれぞれ性格が違います。
家で飼われているからといって全員が人懐こい訳ではありません。
きんみたいに会った瞬間「ゴォ〜ん、ゴォ〜ん!」
頭突きをして親愛の情を示した子もいるし、初めはビクビクでも、長年一緒に暮らすことにより、
スッカリ打ち解けて甘えて来るようになった秀千代みたいな子もいます。

我が家の子は全員、捨て猫、里親募集の可哀想な子たちです。
唯一お金を出してペットショップから引き取った秀千代だって、
片目に疾患あり売れ残りの既に1才……有り難い血統書が付いていたって、
行く行くは実験台になって殺処分?……の可能性大の子でした。


毎日一緒に暮らし、ズッコケな行動や、単純で人間らしい行動をを見るにつけ、
猫って可愛いなぁ……と、思う心のどこかで、

 「可哀想に……。」

と、彼等がこの世に生まれ落ちた境遇や身の上を踏まえた感情が沸き起こります。
小芳だけ他の子たちと違って、可哀想って言うより不憫だなぁ……と、思うのです。
ある私鉄の駅の自動販売機の裏に仕掛けられた罠に引っ掛かり保護。
ろくすっぽ親の顔も愛情も知らずに僕に貰われて来て、
以降、他の猫と相容れることなく独立独歩。

 「不憫だなぁ……この子はウチに来て本当に幸せなんだろうか。」

と、小芳を見る度に思います。
一般に茶トラの猫は大型になりやすいのですが、
小芳は3キロあるかないかの小型猫です。
常に単独行動、ご飯も皆が食べ終わり、長い長い午睡に入った頃、
こっそりどこからかやって来て皆の残り物を少しだけ食べます。
栄養タップリの美味しい缶詰や嗜好品、おやつは、
皆、他の子に食べられちゃったあと……なかなか大きくなれません。
しかも、このところコウちゃんやキクちゃん、
カトリーヌを立て続けに家に入れましたから
喧嘩こそしないものの、精神的に可成り参っているのでしょう。
毛繕いのし過ぎで胸からお腹の毛がハゲてなくなっちゃっています。

そんな小芳も夜になるとまったく変わるんですよ。
電気を消して布団に入ると真っ先に一目散に僕のところにやって来て、

 「みぃみぃきぃきぃ……。」

布団に入れて、入れて!大騒ぎなんです(笑)
そして翌朝。脱兎のごとくベッドから逃げて行き、
また目が合うと最初のビクビクの繰り返しです(笑)


今日の写真は僕が猫たちのために残してあげている段ボールの上で(?)
僕の行動を伺い、逃げるかどうするか考えている小芳ちゃん。
小さな心の中で何を考えているんでしょうね……。


2014年8月17日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2014 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.

category: 猫が行方不明。

tb: 0   cm: 6

△top

真夏の狂騒曲。 

 

ATSU5748.jpeg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 「こんな日にお呼び立てしてゴメンなさい。」

朝9時に待ち合わせたお得意さまの女性が言いました。
僕、一瞬、何のことだか分からなかったんですよ……。
そう、その日はサッカーのワールドカップの日本戦がある朝だったんですね。
僕ね、全然、構いません。いえいえ、応援していない訳じゃありません。
早起きして観戦したり、皆でどこかに集まってワイワイやることはしないだけ。
サッカーってあまり興味ないし……って言いながら、Jリーグが出来た年には、
競技場にヴェルディ川崎とガンバ大阪戦を観戦しに行っています。

三浦知良と永島昭浩のアップのポスター覚えてますか?
暫く見ていたんですよ。当時は中田英寿が好きでしたねぇ……。
プレイにスタイルがあってね。でもね、段々、興味がなくなっちゃったのね。
仕方ないです。僕の中では試合時間が長すぎ。

