秋の終わりに……美しいリース。 

 

REMI3533.jpeg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

春には春の、秋には秋の薔薇の楽しみ方があります。
「春には春の……。」って書くと、何やらアン・ルイスの、
「女はそれを我慢出来ない」を連想しますが(笑)
植物のそれぞれの季節を楽しむのって本当に素敵ですね。
まして、このところの季節感のない世の中ではね……。

つい先日、いつも可愛がってくださっている斉藤さんの、
毛呂山の「Garden Cafe Green Rose」にお邪魔したことは書きました。

こちらは、所謂、薔薇だけが命の庭ではありませんから、
季節、季節の草花の移り変わりがとても楽しいガーデンになっています。
いつも思うのは、毎回、毎回、訪れる度に景色が違うんです。
ついつい時間を忘れて長い……アイツ、まだいるよって思われているに違いない(笑)

さて、秋は勿論、ローズ・ヒップ!
夥しいローズ・ヒップの赤は、それだけ薔薇が咲いていたと言う証です。
赤って言っても色々です。黒っぽかったり、オレンジだったり……。
大きさもまちまち、品種によってそれはそれは見事な赤の競演!
それもこれも、斉藤さんの日頃の手入れの賜物、
薔薇が咲く春先だけじゃない、一年を通しての植栽の計画、
翌年に繋がる命の連鎖を考えてのことなんだと思います。
毎年、春と秋にはオープンガーデンが開かれ、
植物好きの皆さんが各地からやって来ますが、
秋のオープンガーデンが終了した後、
惜しげもなくカットしたローズ・ヒップでリース作りの教室が開かれます。

実は僕、今までに何回、参加しようと思ったかしれませんが、
いつも予定が合わずに悔し思いをしていました……。
今年も例の授賞式で敢えなく断念でした。

REMI3502.jpeg

ところが!
先日のこと。いつも親切にしてくださっている roseさんが、
僕のためにわざわざご自分で作ったリースを送ってくださったのです。
何やらゴージャスな革製品を買ったに違いない大きな箱に入れて(笑)
早速、カメラを持って撮影大会と洒落込みました。
僕、所謂、ブツ撮りって好きなのですよ(笑)
スタジオがある訳じゃありませんし、光も自然光1本なんですけどね。
色々と試してみましたが、玄関先に吊るして撮ったのが一番素敵でした。

どうかしらン……roseさん、斉藤さん、お気に召すかな?
美しいリース、勿体ないですね、我が家のように季節感のない家には……。
玄関先に飾りましたが、翌朝、気が付くとリーズにスズメが2羽止まっていました。
これから食べるものがなくなって行く時期です。
そのままにしておきましょう。roseさんも斉藤さんもその方がきっと気に入ってくださるハズ。

来年は是非、僕も参加してみたいかな?
四角いリース作ってみたいのです(笑)


2015年11月23日


ブノワ。
スポンサーサイト

category: 薔薇の名前。

tb: 0   cm: 8

△top

雨に光り輝く……The Treasure Garden Tatebayashi。 

 

REMI3065.jpeg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

雨は次第に強くなって行きます……。
普通ならドンヨリ暗い気持ちになるのでしょうね。
だって、花を見たり写真を撮ったりする訳ですから。
後ろ髪を盛大に引かれながら「Garden Cafe Green Rose」をお暇し、
近くの食堂でランチです。普通の店ですが、どのメニューも美味しくてボリューム満点。
僕と新潟のお嬢はカキフライ定食。あけはかま焼き付きの海鮮丼……。
かま焼き付きの海鮮丼?????何故、大好物のカキフライを頼まない?……ははぁ~ン。
極端に小食の新潟のお嬢がカキフライを残すことを見越した高度な注文テクニック(笑)
と・こ・ろ・が・!かまが大きかったのに加えて、串揚げが1本付いていて満腹!
敢えなく撃沈(笑)虎視眈眈、カキフライを狙っていたのに残念無念(笑)いい気味!あははっ!

