えっっっっ!それも僕? 

 

PICT0015.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

何だかね、変だと思ったんです。
だってね、静かなんだもの……いつもはあんなに賑やかなのにね。
だけどね、暫く気が付かなかったの。静かな原因に……。

僕の部屋、書斎は(格好いい!)2階の角部屋です。
皆さんの想像通り、本と絵と額縁、洋服で溢れて足の踏み場もないのですが……。
パソコンの机に向かって右側にベランダ、正面に大きな窓がダァ〜っと広がっています。
リフォームした時、結局バタバタしていて、今だにカーテンも付いていないの(笑)
窓の外、お隣さんの家の小さいけれど中庭に面しているので、
結構、丸見えだし、昼間は燦々と太陽が降り注ぐから、
引っ越しの時に持って来た簾を一面に垂らしてある訳……。
だから外の様子が良く分からなかったし、気が付かなかったのね。

お隣の小さな中庭には柿の木が一本植えられています。
春から夏にはいい日陰を作り、秋には紅葉を楽しませてくれ、
真冬の厳しい寒さ、色のない時期には柿の実の朱が彩りを添えてくれていました。
柿の実は冬場に食物がなくなる小鳥たちには格好の栄養源になります。
お隣は小鳥のためというよりは、面倒臭いからか柿の実を生るままそのままにしてありました。

黒豆とキクちゃんが柿の実を食べに来る小鳥たちを狙って、
お隣の軒に2匹並んで陣取り(笑)陽なたぼっこを兼ねて、
ひがな一日ジィ〜っと佇んでいたのが思い出されます(笑)
笑うのはね、小鳥たちに柿の木の全ての実が食べ尽くされた後、
黒豆&キクちゃんブラザースがいつも陣取っている目の前の柿の実が1つ……。
最後まで残っていたから(笑)その実は2匹が手を伸ばせば届く距離に生っていたんです。
小鳥たち……来る訳ないですよね(笑)

さて、静かな理由……小鳥たちのさえずりが聞こえなくなったのです。

 「あれれ……おかしい。」。

原因に思い当たり簾をチョッと捲ってみると、
な、な、な、なんと!柿の木が根元から切り倒されている!
ポッカリ開いた空間には去年の冬まで見られた賑やかな小鳥たちの姿は見られません……。

先ず、一番最初に浮かんだのは……。

 「えっっっっ!それも僕?」

って言うこと(笑)
知らなければ知らないで済んだんでしょうけど、
毎冬〜小鳥たちが楽しみにやって来た柿の木。
なくなったなら代わりに僕が小鳥たちの面倒を見なければ……。
それからはせっせとリンゴやみかんを買って来て小鳥たちにあげています。
リンゴとみかん……初めてお金を出して買ったかな(笑)

そんな訳で、家の猫6匹、外に3匹、
それから新たに小鳥たちの面倒を見ることになりました!(笑)


今日の写真は前にお見せしたと思いますが、
前のマンションに住んでいた頃に撮ったメジロ。
あまりいい写真じゃなくてゴメンなさい。僕、あっちゃんじゃないから(笑)
メジロ……可愛いですよね。人に対する警戒心が薄いしね……。
きんがバルコニーで4日連続メジロを捕ったのを思い出します(笑)


2014年2月15日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2014 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
スポンサーサイト

category: かもめのジョナサン。

△top