サッカーに全然興味がない旨を伝えると、その女性もホッと安堵したのか、

 「そうですよねぇ……今日も出てくる時、会社の前は異常な騒ぎでした。」って。

パブリック・ビューイング?どうやら巨大なモニターが用意されて、
人々が集まり気違いみたいな騒ぎだったらしいです。

あっけなかったですね……。
決勝リーグに残った国々の戦いを見ていると、
日本なんか全く勝てる気しないですもんね。
大人と子供の違い?先ず、点を取れそうな気配が全くない。
点を取らなきゃ勝てない……です。
日本人サポーターのゴミ拾いをはじめ美談が報じられていますが、
果たして手放しで喜んでいいのでしょうか。
ゴミは自分が出したゴミを持ちかえればよろしい。その前に汚さないこと。
それで十分じゃないですか。僕にはその美談がただのパフォーマンスにしか思えない……。
そんなことより自国、対戦国に限らず、ファインプレーには、
最大限の拍手を送ればいい、そう思います。僕、天の邪鬼ですかね。
それに、その世界を感動させたゴミ拾いの美談と、
渋谷のスクランブル交差点の乱痴気騒ぎが、
同じサッカーを愛するサポーターとして捉えにくいんですよ。
アレは一体なに?気違いの集まり?あれもただのパフォーマンスでしかありません。
サッカーを出汁にただ集まって騒ぎたいんじゃないの?
試合後、若い女2人に「これからどうされるんですか?」とテレビのインタビューアー。

 「ハァ〜っ!残念ですぅ。これから皆で反省会でぇ〜すっ!」って。

お前が試合したわけじゃなかろうが!バカめ!(苦笑)

亡霊のような元サッカー選手が総動員でまことしやかに自説を披露します。
あれ?サッカーファンだったんだ……俄かサッカーファンのような芸能人が、
偉そうに御大層なご高説を披露します(苦笑)
早々に日本が敗退して莫大な経済損失?アッと言う間にしぼんだワールドカップ熱。
決勝リーグが始まる頃には誰もサッカーの「サ」の字も言わなくなったものね(苦笑)
色々ありましたね。優雅ですよね。試合時間に合わせて昼出勤にした会社……。
全員で日本チームのユニフォームを着て営業している美容院とかね。
考えてみれば、サッカーが嫌いなのではなくて、周りを取り巻く俄かファン、
狂乱騒ぎの連中に冷ややかな目を向けているだけかもしれません。

あとアレね。帰国時、成田に、あぁ勘違い、いい気で現れる、
安ぅ〜いチンピラみたいなファッションの一部の選手たち。
アレってもうスポーツ選手、サッカー選手の粋じゃないものね。
どこか芸能人を気取っているじゃないですか。
サングラスかけて、金髪に染めている……みたいな、
自分ではお洒落でイケていると思い込んでいる、アホじゃないの?
そんな一部のダサい選手を失笑しているだけかも。

今だに言われる「ドーハの悲劇」(笑)アレは悲劇でも何でもないですね。
まだ試合時間が残っているのにグランドに転がっちゃった選手たち。
ゴン中山くらいでしょう?諦めずに走っていたのは。
何でも悲劇とかマイナスの方向に絡めて自己満足するメンタリティも嫌い。
負けると監督をコロコロ変える……何も変わらないと思うのだけど……。

サッカーに関してチョッと自説を披露したら、
僕って「非国民」「人非人」なんだそうです……。
これを読んで憤慨している人も多いのでは?あはは!(笑)



さて、サッカーはどうでもよくて、
この暑いのに何やら不快な連中、事件が多いですね。

あの野次られて身から錆がボロボロ沢山出てきちゃった女性都議。
セクハラ野次!悲劇の美人都議が一転して女性の敵に……。
お可哀想に、本意じゃなかったのにあれよあれよと言う間に話しが大きくなって、
重箱の隅を突かれちゃった(笑)まぁ、人の噂も七十五日……鎮静化してきましたが、
どうでもいい芸能人の結婚を「キモい」とかツイッターでつぶやかない方がいいです。
ツイッターで失敗する人がどうしてこんなに後を絶たないんでしょう。
しかも言葉が下品で汚い。バカな女学生じゃないんだからさ。知性ゼロ。

有り得ないほど薄気味悪い号泣兵庫県議……アレは一体何・・・・・・?
アレはないわ。笑わせて貰いました。鳥肌ものですよね。

 「やっと政治家になったんですぅ!」って……知るかって!