さて、僕は車の運転をしないので良く分からないのですが、
何でも新しい高速道路が出来たとかで、スイスイと次の目的地、
茂林寺の「The Treasure Garden Tatebayashi」に到着です。

雨はやむどころか、さらに強くなってきたようです……。
これじゃぁ、誰もいないよねぇ……傘さして薔薇園なんて、ただの物好きだもんね(笑)
ところがどっこい、すっとこどっこい!結構いますね、お花好き(笑)
皆さん、真剣に園内を歩いています。本当に植物が好きなのね。
お嬢の帰りの新幹線の時間が決まっています。
チョッと余裕を見ておかないと、新潟のお嬢は旧紀伊国屋のエレベーター並みですから(爆)
さっさと支度をして園内を廻ります。さすがに傘持ってね!(笑)

REMI2997.jpeg
REMI3000 - バージョン 2
REMI3001.jpeg
REMI3003.jpeg
REMI3006.jpeg
REMI3007.jpeg
REMI3008.jpeg
REMI3010.jpeg
REMI3022.jpeg
REMI3032.jpeg
REMI3034.jpeg
REMI3035.jpeg
REMI3037.jpeg
REMI3042.jpeg
REMI3060.jpeg
REMI3063.jpeg
REMI3066.jpeg
REMI3068.jpeg
REMI3075.jpeg
REMI3077.jpeg
REMI3083.jpeg
REMI3084.jpeg
REMI3087.jpeg
REMI3089.jpeg
REMI3094.jpeg
REMI3095.jpeg
REMI3097.jpeg
REMI3098.jpeg
REMI3099.jpeg
REMI3100.jpeg
REMI3102.jpeg
REMI3105.jpeg
REMI3107.jpeg
REMI3109.jpeg
REMI3112.jpeg
REMI3116.jpeg
REMI3117.jpeg
REMI3125.jpeg
REMI3136.jpeg
REMI3145.jpeg
REMI3148.jpeg
REMI3151.jpeg
REMI3160.jpeg
REMI3165.jpeg
REMI3169.jpeg
REMI3172.jpeg
REMI3173.jpeg
REMI3175.jpeg
REMI3177.jpeg
REMI3182.jpeg
REMI3188.jpeg
REMI3190.jpeg
REMI3192.jpeg
REMI3193.jpeg
REMI3198.jpeg
REMI3200.jpeg
REMI3203.jpeg
REMI3216.jpeg
REMI3219.jpeg
REMI3226.jpeg
REMI3249.jpeg
REMI3250.jpeg
REMI3256.jpeg
REMI3263.jpeg
REMI3272.jpeg
REMI3284.jpeg
REMI3292.jpeg
REMI3304.jpeg
REMI3313.jpeg
REMI3265.jpeg

薔薇がね、うな垂れ、枝垂れて咲いています……綺麗!
自分でも笑っちゃいましたが、3枚目の写真……。
どこにもピントが合っていないのです(笑)でも、何となく好き、この写真。
いつも思うのですが、ここは本当に手入れが行き届いています。
この日も雨の中、男性スタッフが1人、黙々と作業していました。
ハァ……頭が下がりますね。チョッと話しをさせて貰って写真を撮らせて貰いました。
それから、ここは季節季節の見せ方が本当にウマいです。
春一番はシバザクラと桜の共演。それが終わると薔薇の季節!百花繚乱!
夏はチョッとお休みして(僕は実は夏が一番好きなのですが……。)
秋は薔薇に加えて、新しく出来たブリリアント・ガーデンが美しいです。
薔薇が終わっちゃったらそれでお仕舞いって言うことがないんです。
春みたいにビッシリと咲かず、ほど良い加減の美しい薔薇と紅葉……。

今年はもう来られないと思うので、
また来年の春、遊びに来ることにしましょう。


19. 11. 2015


Benoit。


★Copyright © 2009~2015 souslarose, All Rights Reserved.

category: 薔薇の名前。

tb: 0   cm: 6

△top

晴れ舞台……花フェスタ記念公園にて。 

 

REMI2549.jpeg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 「僕、明後日はスーツで行こうと思います。」

「バラの家」の木村卓功さんからメールが入った。
げっ!この前はジャケットを着るくらいだって言っていたのに……。
勿論、ただではおきません(笑)

 「げっ!裏切りましたね?(笑)」

と、返しておきましたが、さて、どうしましょ……。
スーツ……このところ着ていません……と、言うよりは入るスーツがありません(苦笑)
新調しないの?って。新調なんかしません。だって、痩せるつもりだもん(爆)
痩せるつもりと言いつつ早何年?(苦笑)買うにしても今更間に合わないし……。
さて、困った……ジャケットは着るつもりでしたが、
木村さんがスーツ姿となると、僕もネクタイはしないといけないでしょう。
着たい服はあるのですが、さて、それがどこにあるか捜索をかけなければ……。
結局、「Yoji Yamamoto」の黒いジャケットに、友人のセレクトショップの黒いシャツ。
ベルトは今回のパリで買って来た「LOSCO」のもの。
この店はバックルと革を選んでその場でオリジナルのベルトを作って貰えるんですよ。
ネクタイはお気に入りの「NORU IMPRESS」、ニットでとても柔らかなんです。
実は、当日、会場で締めてから気が付いたのですが、そこはかとなく、きんのオシッコのニホヒがする!
家を空けることを恨んだ きんの呪いか(笑)まったく!
パンツは考えた末に「Abercrombie & Fitch」のデニムにしました。
靴はパリで購入したお気に入りの「Jean Baptiste RAUTUREAU」。
「Jean Baptiste RAUTUREAU」の靴は買ったその日から丸一日履いても、
全く足が痛くならないほど木型がピッタリなのです。
人と一緒はイヤ、自分らしく、個性的に……かどうかは分かりませんが、
精一杯、気持ちをこめてコーディネートしてみました。

さて、折角、薔薇で栄えある賞を戴くのです。
胸元にはチョッとオシャレして薔薇のブローチを付けてみました。
これは、その昔、今をときめくクチュリエの池本 紫(ゆかり)さんのショップで購入しました。
本来はゴールドなのですが、経年でいい具合に黒みがかった渋い色に。
池本さんは、小雪、稲森いずみ、石原さとみ、堀北真希、優香、檀 れい、米倉涼子……。
今をときめく女優やタレントのドレスを作っています。
随分前になりますが、友人の知り合いと言うことで、無理を言って、
ボーダーの生地で3つに分解出来る三味線のパーツを入れる袋を作って貰ったり……。
何だか懐かしい思い出もチラホラ……池本さん、お元気にしていらっしゃるかな?




10月29日、岐阜県可児市の「花フェスタ記念公園」に行って来ました。
早めの10時に開場入り。園内をチョッと散策。写真を撮ったりしてから表彰式です。
表彰式会場には懐かしい顔、顔、顔……遠くから日帰りで来てくださった方。
なんと!山中湖からは塚原ご夫妻も駆け付けてくださいました。
有り難いです。緊張で小さくなっている僕でしたが(だれ!嘘つきって言っているのは!)
お陰さまでリラックスして式に臨むことが出来ました。

やっぱり晴れやかな席って苦手ですねぇ。
高校時代は生徒会長をしていて、全校1000人の前でいつもスピーチしていたのに(笑)
最近はめっきり話すことが苦手になりました。
ダメです、事前連絡で一言コメントをと仰有言るので快諾しましたが、
蓋を開けてみれば「代表で一言」……有り得ません!(苦笑)
原稿を用意してあってもしどろもどろになると言うのに……。
きっと、木村さんの差し金に違いない!今度、お灸をすえなければ(爆)