選んだ有権者の責任だし、どうして簡単な不正を見抜けなかったの?
チェック機能ってどうなっているんでしょう。



これはねぇ……書くか書かないか迷ったのだけど……。
少し前にワイドショーを賑わせた中国の加工食品の問題ね。
マクドナルドもファミリーマートも「我々もだまされた……。」じゃ済まないです。
被害者は僕たち消費者です。これは中国と取引する側の責任ですよね。
相手はあの、あの、あの中国なんだから(笑)まともなモノが出来てくる訳がない。
嘘を吐き、騙し、誤魔化し……居丈高に相手を威嚇する。絶対に謝罪しない……それが中国。
相手にしてはいけません。社内で中国との取引を懸念する声はなかったのかな?
殆ど、全員が心のどこかに中国との取引に不安があったハズ。
僕はマクドナルドもファミリーマートももう行きません。
件の会社の鶏肉は全体の20パーセントです……って。
誰がそんな数字信じる?僕なんか100パーセントに近いのでは?と思っています(苦笑)
消費者を甘く見ちゃいけないです。「バカにしないでよぉ!」by 百恵 山口。
僕は雪印も不二家もあの例の事件以来、一切の商品を買わなくなりました。
でもね、報道の翌日、マクドナルドには長蛇の列なのね。
チョッとビックリしちゃいました。該当する商品さえ買わなければ大丈夫?
へぇぇ〜っ!皆、平気なんだ。気持ち悪くないのかなぁ。
スーパーで買い物をする度、レストランで料理を注文する度に、
「この品物は大丈夫?」……疑いの目で見てしまいますよね。
そうさせた企業側の罪は重いです。


しかし、あれだけ尊大で自尊心の塊の国……。
相手を威嚇、平気で嘘を吐く。オレが掟だとばかり自国の正義を振りかざす前に、
もっと胸を張った製品を作るようにしましょうよ。
何一つとしてまともなモノ作れないで、プライドだけは高いと来ている。
粗悪なものしか作れないで何が中国4000年の歴史だ。
何がGDP世界第2位だ。臍が茶を沸かすとはこのことです(苦笑)

食の安全性が叫ばれるようになって久しいです。
自衛するしかありませんね。僕は買い物の時に、
それほど神経質にチェックはしないけど、韓国産、中国産のものは絶対に買いません。
農作物然り、工業製品然り。絶対に買わない。実際に懲りているから。
大事なお金はビタ一文金は出さない。ハマグリ、アサリ……海産物もそう。
農産物、特に土の下に生るものは絶対に買わない。
農薬が凝縮されて毒の固まりになっているから。
加工食品はなるべく買わないようにするしかないのかな。
特に加工肉製品ね。材料を吟味してまめまめしく自炊するしかないですね。
吟味って言ったって商品に貼ってあるシール1枚に頼るしかなく、
それを偽装されちゃった日には目も当てられないんですけどね……。
お高い品物だからって安心出来なくなっちゃったものね。
でも、安かろう悪かろう……ある意味、真理であることを証明した事件でした。
賞味期限、産地偽装……悩ましいことだらけです。


今日の写真は近所のユリの群生。
カンカン照りにオレンジ、しかも米粒大の斑点……暑苦しいですねぇ(笑)
でもここまでギラギラだと却って清々しい気分になるもの。
この記事の下書きは随分前にしましたが(10年目初めの記事がこれかい!)
その後も大きなニュースが世間を賑わせていますねぇ……。
日本は一体どうなっているの?チョッと心配になっちゃいます。
何でしょうね……頭に来ることが多いです。
暑くてムシャクシャしているからかな?


2014年8月12日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2014 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.

category: 向き向きの花束。

△top

盛夏諸々……10年目なのだそうです。 

 

ATSU5788.jpeg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

暑い日が続きます。皆さん如何お過ごしですか?
夏休みでバカンス中の方、とっくに休み終えてヘバっている方(笑)
休み返上で頑張っている方……しかし暑いですねぇ……。
誰でしょう、今年は冷夏だって言ったのは(苦笑)
友人たちに「3日前に摘んだヒナギク状態です。」と送ると笑われます。
何だか虫眼鏡で焼かれているアリンコみたい……。
太陽光線に殺意を感じます(笑)上から太陽、下からコンクリートの照り返し、
横からはクーラーの室外機の熱風……オーブンで料理されているみたいです。
僕はと言えば、早々にバカンス取っちゃってグレてます(笑)
お盆の辺りはどうせ時間ができるから、どこかに脱出する気満々(笑)


さて、この強烈に暑い夏……皆さんの対夏法はどんな感じですか。
僕は暑いのも寒いのも全く問題なく平気なんですが、
どちらかと言うと冬の方が楽チンかな?寒かったら洋服、
着ればいいんだものね(笑)体力も消耗しないしね。
僕の対夏法?夏は大変です。先ず、仕事をなるべく控える(笑)
おまんま食い上げになっちゃうから全くしない訳には行かないのだけれど、
程々に、倒れない程度に仕事量を最小限に調整します(笑)
毎日〜昼過ぎには帰宅しますので、夕飯の下拵えや用事を済ませたら午睡ね(笑)
一日平均2〜3時間は昼寝します(笑)そう、幼稚園児と同じなの。
夕飯はしっかり摂ります。野菜中心にタップリと。勿論、アルコール消毒は必須です。
泡が出るアルコールの方がモア・ベターよ……by 和子 小森……ですね(笑)
夕飯の支度は出来れば暑いから火は使いたくないんだけど、
冷奴ばかり食べている訳には行かないし、
電子レンジは使いたくない人だから、チンして終わりの食物もダメなんです。
素麺茹でるにしても火は使わなくちゃいけない……我慢、我慢!(笑)
就寝は大体9時。良い子は寝るのも早いのです。

ATSU5786.jpeg

今日の1枚目の写真は今が旬のらっきょう。
たまたまデパートの野菜売り場で見付けたので、沖縄の島らっきょうです。
通常のものより小振りでピリリと軽くて美味しいです。
らっきょうはね、整腸作用があるからお通じにいいですよ、効果テキメンね(笑)
味噌は母の故郷の信州味噌と、「バラの家」に行くと必ず寄る「糀まつり・はなまつり」の麹味噌。
これ、抜群に旨いのです。味噌汁には勿論、グラタンなどのホワイトソースの隠し味にチョッと。
それからサラダのドレッシング、醤油に溶かして色々なものにかけたり、
餃子や焼売、つけタレにしてもよし……万能なのです。
2枚目の写真は搾菜(ザーサイ)の漬物。
塩、ニンニク、鷹の爪、ローズマリーで漬けてあるそうです。

器は両方ともバリ島で買いました。
多分、中国の古い磁器。海から引き上げられたものだそうです。
バリ島ね……懐かしいですね。休みごとに可成り通ったものね。
海で遊び、プール付きのヴィラでゆっくりし、
美味しいものを食べてアンティークなどの買い物をし……。
僕が再びバリ島を訪れることがあるのでしょうか。

こんな感じのものを用意してシャンパンかカバ、酎ハイをグビグビ(笑)
山盛りサラダにパスタか御飯を炊いておかすを1、2品……漬け物もラブ!
簡単だけど、手作りで美味しい夕飯は明日への活力になります。

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

さて「匂いのいい花束。」……。
エキサイトからFC2に移って書いていますが、
数えると、今日で丸9年。明日8日から10年目に突入です。
エキサイトのブログも10周年らしいですね。めでたい!(笑)
そう考えるとブログが始まった初期からコツコツ書いてきたことになります。
飽きっぽい僕なのにねぇ……相当、性に合ったのでしょう。
本当に飽きっぽいんだから。友人なんか「まだ薔薇やってんの?」って聞くくらい。

いつか終わりは来る、幕引きは鮮やかに……。
10年をもって終了しよう……以前はそんなこんな考えたこともあります。
節目が来るとあらぬことを考えちゃうのね(笑)
つらつらと10年目になります。変わらないようで随分とこのブログも様変わりしました。
でも、根底に流れる思いは一緒です。ここは美しいものに関するブログ……です。

今やブログもSNSに押され気味で、
かつてのアナログレコードのような運命を辿るのかもしれません。
絶滅してしまった恐竜みたいかな……。
まぁ、いいです。気の向くまま感じるまま。
僕の琴線に触れることがなくなるまでは書きましょう……。

PICT0028.jpg

めでたい、めでたい、自分に花束をハイっ!(笑)
10年目の「匂いのいい花束。」どうぞ宜しくお願いします!