花フェスタのスタッフの皆さんとも、
忙しい時間の合間を縫って、色々とお話し出来ましたし、
一陣の風、河本麻記子さんに会えて本当に有意義な時間でした。

REMI2752.jpeg

写真は香りの最高得点の薔薇に送られる「ローズ・ヒルズ賞」の賞書。
いやいや、木村さんが「格好いいんですよ!」と言っただけのことはあります。
早速、パリに住むレミに送ってあげましょうか……。
関係者の皆さん、会場にいらしてくださった皆さん。
本当にありがとうございました。
お陰さまでとても思い出深い時間になりました。


2015年10月30日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2015 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.

category: 薔薇の名前。

△top

薔薇は文化である。 

 

483A3639.jpeg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

気心知れた仲間が集まったある日。
素晴らしいプレゼントを戴きました。
写真を見て戴けばお分かりだと思いますが、
僕の薔薇「Under the Rose」と「Rei」を使ったジャムです。
コンフィチュール?いえいえ、僕はその言い方はしません、ジャムね(笑)
チョッと驚きです。全く予期しなかったこととは言え、
ご自分の分と親友に分けた分と僕にくださった分、
一体どれくらいの花をつぶして作ってくださったのか……。
僕はジャムって作ったことがないから分からないけど、
ホラ、豆苗を炒めたらあんなに嵩があったのにこれだけ?見たいな感じ?(笑)
本当にありがたいです。写真撮影をして早速戴いてみました。

物凄く強い薔薇の匂い……美味しかったです。
それぞれの匂いも少しずつ違ってね。
トーストに、それから熱い紅茶に入れて楽しんでみました。
自らが作った薔薇のジャムを食す……新しい発見。

前にも書いたことがありますが、薔薇は文化です。
美しい薔薇はその昔から音楽になり、絵画になり、文学になり……。
薔薇は芸術となって幾年月を人類と共に歩んできました。
その芸術に触れた人々に新たな化学変化を起こし、
感性を育み、さらに豊かな何かを僕たちに与えてくれます。
僕のオリジナルの薔薇なんて、大海に落とされた小さな一滴のしずくですが、
そこから大きな波紋が広がり、波紋と波紋が合わさって、
さらに複雑な、そして美しい模様になったように思えます。

薔薇を楽しむにはただ育てるだけではなく、
鈴木省三さんが仰有っていたように、芸術に勤しむこと……。
いい音楽を聴き、沢山本を読み、絵画を楽しみ、美味しいものを戴く……。
自分の引き出しを増やすことが薔薇を知る手掛かりとなる。
薔薇は総合芸術なんですよね。今更ながら至言だと思います。


素敵なプレゼントをくださった おたふくさん、どうもありがとう!
感謝の気持ちを込めてベランダで咲いていた「Rei」と記念撮影です。


2014年7月6日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2014 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.

category: 薔薇の名前。

tb: 0   cm: 6

△top

第二幕の幕開きです。 

 

PICT0054.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

皆さん、新しい門出に沢山のメッセージをありがとうございます。
やっぱりこうしてゆったりとメッセージのやり取りをするっていいですよね。
信じない人も多いけど、ブログを通じて仲良くなった人、
一生涯の親友と呼べる人も可成りいるんですよ。それって凄いと思いませんか?

まぁ、何事にも言えることなんですが、
相手を思い遣り、言葉を尽くして真面目に付き合えばいいことがありますよね。
人と人の繋がりなんてそう簡単に出来るものじゃないものね。

さて、チョッと休んでいる間に書き溜めた下書き……。
可成りの数に上るんですが(笑)それは追々ゆっくりと。
折りを見てアップして行きますので宜しくお願いいたします。
今年一年、皆さんにとって実り多く、そして穏やかな年になりますように。



最後にご報告です。
新しい年明けに素晴らしいニュースが飛び込んで来ました。
これもひとえに皆さんのお陰です。本当にありがとう!



2014年1月15日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2014 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.

category: 薔薇の名前。

thread: お知らせ - janre: ブログ

△top