2014年8月8日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2014 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.

category: 向き向きの花束。

△top

GODZILLA。 

 

P1221511.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

行って参りました、観て参りました……。
ズゥ〜っと前から楽しみにしていた「GODZILLA」……。
このところバタバタしていて久し振りの映画でございます。
実はね、公開2日目に一人で、一日置いて親友ともう一回観て来ました。

友人は皆「なぜゴジラ?」と聞きます(笑)
僕、怪獣映画は嫌いじゃありません。むしろ好きな方かな。
好きって言うと語弊があるけれど、怪獣が好きって言うより、
怪獣が壊す街並みとかね、倒れる塔、崩れ落ちる高層ビル、破壊される橋梁、
不時着する超音速旅客機……そう、子供なんですね、精神が(笑)

「ウルトラQ」「ウルトラマン」「ウルトラセブン」「サンダーバード」……。
日本映画の怪獣もの……小さい頃、見て見て見まくりました(笑)
「ゴジラ」はですね、1作目からモスラが出る4作目までですね。まともなのは。
あとはゴジラを擬人化して漫画になっちゃいました。
あのガンモドキみたいな息子が出てきた時点でお仕舞い(笑)
宇宙に行って「シェ〜っ!」するヤツもありましたっけ……。

次回作がすでに決まっているらしいですね。
今度は、ゴジラに加えて、モスラ、ラドン、キングギドラが出るらしい(笑)
ストーリーはどうするんだろう……マンガにならないといいのだけど……。

因みにモスラはアメリカでのアンケートにおいて史上最悪の怪獣らしいです(笑)
キングギドラは東洋の造形が見事にデザインに生かされていてなかなかよろしかったですね。
やっぱり「ゴジラ」が生まれた時代背景を忘れて一人歩きした作品は詰まらないです。
それにね、矢張り「ゴジラ」は凶悪じゃないと……。
ゴジラを人類の味方とするか敵とするかで全く物語の性質が違ってきます。

さて、ハリウッド版の皆が忘れたいローランド・エメリッヒの「ゴジラ」。
あれはタイトルだけ「ゴジラ」で巨大なトカゲでしかありませんでした。
満を持して登場した今回の「ゴジラ」……なかなか良く出来ていましたよ。
ただし、悪者怪獣の名前が「ムートー」って……デザインも今一だし、
やっぱり怪獣の名前は最後に「ラ」が付かなきゃね(笑)
渡辺 謙は頑張っていますねぇ……ハリウッドが日本人俳優にこれだけ門戸を開いたのに、
今だに渡辺 謙しかいないって言うのもアレですが、アッ!真田広之がいた……。
相変わらず目力の演技で頑張っていました。
チョッと「日本沈没」の時の小林桂樹が演じるところの、
狂気の田所博士みたいでしたが……。



今日の写真のゴジラは、みなさんご存じ、日比谷のシャンテ前にある広場のゴジラ。
これを撮影した当時、反対側のビルが取り壊されていて背景がありませんでした……。
今、撮らないとねぇ(笑)なかなかいいデザインですね。
今回のゴジラもオリジナルをなるべく尊重しつつ、太古の恐竜が持つ爬虫類的なデザインを加味。
日本のゴジラファンも納得させつつ、ゴジラをリアリティ持たせて現代に甦らせました。
それにしてもゴジラの咆哮の物凄いこと!チビっちゃいますね(笑)


2014年8月4日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2014 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.

category: 映画館へ行こう!

tb: 0   cm: 4

△top